Your SlideShare is downloading. ×
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
2013  jaa   presentation final
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

2013 jaa presentation final

971

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
971
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 日本語教育における新機軸:ナショナルスタンダード(American,Europe)、21世紀スキル、 IB APJAPANESE などを通して国連国際学校 津田和男JAA Conference MARCH 31 , 2013
  • 2. 五年以上教えていますか。45分以上自宅から職場/学校までかかります。JAA研修会にお弁当と出席届けを出してありますか。中学校で教えたことがありますか。今年は教える初めの年ですか。人生を豊かにするものを一つ以上もっていますか。三カ国語話せますか。JAAのメンバーですか。去年生徒を遠足等の校外活動に連れていきましたか。国、豪州や欧州などのスタンダードについてよく知っていますか。あなたの使っている教科書について満足していますか。他の日本語のワーショップに参加したことがありますか。内容重視のインストラクションについて知っていますか。すべてのクラスにレッスンプランをたてて望みますか。クラスを出る時、クラスをきれいにしていかないと外へいけないですか。あなたの学校では4つ以上の外国語を教えていますか。昔の生徒の作品を簡単に捨てることができますか。レッスンの準備に多くの時間をとられる方ですか。授業中にその時間内でその日の内容をいつもカバーできていますか。一日で5時間以上教えていますか。自分の教室がありますか。あなたの授業課題について満足していま学校で言語に関するクラブや課外活動を行って継承語のコースを始めようと思っていまテクノロジーはレッスン中によく使いますか。
  • 3. 言語教育における最新の情況• ナショナルスタンダードとは?– 日本語の指導要綱とどう違うのか– 連邦政府、州政府、郡政府のカリキュラム– 学校カリキュラム (ランニング シナリオ)– カリキュラム デザイン (バックワード)– 内容重視(CBI), トップダウン– 21世紀スキル 高度思考方法– アセスメント (AP Japanese )
  • 4. 1950 20001970TopicトピックContent 内容スタンダード199721世紀スキル2009AP日本語2006Memory記憶Fact 事実Concept概念Innovation/ICT新機軸/j情報技術2013New IB 20111970 IB 1990 CEFR 2001 CLILNew AP2012
  • 5. ナショナル・スタンダード Communication コミュニケーション Cultures文化 Connections学際 Comparisons比較 Communities社会実践(学習ストラテジー、他学科)価値(クリティカルシンキング)産物(文化の知識)対人的(会話のストラテジー)解釈(学習ストラテジー、他学科)発表(学習ストラテ
  • 6. NationalStandards1996-1999WhatIntegratedPerformanceAssessment2003How to measure &teach & learn1990 20061970OPI大学College 中等SecondarySchool初等ElementarySchool40,00010,000Curriculum ReformACTFLAP Japanese2006How to measure& teach & learn50,000Performanceguideline1998How wellIB Japaneseナショナルスタンダ−ド と APの背景
  • 7. Standards for Foreign Language Learningby Japan Foundation Language CenterNationalStandardsGoals (5C’s)StandardsSampleProgressIndicators(K-16)LearningScenariosStateFrameworkGoals forInstructionStandardsContentUnit typesAssessmentproceduresLearningScenariosDistrictFrameworkGoals forInstructionContentSuggested units& sequenceUnit SpecificsMethods/resourcesLesson/UnitPlanSpecific Objectivesfor learningLearningScenariosAssessmenttechniquesSpecificprojectsSpecificassessmentsContentLessonspecificsMethodsResources
  • 8. Learning Scenario Based ModelComparing Three ModelsPre-communicative ( may includecommunicative activitiesChapter 1*Minipro 1Communicative activitiesMini pro 2.1Mini pro 2.2Mini Pro 3/4Mini Pro 5Chapter 2Chapter 3Chapter 5Chapter 6Chapter 4*Each chapter includes new vocabulary and grammaitems, various input and output activities, cultureinformation, reading, writing and listeningChapter 7Chapter 1*Chapter 2Chapter 3Chapter 5Chapter 6Chapter 4Chapter 7Project 1Project 2Step1. 1Step1. 2Step2. 1Step2. 2Step3. 1Step3. 2Project 3Project 4Project modelText book model Mini Project model
  • 9. 内容重視と生徒中心トータルイマージョンパーシャルイマージョンシェルターアジャンンクト主題中心内容重視の言語活動言語活動とミニ内容重視自律的生徒スカフォルディングの設定内容重視中心言語学習中心
  • 10. CommunicationコミュニケーションCultures文化Connections他学科との繋がりComparisons比較Communities社会との繋がり対人的(会話のストラテジー)解釈(学習ストラテジー、他学科)発表(学習ストラテジー)実践(学習ストラテジー、他学科)価値(クリティカルシンキング)産物(文化の知識)他学科との繋がり:コンテントベース、学習言語教育比較: 言語と文化との比較社会との繋がり:国際交流や文化祭りや写真(IT)交換世界とアメリカの 日本語中等教育(コンテンツと問題解決型の教育)過去において、教室の教授法は語彙の記憶や文法に焦点があっていた。スタンダードにおける外国語教育は外国語の教室の内容の定義はもっと広義になっている。学生は、会話のストラテジー、学習ストラテジー(例えば、問題解決能力)、クリティカル・シンキング、他学科のコンテンツ、言語システム、文化の知識、テクノロジーを習ったり、使ったりする機会が与えられなければならない。
  • 11. 現在の語学教育の中の文化教育の位置について 、by National Standards for Foreign Language Education Project Communication コミュニケーション Cultures文化 Connections他学科との繋がり Comparisons比較 Communities社会との繋がり The study of anotherlanguage and cultureenhances one’s personaleducation in many ways.他言語と他文化の勉学は個人の教育を色々に高める The study of anotherlanguage enables students tounderstand a different cultureon its own terms.他言語の勉学は学生が他の文化をその言葉によって理解することができる対人的解釈発表実践価値産物
  • 12. CommunicationコミュニケーションCultures文化Connections他学科との繋がりComparisons比較Communities社会との繋がりコミュニケーション対人的解釈発表文化実践価値産物他学科との繋がり:コンテントベース、学習言語教育比較:言語と文化との比較社会との繋がり:国際交流や文化祭りや写真(IT)交換アメリカのナショナルスタンダード(2000年代の教育体系)(なぜ、国際交流なのか、なぜ疑似体験としての祭りや写真パネルやビデオなのかなぜ、プロジェクトや問題解決なのか)
  • 13. ナショナル スタンダード• 目標1 コミュニケーション(Communication):日本語でコミュニケーションを行うスタンダード1.1対話を通して他の人と情報のやり取り、感情の表出、意見交換をするスタンダード1.2様々な話題について日本語で書かれた物や話し言葉を理解し解釈するスタンダード1.3様々な話題について自分で考え、意見、及び情報を口頭で、或いは書いて発表する• 目標2文化(Culture)、日本の文化を理解し、知識を獲得するスタンダード2.1日本人の習慣・慣習(practices)を学び、その背景(perspectives)について理解するスタンダード2.2日本文化における文化的所産・産物(products)とその背景(perspectives)について理解する• 目標3コネクション(Connections)他の教科内容に関連づけ、情報を得るスタンダード3.1日本語を用いて他の教科分野の知識を習得・補強するスタンダード3.2日本語及び日本文化を通して情報を得、特有な視点を認識する。• 目標4比較(Comparisons)日本語と母語の比較により言語と文化への洞察力をやしなうスタンダード4.1日本語と母語を比較し、言語に関する理解を深めるスタンダード4.2日本文花と自己の文化を比較し、文化の概念を把握する。• 目標5コミュニティー(Communities)国内及び国外において多文化・多言語社会に参加するスタンダード5.1学んだ日本語を学校内外で使用するスタンダード5.2人生を豊かにするために、日本語を使用し、生涯教育の一環として学習の継続を心がける
  • 14. • Prescribed communication purposes Examples• description factual set of instructions– evocative travel brochure– narration factural news story– imaginative short story• written interaction informal letter to family or friends• formal business letter• spoken interaction tran scribed play -script• reported interview• explanation factural report• argumentative proposal• argument controversal editorial• balanced debate for or against• analysis and critique subjective review,biography• objective academic analysis• exploration promotional advertisement• poetic poem• graphics factural diagram of scientific text• imaginative cartoon• Prescribed communication purposes Examples• description factual set of instructions• evocative travel brochure• narration factural news story• imaginative short story• written interaction informal letter to family or friends• formal business letter• spoken interaction tran scribed play -script• reported interview• explanation factural report• argumentative proposal• argument controversal editorial• balanced debate for or against• analysis and critique subjective review,biography• objective academic analysis• exploration promotional advertisement• poetic poem• graphics factural diagram of scientific text• imaginative cartoon
  • 15. GlobalTasks/Function機能/タスクContext 場 面 /話題Content内容Accuracy正確さTextType テキ ス ト型Superior超級は仮説が立てられ、抽象的な意見の裏付けができ、広範に議論ができるフォーマル/インフォーマルな状況で幅広くこなせる一般的な興味深い話題から不馴れな、抽象的な、専門的な話題を幅広くこなせる母語話者を煩わせたり、会話を中断させることはない複段落Advanced上級は主な時制/アスペクトを使って变述描写ができるインフォーマルか尐しフォーマルな状況で具体的な話題がこなせる個人的、公的な具体的な事実的な話題をこなせる外国人の会話に慣れていない母語話者にも分かる段落Intermediate中級は簡単な質議を良く知っている話題について対処できるあるインフォーマルな状況で限られた談話変換による中でこなせる個人的な日常的な環境でそれらに関連した話題がこなせる外国人の会話に慣れている母語話者には分かる文Novice初級は決まり文句や単語の羅列で対応する日常的でからり予測可能な状況でこなせる非常に身近な場面において弁別的にこなせる母語の影響が強く、外国人の会話に慣れている母語話者にも分かりにくい語・句
  • 16. Superior HAdvanced HIntermediate HNovic HNovic MNovic LIntermediate MIntermediate LAdvanced MAdvanced LSuperior L
  • 17. http://www.21stcenturyskills.org21世紀スキル
  • 18. 21 世紀の社会• 1. Core Subjects and 21st Century Themes» World languages included• 2, Learning and Innovation Skills• Creativity and Innovation• Critical Thinking and Problem Solving• Communication and Collaboration• 3. Information, Media and Technology Skills• Information Literacy• Media Literacy• ICT Literacy• 4. Life and Career Skills• Flexibility and adaptability• Initiative and Self-Direction• Social and Cross-Cultural Skills• Productivity and Accountability• Leadership and Responsibility
  • 19. 21世紀型スキル 4カテゴリ定義・思考の方法(創造性と革新性、批判的思考・問題解決・意思決定、学習能力・メタ認知)
・仕事の方法(コミュニケーション、コラボレーション(チームワーク))
・学習ツール(情報リテラシー、情報コミュニケーション技術(ICT)リテラシー)
・社会生活(市民権(地域および地球規模)、生活と職業、個人的責任および社会的責任(文化的差異の認識および受容能力を含む))
  • 20. IB CEFR ACTFL• HLLanguage A: literatureHL Language A: language andliterature• SLLanguage A: literatureSLLanguage A: language andliterature SLLiterature andperformance• SLLanguage B HL• Language B SL• Language ab initioC2 MasteryC1 EffectiveoperationalproficiencyB2 VantageB1 ThresholdA2 WaystageA1 BreakthroughDistinguishedSuperiorAdvancedIntermediateNovice HighNovice MidNovice Low
  • 21. Current Issuesと言語教育での捉え方とその21世紀的意義• AP Japanese や IB Japanese B で現れた近年の課題言語教育の社会化– 地球規模の課題– 社会関係の課題– コミュニケーションとメデア– 継承語教育と外国語教育の区分けの変化:出口(遂行能力による基準化)– 継承語的基準の遂行能力による変更– 継承語教育から一般言語教育– クリティカルシンキングの要請• 初級から中級(下、中)から中級(下、中)から中級(上)上級(下、中、上)– 遂行能力による基準化と上昇化OPI cefr IB APEx C2 HA litHA lagSuper C1 SA litSA lagAdvanced B2 HBInter midHigh-MidB1 SB APInter midLow-MidA2 Ab initioNoviceHighA1NoviceLow
  • 22. European Standards• The Common European Framework divides learners into threebroad divisions which can be divided into six levels:• A Basic Speaker• A1 Breakthrough or beginner• A2 Waystage or elementary• B Independent Speaker• B1 Threshold or intermediate• B2 Vantage or upper intermediate• C Proficient Speaker• C1 Effective Operational Proficiency or advanced• C2 Mastery or proficiency
  • 23. ブルームの分類表事実的 概念的 走行的 メタ認知的知識 リスト 描写 表 適した使い方理解 要約 解釈 予測 実施応用 分類 試み 計算 組み立て分析 整理 説明 区別 達成総合 位置づけ 評価 結論 行動評価 組み合わせ 計画 構成 実現
  • 24. テーマユニット背景知識/学習語彙マップイング記憶書記/読解1。リスト文2。説明文3。感想文4。物語文5。手紙文6。新聞文7。詩/創作文テキスト的理解実験/観察コミュニケーション/インパーソナル応用プロジェクト発表評価評価創造分析テーマ書記/読解ー談話1。二者会話文*2。会議文*3。インタビュー文*4。台本指示文*5。台本文*と表現6。三者会話文*7。ディベート文*説明文:主題文/サポ−ト文・例文論理構造リスト文/二文発展構造描写文: 観察/説明/比較 判断文:直接+間接感想文:描写文+判断文物語文:静態/動態/静態
  • 25. 日本語教育における新機軸:ナショナルスタンダード(American, Europe)とバックワードデザインなどを通して•• 国連国際学校 津田和男JAA Conference MARCH 31 , 2013
  • 26. Educational points of view(A Concept -Based Approach to Curriculum Design, Lynn Erickson. ASCD)1950 20001970Memory記憶TopicトピックConcept概念Fact 事実 Content 内容
  • 27. Educational points of view 1(Understanding by Design:Grant Wiggins and Jay McTughe. ASCD)Identify desired results 予測される結果の見極めDetermine acceptable evidence容認できる証拠の決定Plan learning experiences andinstruction 学習経験や教授法の計画
  • 28. Educational points of view 123.Plan Learning Experiences and InstructionWorth being familiar with親近的な価値Important to know and do知識と行為の重要性“Enduring”understanding恒久的な理解Assessment TypesTraditional quizzes and test伝統的なクイズやテストpaper/pencilselected-responseconstructed-responsePerformance tasks and projectsパフォーマンス・タスクやプロジェクトopen-endedcomplexauthentic
  • 29. Educational points of view(Understanding by Design:Grant Wiggins and Jay McTughe. ASCD)1. Explanation (説明)2. Interpretation (解釈)3. Application (応用)4. Perspective (多角的視点)5. Empathy (他者理解)6. Self-knowledge (自己理解)The Six Facts of Uderstanding
  • 30. 『季節』Kisetsu - (4 Volumes)Contextualized Project Oriented Curriculum情報の収集/交換 Informationgathering/exchanging問題解決、意志決定Problem solving, Decision makingグループワーク group work主題発見 Topic-comment/writingReadingPrior KnowledgeVocabulary buildingSentence / Text structureプレゼンテーションpresentationAudience視点転換(Critical thinking他者理解/情緒理解 empathy自己理解 Self Knowledge 自律学習認知的ストラテジーCognitive strategiesアフェクティブストラテジーAffective strategies言語ストラテジーLanguagestrategiesConceptFactTopicPerformance
  • 31. 生活言語 学習言語教室内言語教室外言語 ESP/EAPKrashen’s Input ( late 19070 .early 80s)Canadian Immersion ProgramSwain’s Output(mid-80s topresent)Long’s Interaction(early 80s-present)Links between Form andContentCognitive Learningtheories( 80s-90s)Focus on Form(early 90s-present)Socio-cultural view (90s-present)Cummin’s BICS andCALP(80s)Motivation(80s-90s)Argument, Collaboration,Reflection, Agency, IdentityProject-based learning状況モデルメタ言語中間言語スカファルディング内容重視 CBICummin’s BICS and CALP(80s)動機付けミーメンス内省的自助モデル
  • 32. ステージ1Desired Results予測される結果ステージ2 AcceptableEvidence容認できる証拠ステージ3 Learning Plan教授法の計画エッセンシャル クエッションアセッスメント タスクその他の証拠学習活動トピックアセッスメント クライテリア生徒が知りうること生徒ができること多様化すべきではないポイント多様化してもいいポイント多様化すべきポイント
  • 33. Unit organization :ダイエットと栄養補給の計画をたてる。この計画について討論してみてください。ダイエットと栄養補給の計画は言語教育のカリキュラムを組むことと類似していると思われます。下のヒントを使って括弧の中に穴埋めしてください。□栄養補給とダイエットの概念を理解して、何をしたいのかを鮮明にする。( )、( )□ダイエットのグラフをとる計画( )□ダイエットに必要なもの( )( )( )□栄養や栄養補給やダイエットの指導者や計画者についての知識( )□栄養補給とダイエットのマナー( )ゴール、アッセスメント タスク、エビデンス、語彙、文法、機能、5CS,文化、
  • 34. ユニット: トピック: レベル:シナリオ:アセスメント タスク: エビビデンス:語彙 機能 構造/文法 方略
  • 35. エッセンシャル ゴール:生徒自身や他の人の適切なダイエットの計画に作る栄養補給の理解に使えるためにラーニング シナリオ (ユニットの要約)カリキュラムとゴールを含む保健のクラスでは人間に必要な栄養補給や食品の分類や色々な食品の栄養効果やフードピラミッドや栄養不足による健康問題について学ぶ。そして、若い学習者に対して健康的な生活のために栄養補給の重要性について教えるパンフレットをつくる。エッセンシャル クエッション:1。健康的な食事はなんですか。2。健康的な食事をしてますか。どうのように。3。人には健康的なダイエットも他の人には不健康なダイエットになることがいかにして4。どうしてアメリカでは総ての情報にがあるにもかかわらず、栄養不足による健康問題がおこるのでしょう。知識:Student will know1。用語語彙2。食事の種類3。フードピラミッド4。栄養の必要性の多様な影響性5。栄養不足問題スキル:student will be able to1。食品の表示の読解と解釈2。栄養補給とダイエットの分析3。バランスのとれたダイエットの計画
  • 36. エビデンス:パフォーマンス タスクどんなエビデンスが生徒が理解したことを表しますか。⑴。若い学習者に対して健康的な生活のために栄養補給の重要性について教えるパンフレットをつくる。⑵。野外活動での三日間のメニューをを計画。キャンプディレクターにどうしてこの栄養供給にいたったのかを手紙をかく。また、ベジタリアンかイスラム用ののメニューもすくなくとも入れるように言う制する。Plan learning Experiences1.生徒を引きつけるために今回の課題を生徒に提案する(Hook)2.エッセンシャル クエッションとパフォーマンスタスクへの道のりの紹介(Where and Why)3.基本語彙(Equip)4.食品群の概念の発表(Equip)5.フードピラミッドと食品の分類(Equip)6.クイズ:フードピラミッドと食品(Equip)7.リビューと討論 (Rethink)8. 小集団で分析し、討論( Evaluate)9.各生徒が小学生向けの食品パンフレット作り(tailor/Equip)10.パンフレットを交換しあう(Rethink/Equip)11.ビデオを見ながら、書きながら返答(Equip/Evaluate)AP Japanese 1-211. Key terms, evaluation guidline,important consideration,reference, in the 3 mode ofACTFL guide line.2. Cultures, school guide,3. Connections, Comparison,community4. Motivation, themes, ict skils5. Scaffold, communicationstrategies, leaning strategies6. Cooperative, learning strategies7. Formative, summativeassessments, performance8. Web search, word process,email
  • 37. Unit Organizer 1: Desired Resultラーニングシナリオ:ゴール:知識:will understand スキル:will be able toエッセンシャルクェション:
  • 38. Unit Organizer 2: Assessment Evidenceエビデンス:パフォーマンス タスク:他のタスク:セルフ アッセスメント:
  • 39. Unit Organizer 3:Learning Plan1。設定2。インプット アクティビテー3。ガイディッド プラクティスアクティビテー4。グループ/独立アクティビテー5。アセスメント タスクWhat learning activities and teachingpromote understanding, knowledge,skill, student interest, and excellentEngaging and effective, using theelements of WHERETO• Where is it going?• Hook the students• Explore and equip• Rethink and revise• Exhibit and evaluate• Tailor to student needs, interests,and styles• Organize for maximum engagementand effectiveness
  • 40. Step 1-a: 恒久的理解/本質的質問• 町の紹介:紹介文を作る• Enduring Understandings:•• You will be practicing paragraph development by writing about some aspect of your town. You willlearn about the basic structure that you will follow at this time in order to create logical andcoherent paragraphs. You may find the structure easy to follow since it is quite similar to what youmay follow when constructing descriptive or expository paragraphs in English.•• エッセンシャル クエッション• MT Standard Japanese:•• 1. Why does people became a skillful writer?• 2. What factors does a good paragraph have?• 3. What ways does a good paragraph be involved?• 4. What is the structure of a good paragraph?• 5. What do you reflect your study habits after studying a good paragraph systematic writing?• 6. What is the long-term impact of the paragraph systematic writing?
  • 41. Step 1-b:知識理解:遂行能力Japanese Students know and understand:• 1. About the basic structure of a paragraph.• 2. Two paragraph development tactics• 3. About Japanese positional words and counters.• 4. About Japanese cities.• 5. Useful expressions for various aspects of town.• 6. About Japanese dictionaries• 7. About Japanese numerical progression and units of measurements (metric system)• 8. New kanji and 48 recognized kanji vocabulary.Japanese students will be able to:• 1. Write a logical and coherent paragraph about a topic related to your town• 2. Understand the basic structure of a paragraph• 3. Describe basic features of your town by referring to its weather, public facilities and landscape among other things• 4. Indicate existence of something or someone• 5. Express levels of quantity and frequency using adverb• 6. Create and use plain-style sentences as a noun modifier.• 7. Make comparative statements and answer comparative questions.• 8. Count different types of objects by using appropriate counters.• 9. Build up substantial vocabulary that is useful in describing various aspects of a town• 10. Learn or review vocabulary by playing bingo games.• 11. Look up a new word in the dictionary.• 12. Express English units of measurement in Japanese and convert between the English system and the metric system• 13. Give numeric information including fraction.•
  • 42. Step 2 証拠: Assessment TaskEvidence• What is evidence of the desired results?• In particular, what is appropriate evidence ofthe desired understanding?
  • 43. Step-3 Learning Plan1. 設定 と Hook & Where and Why2. 語彙(in-put activity) と Equip3. ガイディッド プラクティス アクティビテー4. グループ/独立アクティビテー5. アセスメント タスク
  • 44. ストラテジー活用法1:ACTFL Integrated Performance Assessment(2003) 1. Interpretive Communication Phase2. Interpersonal Communication Phase Scaffolding questions3. Presentational Communication Phaseストラテジー活用法2:Reading scaffolding (2008)1. Pre-reading Reading strategy Vocabulary building2. Reading Reading strategy3. Post –reading Reading strategyストラテジー活用法3: CLI L Content & Language IntegratedLearning (2009)1. Preview closing phrase/2. View3. Review Language promptストラテジーとその活用法
  • 45. ストラテジー活用法 4:TPRS Total Physical Response Story(2007)1. Establish Meaning Personalize2. Story Use a variety of Question3. Literacy Discussストラテジー活用法 5:Arts Literacy Project (2003)1. Building Community2. Entering Text acdemic content and person3. Comprehending Text Reading4. Creating Text writing5. Rehearsing/ Revising Text6. performing Text
  • 46. ストラテジー活用法 6: Spiral Project Integrated Instruction (2009)Pre activities1. Pre-communicative activitiesVocabulary mapping2. Presentational Communication PhaseText style scaffolding3. Interpersonal Communication PhaseScaffolding questions-answersActivities1. Interpretive Communication PhaseGuided reading2. Interpersonal Communication PhaseEssential scaffolding questionsPost Activities3. Presentational Communication PhaseAutonomous group questions
  • 47. 初級から中級へ :発表モード と解釈モードと対話モードの統合サイクル初級から中級へのアセスメントの変化とスカフォルディングのあり方Performance Assessment Units: A CyclicalApproach By ACTFL Assessment Project 19981. Interpretive Communication PhaseStudents listen to or read an authentic text(e.g. newspaper article, radiobroadcast , etc) and answer information as well as interpretive questions toassess comprehension. Teacher provides students with feedback on theirperformances.3. Presentational Communication PhaseStudents engage in presentational communicationby sharing their research/ideas/opinions. Samplepresentation formats: speeches, drama skits, radiobroad casts, posters, brochures, essays,websites,etc.2. Interpersonal Communication PhaseAfter receiving feedback regarding interpretivePhase, Students engaged in personal oralcommunication about a particular topic whichrelates to the interpretive text. This phases shouldbe either audio or videotaped.
  • 48. Current Issuesと言語教育での課題:• 文型の積み上げによる中級への上達の問題点:– カテゴリー4の中級到達は1200時間– 高校から4年間(400−500時間)– 中学から6年間(600−650時間)– 初級の課題と中級の課題の相違の認識:• 中級の書記、会話、口頭行為の能動的理解と段階的発展討論(会話)→発表(書記/口頭)→調べ(読解/聴解)発表(書記/口頭)→討論(会話)→調べ(読解/聴解)• 中級の読解と聴解の理解の原理的限界と飛躍的段階的発展1.InterpretiveCommunication Phase3.PresentationalCommunication Phase2.InterpersonalCommunication Phase
  • 49. Step 3-1 設定と HOOKYou will be practicing paragraph developmentby writing about some aspect of your town.This is the first chapter in Unit 4 and its themeis the environment. In the previous unit, yourresources mainly came from your classroom oryour own personal experiences. In this chapter,you will turn your attention to yoursurrounding environment. You may have someunexpected discoveries and renewedappreciation about your town and communitywhile you think about how you want topresent them to others.Also you will be able to build up substantialvocabulary about such town themes as theweather, public and entertainment facilities,nature and landscape, as well as stores.Furthermore, you will have an opportunity tocompare your town with some Japanesetowns. So get ready to reacquaint yourselfwith your town while improving your writingskills!
  • 50. Step 3-2語彙 と Equip (in-put activity)
  • 51. Step 3-3. ガイディッド プラクティス アクティビテー: 説明文構造:Expository writing : Topic sentence + Support sentences図書館は12あります。病院も20あります、それから、公園も25あります。Topic sentencesSupport sentences谷川市には公共施設がたくさんあります。静かな町自然が多い人口が尐ない高層ビルがない町公共施設自然交通会社公共施設図書館公園病院
  • 52. 説明文の基本構造
  • 53. Step 3-4. グループ/独立アクティビテー:
  • 54. Step 3-5. アセスメント タスク:バーチャル リアリティ
  • 55. Assessment• RubricAssessment
  • 56. UNIS/KISETSU.org/NECTJ• http://www.kisetsu.org/ja/index.phphttps:• http://nectj.wikispaces.com/
  • 57. Unit Organizer 1: Desired Resultラーニングシナリオ:ゴール:知識:will understand スキル:will be able toエッセンシャルクェション:
  • 58. Unit Organizer 2-3: Evidence-Planエビデンス:パフォーマンス タスク:1。設定:2。:語彙、文型,機能:インプット アクティビテー3。:テキストスタイル、ストラテジー:ガイディッド プラクティス アクティビテー4。:グループ/独立アクティビテー5。:アセスメント タスク

×