第4回Linux-HA勉強会資料 Pacemakerの紹介

13,004 views
12,644 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
15 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
13,004
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
36
Actions
Shares
0
Downloads
192
Comments
0
Likes
15
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第4回Linux-HA勉強会資料 Pacemakerの紹介

  1. 1. 第4回Linux-HA 勉強会資料オープンソースHAクラスタソフトウェアPacemakerの紹介 2011年9月16日 Linux-HA Japan プロジェクト http://linux-ha.sourceforge.jp/ 森 啓介 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project
  2. 2. 自己紹介 名前: 森 啓介 (Keisuke MORI)  twitter: @ksk_ha Linux-HA Japanプロジェクト関連の活動  Pacemaker-1.0系(安定版)のパッチメンテナ  現在Pacemaker-1.0.12リリースに向けて鋭意作業中です!  本家Linux-HA開発コミュニティのボードメンバ(でも名前だけ…) 本業  所属会社: NTTデータ先端技術株式会社  所在地: 月島 ー ぜひもんじゃを食べにどうぞ!  普段の業務  NTTグループ内におけるPacemaker/Heartbeatの導入支援・サポート  バグ報告・パッチ作成などによるNTTからコミュニティへのフィードバック・貢献 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 2
  3. 3. もくじ Pacemakerってどんなもの  Pacemakerの特長 Pacemakerって何が良いの? どんな使い方ができるの?  適用事例 Pacemakerのパッケージ構成  HeartbeatとPacemakerの関係 Heartbeatなら使ったこと  Pacemakerのパッケージ構成 あるんだけど… Corosyncとかcluster-glueとか 訳わかんない! 開発コミュニテイの動向  開発コミュニティの紹介  今後の開発動向 どんなヤツらが作ってるん? 今何やってんの? Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 3
  4. 4. Pacemakerの特長 (1)オープンソースであること (1) (2)数多くのLinuxディストリビューションで利用できること (2) (3)複雑な構成にも対応できること (3) (4)応援キャラがいること (4) Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 4
  5. 5. 特長(1) オープンソースであること ライセンス費用が不要  気軽に試してみたり、イニシャルコストを抑えることが可能  でも「ものすごく安くなる」とは限らないよね… いざというときは全部自分たちで面倒をみることが可能  当事者能力を持てることが重要 気に入らないところは自分で直せる  バグ報告、パッチ作成などでいつでも開発に参加できる  使い方の質問も立派なコミュニティ参加です。ぜひ積極的にご参加を! Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 5
  6. 6. 特長(2)多くのLinuxディストリビューションで利用可能 Red Hat Enterprise Linux 5/6  RHEL5/6用リポジトリパッケージをLinux-HA Japanページから入手可能(1.0系安定版)  RHEL6 ではTechnology Preview として標準添付(1.1系開発版) CentOS 5/6, Scientific Linux 5/6  RHELと同様に利用可能 Fedora 14/15/16 SUSE Linux Enterprise Linux Server 11  HAE (High Availability Extension)という製品として利用可能 openSUSE 11 Gentoo 11 Debian squeeze / wheezy Ubuntu 11 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 6
  7. 7. 特長(3) 複雑な構成にも対応できる 一般的なHAクラスタの構成  Active/Standby(1+1)構成  Active/Active構成  全ノードActive構成  相互待機構成  N+1構成  N+M構成  ・・・ 図出典: www.clusterlabs.org (Pacemaker開発サイト) Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 7
  8. 8. 適用事例(1)データベースサーバの冗長化 Groupリソース IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 pgsql pgsql pgsql Filesystem Filesystem Filesystem sfex sfex sfex pingd pingd Cloneリソース pingd pingd Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 8
  9. 9. 適用事例(2)Hadoopマスターノードの冗長化 Groupリソース jobtracker jobtracker jobtracker namenode namenode namenode IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 Filesystem Filesystem Filesystem MasterSlaveリソース drbd drbd (Primary) drbd drbd (Primary) (Secondary) (Secondary) Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker DRBDによるデータレプリケーション 出典: Hadoop徹底入門 翔泳社 ※Heartbeat2での事例 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 9
  10. 10. 適用事例(3) 3ノードActive構成 Groupリソース1 IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 tomcat tomcat tomcat tomcat Groupリソース2 IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 tomcat tomcat tomcat tomcat Groupリソース3 IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 IPaddr2 tomcat tomcat tomcat tomcat Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker ※Heartbeat2での事例 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 10
  11. 11. 適用事例(4)クラウド基盤 N+2構成 VM1 VM1 VM4 VM4 VM7 VM7 VM VM VM2 VM2 VM5 VM5 VM8 VM8 VM VM VM3 VM3 VM6 VM6 VM9 VM9 VM VM ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ VM管理リソース VM管理リソース VM管理リソース VM管理リソース VM管理リソース VM管理リソース VM管理リソース VM管理リソース Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker ACT1 ACT2 ・・・ ACT N SBY1 SBY2 ※Pacemaker+Corosyncでの事例 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 11
  12. 12. Pacemakerクラスタ構成の設定要素 リソース: 監視対象となるアプリケーションの単位  primitiveリソース  IPaddr2, apache, mysql, pgsql, Filesystem, sfex, VirtualDomain, etc...  groupリソース  cloneリソース  master slave リソース  アプリケーションのホットスタンバイ  DRBD、 MySQLレプリケーション、PostgreSQL 9.1 SR対応(coming soon...) 制約条件: リソースの配置先、起動順序を制御  location (配置ノード制御)  colocation (同居制御)  order (起動・終了順序制御)  groupリソース=colocation + order を自動的に設定したもの これらの設定を任意に組み合わせることで、 非常に複雑な構成への対応が可能になっています Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 12
  13. 13. Heartbeatとの関係って? Heatbeatなら使ったことあるんだけど… Pacemakerとどういう関係なの? Pacemaker は Heartbeat の後継バージョンです。 Heartbeatバージョン2までは単一パッケージで提供されて いましたが、Pacemakerからは複数のパッケージを組み合 わせて使うようになりました。 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 13
  14. 14. Pacemakerのパッケージ構成 Pacemakerの生い立ち crmシェルによる 簡易な設定 リソース監視機能 corosync対応 多様なリソース制御 多ノード対応 Linux-HA pacemaker- 運用管理等 リソースの起動・ XMLによる設定 mgmt-2.0 Japan追加 パッケージ 追加機能 終了のみ管理 2ノード構成まで pacemaker-1.0.11 リソース制御機能 (安定版) CRM resource-agents-3.9.2 cluster-glue-1.0.7 heartbeat- heartbeat- 1.2.5 2.1.4 heartbeat- corosync- 3.0.5 1.4.1 ノード管理機能 パッケージを分割、再構成CRM: Cluster Resource Managerバージョン番号は2011年9月時点での最新版 ノード管理機能を選択可能! Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 14
  15. 15. よくある質問 必要なパッケージが多すぎて覚えられないんだけど…  インストールには“pacemaker” だけ覚えてもらえれば充分です。  他のパッケージは Pacemakerの依存パッケージとして自動的にインストールされます。  Linux-HA Japan のリポジトリパッケージには必要なパッケージが全て入っています。 HeartbeatとCorosyncを選べるって、どっちを使えばいいの?  (1) 安定版: Pacemaker-1.0.* + Heartbeat-3.0.* ← 今はこちらがオススメ!  より安定動作・実績多し。動作確認済みのバージョン組み合わせをLinux-HA Japanから提供  (2) 開発版: Pacemaker-1.1.* + Corosync-1.* ← 将来有望  多ノードの場合はこちらが◯。でも機能変更・リリースが頻繁。 Heartbeatバージョン1と同じ使い方はできないの?  もう開発コミュニティでも誰も動作確認してないので、正直お勧めできません。 そもそも何でコンポーネントをバラバラにしちゃったのさ?  それは… Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 15
  16. 16. クラスタソフトウェアを超えたコンポーネントの共通化 Red Hat Pacemaker High Availability Add-on OpenAIS (はぁん) Luci Lucipacemaker- Linux-HA mgmt-2.0 Japan追加 パッケージ cmanpacemaker-1.0.11(安定版) cman pacemaker rgmanager OpenAIS リソース制御機能 pacemaker-1.1.5(開発版) resource-agents-3.9.2 cluster-glue-1.0.7heartbeat- corosync-1.4.1 3.0.5 ノード管理機能 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 16
  17. 17. オープンソースクラスタ開発コミュニティの動向 クラスタの開発コミュニティは今、ゆるやかに統合しつつあります  Red Hat や SUSE 他のクラスタ開発者同士がコミュニティを通して連携し、コンポ ーネントの共通化などが進められています。 通常は各コンポーネントごとにML、IRC等で活動  Pacemaker : http://www.clusterlabs.org/  Linux-HA(Heartbeat他) : http://www.linux-ha.org/  Corosync : http://www.corosync.org/  linux-cluster(Red Hat) : https://fedorahosted.org/cluster/wiki/HomePage Linux Foundation HA-WG の設立・全体の活動を統括  正式アナウンス: 2011年3月3日  年に一度程度 F2F ミーティングで集中議論  2008年プラハ、2010年ボストン、2011年・・・スケジュールが合わずあえなく中止  主な参加組織  Red Hat  SUSE  LINBIT  NTT (Linux-HA Japan)  その他:IBM, Oracle Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 17
  18. 18. LinuxCon / Cluster Summit 2010 Boston 月刊あんどりゅー くんもよろしく! Linux-HA Japanサ イトで絶賛連載中 Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 18
  19. 19. オープンソースクラスタコミュニティ情勢の変化(2008年前期頃まで) Heartbeat 陣営 RedHat Cluster Suite 陣営 Linux-Clusterコミュニティ Linux-HA コミュニティ OpenAISコミュニティ Alan Lars, Andrew, Dejan Mori S.Dake Fabio 他 IBM SuSE NTT RedHat Heartbeatコミュニティボードメンバ Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 19
  20. 20. オープンソースクラスタコミュニティ情勢の変化(2009年前期頃まで) Pacemaker 陣営 RedHat Cluster Suite 陣営 Pacemaker コミュニティ Linux-Clusterコミュニティ OpenAISコミュニティ Linux-HA コミュニティ Dave Lars, Andrew, Dejan Mori S.Dake Fabio 他 IBM SuSE NTT RedHat Heartbeatコミュニティボードメンバ Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 20
  21. 21. オープンソースクラスタコミュニティ情勢の変化(2010年以降) Pacemaker 陣営 RedHat Cluster Suite 陣営 Pacemaker コミュニティ Linux-Clusterコミュニティ Linux-HA コミュニティ OpenAISコミュニティ Andrew Florian, Dejan S.Dake Fabio 他 Mori LINBIT NTT RedHat Dave Lars IBM SuSE Heartbeatコミュニティボードメンバ Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 21
  22. 22. 今後の開発動向 Linux-HA Japanでの開発動向  PostgreSQL 9.1 SR 対応リソースエージェント開発  PostgreSQL 9.1正式リリース!(2011/09/12)  本家開発コミュニティに提案予定。皆さんからのフィードバックをお待ちしています!  KVM対応仮想環境連携機能 本日リリース!(2011/09/16)  pm_kvm_tools: KVMゲスト内のPacemakerとハイパーバイザ上のPacemakerを連携  vm-ctl: 仮想マシンリソース管理用のツール 本家開発コミュニティの開発動向  ディザスタリカバリ対応:遠隔地を結ぶクラスタリング機能(split-site)  クラウド対応:ハイパーバイザ上のPacemakerからのVM内監視機能  Pacemaker-cloud プロジェクト、Matahariプロジェクト  Pacemaker と Red Hat HA add-on の融合  リソースエージェント(RA)共通化:開発リポジトリの統合は済。今後は共通RAの開発  rgmanagerからPacemakerへの置き換え Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 22
  23. 23. おわり 以上です。ありがとうございました! Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 23
  24. 24. 参考:仮想環境連携機能 pm_kvm_tools の概要 ライブマイグレーション等 仮想環境連携STONITH機能 VM(ACT) VM(SBY) VM(ACT) STONITH STONITH  仮想マシン(VM)の移動先に関わ Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker らず、Pacemakerからの (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) STONITH実行を可能とする機能 Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker  従来のSTONITHプラグインでは (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) c (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) VMが稼働するホスト(ハイパーバ イザ)は固定されている必要があ った(右図上)。 ライブマイグレーション等  pm_kvm_toolsを使うと、ハイパ VM(ACT) VM(SBY) VM(ACT) ーバイザ上のPacemakerと連携 することでSTONITHの実行が可 Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker 能となる。 (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) (VMゲスト内) 仮想環境 連携機能 Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker Pacemaker c (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) (ハイパーバイザ上) Copyright(c) 2011 Linux-HA Japan Project 24

×