• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Osc2012 appinventor のその後
 

Osc2012 appinventor のその後

on

  • 1,295 views

OSC 2012 Oitaの1コマでAppInventorの簡単な紹介をした時のスライド

OSC 2012 Oitaの1コマでAppInventorの簡単な紹介をした時のスライド

Statistics

Views

Total Views
1,295
Views on SlideShare
1,295
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Osc2012 appinventor のその後 Osc2012 appinventor のその後 Presentation Transcript

    • AppInventorのその後 日本Androidの会 大分支部 本田 克己
    • 日本Androidの会 大分支部2010年2月6日に設立2010年1月23日のOSC 2010 OitaがキッカケAndroidアプリ開発の勉強会などをやっていますhttp://goo.gl/VKyYNhttp://groups.google.com/group/android-group-japan-oitaFacebookページなんかもあったりします。http://goo.gl/vKmlchttps://www.facebook.com/android.oita
    • 2012年2月11日 OSC 2012 OitaAndroidアプリを作ってみよう (45分で)
    • App Inventor
    • App Inventorブロックを組み合わせて、簡単にAndroidのアプリが作れるプログラムを組んで、すぐに動作を確認できるWindowsでもMacでもLinuxでも使える
    • App Inventorの仕組み デザイナ App Inventor サーバ ブロック エディタ エミュレータプログラムのコンパイルやソースコード?はクラウド上管理されています。 端末/実機
    • 2010年7月Googleが開発を行い、Google Labsで公開2011年7月Google Labs閉鎖の発表がありました2011年12月App Inventorサーバが閉鎖されました
    • ハンズオンしようと思ったら デザイナApp Inventor サーバ ブロック エディタ エミュレータ 端末/実機
    • Google Labs閉鎖に伴い、App InventorのコードはGoogleからマサチューセッツ工科大学(MIT)のモバイルラーニングセンターに移管されました
    • 2012年1月20日ソースコードが公開http://code.google.com/p/app-inventor-releases/
    • 仕方がないので2月のOSCではオープンソース版のサーバを独自に立てて ハンズオンを開催しました
    • MIT版2012年3月リリースhttp://appinventor.mit.edu/
    • App InventorとMITOpen Blocksというライブラリを使ってるOpen BlocksはMITが開発、公開Open BlocksはScratchという、プログラミング教育用のプロジェクト向けに開発されてた http://scratch.mit.edu/
    • App Inventorのはじめかた
    • 必要なもの1. パソコン2.Webブラウザ3. ネットワーク接続4.Java実行環境(Java6)5.App Inventor Setup Sofware6.Googleアカウント7. (できれば)Android端末
    • Java実行環境
    • App InventorのセットアップWindowsとMacは、ダウンロードしてインストールするだけhttp://explore.appinventor.mit.edu/content/linuxhttp://explore.appinventor.mit.edu/content/windowshttp://explore.appinventor.mit.edu/content/mac
    • App InventorのセットアップWindowsとMacは、ダウンロードしてインストールするだけhttp://explore.appinventor.mit.edu/content/linuxhttp://explore.appinventor.mit.edu/content/windowshttp://explore.appinventor.mit.edu/content/mac
    • プログラミング始めてみようhttp://beta.appinventor.mit.edu/
    • Hello App Inventor
    • こんな感じにアプリが作れます
    • はじめにプロジェクトを作ります
    • プロジェクト名を入力
    • デザイナが開きます
    • パレット ビューワ コンポーネント リスト プロパティ リスト
    • ボタンの配置Buttonをスクリーンにドラッグ Textに「こんにちは」と入力
    • ブロックエディタの起動メニューから[Open the Blocks Editor]をクリック
    • ブロックエディタ
    • My Blocksにデザイナで置いた部品 が入っています
    • ボタンを押した時・・・[My Blocks]タブを選択Button1を選択 Button1.Clickをドラッグ
    • set Button1.Text toをドラッグ Text と ドラッグBuilt-Inを選択して、Textを選択 textに文字を入力 「Hello App Inventor」 とか
    • エミュレータの起動 [New emulator]をクリック起動したら、鍵マークを右にドラッグ
    • プログラムを実行してみる [Connect to Device...]をクリックして emulator-555? を選択
    • ご清聴ありがとうございましたブースのApp Inventorが使えるパソコンを 置いているので試してみてください