K ruby第一回中国報告

867 views

Published on

K-Ruby, 1st Meeting

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
867
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

K ruby第一回中国報告

  1. 1. SEA無錫ワークショップ 資料部分流用   RubyとOSSと中国と無錫天狗ソフトウェアディベロップメント董事長 インターマン 平社員 スディックスバイオテック 経営企画   増満工将(ますみつ こうすけ)
  2. 2. 増満とは?• 年齢 頭脳警察+1歳• 鹿児島県薩摩川内市出身• 一応、McGill大学院(カナダ)卒• 19年の人事管理経験• キャリアの3分の2は外資。親分も殆ど外国人• 途中、アメリカ2年弱、ここ数年は、中国、韓国、臺灣、 香港、シンガポールなど • 色々あって2008年から中国へ• いつの間にかRubyの会社を作ることに• いつの間にか第1回中国Ruby会議の事務局、スポンサーに  • いつの間にか、第2回目も仕切ることに• で、いつの間にか、鹿児島で働くことに
  3. 3. さて、本題です  
  4. 4. Rubyの中国での状況  
  5. 5. 正直、OSSは商売の国中国では商売にならない
  6. 6. Rubyも然り  
  7. 7. 然し乍、Rubyは中国向きの言語 • 中国人はセッカチ • 80年後は、努力が嫌い • 金儲けが好き   • ITで英語のできる人材比率は高い o つまり、情報の入手は英語で行っている • 一定レベルまでの習得が容易 o 初心者にも入りやすい • Railsを使えば、1日でプロ並みにサイトが出来てしまう • 極めるとかなり複雑なことが出来てしまう
  8. 8. これまでの活動  
  9. 9. これまでの活動1.2008年末 OSSのイベント 40名強(日本語)2.2008年末 福岡のRuby会議で中国の現状報告 (日本 語)3.2009年1月 会社設立4.2009年5月 第1回中国Ruby会議(中国語)5.2009年7月 本家日本のRuby会議で発表(英語)6.2009年9月 無錫恵山のオフショア会議で発表(中国 語)7.2009年9月 カンフーRails会議開催(社員がSinatraの 紹介)8.2009年4月 臺灣Ruby会議参加(RubyConfChinaの告 知)9.2010年6月 第2回中国Ruby会議
  10. 10. Hs Contribution
  11. 11. TY Ng - HK 1. I got to know abt ruby, since 2004, from the bookhttp://www.manning.com/herrington/ ... my company builtcode-generators to generate PHP code using ruby. But it is rails that opens up the black magic side of ruby to me.2. My company uses both PHP & ruby (& not to forget javascript), but my job evolved round ruby & rails.
  12. 12. TY Ng - HK3.  People using ruby/rails are generally very open & embrace new stuffeasily, if something is good, even if it is very new, people wouldembrace it & help it to improve. The community is passionate with its craft & constantly sought better ways to get things done, eg. rspecstories replaced by cucumber, etc.5. Frankly i dont think i know the situation in china well, maybe notenough community contribution ?
  13. 13. Rubyに関しての定着度合い• 未だにアーリーアダプターの状態• Rubyのコミュニティーに貢献できるレベルのエンジニア• が育っていない• 隣国日本とのエンジニアの交流の機会はそれほど多くない – 若者は日本のRubyKaigiに行く金がない  – 日本のエンジニアは中国に来ない(一部を除いて)• 現在は、圧倒的大多数のマイクロカンパニーと、一部のWeb 企業が注目している状況• 位置づけはPythonに似ている。PHP程ユーザーは多くない» 北京のPython,上海・HKのRuby» 恐らくユーザーは数千人規模» Javaの数十万人規模にはとても及ばない
  14. 14. RubyConfChina!!• 中国唯一のRuby会議• 上海のOSSで、政府が主催しない会議 では恐らく最大規模の会議
  15. 15. 会議のHP - English is default. No locallanguage page. 
  16. 16. 389 Registered!
  17. 17. Movie
  18. 18. 人間網 (中国版Twitter)のツイート江渡先生 RT @rainux Wow! 现在这位日本演讲者绝对是资深 geek,自己做了一 大堆机械玩具。 #rcc +2 新井さんRT @virushuo 我一直认为,快速开发模式改变项目管理方式, 传统的重流程方式已经不行了RT @turingbook: #rcc 现在是来 自日本的Arai演讲中。讲Ruby商业上的意义。很有启发性。 他说Ruby带来的高效开发,使更少的资深程序员可以自己 很快完成工作。瀑布式的 离岸外包已死,日本IT已死
  19. 19. Matz!100ツイート以上!#rcc matz介绍了他对好的社区的理解:创新,热忱 137xxxx1014: #rcc 上届是说ruby is fun,这届是主题是和谐社区,和谐ruby :-D#rcc 希望大家能够参与到推动ruby发展的社区活动中来 150xxxx2413: #rcc 珍爱生命,请用ruby!? #rcc 希望更多的中国程序员能参与到开源社区的活动中
  20. 20. RubyConfChinaの事務局として会議の企画、告知、スポンサー集め、 会場の手配、ゲストの送迎、など様々 行って来ました。不遜かつ率直な所感としては、
  21. 21. ヘタレの日本企業   と  意欲旺盛な中国、米国企業
  22. 22. まさに世界をリードする 2大強国台頭時代 の縮図そのもの
  23. 23. プレゼン国籍内訳では、日本人が拮抗 China Taiwan US Japan
  24. 24. しかし、スポンサー内訳では…。 China Europe US Japan
  25. 25. Rubyを生んだ国日本…大企業やRubyを利用している日本企業、一通り声をかけたが、全くの無反応…プレゼンも、英語と中国語だったためか会場300名の内日本人は、Matz、新井氏、江渡博士、杉田総経理、KEMBO 佐々木氏、上海Brosの記者さんと私の7名のみ10数名いたアメリカ人よりも少ない…。
  26. 26. 正直、意気消沈  
  27. 27. 然し乍  
  28. 28. まだまだ日本人に 出来る ことがある  
  29. 29. Rubyを通じて この国で   出来ること
  30. 30. それは人材の育成この国は、まだまだITの普及の余地がある 予算の豊富な政府だが、農村のIT化や、膨大な失業者がいる若 者の育成は不十分しかし、独自の発想法をもつ人材は多く、教育環境次第では、更なる発展も可能プログラミング言語の教育には良い言語が必要• FORTRAN→LISP→Rubyつまり、Rubyは最適!
  31. 31. 金がビジネスを生む   <  人がビジネスを生む
  32. 32. 日本での プラクティスはこの国で役に立つ!  
  33. 33. 役に立つかなとおもうプラクティスの事例• 高校、高専などでのIT教育事例 – Rubyを教育している島根の高校、高専 – 大学教授を唸らせた中学生エンジニア• 自治体でのOSS活用事例 – Linuxシンクライアントの活用 – Oooの自治体での活用事例と経費削減策 – 島根の自治体アプリ・健保関係アプリ• 企業での活用事例 – OSSの企業アプリ• ゲーム
  34. 34. 一方で相互に交流できるのではないかとおもうプラクティス 携帯アプリの開発 クラウド 環境関係
  35. 35. 私の所属は OSS  
  36. 36. OSSには国境がない  
  37. 37. OSSは大規模の資本を   必要としない
  38. 38. 人と人との つながり  
  39. 39. 相互学習  
  40. 40. 国際協力  
  41. 41. などという「美辞麗句」   が
  42. 42. 立派に 通用する数少ない世界  
  43. 43. これはもう ビジネス  でもないのかもしれない
  44. 44. しかし、  そういう世界を   信じている  バカも意外と多い
  45. 45. こういう 狂った仲間が増えるといいな!  
  46. 46. さて、閑話休題  
  47. 47. もともと私は 文系 しかも   人事の人間
  48. 48. つまり、人から嫌われる   こともある 存在
  49. 49. しかし、 人だけはたくさん見てきた
  50. 50. そういう私なりの 中国における オフショアの   日本人分析
  51. 51. • オフショアは曲がり角、山ほどいる優秀な 中国人エンジニアを確保出来ていない• 場当たり的な人事政策・キャリアパスは皆 無• 経営素人の駐在経営者が多い• IF思考に欠けていて、打ち手がことごとく 失敗• 中国人と1対1で喧嘩できるエンジニアが いない• 語学音痴が多い。英語中国語でコミュニケ ーションできる人材は野生のパンダ並に少 ない
  52. 52. 製造業の街無錫にいるからわかる 状況は、    製造業よりも悪い
  53. 53. だったら、  無理して中国に    来る必要はない
  54. 54. 中国の市場を あてにするなんて10年早いと言いたい  
  55. 55. 中国でのメリットを活かしたいなら• 本社、製品開発拠点を上海に移転せよ• 少なくとも、英語が話せる管理者を送れ• 千尋の谷にたたき落として這い上がってく る日本人の若者を育てよ• 若者のモチベーションを深く研究せよ• 肝の座ったやつを育てよ• マキャベリズム(若しくは韓非子)を駆使 せよ• 衣食住すべて現地のレベルで処遇せよ
  56. 56. 中国で本当に参考になった本3冊 『風土』   『韓非子』 『中国人の本音』
  57. 57. 組織としては立ち行かなくなっているプラクティス • 要件定義・設計 日本、開発・テスト 中国 • ウォーターフォール • SE、プロジェクトマネジメント 試行錯誤だが、方向性を示していると思われる プラクティス • グローバル開発チーム o Rubyでは、米国企業が既にバーチャルな開 発体制を構築している • アジャイル開発 • プログラミング < ビジネスプランニング
  58. 58. 中国に関する都市伝説 • 商習慣、管理が独特 • マーケットの開拓が難しい • 人材が無尽蔵 • 安い • 日本人が嫌い • 食べ物 • 汚職 • 不便 • 文明的ではない • 騙す
  59. 59. 別にこれらは 中国だけでなく、 米国、欧州、南米、 アフリカなど世界各国で見られる現象
  60. 60. つまりは  当たり前
  61. 61. 想像力の欠如を克服せよ• 中国社会は日本社会よりも遥かに多様化して いる• 縦と横の広がりや、個人の発想の多様性はこ の国で生活しないと分からない• 動機と行動のシークエンスが明確• 小学生も論理的に大人と議論• 知識の吸収に非常に貧欲• 個性とオリジナリティー• 意外と発想は柔軟で、自由に議論する• フラットな組織や人間関係を志向している• 上に政策、下に対策
  62. 62. そういう世界で勝負していることを 忘れていないか?  
  63. 63. 内弁慶で  どうする    ニッポン!
  64. 64. 心に青春を 抱いた者よ”剣”(ノートパソコン) をもって   中国に Go!
  65. 65. 気合じゃっど!
  66. 66. ありがとうございました!koz.masumitsu@gmail.comkoz.masumitsu@gmail.comTwitter/LinkedIn/Facebook kozmasumitsuMixi 無錫天狗wxtengu.netandroid-i-phone.com

×