管理者のための次期Office 365 Enterprise入門

1,660 views
1,563 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,660
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

管理者のための次期Office 365 Enterprise入門

  1. 1. ROOM B管理者のための次期 Office 365Enterprise 入門 日本マイクロソフト株式会社 Officeビジネス本部 エグゼクティブ プロダクト マネージャ 米田 真一
  2. 2. 本日お話しすること1. 新しい Office 365 Enterprise の管理ハイライト「管理」の概要、変更点、新しい強力な管理機能2. 大規模なサービス更新のしくみの解説早期更新、延期、通知、今後のスケジュール、お客様側のアクションアイテム
  3. 3. 免責当セッションは、製品リリース前のカスタマープレビューの情報に基いており、内容については予告なく変更される可能性がございます。
  4. 4. メモ: 次期 Office における「Office 365」とは クラウド サービス 永続ライセンス サブスクリプションSKU バージョン “2013”Exchange, SharePoint, Lync, Office クライアント 永続ライセンススイート
  5. 5. 新しい Office 365 Enterprise の管理ハイライト
  6. 6. 次期 Officeタッチ、ペン、 パーソナライズ ニュースフィード 情報漏えい対策、マウス、キーボード データ保持、eDiscovery 新アプリケーション モデル Office とソーシャルの全体的Windows 8 最適化 な統合 柔軟な展開方法 信頼性と規格準拠新しいノート記入、 複数人、HD ビデオの仮想 Office 365 で共通化閲覧モード 会議 された管理環境
  7. 7. 変わらないもの、変わるもの引き続き利用できる機能 データ保持ポリシー 役割ベースの エンタープライズクラスの マルウェア アーカイブ アクセス管理 信頼性と規格準拠 スパム対策 ジャーナリング 強力な ID 連携 24時間365日 自動データバックアップ モバイルデバイス管理 ハイブリット展開 日本語技術サポート データセンター冗長化新しい Office 365 Enterprise の強化点 管理インターフェイス データ損失保護 統合 eDiscovery クラウド IRM 連携 とガイドの強化サイトメールボックス Office クライアントの サービス更新 Apps の管理パブリックフォルダー 新しい展開・管理方法 エクスペリエンスの改善
  8. 8. Office 365 管理ポータル アーキテクチャ
  9. 9. 新しいOffice 365 管理ポータル利用ユーザー層にあわせた設計中小企業向け製品と大企業向け製品で異なるUIハイレベルなサービスの状態をダッシュボードで表示サービス正常性とアラート、サポートリクエスト、統計情報一貫したナビゲーションすべてのサービスで同じナビゲーション
  10. 10. もう一つの管理インターフェイス: PowerShellUIで設定できない項目、繰り返し作業に利用より多くのパラメータが柔軟に設定可能、バッチによる実行SharePoint Online も制御可能にExchange Online、Office 365 に続く新たな管理シェルPowerShell 2.0/3.0 上で動作3.0の場合、動作環境は Windows 7/Windows Server 2008 R2 以上
  11. 11. ナビゲーション、レポート、サービス正常性ダッシュボード、PowerShellDEMO
  12. 12. 主な管理機能の強化ポイントExchange データ損失保護さまざまなパターンをもとに警告の表示や送信をブロックサービスをまたがる統合 eDiscovery複数サービスのデータを一か所で検索クラウド IRM との連携RMS サーバーを建てなくても強力な情報保護を実現
  13. 13. クラウド IRM との統合Office 365 を購入してすぐに利用開始できるクラウド RMSWindows Azure AD RMS サービスの含まれた SKU を購入して、機能を有効にして、ユーザにライセンスを割り当てるだけオンプレミスの RMS サーバーは不要Office 2010/2013、Exchange Online、SharePoint Online と連携トランスポートルール、eDiscovery、IRM ドキュメントライブラリ、Exchange データ損失保護との連携読み取り専用のWebアクセス、OWA/EASにも対応
  14. 14. クラウドIRM 連携DEMO
  15. 15. クラウド IRM との統合ポイントOffice クライアント (Word, Excel, PowerPoint)メール (Outlook, Outlook Web App, Windows Phone)Exchange OnlineトランスポートルールSharePoint Onlineドキュメント ライブラリ
  16. 16. ここまでのまとめ:
  17. 17. 既存のお客様のOffice 365 Enterprise への大規模なサービス更新
  18. 18. 3 つの用語 マイグレーション (移行) あるシステムから別のシステムへのコンピュータ ー データの転送 •お客様が自社運用環境からクラウドへ移動 •エンジニアリング部門と運用部門がデータセンター内でデータを移動 トランジション (切り替え) ある物の状態、段階、形態、アクティビティが別の状態、段階、 形態、アクティビティに変化し、切り替わるプロセス • お客様が BPOS サービスから Office 365 サービスへ切り替え 更新 ある物を最新の状態にする行為またはインスタンス • 既存のお客様が新しい機能を使用できるようにする
  19. 19. BPOS のトランジションと大規模なサービス更新の比較 19
  20. 20. ユーザーの新しいメリットいつでもどこでも、必要なときに Office を利用できるサイト メールボックスを使用して共同作業できる会議をさらに有効活用できる
  21. 21. 管理者の新しいメリット機密データの保護eDiscovery (電子情報開示) の強化より簡単なビジネスの管理と制御
  22. 22. 2013 年に実施される Office 365 の大規模なサービス更新大がかりな IT プロジェクトではないエンドユーザーのサービス中断がない条件に応じた更新
  23. 23. システム要件の変更2012 年2013 年以降Office クライアントの次期バージョン
  24. 24. サービス更新管理機能 Professional OSub/SPO Enterprise P-SKU Office サブスクリプションのみ E-SKU、A-SKU、K-SKU SharePointのみ ExO、LyO のみ自動的に 既知の問題を自動的にログ 記録作成される SR予測可能な日付 完全に自動化されたスケ ジュール設定により、時期に 関する混乱を抑制延期 任意の理由で更新の 60 日間 延期を申請早期更新 Exchange および Lync の更新 をユーザーが直ちに受け取る よう選択
  25. 25. 通知スケジュール (Enterprise)
  26. 26. 早期更新機能のメリットハンドフリーであることを確認 ユーザーが 選択した UI の (再) 有効化 お客様が早期更新プロセス ユーザーの更新 ユーザーを選択 4 ~ 48 時間の ユーザーが選択 キュー した UI のロック試験運用の共存 Exchange、 Lync のキュー ユーザー
  27. 27. 延期と早期更新のエクスペリエンスDEMO
  28. 28. サービス更新スケジュール運用向けリリース 一般提供 すべての更新が完了一般提供前 2013 年前半 2013 年後半• Office Web Apps の • すべてのお客様が 9 か月以内に更新を • 更新後の展開 リリース 受けるようにスケジュールを設定 (期間 • SharePoint サイトの• 計画されたメンテナンス、 は変更になることがあります) ビジュアル アップグレード Lync Online、SharePoint • 公開済みの、地理ベースのスケジュール • 新しい Office、Lync デスク Online の更新準備時に限定 で展開 トップ クライアントの展開 されたダウンタイム • 次期 Wave の準備 28
  29. 29. サービス更新におけるテナントの状態100% (現在)
  30. 30. サービス更新におけるテナントの状態 新しい Office Web Apps お客様の視点100% Wave 14 SPO、LYO データセンターの視点 アップグレード 30
  31. 31. サービス更新におけるテナントの状態オプションの "早期更新" サイト、クライアントは 変更なし 現在の 新しい Exchange、 Exchange、 Lync Lync 新しい SPO、LYO サーバー 31
  32. 32. サービス更新におけるテナントの状態サービス更新の完了 サイト、クライアントは 変更なし すべてのサービスが 更新済み 32
  33. 33. ここまでのまとめ: 今後発生する管理者タスクシステム要件BPOS トランジションの事後処理更新後のタスク
  34. 34. 次期 Office 製品群関連セッション Room B Room C Room E PT-011 PT-016 PT-02113:00-13:50 ~ 次期 Office はここが違う ~ ~「人」が起点のユニファイド コミュニ ~ 革新的デザイン力の向上 ~ 新しい Office のコンセプトと新機能解説 ケーション基盤 ~ 次期 Lync のご紹介 次期 Visio のご紹介 PT-012 PT-017 PT-02214:00-14:50 管理者のための次期 Office 365 ~ 人とビジネスをつなぐ統合基盤 ~ ~ 真に柔軟なプロジェクト管理の実現 ~ Enterprise 入門 次期 SharePoint のご紹介 次期 Project のご紹介 PT-013 PT-018 PT-02315:10-16:00 ~ どこからでもよりスマートに ~ ~ 企業内コミュニケーションの要、電話を統合 ~ Office 365 for Education 概要 Lync で実現するエンタープライズ ボイスのご紹介 次期 Exchange のご紹介 と最新事例の紹介 PT-014 PT-019 PT-02416:10-17:00 ~ 管理者のための次期 Office ~ マイクロソフトの実践事例にみる、 加速するクラウド サ-ビス : クラウドになった Office の展開と管理 次世代企業内ソーシャルの展開手法 Office 365 の中小組織へのインパクト PT-015 PT-020 PT-02517:10-18:00 ~ 次期 Office はここが違う ~ 次期 Office 製品群でさらに強化された 次期 Office 製品群の 新しい Office のコンセプトと新機能解説 競合製品との差別化ポイント 新しい開発モデルの解説
  35. 35. 次期 Office 製品群 展示ブース 展示会場 Office/Office 365 のタッチ&トライコーナー 入口入口から左手奥
  36. 36. 追加のリソースカスタマー プレビュー Office 365 コミュニティhttp://office.com/preview http://community.office365.com次期 Office 評価ガイド Office 365 Twitterhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/office/jj149945 http://twitter.com/msonline_ja次期 Office ブログ Office 365 Facebookhttp://blogs.technet.com/b/microsoft_office_/ http://facebook.com/office365jp 製品説明資料 http://aka.ms/mod
  37. 37. © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×