Virtual Theodolite
for Geomagnetic observation の開発
小山 幸伸

*1 、 

吉田 大紀

*2

*1 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター *2 気象情報通信株式会社

...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Vtg 20110525 poster

44

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
44
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Vtg 20110525 poster

  1. 1. Virtual Theodolite for Geomagnetic observation の開発 小山 幸伸 *1 、  吉田 大紀 *2 *1 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター *2 気象情報通信株式会社    Contact address: ykoyama@kugi.kyoto-u.ac.jp u.ac.jp/~ykoyama/vtg/index.html http://wdc.kugi.kyoto- 地磁気観測実習上の問題点 入力インターフェイスの検討 地磁気データを利用した解析を行う研究者にとって、地 磁気観測の理解は重要である。この地磁気観測の理解には、 実習が効果的であるが、大学で行われる地磁気観測の実習で は、設備の都合上、 1 つのセオドライトを共有して進めるこ ととなり、実習時間を十分に取ることが出来ないことが問題 である。   キーボード&マウスでは、現物の操作性との差が大きい。こ れを埋める為に、入力インターフェイスの検討を行った。 [ARToolkit] ・ Web カメラでマーカーを写し、 PC 上に拡張現実を作り 出す。  他方で、既に地磁気観測経験が豊富な研究者にとっても、 初めて行く海外の観測所 ( 特に南半球 ) や赤道域や極域のよ うな気象条件が厳しい観測所では、事前にシミュレーション しておくと当日の観測が円滑に進むであろう。 ↓  地磁気観測シミュレーター Virtual Theodolite for Geomagnetic observation を開発し、問題解消を狙う。 地磁気観測用ヴァーチャル・セオドライト   ・ Google Earth を用い   て仮想的な建築物 *3 を 表示 ( 天測の方位標とし て利用 ) 。 •天測時の基準となる星 ( 北極星等 ) は、 Google Earth 上に模擬される。 •モデル磁場: IGRF11 モデル ( 計算結果を SQLite3 に入れておき、 PHP 経由でクエリを発 行) [ ターンテーブル ] ・セオドライトの Azimuth 方向の動作を忠実に再現可。 ・ 100 円均一の店で、購入。 → 低コスト •セオドライトの Azimuth 方向の動作は忠実に再現可能。 •Elevation 方向の動作、つまみ類の動作の模擬が難しい。 まとめ •メタセコイアを 用いた 3 次元セ オドライト・モ デルの作 成。 OpenGL+GL Metaseq でモデ ルを表示する。 閑話休題 •Virtual Theodolite for Geomagnetic observation を作成中。 •WebGL には一部のブラウザ *4 のみが対応。主要ブラウザが 全て正式対応するまでに、サービスの提供を目指す。 •入力インターフェイスを検討中。 AR や Kinect なども再検 討する。 •二条城 (1603) は、ほぼ正確に地理的 真北を向いている堀川通から東に約3 度傾いている。これは築城に際して方 位磁石を用いて南北を決めたからであ ろうといわれている。 •その他、法隆寺 (607) 、東福寺 (1236) 、なども同様と言われており、 建築物から地磁気の偏角の長期変動を 推測できる。(「建築技術史の謎を解く」西和夫 著) •今後、上記建築物の創建当時のモデル 磁場の可視化を今後計画している。 •*4 IE 、 Safari は対応していない。 付録:開発環境 [1] Web Server Ubuntu 10.04, Httpd. [2] Main Program HTML, JavaScript, WebGL, GLGE, Google Earth API, IGRF11, PHP. SQLite3 [3] Modeling Metasequoia, Vixer Motion, Google Sketchup, GIMP. *3 都市部の主要な建築物は、 Google Earth のユーザーらによって既に 3D 化されて おり、    衛星写真がテクスチャマッピングされている。 日本地球惑星科学連合 2011 年大会 2011 年 5 月 22 日 ( 日 ) ~ 27 日 ( 金 ) 幕張メッセ

×