Your SlideShare is downloading. ×
20050526 ku-librarians勉強会 #65:英国出張報告:英国における総合目録および図書館業務システムと電子情報資源管理・提供ローカルシステム
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

20050526 ku-librarians勉強会 #65:英国出張報告:英国における総合目録および図書館業務システムと電子情報資源管理・提供ローカルシステム

339
views

Published on

Published in: Education

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
339
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 英国における総合目録システムの展開 Copac と InforM25 2005年5月26日 英国出張報告 京都大学 附属図書館 相互利用掛 大綱浩一 1
  • 2. Copac とは Copac = CURL Online Public Access Catalogue CURLの総合目録をネットワーク上で検索できるようにした サービス※ CURL = Consortium of University Research Libraries, 1983年設立※ CURLの総合目録 = CURL Database, 1987年構築開始 1996年4月30日サービス開始 英国図書館等も加わる,英国では最大規模の総合目録 JISCの助成を受けている。※ JISC = Joint Information Systems Committee 2
  • 3. Copac : 訪問先とスタッフ3月7日(月)University of Manchester, Manchester Computing, Manchester InforMmation and Associated Services, Copac Service Sean Dunne (Service Manager) Shirley Cousins (OPAC Developer) Ashley Sanders (Database Programmer) 3
  • 4. Copac : 参考文献Andrew Cooper / CURL OPAC launch, Ariadne 3, 1996.05http://www.ariadne.ac.uk/issue3/copac/Shirley Cousins / COPAC: the new national OPAC service based on the CURLdatabase, Program 31(1), 1997Shirley Cousins / COPAC: the new nationally accessible Union Catalogue, Ariadne9, 1997.03.14 http://www.ariadne.ac.uk/issue8/copac/Shirley Cousins / Duplicate detection and record consolidation in largebibliographic databases: the COPAC database experience, J Inf Sci 24(4), 1998大柴忠彦 / オンライン総合目録における書誌レコードの同定方法,カレントアウェアネス,No.236,1999.04.20http://www.ndl.go.jp/jp/library/current/no236/doc0003.htmCURL Feasibility Study To Investigate Potential Applications and StrategicImplications of Z 39.50 Technology on the COPAC Service, September 1998http://www.curl.ac.uk/projects/z3950.pdf 4
  • 5. Copac : NACSIS-CATとWebcatNDLなど NII 大学図書館など NACSIS-CATサーバ クライアント ① ② MARC 参照 MARC ローカルサーバ 総合目録 ローカル目録 ③①ローディング Webcat OPAC②目録作業 総合目録 ローカル目録③ダウンロード 5
  • 6. Copac : NACSIS-CATとWebcat 日本では,学術情報政策の結果,ほとんどの大学図書館 がNIIが提供するNACSIS-CATを用いて目録業務を行っ ている(1984年サービス開始)。 NACSIS-CATでは総合目録と同時に,ローカル目録を構 築する仕組みとなっているため,当然のごとく総合目録が 構築される。 そして,このようにして構築された総合目録を,Web上で 検索できるようにしたサービスがWebcatである (1997年 サービス開始)。 6
  • 7. Copac : CURL Database と CopacRLGなど Manchester Computing ① 大学図書館など CURL Database クライアント MARC ② サーバ 総合目録 ローカル目録 ③①ダウンロード Copac OPAC②目録作業 総合目録 ローカル目録③ローディング 7
  • 8. Copac : CURL Database と Copac 一方,英国には,NACSIS-CATのような国家レベルの仕組み はなく,日本のように,当然のように総合目録が構築される 状況にはない。そのような状況のため,CURLはコンソーシア ム・レベルで総合目録を構築している。 (1)CURLの参加館は自館の書誌・所在レコードをFTP転送に よりCURL Databaseに登録する。CURL Databeseのレコー ド・フォーマットはMARC21である。転送の頻度は参加館に よって異なる。週1回の館もあれば,年4回の館もある。 (2)しかし,CURL Databaseは重複書誌を許しているため, そのままでは検索サービスには使えない。そこで,システム および人手により重複調整を行い,COPAC用のデータベース を作成している。CURL Databaseは約4000万レコード, COPACは約3100万レコード。重複調整は大体うまく行ってい るようである。 8
  • 9. ② ⑤ ④③ ① 9
  • 10. Copac の機能 Z39.50による応答機能:Z39.50を実装した任意のクライアントから呼び出さ による応答機能 による応答機能 れ,データを受け取り,検索結果を引き渡すことができる。 Z39.50による問合機能:例えば,一部の参加館の所蔵情報では,参加館の による問合機能 による問合機能 サーバに問合せることで,リアルタイムなCirculation Statusを表示することが できる。通信できないときは,COPAC自身が持っている所蔵情報を表示する ようになっている。 OpenURLによるリンクアウト機能 によるリンクアウト機能:OpenURLを実装した任意のリンク生成シ によるリンクアウト機能 ステムを呼び出し,データを引き渡すことができる。 OpenURLによるリンクイン機能 によるリンクイン機能:OpenURLを実装した任意のリンク生成シス によるリンクイン機能 テムから呼び出され,データを受け取ることができる。※ JISC の主導のもと,Z39.50 や OpenURL 等の標準インタフェイスを備えるこ とで,柔軟なシステム連携および動的なリンク生成が可能となっている。 10
  • 11. InforM25 とはM25 Consortium of Academic Libraries の次の4つのサービスの総称。 M25 Consortium of Academic Libraries : 利用者へのサービス向上のために, 相互協力の推進を目指すロンドンの高等教育機関の図書館の共同体 (1993年設立)。 52機関150以上の図書館が参加。 Find a Library: 蔵書の主題や立地場所で参加館を検索できる(1996 年サービス開始)。 Visit a Library: 所属や身分で利用条件を照会できる(2003年サービス 開始)。 Search Catalogues : 参加館の蔵書目録を横断検索できる(*)。 Union List of Serials: 参加館の雑誌目録を横断検索できる(*)。※(*)1998年の elib (The Electronic Libraries Programme) PAESE 3 の Large Scale Resource Discovery (Clumps) projects の M25 Link に端を発する。※(*)2001年サービス開始。 11
  • 12. InforM25 : 訪問先とスタッフ3月8日(火)University of London, London School of Economics and Political Science, Library, M25 Systems John Gilby (Project Manager) 12
  • 13. InforM25 : 参考文献Jean Sykes / M25 Link: A virtual clump for London, Ariadne 13, 1998.01http://www.ariadne.ac.uk/issue13/m25/John Gilby et al / Clumps come up Trumps , Ariadne 26, 2000.12http://www.ariadne.ac.uk/issue26/clumps26/M25 Link Project Final Report Issue 1, 2001.09http://www.m25lib.ac.uk/M25link/documentation/Final_Report_Issue1.pdf 13
  • 14. 14
  • 15. 15
  • 16. InforM25 : Search Catalogues と Union List of Serials ローカル目録 横断検索利用者 Search ローカル目録 Catalogues Union List of ローカル目録 Serials ローカル目録 16
  • 17. 物理的総合目録と仮想的総合目録の特徴比較 物理的総合目録 仮想的総合目録更新のタイムラグ あり × なし ○データ品質 均一 ○ 不均一×重複書誌 統合 ○ 不統合×維持管理経費 高い × 安い ○協調性 重要通信速度・処理能力 重要 17
  • 18. 総合目録システムの歴史的展開1996 Copac サービス開始 eLib Phase 1 / MODELS 3 において 仮想的総合目録が提案される。1998 eLib Phase 3 / M25 Link プロジェクト開始1999 Z39.50 Interoperability Profile: Drafting Meeting 開催(Bath Profile 策定)2001 InforM25 / Search Catalogues, Union List of Serials サービス開始 Feasibility Study for a National Union Catalogue Final Report A Serials Union Catalogue for the UK2002 Shared Services Programme / Bath Profile Project プロジェクト開始 Digital Library Infrastructure Programme COPAC and CLUMPS interoperability project (CC-Interop) プロジェクト開始 SUNCAT: the National Serials Union Catalogue プロジェクト開始 18
  • 19. 相互利用性Z39.50は情報検索のための標準といっても,検索手順や入力データ形式,出力データ形式などを規定しているに過ぎず,意味論レベルで機能する属性集合やレコード構文といったプロファイルまでは規定していない。仮想総合目録のように異なるシステムを協調させるには,Z39.50のような情報検索のためのプロトコルにとどまらず,Bath Profileのような意味論レベルで機能する属性集合やレコード構文といったプロファイルまでを共有し,相互利用性を高める必要がある。 19