120901fp key

14,652 views
14,431 views

Published on

函数プログラミングの集いで発表したスライド. 後半についての詳細を知りたい方には, Hudak らの A History of Haskell をお薦めします.

0 Comments
69 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
14,652
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14
Actions
Shares
0
Downloads
62
Comments
0
Likes
69
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

120901fp key

  1. 1. お知らせ 2012年9月1日 これからお話しする内容は、あくまで一個人の主義・主張および見解であり、所属機関・所属団体を代表して発言するものではありません。「○○○をお辞めになってから批判してください」というのはお控えください。
  2. 2. お知らせ (2) 2012年9月1日 問題文にあった「関数型」は、「言語」に対する形容詞として適切ではありませんでした。従って、この問題につきましては全員正解 (3点) として扱います。
  3. 3. void inc (int* x) { ++*x; }
  4. 4. int random(int p) { return (rand()%p);}void putchar (int c); /* 標準出力へ 1 文字書き出す */int getchar (void); /* 標準入力から 1 文字読み込む */void inc (int* x) { ++*x; } /* x の指す値をインクリメント */
  5. 5. お知らせ (3) 2012年9月1日 「どれが関数か」という問題において、入力および出力の集合が明示されておりませんでした。従って、この問題につきましては全員正解 (各1点) として扱います。
  6. 6. int random(int p) { return (rand()%p);}
  7. 7. void putchar (int c); /* 標準出力へ 1 文字書き出す */
  8. 8. int getchar (void); /* 標準入力から 1 文字読み込む */
  9. 9. void inc (int* x) { ++*x; } /* x の指す値をインクリメント */
  10. 10. int getchar (void); /* 標準入力から 1 文字読み込む */
  11. 11. x .λ y.xλ
  12. 12. e : τΓ ⊢
  13. 13. R A N ORTF & B N F

×