Your SlideShare is downloading. ×
0
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
フィジカルコンピューティングとその可能性
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

フィジカルコンピューティングとその可能性

3,929

Published on

2012年12月19日に開催されたJSTT ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会でのパネルセッション3「機能を創る」においての講演「フィジカルコンピューティングとその可能性」の資料です。 …

2012年12月19日に開催されたJSTT ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会でのパネルセッション3「機能を創る」においての講演「フィジカルコンピューティングとその可能性」の資料です。

http://www.designinterface.jp/symposium/2012/

Published in: Design
1 Comment
25 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
3,929
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
1
Likes
25
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会パネルセッション3:機能を創るフィジカルコンピューティングとその可能性2012年12月19日/東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール小林 茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授、f.Laboプロデューサー)http://f-labo.tumblr.com
  • 2. 写真撮影:萩原健一
  • 3. インターフェイス Interface
  • 4. インタラクション Interaction
  • 5. プロトタイピング Prototyping
  • 6. ファブリケーション Fabrication
  • 7. Graphic DesignProduct Design (ID)Interface Design (UI) designInteraction Design (UX)Production Method Design
  • 8. フィジカルコンピューティングとは?What is Physical Computing?
  • 9. フィジカルコンピューティングとは? // What s Physical Computing?IDの時代におけるプロトタイピング Giovanni Sacchi(1913∼2005年)http://www.archiviosacchi.it/press_room/より引用JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 10. フィジカルコンピューティングとは? // What s Physical Computing?IDの時代におけるプロトタイピングhttp://www.archiviosacchi.it/press_room/より引用JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 11. フィジカルコンピューティングとは? // What s Physical Computing?IDの時代におけるプロトタイピングhttp://www.archiviosacchi.it/press_room/より引用JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 12. フィジカルコンピューティングとは? // What s Physical Computing?IxDの時代におけるプロトタイピング• 現代における「model making」 • Giovanni Sacchiがかつて果たした役割 • 複数の職能の間での共通言語として• インタラクションデザインにおいては「形」だけでは不十分 • もはや「形態は機能に従う」(form follows function) は成り立たない • プログラミングや電子回路が不可欠 ☞フィジカルコンピューティングがヒントにJST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 13. フィジカルコンピューティングとは? // What s Physical Computing?フィジカルコンピューティング• ニューヨーク大学のITP*1から広まった、インタラクション デザインを教えるためのメソッドの一つ• コンピュータの原理原則を学び、既存のPCにとらわれずに人 間とコンピュータの関係を考え直す• プロトタイピングを繰返しながら身体感覚として共通言語を 身につける*1 Tisch School of Arts, Interactive Telecommunications ProgramJST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 14. 写真撮影:高尾俊介
  • 15. 写真提供:ICC
  • 16. 写真撮影:萩原健一
  • 17. オリジナル版のGainer、SparkFun版(2種)、互換機Gainer miniとPepper
  • 18. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 19. IAMASにおける学生プロジェクトStudent projects at IAMAS
  • 20. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projects at IAMASデザインプロセス // Design Process• 大学院修士1年生 1st year students of the master course• プログラミングの経験は少し She had little programming skills• 電子工作の経験はゼロ She had no electronics skills• 3D CADの経験はゼロ She had no 3D CAD skills• 製作期間はスキル習得も含めて六カ月 6 months project including acquiring skillsJST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 21. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projects at IAMASディレクトリリサーチ // ResearchJST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 22. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projects at IAMASアイデアスケッチ // Idea Sketchingアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 23. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projects at IAMASアイデアスケッチのルール // Sketching Rulesまず、サインペンを使用してアイディアの全体を描い 全体を描いた後は、黒のマーカで全体を縁取ります。ていきます。うまく描く必要はありません、重要なの これにより遠くからでも、しっかりと形を見ることがはアイデアを伝えることです。 出来ます。 1 2 3 4次に特徴となる部分や、機能がある部分に赤色のマー 最後にグレーのマーカーで陰や質感などを描きます。カーで色をつけます。どこが重要なのかがすぐわかる 立体感や素材の特徴によりアイディアのイメージがふようになります。 くらみます。JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 24. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projectsデザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょう at IAMAS評価と投票 // Evaluation & VotingJST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 25. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projectsデザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょう at IAMASダーティモデリング // Dirty Modelingアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 26. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projects at IAMASビデオスケッチ // Video Sketchingアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 27. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projectsデザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょう at IAMASハードウェアスケッチ // Hardware Sketchingアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 28. IAMASにおける学生プロジェクト // Student Projectsデザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょう at IAMASプロトタイプ制作 // Making Prototypesアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 29. アクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)
  • 30. アクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)
  • 31. https://vimeo.com/17150420
  • 32. アイデアスケッチ / The idea sketch
  • 33. 最初のプロトタイプ / The first prototype
  • 34. 最初のプロトタイプの外装 / The shell of the 1st prototype (built with 3d printing)
  • 35. Miga NanoMuscle purchased from SparkFun最初のプロトタイプの基板 / The PCB of the 1st prototype
  • 36. Comparison between prototypes from 1st (right) to 4th (left) and official domino piece
  • 37. a derivative a derivativeLilyPad Arduino Arduino Fio Esper Domino (4th)
  • 38. http://www.diginfo.tv/v/12-0047-r-en.php
  • 39. f.Labof.Laboで使用できる機材 // Tools at f.Laboレーザーカッター ペーパーカッター(Craft ROBO)3D切削加工機(MDX-40A) 3D切削加工機(iModela) 3Dプリンタ(Replicator)JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3
  • 40. fabulous // 素晴らしい fabrication // 製造 fun // 楽しい factory // 工場 future // 未来 foolish // ばかげたfoundation // 基礎・土台 failure // 失敗 federation // 連合 facilitation // 促進 FAB(誂える・拵える) あつら こしら
  • 41. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  • 42. おわりにデザインチャレンジ // Design Challenges• 多品種変量生産を可能にするデジタル工作機械があり、多くの 人々が消費者から作り手(Maker)へと変化しつつある中で、 試作と製品の間のギャップを埋めるにはどうすればいいか?• 「メーカーが全ての製品をつくり全ての責任を負い、それを エンドユーザが購入して使う」と「個人が自力で製品をつ くって自分で使う」という両極の間にグレースケールをつくる にはどうすればいいか?• ハードル/ギャップを乗り越えるためのツールがあれば、自分の 手で「製品」をつくりたい人々は実際に数多くいるという状況 において、優れた基礎技術を作り手(Maker)としてのエンド ユーザに届けるにはどうすればいいか?JST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト:最終成果報告会 ¦ パネルセッション3

×