• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
MSC 2010 T1-1 25 GB の大容量メールボックスを持つクラウドグループウェアの最新動向
 

MSC 2010 T1-1 25 GB の大容量メールボックスを持つクラウドグループウェアの最新動向

on

  • 2,933 views

 

Statistics

Views

Total Views
2,933
Views on SlideShare
2,930
Embed Views
3

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 3

http://paper.li 3

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    MSC 2010 T1-1 25 GB の大容量メールボックスを持つクラウドグループウェアの最新動向 MSC 2010 T1-1 25 GB の大容量メールボックスを持つクラウドグループウェアの最新動向 Presentation Transcript

    • セッション ID: T1-1 25GB の大容量メールボックスを持つ クラウド グループウェアの最新動向 ~ Microsoft Office 365 ご紹介 ~ マイクロソフト株式会社 インフォメーションワーカービジネス本部 エグゼクティブ プロダクト マネージャー 米田 真一
    • アジェンダ次世代クラウド プロダクティビティ サービス “Office 365” とはMicrosoft Office 365 for Enterprise の概要 次世代 Exchange Online、SharePoint Online、Lync Online 既存の BPOS のお客様の Office 365 への移行概要Microsoft Office 365 for Small Business の概要
    • 次世代クラウド プロダクティビティ サービス “Office 365” とは
    • The Future of Productivityー ワークスタイル “新標準” の到来 ー
    • Microsoft Office 365 とは
    • ターゲット別のエディション 3 つのエディションであらゆる組織をカバーしますfor Small Business for Enterprise for Education小規模組織/SOHO あらゆる規模の組織 教育機関に特化した~25名 (最大 50 名) にフル機能を提供 機能を提供
    • Microsoft Office 365 の価値最高の生産性を実現一緒に賢く働くどこからでもアクセス可能いかなる場所からでも問題解決使い慣れた操作性普段からよく使っているツールを使える堅牢なセキュリティと信頼性99.9% の稼働率を保証IT の制御と効率化管理と制御を可能に
    • 従来のクラウド プロダクティビティ サービスとの関係は?Business Productivity Online
    • Office 365 と BPOS との関係Business Productivity Online for Enterprise 2007 2010
    • Office 365 と Office Live Small Business の関係 for Small Business 5GB 25GB Office Live Mail 公開用 Web サイト
    • Microsoft Office 365 for Enterprise の概要
    • Office 365 for Enterprise の新機能 オンライン購入のユーザー毎のサブスクリプション Office アプリケーションや Office Web Apps の 最新バージョンが常に利用可能 ボイスメールとユニファイドメッセージング 個人用アーカイブ、保持ポリシー、リーガルホールド 共存環境での空き時間情報共有、統合管理 個人用サイト、および Forms Services 等の高度な機能 改良されたチーム・プロジェクトサイト エクストラネットを使った文書の安全な共有 ファイヤーウォールを超えた IM とプレゼンス共有 SharePoint のグローバルアドレス帳とスキル検索 連絡先の写真、連絡先からワンクリックで会話開始 新しいユーザーインターフェイスプラットフォーム ID フェデレーション、多要素認証 ユーザー数制限なし
    • ユーザータイプ別の 2 種類のライセンス Plan K ファミリー Plan E ファミリー500MB のメールボックス 25GB のメールボックスOutlook Web App/POPのみ SharePoint 容量 500MBSharePoint は読み取り専用 Outlook、モバイルからの接続(容量 0MB) Exchange、SharePoint、 Lync クラウド版のフル機能
    • アクセス方法の単純化BPOS •Office 365 • •
    • ID 管理の概要 – 2 つのオプションシングルサインイン ツールが不要に
    • より簡単な管理と制御サービス毎の管理画面の新設役割に基づく新しいアクセス権制御プラットフォーム Web サービスの公開Exchange Online のリモート PowerShell 管理SharePoint サイトとポータルの高度なカスタマイズ
    • 役割に基づくアクセス権制御
    • サービス構成と暫定価格
    • Exchange Online と Exchange Server
    • SharePoint Onlineと SharePoint Server
    • Lync Online と Lync Server
    • 新しいプラットフォームのシステム要件サービスコネクターおよび Office 2007 SP2 以上 Internet Explorer 7 以上.NET Framework 2.0 以降 Office 2008 for Mac & Firefox 3.x(強く推奨) Entourage 2008 Web Safari 4.xWindows XP SP3 Services EditionWindows XP Home Office 2011 for Mac とおよび Media Center Outlook 2011 for MacEdition は ID フェデレー Lync 2010ションなし Communicator for MacWindows Vista SP2Windows 7Mac OS X 10.5 (Leopard),10.6 (Snow Leopard)
    • BPOS から Office 365 for Enterprise への移行タイミングは、正式リリース後しばらくしてからスケジュールはある程度調整可能、最大 1 年以内に移行移行時はサービス停止なしデータの保全と保護24 時間 365 日の日本語での技術サポートが移行を支援
    • Microsoft Office 365 for Small Business の概要
    • Office 365 for Small Business25ユーザー以下のお客様向けにデザインされたサービス Windows Phone、 iPhone、BlackBerry 連携(BIS のみ) 電子メール 25 GB のメールボックスと 25 MB までの添付 ファイル、予定表の共有 Web サイト 公開用 Web サイトを簡単に構築可能 10 GB のサイト容量とユーザーあたり 500 MB 予定 どこでも 文書を共有して共同作業が可能 オンライン会議に参加し、どこからでも発表可能 アクセス Office Web Apps を用いた簡単な文書編集 データ保護を行うMicrosoft の強力なセキュリティ機能 セキュリティ 99.9% の稼働率保証 と信頼性 パスワードで保護されたチームサイト ウイルス/スパム対策
    • サービス構成と暫定価格、主な機能1-25 ユーザー対象(50 ユーザーまで可能) Exchange メール・予定表・連絡先、IT 管理者不要 個人用アーカイブお試しは簡単 25 GB のメールボックス単純で簡単に使える Office 365 ActiveSync モバイル サポートMicrosoft Office と連携 (Plan P1) SharePoint チームサイトする 626円/人/月 Office Web Apps99.9% の稼働率保証、 シンプルな公開用 Web サイト未達の場合の返金制度 オンライン Access データベースヘルプ文書とコミュニ Lync リッチクライアントティによるサポート オンライン会議とデスクトップ共有 複数人の IM と PC-to-PC 電話
    • Office 365 for Enterprise との比較このようなときは Office 365 for Enterprise を使ってください Active Directory との同期が必要 ユーザーとグループを管理、同期する機能 アーカイブ機能が必要 2 法的コンプライアンス確保のためのアーカイブ for Enterprise BES の機能が必要 3 BlackBerry Enterprise Server 小規模な組織でも Office 365 for 50 ユーザー以上に増える可能性がある 4 今日/将来的に 50 PC を超える組織 Enterprises の方がより ニーズにかなっている 5 24 時間 365 日の電話サポートが必要 場合があります コミュニティサポートより手厚いサポート
    • Enterprise との購入方法の相違点最低発注数の要件なし (1 ユーザーから購入可能)ボリュームライセンスでは購入不可月単位のコミットメント、月毎に自動更新いつでもユーザー数増減可能、解約可能、早期解約金なしクレジットカードでのお支払い (月額 24,250円以下の場合)
    • まとめ
    • いまから始められる!クラウド プロダクティビティ サービスの検討BPOS でカバーされている機能も多くあります。現時点で利用可能な機能で要件が満たされる場合は、現行 “BPOS” でぜひご検討を開始してください。新しい機能が必要な方は、Office 365 ベータ予約もご利用ください。
    • いまだけのキャンペーンをご活用ください Office 365 ベータ版の予約、 Microsoft Online Services の 試用版お申込み、およびいまだ けのお得なキャンペーン情報を 掲載しています。http://www.microsoft.com/japan/cloud
    • 関連セッションT1-2:Microsoft Exchange - クラウド時代のメッセージング基盤T1-3:Microsoft SharePoint - 組織のチカラを引き出すクラウド時代のビジネス コラボレーション プラットフォームT1-4:Microsoft Lync - いつでも、どこからでもつながる、新時代のリアルタイム コミュニケーション基盤T1-5:クラウド環境と内部設置型環境におけるメール システム管理徹底比較T1-6:Microsoft Online Services を拡張するアプリケーション開発テクニックT1-7:既存システムとの共存で実現するメール環境のクラウド化
    • 関連セッションT1-8:ブラウザーだけでここまで使えるクラウド グループウェアT1-9:クラウドで広がる! Microsoft Office 2010T1-10:教育機関向け無償クラウド サービス「Live@edu」T1-12:事例にみるクラウド グループウェア活用術Expo 会場での Online Services パートナー企業の展示もぜひご覧ください。
    • リファレンスクラウドならマイクロソフトhttp://www.microsoft.com/japan/business/cloud/default.mspx今すぐ試せるクラウドグループウェア「Microsoft Online Services」ご紹介サイトhttp://www.microsoft.com/japan/onlineいまだけのキャンペーン情報を集約した「クラウド パワー」サイトhttp://www.microsoft.com/japan/cloudMicrosoft Office 365http://www.office365.com
    • ご質問は以下のtwitterアカウントまで!Twitter.com/msonline_ja
    • ご清聴ありがとうございました。 T1-1アンケートにご協力ください。
    • © 2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.