Sales force.com

1,717 views
1,672 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,717
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Sales force.com

  1. 1. salesForce.com/Force.com<br />2010/8/18<br />1<br />
  2. 2. 最初にやっておいてほしい事<br />触ってみる1<br />Force.comユーザ作成<br />触ってみる2<br />Eclipse 3.4 or 3.5のインストール<br />Force.com IDEのインストール<br />2<br />
  3. 3. salesForce.com?※<br />クラウドコンピューティングモデルの統合CRM(顧客関係管理)アプリケーション<br />SFA(営業支援システム)<br />マーケティング<br />サービス&サポート<br />代理店管理<br />モバイル<br />アイデアス<br />コンテンツ管理<br />GoogleのGoogle AppsやGoogle?AdWordsとの連携アプリケーション<br />利用機能などによって、5つEditionが用意されており、それぞれの価格は以下の通り。<br />Unlimited Edition(月額30,000円/1ユーザー)<br />Enterprise Edition(月額15,000円/1ユーザー)<br />Professional Edition(月額7,500円/1ユーザー)<br />Group Edition(月額3,000円/1ユーザー、上限5ユーザー)<br />Contact Manager Edition(月額600円/1ユーザー、上限2ユーザー)<br />※http://ja.wikipedia.org/wiki/セールスフォース・ドットコム<br />3<br />
  4. 4. 4<br />
  5. 5. Force.com? ※<br />クラウドコンピューティングモデルのアプリケーションを開発するためのプラットフォーム<br />インフラ、データベース、インテグレーション、ロジック、ユーザーインターフェースといった、クラウドコンピューティングモデルのアプリケーション開発に必要とされる要素を備えている。<br />Salesforce CRMもForce.com上に構築されたアプリケーション<br />Force.comの各機能を利用することで、カスタマイズや他のアプリケーションとの統合も可能。<br />高度なアプリケーション開発には、Javaに良く似たForce.com Apex Codeを利用<br />ユーザーインターフェース開発に用いられるVisualforceは、Java Server Facesに似た構文で、HTML、Ajax、Adobe Flexに対応<br />Google App Engine、Amazon Web Service、Facebookなど、クラウドコンピューティングモデルで提供されるプラットフォームとの連携もサポート<br />利用機能などによって、3つEditionが用意されており、それぞれの価格は以下の通り。<br />Force.com Unlimited Edition(月額9,000円/1ユーザー)<br />Force.com Enterprise Edition(月額6,000円/1ユーザー)<br />Force.com Free Edition(無料/100ユーザー)<br />※http://ja.wikipedia.org/wiki/セールスフォース・ドットコム<br />5<br />
  6. 6. trust.salesforce.com<br />6<br />
  7. 7. 触ってみる I<br />アカウントを取得(もうしたよね?)<br />「第2回 Force.comを触ってみる(パート1)」<br />を見ながらやってみよう<br />http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090630/332984/?ST=system&P=3<br />7<br />
  8. 8. 手順<br />アプリケーション作成<br />8<br />
  9. 9. 手順<br />タブの追加<br />9<br />
  10. 10. 手順<br />ビューの追加<br />レポートの追加<br />10<br />
  11. 11. 触ってみる II<br />やっぱりEclipseで使ってみたい<br />⇒Force.comIDEを触ってみよう<br />「第2回 Force.com IDEでPagesを作ろう」<br />を見ながらやってみよう(と思っていました)<br />http://www.atmarkit.co.jp/fcoding/articles/sf/02/sf02a.html<br />11<br />
  12. 12. 代わりと言ってはなんですが、、、<br />5分でHelloWorldを作ってみました。<br />12<br />
  13. 13. Force.comプロジェクト作成<br />13<br />
  14. 14. Force.com Pagesの作成<br />14<br />
  15. 15. その他<br />データアクセスの方法は?<br />SOQLという独自のクエリ言語<br />アドイン開発の言語は?<br />Apex<br />得手・不得手は?<br />パッケージ開発と同じく、アドイン開発の量が多くなると生産性に問題あり<br />部品化されているコンポーネントをどれだけ利用可能かが重要<br />15<br />
  16. 16. salesforce.comって<br />複数人開発がきつそう<br />設定が面倒。オブジェクトをさくっと作れる記法はないのか?<br />Webブラウザから出来るので、開発の知識が無くてもパズル的にできそう<br />ユーザ企業のIT部門向け・中小企業向けか<br />ロジックの開発をどうするかが難しそう<br />ユーザ企業において知名度が上がっていけば、利用障壁も下がりそう<br />16<br />
  17. 17. 【参考】SOQLサンプル※<br />ある取引先に所属している顧客名(取引先責任者)を一覧取得する<br />SELECT Id, FirstName, LastName, Account.NameFROM ContactWHERE Account.Name = '株式会社四川商会‘<br />自分(ログインユーザ)が担当している商談と、その商談の更新履歴をすべて取得する<br />SELECT Id, Name, Account.Name, Amount,       (SELECT Id, StageName, CreatedDate        FROM OpportunityHistories        ORDER BY CreatedDate DESC)FROM Opportunity<br />17<br />※http://adnblog.salesforce.co.jp/2007/07/soqlsalesforce_7f81.html<br />

×