SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

386 views

Published on

2014年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉
強会」のアイスブレイクの仕方の説明。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
386
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク

  1. 1. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 アイスブレーク 須藤功平 株式会社クリアコード SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会1 2014/06/22
  2. 2. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 目的 いつも通り コードを書ける ようになる
  3. 3. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 やること1 GitHubにリポジトリーを作る 名前: ${アカウント名}-sezemi-2014-readable-code-1 例: kou-sezemi-2014-readable-code-1
  4. 4. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 やること2 README.mdを作る 内容は開発言語✓ ✓ commit & push✓
  5. 5. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 やること3 ${アカウント名}.mdを作る 例: kou.md✓ 内容は自己紹介✓ 公開するので内容に注意!✓ ✓ commit & push✓
  6. 6. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 やること4 隣りの人に自己紹介を pull request ✓ 届いたpull requestを確認 →問題なかったらmerge✓ ✓ グループ全員が 誰か他の人の自己紹介を入手 →メンターに確認依頼✓ ✓
  7. 7. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 終わったら… 同じグループの まだできていない人を助ける ✓ 同じグループの 他の人にもpull request ✓ 他のグループも眺める ↓で検索 sezemi-2014-readable-code-1 ✓ ✓
  8. 8. アイスブレーク Powered by Rabbit 2.1.3 確認 動作確認できたか 会場でもGit/GitHubを使えた?✓ ✓ グループのこと メンバーのことを知れた?✓ ✓ リラックスできたか いつも通りコードを書けそう?✓ ✓

×