An introduction of the area F and the f.Labo project

8,301 views
8,236 views

Published on

2012年4月12日に行った情報科学芸術大学院大学[IAMAS]の平成23年度プロジェクト研究報告および平成24年度研究計画発表会での「F領域」(design系研究領域)と「f.Laboプロジェクト」に関するプレゼンテーション資料です。

Published in: Design
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
8,301
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
13
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

An introduction of the area F and the f.Labo project

  1. 1. F領域とf.LaboプロジェクトについてAn introduction of the area F and the f.Labo project小林 茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授/f.Laboプロデューサー)http://www.iamas.ac.jp/labo/f/
  2. 2. イントロダクション / IntroductionF領域とは? / What is the area F?• 専門分野ごとに細分化され、エンジニアリングと分断された 従来のデザインではなく、新しいdesignのあり方を探求する A research area to explore possibilities of new broad-sense design beyond conventional design (i.e. narrowly-defined and divided from engineering)• 4つのプロジェクトから構成される The research area is consisting of four projects such as f.Labo, advanced design, S.I.D. and E.E.I. • • f.Laboプロジェクト • アドバンストデザインプロジェクト • サーフェイスインターフェイスデザインプロジェクト 体験拡張インターフェイスプロジェクトF領域とf.Laboプロジェクトについて / An introduction of the area F and the f.Labo project
  3. 3. イントロダクション / Introductionf.Laboプロジェクト / f.Labo Project• F領域のプロジェクト群の基盤となるプロジェクトで、ソフト ピアにできたITとものづくりの交流拠点「f.Labo」がベース A foundation project for the area F projects based on f.Labo, a new communication hub for information technology and making things in Softopia• さまざまな分野からの参加者が、それぞれのスキルを用いて、 産業、教育、コミュニケーション、環境、経済といった、 私たちの時代の最も重大な課題に取り組む We aim to use our skills as students, faculty, staff, and external collaborator in tackling the most critical challenges of our time, including: industry, education, communication, environment, and the economyF領域とf.Laboプロジェクトについて / An introduction of the area F and the f.Labo project
  4. 4. イントロダクション / Introductionディレクター / Directors• 小林 茂 Shigeru Kobayashi• ジェームス・ギブソン James Gibson• 近藤崇(株式会社GOCCO.) Takashi Kondo (GOCCO.)F領域とf.Laboプロジェクトについて / An introduction of the area F and the f.Labo project
  5. 5. 導入ワークショップ修了証の例An example of a certificate of an introductory workshop
  6. 6. mini Photoフレームワークショップでの制作例西田拓馬(TheArchitectsBureau)、大津厳(THROUGH)、近藤崇司(株式会社GOCCO.)Examples of photo frame crated in the mini photo frame workshopTakuma Nishida (TheArchitectsBureau), Tsuyoshi Otsu (THROUGH),Takashi Kondo (GOCCO.)
  7. 7. fabulous(素晴らしい) fabrication(製造) fun(楽しい) factory(工場) future(未来) foolish(ばかげた)foundation(基礎・土台) failure(失敗) federation(連合) facilitation(促進) FAB(誂える・拵える)
  8. 8. ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?Making things = Why? What? How?
  9. 9. ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?Making things = Why? What? How?
  10. 10. ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?Making things = Why? What? How?
  11. 11. ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?Making things = Why? What? How?
  12. 12. C デザイン段階ごとに分業する従来型のデザインプロセスの例An example of stage based conventional design process
  13. 13. B 設計 A C マーケティング デザイン E D 販売 / 流通 製造段階ごとに分業する従来型のデザインプロセスの例An example of stage based conventional design process
  14. 14. B デザイナ A C マーケッタ エンジニア F ファシリテータ E D 販売 / 流通業者 製造業者スキルごとに段階を通じて全てのメンバーが関わる新しいデザインプロセスの例An example of skill based new design process: all members will contribute all stages
  15. 15. 今年度の予定 / Plansテーマ案 / Possible Themes• メタプロダクト:サービスと人の接点としてのプロダクト Meta products: design products as touch points for services• 再生電力 Recycled electricity• ファブリケーションの民主化 Democratizing fabrication• オープンソースハードウェア Open source hardware• デザインプロセスのアーカイブと共有 Archiving and sharing of design processes• 自助具 Self-help toolsF領域とf.Laboプロジェクトについて / An introduction of the area F and the f.Labo project
  16. 16. 今後の予定 / Future Plans求めるスキル / Skills Wanted コラボレーションへの共感能力とオープンなマインド Empathy and willingness to collaborate, open mind • プロダクトデザイン Product design • グラフィックデザイン Graphic design • コミュニケーションデザイン Communication design • インタラクションデザイン Interaction design • ソフトウェアエンジニアリング Software engineering • ハードウェアエンジニアリング Hardware engineeringF領域とf.Laboプロジェクトについて / An introduction of the area F and the f.Labo project

×