Your SlideShare is downloading. ×
プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言

2,298
views

Published on

2012年11月14日に2012年度JEITA(電子情報産業協会)デザイン委員会ヒューマンインタフェースデザイン専門委員会で行った講演資料です。

2012年11月14日に2012年度JEITA(電子情報産業協会)デザイン委員会ヒューマンインタフェースデザイン専門委員会で行った講演資料です。

Published in: Design

0 Comments
16 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,298
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
16
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 2012年度JEITAデザイン委員会ヒューマンインタフェースデザイン専門委員会プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言Makerムーブメントの時代におけるdesign、学び、産業2012年11月14日/パナソニック デザインカンパニー エクスペリエンスルーム小林 茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授/f.Laboプロデューサー)
  • 2. 情報科学芸術大学院大学Institute of Advanced Media Arts and Sciences イアマス
  • 3. インターフェイス Interface
  • 4. インタラクション Interaction
  • 5. プロトタイピング Prototyping
  • 6. ファブリケーション Fabrication
  • 7. 写真撮影:萩原健一
  • 8. プロトタイプをプロトタイピングするPrototyping prototypes
  • 9. プロトタイプをプロトタイピングするIDの時代におけるプロトタイピング Giovanni Sacchi(1913∼2005年)http://www.archiviosacchi.it/press_room/より引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 10. プロトタイプをプロトタイピングするIDの時代におけるプロトタイピングhttp://www.archiviosacchi.it/press_room/より引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 11. プロトタイプをプロトタイピングするIDの時代におけるプロトタイピングhttp://www.archiviosacchi.it/press_room/より引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 12. プロトタイプをプロトタイピングするIxDの時代におけるプロトタイピング• 現代における「model making」 • Giovanni Sacchiがかつて果たした役割 • 複数の職能の間での共通言語として• インタラクションデザインにおいては「形」だけでは不十分 • もはや「形態は機能に従う」(form follows function) は成り立たない • プログラミングや電子回路が不可欠 ☞フィジカルコンピューティングがヒントにJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 13. プロトタイプをプロトタイピングするフィジカルコンピューティング• ニューヨーク大学のITP*1から広まった、インタラクション デザインを教えるためのメソッドの一つ• コンピュータの原理原則を学び、既存のPCにとらわれずに人 間とコンピュータの関係を考え直す• プロトタイピングを繰返しながら身体感覚として共通言語を 身につける*1 Tisch School of Arts, Interactive Telecommunications ProgramJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 14. プロトタイプをプロトタイピングするBill Buxtonの「Design Funnel」• Sketching User Experiences (2007) 投資 判定基準重み デザイン ユーザビリティ スケッチ 時間 プロトタイプSketching User Experiencesより抜粋したものを日本語化(138ページ)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 15. プロトタイプをプロトタイピングするスケッチとプロトタイプの違いスケッチ プロトタイプ提案(suggest) 記述(describe)探求(explore) 精錬(refine)質問(question) 回答(answer)提案(propose) 検証(test)曖昧(noncommittal) 表現(depiction)Sketching User Experiencesより抜粋(140ページ)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 16. プロトタイプをプロトタイピングするスケッチとは?• 素早く• タイムリーに• 安く• 捨てられる材料で• たくさん• 必要最小限のディテールで• 確認ではなく提案と探索をするSketching User Experiencesより抜粋(136ページ)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 17. デザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょうリサーチJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 18. プロトタイプをプロトタイピングするアイデアスケッチアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 19. プロトタイプをプロトタイピングするアイデアスケッチのルールまず、サインペンを使用してアイディアの全体を描い 全体を描いた後は、黒のマーカで全体を縁取ります。ていきます。うまく描く必要はありません、重要なの これにより遠くからでも、しっかりと形を見ることがはアイデアを伝えることです。 出来ます。 1 2 3 4次に特徴となる部分や、機能がある部分に赤色のマー 最後にグレーのマーカーで陰や質感などを描きます。カーで色をつけます。どこが重要なのかがすぐわかる 立体感や素材の特徴によりアイディアのイメージがふようになります。 くらみます。JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 20. デザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょう評価と投票JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 21. デザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょうダーティモデリングアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 22. プロトタイプをプロトタイピングするビデオスケッチアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 23. デザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょうハードウェアスケッチアクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 24. デザインプロセスの例:アクション!ゆびにんぎょうプロトタイプ制作アクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 25. アクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)
  • 26. アクション!ゆびにんぎょう(制作:笠原友美)
  • 27. プロトタイプをプロトタイピングするアイデアスケッチワークショップ• 2012年8月7∼9日に開催(3時間 3日間)• 参加者は複数の組織から6名JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 28. 設計課題を決める
  • 29. 設計課題を決める
  • 30. だれのためにつくるのかを考える
  • 31. だれのためにつくるのかを考える
  • 32. マトリクス→ペルソナ
  • 33. アイデアスケッチ
  • 34. アイデアスケッチ
  • 35. アイデアスケッチ
  • 36. アイデアスケッチ
  • 37. ソートとマッピング(評価)
  • 38. 大成功を視覚化する
  • 39. 大成功を視覚化する
  • 40. アイデアスケッチ / The idea sketch
  • 41. 最初のプロトタイプ / The first prototype
  • 42. 最初のプロトタイプの外装 / The shell of the 1st prototype (built with 3d printing)
  • 43. Miga NanoMuscle purchased from SparkFun最初のプロトタイプの基板 / The PCB of the 1st prototype
  • 44. Comparison between prototypes from 1st (right) to 4th (left) and official domino piece
  • 45. a derivative a derivativeLilyPad Arduino Arduino Fio Esper Domino (4th)
  • 46. http://www.diginfo.tv/v/12-0047-r-en.php
  • 47. 日本におけるハードウェアスタートアップの潮流Hardware startup trend in Japan
  • 48. Makerムーブメントとは?What is Maker movement?
  • 49. Makerムーブメント Makerムーブメントとは?http://hive.slate.com/hive/ http://www.flickr.com/photos/made-america-how-reinvent-american-manufacturing/ tedconference/5343993512/article/the-makers-are-coming JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 50. MakerムーブメントMakerムーブメントとは?• 全ての人々は「消費者」ではなく「作り手」(Maker)であ るという非常に大きな認識の変化がおきつつある• かつて書籍でおきたロングテールが物でもおきる• デジタル工作機械の活用によってアメリカのような労働単価が 高い国の製造業でも新興国に十分対抗できるJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 51. JSTサイエンスチャンネル:「作る」が変わる!広がるMakerムーブメントhttp://sc-smn.jst.go.jp/playprg/index/6785
  • 52. Makerムーブメントの背景新しい「工場」• 個人向けのオンデマンドの3次元プリントやレーザー カッティングサービス(Ponoko、Shapewaysなど) • デジタルデータをしかるべき 形式でアップロードするだけ で、加工された部品を数日から数週間で入手できる • 作ったものを販売できる仕組みも用意• 分散型の製造ネットワーク(100kGarages、CloudFab、 MakerFactoryなど)• ローカルな製造ショップ(TechShop、FabLab、 Hackerspaceなど)• パーソナルな3DプリンタJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 53. Makerムーブメントの背景Ponoko• ニュージーランド発のサービス• 2007年末のTechCrunch40からスタート• 最初はレーザーカッターによるカッティングサービスから スタートして、3Dプリンティング、電子回路のアセンブリ まで発展• http://www.ponoko.com/JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 54. Makerムーブメントの背景PonokoJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 55. Makerムーブメントの背景PonokoJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 56. Makerムーブメントの背景Shapeways• フィリップスのインキュベータというポジションにいたメン バーによりニュージーランドで創立• 当時のフィリップスは、プロダクトをどこまでカスタマイズで きるかを模索していた• 誰もがアクセスしやすいものづくりの方法を模索するうちに 現在のウェブサービスにたどり着いた• 2011年に投資を受け、ニューヨークにも拠点を設立• http://www.shapeways.com/JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 57. Makerムーブメントの背景Shapeways• 2011年にはShapeways750,000以上の個別製品を3D プリントした• 100,000人以上のコミュニティメンバーから238,000以上の 3Dモデルがアップロードされた• 2,500以上のショップが開設された• 2011年だけで$270,000以上(約2,000万円)の収益が あった(2008年から2011年4月までで$100,000だった のに対して)参照☞http://prezi.com/s-gbqtk8u0vn/shapeways-2011/JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 58. Makerムーブメントの背景ShapewaysJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 59. Makerムーブメントの背景ShapewaysJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 60. Makerムーブメントの背景Makerbot Replicator• 2012年1月のCESで発表• 本体は1,749ドル、マテリアルは43ドルからJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 61. Makerムーブメントの背景3D Systems Cube• 2012年1月のCESで発表• 本体は1,299ドル、マテリアルは49.99ドルからJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 62. Makerムーブメントの背景3D Systems Cube• ハイエンドの3次元造型機からローエンドの3Dプリンタまで• API公開によるオープンイノベーションモデルを採用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 63. Makerムーブメントの背景Thingiversehttp://www.thingiverse.com/JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 64. Makerムーブメントの時代の「製造」日本の強みとは?• トヨタ生産方式(リーン生産方式)の本質は「大量生産」で はなく「多品種変量生産」• トヨタ生産方式を他業種に取り入れた例:飛騨産業 http://www.kitutuki.co.jp/JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 65. オープンソースハードウェアとは?What is Open Source Hardware?
  • 66. オープンソースハードウェアとは?定義オープンソース・ハードウェア(OSHW)は、誰もがつくり、変更を加え、頒布し、利用できるように一般に対して設計図が公開されている、手に触れることのできる人工物ー機械、装置又はその他の実体のあるものを表す語である。Open Hardware Definition日本語訳(☞http://freedomdefined.org/OSHW/translations/ja)よりJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 67. オープンソースハードウェアとは?オープンソースの領域 表現 オープン・コンテンツ オープン・デザイン情報 物質 オープンソース・ オープンソース・ ソフトウェア ハードウェア 機能 「FabLife」(田中浩也、2012年、オライリー・ジャパン)より引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 68. 写真撮影:高尾俊介
  • 69. 写真提供:ICC
  • 70. 風の音楽(鈴木莉紗、鈴木太朗、飯田 誠、荒川忠一)ephemeral melody (Risa Suzuki, Taro Suzuki, Makoto Iida, Chuichi Arakawa)
  • 71. オリジナル版のGainer、SparkFun版(2種)、互換機Gainer miniとPepper
  • 72. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 73. Arduinoとは?Arduinoの流儀デザインについて語ることよりも作ることのほうがArduino の哲学に適っています。良いプロトタイプを作るために、より速く、よりパワフルな手法を探索し続けることが重要です。自分の手を使って考えながら、いろいろなテクニックを試し、発展させましょう。 Massimo Banzi(「Arduinoをはじめよう」著者)Massimo Banzi著「Arduinoをはじめよう」003ページより引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 74. Arduinoとは?Arduinoボード 外部電源 グラウンド +3.3V +5V グラウンド×2 電源の+ デジタル入出力×14アナログ入力×6 パワーインジケータJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 75. Arduinoとは?Arduino IDE Verify ツールバースケッチがコンパイルできるか確認する タ ブ Uploadスケッチを Arduino ボードにアップロードする テキストエディタ New新しいスケッチを生成する Openサンプルや既存のスケッチを開く Save現在開いているスケッチを保存する メッセージエリア テキストエリアSerial Monitorシリアルモニタを開くJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 76. Arduinoとは?ArduinoでHello World!void setup() { // initialize the digital pin as an output. // Pin 13 has an LED connected on most Arduino boards: pinMode(13, OUTPUT);}void loop() { digitalWrite(13, HIGH); // set the LED on delay(1000); // wait for a second digitalWrite(13, LOW); // set the LED off delay(1000); // wait for a second}JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 77. Arduinoとは?シールドによる拡張• Arduinoボードの上にのせて機能を拡張するさまざまな 「シールド」が販売されている• Arduinoの名前を冠した公式なシールドの他、サードパーティ からのさまざまなシールドが提供されているSparkFun Electronicsのウェブサイトより引用(左からEthernet、MP3プレーヤ、音声認識)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 78. Arduinoとは?チップベンダの対応とひろがり• Wiznetなどのチップベンダはオープンソースハードウェアを 構成する「部品」として自社製品が利用されることに積極的• 2011年夏より米国のRadioShack店頭での取扱いも開始• Microchipなど、評価ボードをArduino互換にする例も• TIとDigi-KeyによるBeagleBoardのような例もあるJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 79. Arduinoとは?Arduinoを活用したプロジェクトhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 80. Arduinoとは?Arduinoを活用したプロジェクトhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 81. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 82. FIO 4 x 4 (December, 2007) Designed by Shigeru Kobayashi Funnel I/O (July, 2008) Designed by Shigeru Kobayashi FIO (December, 2008) Designed by Shigeru Kobayashi and SparkFun Arduino Fio (March, 2010) Designed by Shigeru Kobayashi and SparkFunFIOからArduino Fioへの変遷(2007∼2010年)
  • 83. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 84. U4 - + F1 C1 S1SparkFunと共同開発している過程での変遷
  • 85. SparkFun Electronicsと共同開発したFIO(2008年12月発売)http://www.sparkfun.com/products/8957
  • 86. Funnel IO remixed by seeedstudio, January 10, 2009http://www.seeedstudio.com/blog/2009/01/10/funnel-io-remixed-by-seeedstudio/
  • 87. SparkFun版(左:2008年12月)とSeeed Studio版(右:2009年1月)
  • 88. Seeed Studioが販売したFunnel IO Remixedの背面
  • 89. Fast and Malleable, Nathan Seidle, May 01, 2012http://www.sparkfun.com/news/858
  • 90. http://arduino.cc/blog/2010/03/19/arduino-fio-presented-at-uno-punto-zero-2/
  • 91. http://store.makerbot.com/replicator-404.html
  • 92. http://store.makerbot.com/replicator2.html
  • 93. オープンソースハードウェアとは?オープンソースハードウェアに関する資料• Maker Conference Tokyo 2012分科会「オープンソース ハードウェアの理想と現実」(に関するメモ) https://docs.google.com/document/d/ 1tmu7A2PrQVXvLlJEdH_oqQ4k8SZczqU2AH2j1MShm9o/edit• オープンソースのヒーローはクローズドソースに走るのか? http://jp.makezine.com/blog/2012/09/is-one-of-our-open-source-heroes-going-closed- source.html• MakerBotのオープンソースと未来に関する種々のメッセージ http://jp.makezine.com/blog/2012/10/makerbots-mixed-messages-about-open- source-their-future.html• Bre Pettis講演 -「オープンソース消費家電の挑戦」OHSにて http://jp.makezine.com/blog/2012/10/bre-pettis-ohs-challenges-of-open-source- consumer-products.htmlJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 94. Arduinoとは?Arduinoの流儀デザインについて語ることよりも作ることのほうがArduino の哲学に適っています。良いプロトタイプを作るために、より速く、よりパワフルな手法を探索し続けることが重要です。自分の手を使って考えながら、いろいろなテクニックを試し、発展させましょう。 Massimo Banzi(「Arduinoをはじめよう」著者)Massimo Banzi著「Arduinoをはじめよう」003ページより引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 95. オープンソース化されたHWはどう活用されているか?How open-sourced hardware utilized?
  • 96. オープンソースハードウェアのスタートアップAdafruit Industries• オープンソースハードウェアの主要プレーヤの1つ http://adafruit.com/• さまざまなキットを販売するほか、レーザー加工サービスも• オフィス内部にチップマウンタを備えリフローオーブンとの組 合わせで製造• 単に販売するだけでなく、Arduinoなどのコミュニティに 積極的に貢献• 2011年秋に新しい製品ラインとしてウェアラブル製品を発売JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 97. 撮影:2010年3月
  • 98. Adafruit Industriesウェアラブルな製品の開発• 開発は2011年1月(実質的には3月)に開始、アイデアから 製品出荷まで8ヶ月• 例え失敗しても、数千ドルを失うだけで済む• 多くの需要があるとわかった時点で大量生産に切替えることも 可能• 今後は新しい製品ラインやバリエーションを予定JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 99. iNecklace - v1.0http://www.adafruit.com/products/440
  • 100. iNecklace - v1.0http://www.adafruit.com/products/440
  • 101. iCufflinks - v1.0http://www.adafruit.com/products/379
  • 102. iCufflinks - v1.0http://www.adafruit.com/products/379
  • 103. .15 .066 2-56 THREAD .140 .008 COUNTER BORE DEPTH .625 .170 .30 .03 .09 THREAD DEPTH .0350 THREADS PER INCH .01969 PITCH SECTION A-A LOGO DIMS AND POSITION IDENTICAL TO iCUFFLINK NOTE: MATERIAL: ALUMINUM NO SECONDARY OPERATIONS FOR FINISHING DRAWING NAME SCALE SIZE PAGE DATE iNecklace 1:1 A 21/06/11 DRAWING No. DRAWN BY: Drawings are for industrial design control use only and are not MD intended for tool making purposes. Engineering drawings/models must be made for tooling. All specifications for tolerances, tools and manufacturing are the responsibilty of the manufacturer. The ROSS + DOELL INC. / 479 SAMMON AVE, TORONTO designer(s) assumes no product liability for the product. CANADA M4J 2B3 / WWW.ROSSDOELL.COMhttps://github.com/adafruit/iNecklace
  • 104. Adafruit Industriesウェアラブルな製品を開発した理由• ウェアラブルなオープンソースハードウェアは数多く提案 されてきたが、多くがプリント基板そのままだった• 大規模のメーカーがカスタム部品を使った製品を提案して きたが、ビジネス的にはほとんど失敗している• 大規模のメーカーでは全く採算の取れない1,000個オーダーで も小規模のメーカーにとっては十分にビジネスになる• アクセサリの場合には、少数限定生産は相性が良い• オープンソースハードウェアにして公開することにより、 コミュニティによる改良(電池駆動時間の延長など)も実現 できたJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 105. 市民工房とイノベーションCivic workshops and innovations
  • 106. FabLabFabLab鎌倉FabLab鎌倉のウェブサイトより引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 107. FabLabFabLab鎌倉FabLab鎌倉のウェブサイトより引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 108. FabLabFabLab鎌倉FabLab鎌倉のウェブサイトより引用JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 109. FabLabFPGA-CAFE/FabLab TsukubaJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 110. f.Labof.Laboで使用できる機材レーザーカッター ペーパーカッター(Craft ROBO)3D切削加工機(MDX-40A) 3D切削加工機(iModela) 3Dプリンタ(Replicator)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 111. 導電性布 アクリル 丸めた銅線 真鍮部材 書き味が悪くなったら ピンセットなどの先のとがったモノを使い 中のボールを取り出し揉みほぐします。 ボールを布に 2 重で包みキャップを戻します。 キャップの部分を取り外します。Drawing: Yuki Kinpara
  • 112. Photo: Yuki Kinpara
  • 113. Photo: Yutaka Kitamura
  • 114. 加藤源重(Genjyu Kato)1935/9/25- NPO法人福祉工房あいち 残存機能を使用する大型の物Kobo Aichi Products欠損部+自助具 既製品+追加工
  • 115. wikiThe Open Prosthetics Projecthttp://openprosthetics.org/補綴のオープンソース化プロジェクト sns
  • 116. The Trautman Hook .STLdata オリジナルからリバースエンジニアリングされたデータ を配布
  • 117. The Trautman Hook for Low cost 3D Printer-Instructables- http://www.instructables.com/id/T-hook-prosthetic-design-for-3D-printing/安価な3Dプリンタ(Makerbot)の為に元のデジタルデータを加工
  • 118. 自助具の分解1・万能ホルダー+箸 1.欠損部 2.人体接続部(万能ホルダー) 3.機能部接続部 4.ファンクション部 他の自助具を付け替える 事も可能(e.g.お椀を持 5.既製品 つ為の自助具)
  • 119. 自助具の分解2・片手輪ゴム取り レーザーカッターで出力可能な状態に
  • 120. f.Laboの文脈f.Laboのコンセプト デジタル 工作機械 専門生産企業など イノベーション デザイン 思考 様々な文脈 市民(Makerムーブメント)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 121. fabulous(素晴らしい) fabrication(製造) fun(楽しい) factory(工場) future(未来) foolish(ばかげた)foundation(基礎・土台) failure(失敗) federation(連合) あつら こしら facilitation(促進) FAB(誂える・拵える)
  • 122. Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  • 123. Makerムーブメントの時代におけるdesign、学び、産業design , education and industry in the era of Maker movement
  • 124. おわりにデザイナーへの提言• UI、UX、HCDで解決できる問題には現解がある• 部分だけを考えるのでなく全体を考えてから部分を作る• そのために重要なのがプロトタイピング• 常識を疑う(例:製造には金型が不可欠)• 「メーカー対メイカー」や「メーカー対ハードウェアスタート アップ」ではなくポートフォリオで考える• 「グレーゾーン」を攻める(日本でできなければ別の国で)JEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 125. おわりにお知らせ• 2013年度の学生および共同研究を募集中です。• 展覧会「一歩さがって、二歩すすむ」を開催します。 • 会期:2012年12月21(金)∼23(日) • 場所:SHIBAURA HOUSE • 内容:トークイベント、ワークショップ、プロトタイプ • 詳細: http://facebook.com/OneStepBackTwoStepsForwardJEITAデザイン委員会HID専門委員会 ¦ プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言
  • 126. 2012年度JEITAデザイン委員会ヒューマンインタフェースデザイン専門委員会プロトタイピングの潮流とデザイナーへの提言Makerムーブメントの時代におけるdesign、学び、産業2012年11月14日/パナソニック デザインカンパニー エクスペリエンスルーム小林 茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授/f.Laboプロデューサー)