Office 365版SharePoint Onlineの技術概要

12,020 views

Published on

Office 365版 SharePoint Onlineの技術概要を説明しています。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
12,020
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
64
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Office 365版SharePoint Onlineの技術概要

  1. 1. Microsoft ® SharePoint Online技術概要 2010年10月 マ゗クロソフト株式会社
  2. 2. アジェンダ • SharePoint Online の概要 • 機能の概要 • ワークロードとメリット • ハ゗ブリッド機能 • クラウドへの移行 • 計画 • 移行 • 管理 • クラウドでのカスタム開発 • 概要とリソース2 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  3. 3. 注意• 日付と機能は変更される場合があります。• ベータ期間中は、すべての機能が使用できるわけではありません。• 一部の機能では、ゕドオンのサブスクリプションが必要になる場合が あります。免責事項このプレゼンテーションには、このソフトウェゕの最終的な製品版の発売時に実質的に変更される可能性がある暫定情報が含まれます。このプレゼンテーションに記載されている情報は、このプレゼンテーションの発行時点におけるマ゗クロソフトの見解を反映したものです。変化する市場状況に対応する必要があるため、このドキュメントは、プレゼンテーションの内容の実現に関するマ゗クロソフトの確約とは見なされないものとします。また、プレゼンテーションの実施日以降に発表される情報の正確性に関して、マ゗クロソフトはいかなる保証もいたしません。このプレゼンテーションは情報提供のみを目的としており、明示または黙示にかかわらず、このプレゼンテーションの情報についてマ゗クロソフトはいかなる責任も負わないものとします。マ゗クロソフトは、このプレゼンテーションに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。別途マ゗クロソフトのラ゗センス契約上に明示の規定のない限り、この情報はこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。©2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  4. 4. Microsoft Office 365 とは 最も優れたコミュニケーション & コラボレーション製品のクラウド バージョンと 最新版のデスクトップ ス゗ートの組み合わせをすべての規模の企業のお客様に提供 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  5. 5. SharePoint Online 概要
  6. 6. SharePoint Online とは 同僚、パートナー、および顧客とドキュメントやゕ゗デゖゕを共有するためのサ゗トを作成できます 個人用サ゗ト チーム サ゗ト ゗ントラネット エクストラネット Web サ゗ト ポータルサ゗ト サ゗ト個人のドキュメントや 担務やプロジェクト お知らせや全社通達等 販売店や協力会社等 ゗ンターネット ゕ゗デゖゕを チームの文書や 組織全体に通知する情 ビジネス パートナーと Web サ゗トとして 一元管理し共有 進捗状況等を共有 報を発信 情報を安全に共有 市場に情報発信 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  7. 7. 個人用サイト個人のドキュメントやゕ゗デゖゕを一元管理し共有 • ドキュメントのバージョン管理の問題を 解決します • 個人の情報と専門的知識を共有します • 通知およびゕクテゖビテゖ フゖードを 通じて同僚を状態を確認します • 機密性の高い個人のコンテンツを保護する ために、ドキュメント レベルでゕクセス 許可を設定できます • どこからでも重要なドキュメントに ゕクセスできます仕事仲間の候補 組織ブラウザー | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  8. 8. チーム サイト担務やプロジェクト チームの文書や進捗状況等を共有 • 重要なドキュメントを管理および共有し、 チームの共同作業の効率性を高める • Office Web Apps により、ドキュメント および販売提案をリゕルタ゗ムで共同作成し、 重要なミーテゖングのメモを管理 • 共有の予定表により、重要なプロジェクト マ゗ルストーンおよびスケジュールを追跡 • SharePoint Online 内部から直接、同僚と リゕルタ゗ムにコミュニケーション可能 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  9. 9. イントラネット ポータルサイトお知らせや全社通達等組織全体に通知する情報を発信 • 重要なビジネス プロセス情報 (運用ポリシー、 トレーニング ガ゗ド、経費レポートなど) にゕ クセス • 会社全体で重要なドキュメントおよびユーザー を検索 • コミュニテゖ デゖスカッション フォーラムに 参加し、革新的なゕ゗デゕを共有 • ブログを使用して、興味深い新たな開発につい て従業員に通知 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  10. 10. エクストラネット サイト販売店や協力会社等ビジネス パートナーと情報を安全に共有 • 顧客やパートナーとドキュメントを 1 か所 で共有することにより、ドキュメント管理の 問題を解消 • 組織外で共有されている情報の制御と管理 • よく寄せられる質問に対する回答を検索する ための顧客およびパートナー向け wiki ペー ジを作成 • SharePoint Online から直接、顧客やパート ナーとリゕルタ゗ムにコミュニケーション | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  11. 11. インターネット Web サイト゗ンターネット Web サ゗トとして市場に情報発信 • 主に小規模企業/SOHOのWebサ゗ト用 • サ゗トをカスタマ゗ズするためにすぐに使用で きる簡単な Web テンプレート • SharePoint ツールをすばやく容易に使用して、 コンテンツを更新 • 自社サ゗ト上で顧客が情報を簡単に検索 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  12. 12. 豊富なテンプレートの提供と セキュリテゖ 柔軟なカスタマ゗ズ環境 コミュニケーションゕクセス権設定、グループ管理、 Lync Online との連携多言語対応機密情報保護、監査ログ 情報発信 Exchange Online との連携 掲示板 ブログ、Wikiドキュメント共有 情報収集 ソーシャルタギング 複数人での共同作業 フゖードバック Q&A、ゕンケート、To Do 等| Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  13. 13. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  14. 14. サイトとコミュニティ 提供される機能 • 個人用サ゗ト • チーム サ゗ト • ゗ントラネット サ゗ト • エクストラネット サ゗ト • Office との統合 (2007/2010) • オフラ゗ン作業に対応した SharePoint Workspace 2010 • 単純な公開用 Web サ゗ト (Small Business) 今後予定されている機能 • SharePoint for Internet Sites (2011年下半期以降を予定)。カスタマ゗ズ、サ゗トのオーサリング、 WCM ワークフロー/承認のサポート14 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  15. 15. コンテンツ管理 提供される機能 • ドキュメント ラ゗ブラリ • スラ゗ド/メデゖゕ ラ゗ブラリ • ビジネスタクソノミーおよびタグ付け • ドキュメント セットおよび ID • Office Web Apps 今後予定されている機能 • お客様の資産管理システムへのゕクセス。この制約により、エンドツーエンド eDiscovery (電子証拠開 示) シナリオは有効ではない。次期メジャーバージョンゕップで実装予定。15 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  16. 16. 検索、可視化と分析、コンポジット 提供される機能 • サ゗ト コレクション全体検索 • 検索の絞り込み/゗ンデックス処理による、人の検索の制御 • ふりがな検索 • Excel Services • Access Services • Visio Services • Forms Services • Silverlight Web パーツ • サンドボックス ソリューション 今後予定されている機能 • 外部サービスにゕクセスする機能を除外したビジネス接続サービス (BCS) (2011年下半期以降予定) • オンラ゗ン サ゗トおよび自社運用サ゗トのソースを組み合わせた一括検索結果 (次期メジャーバージョン ゕップ時の実装予定)。 • サムネ゗ル、プレビュー、コンテキスト検索、ビジュゕルおすすめコンテンツ、詳しい検索の絞り込みな どの機能の FAST Search (次期メジャーバージョンゕップ時の実装予定) • Performance Point Services (次期メジャーバージョンゕップ時の実装予定) • PowerPivot から外部サービスへの接続を無効化。 (2011年下半期以降予定) • サンドボックス ソリューションをサ゗ト コレクション レベルで実現予定。 • ハ゗エンドのカスタム ソリューション (完全な信頼コード) の代替。(次期メジャーバージョンゕップ時ま で段階的に実装予定)16 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  17. 17. SharePoint Online 機能セットと機能
  18. 18. サイトコンポジット コミュニティ可視化と分析 コンテンツ 管理 検索 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation18 18
  19. 19. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation19
  20. 20. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation20
  21. 21. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation21
  22. 22. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation22
  23. 23. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation23
  24. 24. | Copyright© 2010 Microsoft Corporation24
  25. 25. SharePoint Online の エンド ユーザー エクスペリエンス
  26. 26. 機能の概要 SharePoint Online Standard サ゗ト コミュニテゖ コンテンツ管理 検索 可視化と分析 コンポジット SharePoint リスト 予定表、仕事 スラ゗ドラ゗ブラリ 単一サ゗ト コレクションの Excel Services ブラウザー ベースの 検索 カスタマ゗ズ Webパーツ ユーザーとグループ ドキュメント情報パネル Access Services ゕクセス権を考慮した検索 SharePoint Designer ゕクセスログ メールWebパーツ 多段階の廃棄 Visio Services おすすめコンテンツ フォーム: SharePoint ゕクセス許可の管理 掲示板、ゕンケート ナビゲーション データ接続ラ゗ブラリ Designer 2010 によるす 重複する結果 Office との接続 案件管理 保持と監査ポリシー PerformancePoint ぐに使用できるワークフ メタデータ ベースの ローおよびカスタマ゗ズ 対象ユーザーの設定 ブログ、Wiki リッチ メデゖゕの管理 PowerPivot 絞り込み条件 コンテンツロールゕップ 仕事仲間の候補 コンテンツ タ゗プの共有 ビジネス ゗ンテリジェンス ECMAScript 人と専門知識の検索 およびメタデータ サービス センター 単純なワークフロー 多言語゗ンターフェ゗ス 同僚とメンバーシップ の管理 ふりがなとニックネームの グラフ Web パーツ InfoPath Forms Services エクストラネットサ゗ト 得意分野 拡張 ゕクセシビリテゖ標準の KPI サンドボックス 複数ブラウザーサポート キーワードの候補 サポート 最近編集されたコンテンツ 分解ツリー クラ゗ゕントオブジェクト サ゗トデゖレクトリ 個人用サ゗ト 固有のドキュメント ID 複数のサ゗ト コレクション ダッシュボード モデル リボンUI 組織階層ゕドレス帳 にわたる検索 ドキュメント セット VSTFとの統合 モバ゗ル接続 Outlook Social Connector 検索範囲 法的保留 Business Connectivity SharePoint Workspace 連絡先カード サ゗ト検索 Office Web Apps Services (BCS) Silverlight Webパーツ コンテンツの評価 ソーシャルによる関連性の メタデータとタクソノミ WCM ワークフロー/承認の 向上 発行サ゗ト 最近のゕクテゖビテゖ コンテンツ オーガナ゗ザー サポート 分類および用語ストゕの Web分析 ソーシャル ブックマーク Word Automation ビジネスデータWebパーツ 統合 ゗ンターネットサ゗ト タグ付け Services SharePoint のタ゗マー ブラウザーで表示 レコード センター ジョブ 匿名ゕクセス Project Online FAST IRMとの統合 完全信頼ソリューション メールが有効なリスト エンタープラ゗ズコンテン SPDによるバックゕップ ツソース WANゕクセラレーション キー: BPOSから提供済みの機能 Office 365で新しく提供する機能 将来提供予定の機能26 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation 内部設置のみの機能
  27. 27. ハイブリッド運用
  28. 28. 内部設置サーバー クラウド 共存 ID フェデレーションとデゖレクトリ同期による クラウドと内部設置サーバーへのシングルサ゗ンオンハードウェゕ、メンテナンス、 部分的なクラウドへの移行と マ゗クロソフトによる定期的な新機能 リソース、管理タスクの 同じドメ゗ン認証情報を使用した および性能向上の提供 完全なコントロールと オンプレミスとクラウドへのゕクセス オーナーシップ | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  29. 29. 用途に応じたハイブリッド環境による共存• 内部設置と クラウドへの シングルサ゗ンオン• 内部設置とクラウド に格納されている実行中 一般的なタスク: のタスクに関連した • サ゗ト コンテンツへのゕクセス • コンテンツ管理• 内部設置とクラウド への横断的な検索は不可 • コミュニテゖ • SharePoint 検索 • 基本的なコンポジット一般的なタスク:• 可視化と分析• コンテンツ管理• コンポジット• FAST 検索• ゗ンターネット サ゗ト | Copyright© 2010 Microsoft Corporation29
  30. 30. MS クラウドへの移行 計画・移行・管理
  31. 31. 移行手順の例 • • • • •31 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  32. 32. 移行前の要件の評価 • SharePoint Online Standard サービスの説明を熟読 プロジェクトの • ユーザーとグループのゕクセス許可を計画 計画 • コンテンツ管理戦略を構築 - 評価/削除/ゕーカ゗ブ • 段階的な利用計画を考慮 • エンド ユーザーがサ゗トを探索する方法を考慮 • 1 つのサ゗ト コレクションにするか? または、さまざまな部署に合わせて サイト設計 複数作成するか? • サ゗ト テンプレート、ドキュメント ラ゗ブラリ、ナビゲーションの外観の 決定 • 主要な SharePoint Online 管理者を選出 管理の委任 • さまざまな部署のサ゗ト コレクション管理者を選出 • 個々のサ゗トはサブレベルの管理が可能 • サンドボックスを使ってカスタマ゗ズする内容の決定 サンドボックス の準備 • 開発/テスト環境の確立 • SharePoint Online Standard 開発者向けガ゗ドの熟読32 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  33. 33. SharePoint Online における管理 テナント管理者の管理内容 • マルチテナント • モジュール化されたサービス ゕプリケーション • SharePoint Online 管理センター • レベルに基づいたガバナンスを提供 • サ゗ト コレクション、所有権の管理 • ストレージの割当て • 個人用サ゗ト、ユーザ プロフゔ゗ル データ管理 • サ゗ト コレクションを横断したメタ データの管理 • 社外ユーザーへのサ゗ト共有管理 • Microsoft Online 管理センター内 • ドメ゗ン名の追加・確認 • ユーザ ゕカウントの追加、変更、 削除/パスワード管理 • セキュリテゖ グループの作成 • Active Directory 同期の確立 • オンラ゗ン サービス サポートへ問 = マ゗クロソフトによる管理範囲 題のエスカレーション = お客様および/またはパートナーによる管理範囲 • サービス監視確認 詳細については、以下の Web サ゗トを参照してください。 • ラ゗センス管理 • SharePoint Online 管理リソース センター (TechNet) • SharePoint Online 管理ガイド (近日中にご利用になれます) • Office.com "ヘルプと使い方" センター • SharePoint Online 計画ガイド33 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  34. 34. サイト コレクション/サイト管理者の役割分担34 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  35. 35. クラウドでのカスタム開発 SharePoint Online
  36. 36. SharePoint Online 開発による拡張の手法 詳細については、以下の Web サ゗トを参照してください。 • SharePoint Online 開発ガイド (近日中にご利用になれます) • MSDN SharePoint Online リソース センター36 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  37. 37. サンドボックス 敏捷性と安定性の確保 SharePoint Online のサンドボックス モードとは?  サ゗ト コレクション レベルで配置して実行するカスタム コードにより、開発者は 安全で高速なソリューションを柔軟に展開できます。 サンドボックスのメリット • 開発者および個別部門の敏捷性 • 簡単な展開 • 反復型開発 • 共有サーバーへのゕクセス • 管理の安定性 • 安全性 • 限定的な API ゕクセス • リソースの監視 • ソリューションが実行される安全で分離されたプロセス • Microsoft.SharePoint 名前空間のサブセットへのゕクセス • 展開のためのサ゗ト コレクション ソリューション ギャラリー • 個別のサ゗ト コレクション所有者による管理37 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  38. 38. Silverlight Silverlight により SharePoint Online で可能になること  Silverlight により、開発者は次世代のリッチ ゗ンターネット ゕプリケーション (RIA) を作成できます。SharePoint Online は Microsoft Silverlight に緊密に統合しており、 SharePoint Online データを操作する魅力あるユーザー ゗ンターフェ゗スを作成でき ます。 SharePoint Online での Silverlight の機能 • Web パーツで Silverlight をホストできます。 • SharePoint には Silverlight Web パーツが付属します。 • Silverlight コントロールまたはゕプリケーションのみを構築する必要があります。 • この Web パーツには、InitParameters プロパテゖにより Silverlight に送信されるカスタム プロパ テゖを含めることができます。 • XAP フゔ゗ルは SharePoint Online ドキュメント ラ゗ブラリに展開できます。 • その後、Silverlight ゕプリケーションでは SharePoint Online のデータにゕクセスするためにクラ゗ゕ ント オブジェクトモデルを利用できます。 • このクラ゗ゕント上で実行するプログラムでは、リストの追加および削除、リスト ゕ゗テムの追加、 更新、および削除、ドキュメント ラ゗ブラリ内のドキュメントの変更、サ゗トの作成、ゕ゗テムのゕ クセス許可の管理、ページに対する Web パーツの追加および削除などを行うことができます。38 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  39. 39. クライアント オブジェクト モデル クラ゗ゕント オブジェクト モデルで可能なことは?  ブラウザー内で実行するスクリプトから SharePoint Online データをリモートに操作 する強力な手法が提供されます。これにより、SharePoint 階層内でサ゗ト コレク ション レベル以下のオブジェクトにゕクセスできます。 API をクライアント オブジェクト モデルで 提供 • Microsoft.SharePoint.Client.dll 等をランタ゗ムとしてクラ゗ゕントに展開 • 開発の簡略化 複数のプラットフォームにわたる一貫した開発者エクスペリエンス • .NET • ECMAScript (Jscript, JavaScript) • Silverlight39 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  40. 40. 機能拡張方法の概要 SharePoint Online standard と SharePoint 2010 の比較 SharePoint SharePoint 2010 領域 Online (自社運用) (マルチテナント) サンドボックス ソリューション (部分的に信頼されるコード)   フゔーム レベル ソリューション (完全に信頼されるコード)  なし Silverlight Web パーツ (.XAP フゔ゗ル)   BCS (バックエンドの業務ゕプリケーション統合)  なし SharePoint Designer 2010   クラ゗ゕント オブジェクト モデル   Web サービス   基本機能のブラウザーからの設定 (Web パーツ、テーマ)   Visual Studio 2010 (SharePoint ツール) (フゔームおよびサンドボックス)  (サンドボックスのみ) InfoPath フォーム  (管理およびサンドボックス)  (サンドボックスのみ) (サンドボックス内の ワークフロー  (カスタムおよび宣言型)  カスタム ゕクテゖビテゖ および宣言型)40 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  41. 41. リソース
  42. 42. リソース • SharePoint Online 製品サ゗ト • http://sharepoint.microsoft.com/ja-jp/SharePoint- Online/Pages/default.aspx • Business Productivity Online Suite (BPOS) 製品サ゗ト • http://www.microsoft.com/japan/Online • 試用版の情報、および購入前の初級・中級レベルのお客様のための情報 • BPOS ス゗ートおよび SharePoint Online の情報もあり • SharePoint Online 開発者リソース センター (MSDN): http://msdn.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/gg153540 • SharePoint Online 管理リソース センター (TechNet): http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/gg144571 • SharePoint Online の "ヘルプと使い方" (Office.com): http://office.microsoft.com/ja-jp/sharepoint-online-standard- help/FX102017124.aspx42 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation
  43. 43. © 2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft、Windows、Windows Vista、およびその他の製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。このプレゼンテーションの内容は情報の提供のみを目的としており、記載された情報は、このプレゼンテーションの実施日におけるマ゗クロソフトの見解を示すものです。変化する市場状況に対応する必要があるため、このドキュメントは、記載された内容の実現に関するマ゗クロソフトの確約とはみなされないものとします。また、このプレゼンテーション以降に発表される情報の正確性に関して、マ゗クロソフトはいかなる保証もいたしません。このプレゼンテーションの情報についてマ゗クロソフトはいかなる責任も負わないものとします。 | Copyright© 2010 Microsoft Corporation

×