Iugonet 20100616

118 views
82 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
118
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Iugonet 20100616

  1. 1. IUGONET メタデータ・データベースシス テムの構築 IUGONET 小山幸伸 *1 、田中良昌 *2 、河野貴久 *3 、林寛生 *4 、 堀智昭 *3 、鍵谷将人 *5 、吉田大紀 *1 、上野悟 *6 、 阿部修司 *7 、新堀淳樹 *4 、金田直樹 *6 *1 京大・理・地磁気センター、 *2 国立極地研究所、 *3 名大・太陽地球環境研究所、 *4 京大・生存圏研究所、 *5 東北大・惑星プラズマ大気研究センター、 *6 京大・理・附属天文台、 *7 九大・宙空環境研究センター Metadata DB for Upper Atmosphere Contact address: webmaster@iugonet.org [ その他のインターフェイス ] 超高層大気長期変動研究上の問題点 A研究センタ ー 地磁気指数 データ ベース C大学 極域オーロラ データ ベース 太陽活動 データ ベース メ データ タ 抽出 XML B研究所 ・・ ・ ・・・ メ データ タ DB メ データ タ 流通 地磁気観測 専門家 太陽観測 専門家 極域観測 専門家 IUGONET メタデータ・データ ベースは、外部のソフトウェアか らデータベースを利用するための 、インターフェイスを提供する。 現在は、 SRW を整備中である。 また OpenSearch, OAI-PMH の導 入も検討中である。 [ 解析ソフトウェアの概 念図 ] 解析ソ ウェ フト アのイメ ージ •結果として、総合解析が困難である。 → IUGONET 解析ソフトウェアで解消! 各研究機関の データ ベース IDL + TDAS メタデータ・データベースの開発 2   検索項目の抽出 •「 IUGONET共通メ データ タ ・ フォーマッ 」 「 ト は、 SPASEデー タ モデル」 (下図)をベースに拡 張を行った。 http://www.spase-group.org/ data/doc/spase-2_1_0.pdf より 引用 検索対象要素 ↑ メ データ タ 作成例 ( Dst指数) ユーザーのPC その他 TemporalDe scription /TimeSpan/S tartDate等も 検索対象 プロッ ト ②の例: > tplot,’kyoto_ae’ (2)メ データ タ (5) プロッ ト (IDLVM+TDAS) (4) 観測データ (DSpace) (3b) Wget (内部的に呼び出し ) (SRW) CDFファ イル 1 •IDL + TDAS*1 ベースで開発して いる解析ソフトウェア (UDAS*2) をユーザーに提供する。 •解析ソフトウェアは、無償の IDL VM*3 上で動作する。 ダウンロード & データ 読み込み ①の例: > timespan,'06-12-14' > kyoto_load_ae or 実データ イル ファ ( 任意のフ ォーマッ ) ト メ データ イル タ ファ Themis Data Analysis Software suite *2 iUgonet Data Analysis Software suite IDL のランタイム・ユーティリティ。無償で利 用でき る IDL VM を含むパッケージを、誰でも Web から  ダウンロード可能で、 IUGONET が提供する コン  パイル済みの IDL コードを実行することが出 来る。 *3 [ 開発中の画 面] 2003 年 10 月に大規模太陽フレア・地磁気嵐が発生した。このイベ ント発生時刻をキーとして、各種観測データのスタックプロットが 作成できる ( 左下図 ) 。右下図は、 Themis GUI 上でのスタックプ ロットした例。 プロット 例 複数の時系列データ を 並べて表示 上記のメ データ タ 作成例は、 左図の”NumericalData”に対応。 Dst index ( 京大WDC) 2次元画像 データ の表示 GUIによる操作 が可能 AE index ( 京大WDC) SuperDARN at HOK( 名大) リ ージョ サーチ( ン・ 実装中) である。 観測開始時刻/終了時刻 (1)ク ー エリ (3a) Load プロシージャ *1 IUGONET メタデータ・データベース : メタデータ(観測開始   時刻や観測データの所在等)をデータベース化したもの 。 • アナログ記録データ記述の為の属性 。 • 観測がカバーする緯度・経度範囲を 記述するメタデータ要素。 [ 検索画 • 太陽撮像データで使用される座標系 面] テキスト サーチと ・ レンジ・ サーチ を定義。 IUGONETメ データ データ タ ・ ベース 解析ソフトウェアの開発 様々な観測データのメ タデータを串刺し検索! •他分野のデータへ辿り着くことが困難である。 → IUGONET メタデータ・データベースで解消! [ メタデータ・フォーマット ] SPASE データモデル [1] に独自 の 拡張を加えた IUGONET 共通メ タ データ・フォーマットを策定し た [2] 。 主要な追加事項は、 IUGONET-MDBと 解析ソフト アの連携 ウェ Client Side メタデータを活用した観測データベース利用 超高層大気長期変動のメカニズム を研究する為には、多種多様な観 測データを用いた総合解析が不可 欠である。しかしながら現状は、 各機関毎に観測データのデータベ ース化・公開が行われることに留 まっており、それらを横断的に検 索する手段が無い。 http://www.iugonet.org/ 地磁気H成分 at DAV( 九大) 座標系の指定 テキスト 検索 まとめ ※ 日本の大学の学術情報リポジトリで多数の導入事例がある DSpace を MDB システムとして採用 した。 [ 検索結果画面 ] 検索結果 •詳細情報へリンクしたアイテム が、列挙される。 •観測データの所在情報を含む NumericalData/Granule 型のメ タデータから、観測データへの アクセスが可能となる。 [ 現状 ] • メタデータ・データベースを開発中 (DSpace 利用 ) 。 • 解析ソフトウェアを開発中 (IDL+TDAS 利用 ) 。 [ 今後 ] 2011 年度初頭に、メタデータ・データベースと解析ソフトウェ アの β バージョンの公開を開始する。 参考文献 より 詳細なメ タデータ ブラウジング も可能! [1] SPASE 2.0: a standard data model for space physics, Todd King, James Thieman and D. Aaron Roberts, Earth Science Informatics, 18650473 MDB に登録予定のメタデータ一覧については、 IUGONET パンフレットをご覧 下さい。 [2] IUGONET メタデータデータベースで用いるメタデータフォーマット について , 堀 智昭 et al, MGI015-02 , JPGU 2010 CAWSES-II キックオフシンポジウム 2010 年 6 月 16 日 ( 水 ) ~ 17 日 ( 木 )

×