• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
クラウドになったOfficeの展開と管理
 

クラウドになったOfficeの展開と管理

on

  • 705 views

 

Statistics

Views

Total Views
705
Views on SlideShare
705
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    クラウドになったOfficeの展開と管理 クラウドになったOfficeの展開と管理 Presentation Transcript

    • ROOM B ~管理者のための次期 Office ~ クラウドになった Office の展開と管理 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修
    • はじめに当セッションは、製品リリース前のカスタマープレビューの情報に基いており、内容については予告なく変更される可能性がございます。
    • ワークスタイルのトレンド10億2016 年までに利用される 50% の大企業ユーザーが 82% 全世界のインターネット利用スマートフォンの数 クラウドへ移行中 者のうち、ソーシャルネット 39%そのうち 3.5億台が ワークを利用する人の割合ビジネス利用 の中小企業ユーザーが3年 以内にクラウドを利用 3
    • プロダクティビティ ビジョン ハイブリッド オンプレミス オンラインあらゆるデバイスで快適に利用 用途に合わせたクラウド活用メッセージング 音声とビデオ コンテンツ管理 エンタープライズ レポーティング ソーシャル と分析 統合された最高のソリューションをご提供 4
    • 新しい時代の Office ここも重要 !様々なフォーム パーソナライズ SNS との統合 クラウドの活用ファクターへ対応 新しいクラウド エンタープライズ 新しい 展開モデルタッチ、ペン、 アプリケーションモデル ソーシャルマウス、キーボード 互換性対策 サブスクリプション 多拠点間情報閲覧、デジタル 新認証基盤対応 オンライン HD 会議ノート 5
    • アジェンダ• はじめに• クラウドから始まる Office の展開• 次期 Office 展開時の支援機能• 次期 Office のライセンス認証• まとめ• 補足資料 6
    • クラウドから始まるOffice の展開
    • “これまで通り” が通用しない世界へ PCクラウドとの Office をインストールして、 にマルチデバイス 利用者主導 時は金なり 密な連携 を配布して、あとは使ってもらうだけ ? その PC への対応 (無視できない声) (更なる生産性)クラウドを利用すると答えが見えてくる 8
    • 新しい Office の 新しい展開方法 Company 従来 Cloud Service 新規 クイック実行 社内の展開サーバーから Office を  クラウド上から最新の Office を 配布 ストリーミング配信 複雑な展開作業と膨大な導入期間  迅速なインストールと利用開始 以前のバージョンの Office と  以前のバージョンの Office と 共存不可能 共存可能 デバイス単位のライセンス  ユーザー単位のライセンス 今後主流の展開方法 9
    • 新しい展開方法 クイック実行DEMO
    • これから 7 5 6 4 1 8 9 7 4 8 9 1 5 6 アプリケーションの仮想化技術 2 2 4 9 9 8 8 5 6 7 5 6 Δδ Δδ Δδ 7 9 9 4 8 8 3 2 2 1 1 3 1 3 3 4 App-V 5.0 で Office を仮想化 1 3 2 4 2 3 1 Office 365 からストリーミング配信 ローカル アプリケーションと連携 8 9 2 以前のバージョンの Office との共存 1 2 EXE 1 5 2 6 3 7 4 EXE アドインもクラウドから Office 2010 with App-V クイック実行 更新プログラムの適用も差分転送で 実現 これまで
    • 整備されている環境をお持ちならば・・・デバイスは管理性まで考慮して展開している Office 365 サービスアプリケーション展開の 仕組みも用意している エンド ユーザーの PC オプションのアドイン 依存アプリケーション Office ファイルなど 12
    • Office 365 サービス エンド ユーザーの PC  インストール時点で Config.xml による カスタマイズが可能 (詳細は補足資料に記載) Config.xml によるカスタマイズが可能  展開後 Active Directory からの グループ ポリシーによるカスタマイズが可能 グループ ポリシーによるカスタマイズ可能 13
    • 仮想化された Office の展開パターン (その他) ファイル共有 ソフトウェア グループポリシー App-V サーバー 配信サーバー 仮想 Office パッケージを 仮想 Office パッケージを 仮想 Office パッケージは インストールポイント用 System Center などの シーケンス済みなので、概要 ファイル共有に格納し、 ソフトウェア配信機能を App-V サーバーから そこから展開 持つサーバーで強制配布 そのまま配信 • 構築作業が容易 • 既存の配信システムを • シーケンス作業がなく、 • 特別なサーバーが不要 利用して、管理者が 既存の App-V サーバーメリット 強制的にインストール で簡単に展開可能 14
    • Office は仮想化だけなのか・・・ クイック実行 Office オンデマンド Windows インストーラ クラウドから仮想化された 次期 Office をクライアント PC に Windows インストーラ形式で 概要 アプリケーションとして インストールせずに、完全な 社内へ展開 ストリーミング配信 サービスとして利用 • 迅速な展開 • クライアント PC へ情報が残らな • 既存の配信システムを利用して、メリット い。共有端末などで使用 管理者が強制的にインストール • 仮想化アプリケーションのため 旧バージョンと共存可能 およびカスタマイズ • Office 365 への利用ユーザー • Office 365 の利用ユーザーを登録 • 配信するための配信サーバーが 留意点 登録が必要 が必要 必要な場合がある • オフラインでの利用不可 • 旧バージョンと共存不可能 • カスタマイズ可能 • カスタマイズ不可能 • カスタマイズ可能カスタマイズ (Config.xml ファイル、 (Config.xml ファイル、グループ グループポリシー) ポリシー、OCT ツール) 15
    • 次期 Office 展開時の支援機能~ Office テレメトリ ~
    • 展開支援を語る前に・・・ はい、ご利用いただけます。 OpenXML をサポート/互換モードを搭載 しかし Office は、ミッション クリティカル システムだという声もある 17
    • そこで、新しいツールが登場 最新の Office を安心して使ってもらうために ! 最新の Office を素早く活用してもらうために ! Office テレメトリ ダッシュボード Office 展開支援 運用モニタリング 利用状況のデータ収集と分析 次期 Office 展開後の問題を監視 互換性問題の可視化18 18
    • Office 展開の課題とテレメトリの効果これまで:ビジネス上優先度が高いファイルの抽出が困難これから:互換性検証の精度を一気に向上 抽出すべきファイルの漏れ今までの分析 不必要なファイルを抽出(手動) 利用実態をデータ化 優先度が高い テレメトリ ファイル検知 ダッシュボード を利用した分析 ビジネス上優先度が高い ファイルの抽出が可能 19 19
    • 環境構成イメージOffice 2010 以前のクライアント システム要件 次期 Office クライアント 20 20
    • 【ビデオ】情報収集能力の確認 21 21
    • Office テレメトリ ダッシュボードのおさらいインベントリ収集 問題・エラー収集Office ファイルの利用状況を収集 次期 Office 利用時に発生した 問題・エラーの収集最近使用した インストール システム情報ファイル 済みアドインOM (オブジェクト 利用できない 実行時 Officeモデル) 変更 ※ アドイン ※ イベント ※ アプリ ※※ 次期 Office のみ収集可能 Office テレメトリ ダッシュボード 22 22
    • 【ビデオ】注意すべきファイルの検知 23 23
    • これからの Office 運用Office テレメトリ ダッシュボード によるモニタリング 運用リスク軽減・予防を実現 !! 24
    • 次期 Office のライセンス認証
    • Office ライセンス認証 クイック実行 Windows インストーラ ボリュームライセンス認証 Office 365 認証 Active Directory ベース Windows インストーラ Windows インストーラ ボリュームライセンス認証 ボリュームライセンス認証 KMS MAK 26 26
    • ユーザーがインストール時または1 アプリケーションの初回起動時に資格情報を提供 Office がユーザーに代わって資格情報を渡し マイクロソフトの2 ライセンス認証サーバー プロダクト キーを取得 資格情報 + コンピューター名 Office がプロダクト キーをライセンス認証し3 30 日間の使用を許可 サブスクリプ プロダクト キー ID ション ステータス = Office は 1 日 1 回、アカウントの変更の OK4 有無をチェック 30 日間有効な サブスクリプションが有効である間は ライセンス認証5 Office が 15 日ごとにキーを再認証
    • まとめ
    • 新しい展開プロセスで差がつく互換性検証 トレーニング 展開・インベントリ収集(手動) ・概要 ・パイロット・検証と調査 ・活用トレーニング ・イメージ作成・テスト ・互換性テスト ・インストール・改修 3 - 9ヶ月 1 - 2ヶ月 2 - 4ヶ月互換性検証 トレーニング 展開 モニタリングOffice ・概要 ・クイック実行 ・エラー、問題検知テレメトリを ・活用 ・更新は自動化 ・利用状況確認利用した検証 トレーニング 2-3 ヶ月 1ヶ月 0.5 - 1ヶ月優先度の高いファイルの特定、検証 以前のバージョンと共存可能(クイック実行) ①ファイル ②利用実態 ③改修 利用状況の に伴った 分析 ファイル 検証 29 29
    • 次期 Office は IT 管理者にとっても魅力的 クラウドや仮想化を 取り込みながら 進化を続ける。 それが 次期 Office 是非お試しを!(http://office.com/preview) 製品情報はこちら http://aka.ms/mod 30 30
    • 次期 Office 製品群 展示ブース 展示会場 Office / Office 365 のタッチ&トライコーナー 入口入口から左手奥
    • 次期 Office 製品群 関連セッション Room B Room C Room E PT-011 PT-016 PT-02113:00-13:50 ~ 次期 Office はここが違う ~ ~「人」が起点のユニファイド コミュニ ~ 革新的デザイン力の向上 ~ 新しい Office のコンセプトと新機能解説 ケーション基盤 ~ 次期 Lync のご紹介 次期 Visio のご紹介 PT-012 PT-017 PT-02214:00-14:50 管理者のための次期 Office 365 ~ 人とビジネスをつなぐ統合基盤 ~ ~ 真に柔軟なプロジェクト管理の実現 ~ Enterprise 入門 次期 SharePoint のご紹介 次期 Project のご紹介 PT-013 PT-018 PT-023 ~ 企業内コミュニケーションの要、電話を統合 ~15:10-16:00 ~ どこからでもよりスマートに ~ Lync で実現するエンタープライズ ボイス Office 365 for Education 概要 次期 Exchange のご紹介 のご紹介 と最新事例の紹介 PT-014 PT-019 PT-02416:10-17:00 ~ 管理者のための次期 Office ~ マイクロソフトの実践事例にみる、 加速するクラウド サ-ビス : クラウドになった Office の展開と管理 次世代企業内ソーシャルの展開手法 Office 365 の中小組織へのインパクト PT-015 PT-020 PT-02517:10-18:00 ~ 次期 Office はここが違う ~ 次期 Office 製品群でさらに強化された 次期 Office 製品群の 新しい Office のコンセプトと新機能解説 競合製品との差別化ポイント 新しい開発モデルの解説
    • © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.
    • 補足資料
    • Config.xml 詳細オプション 説明 値の例AddProduct インストールする Office 製品のリスト。 AddProduct=“PROPLUS;VISIO”RemoveProduct (インストールされている場合) 削除する Office 製品のリスト。 RemoveProduct=“STANDARD” ある製品をインストールと削除の両方にリストした場合、インストールが RemoveProduct=“ALL” 優先されます。 “ALL” を指定すると、すべての Office 15 クイック実行 (C2R) 製品が削除さ れます。AddLanguage インストール済みの製品に追加する言語のリスト。 AddLanguage=“en-us;ja-jp”RemoveLanguage (インストールされている場合) 削除する言語のリスト。 RemoveLanguage=“ja-jp” クライアントに 1 つの言語しかインストールされていない場合、その言語は 削除されません。 ある言語を削除と追加の両方にリストした場合、追加が優先されます。DisplayLevel タスク中にどの程度詳細な UI を表示するかを指定します。既定の設定 DisplayLevel=“Full” (既定) “Full” では、コンシューマー向けクイック実行インストールのすべての UI DisplayLevel=“Basic” が表示され、ウェルカム ドキュメントも起動されます。 DisplayLevel=“None” “Basic” に設定すると、キャッシュおよび統合時間も含めた、タスク全体の 完了率をトラッキングする単純な進行状況バーのみが表示されます。 “None” に設定すると、UI はまったく表示されません。AcceptEULA DisplayLevel を “None” 以外に設定すると、このオプションは、EULA を自 AcceptEULA=“Yes” 動的に承認するかどうかを指定します。 AcceptEULA=“No” DisplayLevel “None” に設定すると、このオプションは無効となり、EULA が自動的に承認されます。 35 35
    • Config.xml 詳細オプション 説明 値の例LogLevel ログのレベル。 LogLevel=“Off” LogLevel=“Standard” (既定) LogLevel=“Verbose”LogPath 作成するログ ファイルのパス。 LogPath=“%temp%¥SetupExe(*).l ログ ファイルが既に存在する場合、そのファイルは上書きされます。 og”UpdateMode クイック実行の更新におけるクライアント動作を指定します。 UpdateMode=“Enabled” “Enabled” に設定すると、コンピューターが更新プログラムを探索します。(推奨) 更新プログラムのソースは次のいずれかになります。 1) マイクロソフトのサーバーにある最新バージョン UpdateMode=“Disabled” 2) 管理者が作成したソースにある最新バージョン 3) 管理者がポータルで選択したバージョン 指定しない場合、既定の動作は “Disabled” に設定すると、クイック実行の更新システムは無効となり、 Enabled です。 バージョンはインストール時のまま維持されます。ForceVersion 管理者はこのオプションを使用して、クライアントがインストールする ForceVersion=“15.1.2.3” バージョンを強制的に指定できます。 指定しない場合、インストール 指定したバージョンより古い (または新しい) バージョンが既にクライアン ソースにある最新のバージョンが トにインストールされている場合、このオプションで指定したバージョン 使用されます。 への更新がトリガーされます。 36 36
    • Config.xml 詳細オプション 説明 値の例SourcePath SourcePath=“c:¥precache¥O15” 製品をストリーミングするためのインストール ソースを示す完全修飾パス。 ローカルの場所、ネットワーク上の場所、または http パスを指定できます。 SourcePath=¥¥server¥share この値は現在の処理にのみ使用され、今後の修復や更新には使用されませ SourcePath=http://apps/office/ ん。修復や更新用のソースは引き続きオンラインで取得されます。 指定しない場合、インターネット ソースが使用されます。PersistSourcePath 設定したソース パスを、今後の更新およびオンライン修復処理でも継続し PersistSourcePath=“Yes” て使用するかどうかを指定します。 PersistSourcePath=“No” (既定)AllowInternetFallback インストール ソースで現在の処理または今後の処理に必要なリソースが見 AllowInternetFallback= “Yes” つからない場合、クライアントが代替手段としてインターネット ソースを (既定) チェックできるかどうかを指定します。 AllowInternetFallback= “No” このオプションを “Yes” に設定すると、クライアントは指定されたインス トール ソースで見つからなかったリソースをインターネットで探索します。ForceOperation “TRUE” に設定すると、特定のタスクで Office 2013 プロセスを終了する必 ForceOperation=“TRUE” 要がある場合、タスクがブロックされないよう、プロセスが強制的に終了 されます。 このオプションを使用しない場合 (既定)、次回の再起動時までタスクが完 了しないことがあります。 37 37
    • © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.