• Save
オープンソースハードウェアのケーススタディー
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

オープンソースハードウェアのケーススタディー

  • 1,910 views
Uploaded on

2013年4月2日に開催された「NPO法人3Gシールドアライアンス設立記念セミナー」での講演で使用したスライドです。イベントの詳細に関してはこちらを参照してください☞http://a3gs.wiki.fc2.com

2013年4月2日に開催された「NPO法人3Gシールドアライアンス設立記念セミナー」での講演で使用したスライドです。イベントの詳細に関してはこちらを参照してください☞http://a3gs.wiki.fc2.com

More in: Design
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,910
On Slideshare
1,905
From Embeds
5
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
4

Embeds 5

https://twitter.com 5

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 3Gシールドアライアンスオープンソースハードウェアのケーススタディ2013年4月2日小林茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授)
  • 2. 写真提供:ICC
  • 3. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 4. 写真撮影:萩原健一
  • 5. The Maker MovementMakerムーブメント
  • 6. Makerムーブメント // Maker Movement Makerムーブメントとは?http://hive.slate.com/hive/ http://www.flickr.com/photos/made-america-how-reinvent-american-manufacturing/ tedconference/5343993512/article/the-makers-are-coming
  • 7. There is something missing in our definition, vision,of a human being: the need to make.We are creatures who need to make.From Advice to the Players in Music Like Dirt by Frank Bidart
  • 8. JSTサイエンスチャンネル:「作る」が変わる!広がるMakerムーブメントhttp://sc-smn.jst.go.jp/playprg/index/6785
  • 9. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  • 10. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  • 11. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  • 12. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  • 13. What is Open Source Hardware?オープンソースハードウェアとは?
  • 14. オープンソースハードウェアとは?定義オープンソース・ハードウェア(OSHW)は、誰もがつくり、変更を加え、頒布し、利用できるように一般に対して設計図が公開されている、手に触れることのできる人工物ー機械、装置又はその他の実体のあるものを表す語である。Open Hardware Definition日本語訳(☞http://freedomdefined.org/OSHW/translations/ja)より
  • 15. オープンソースハードウェアとは?オープンソースの領域 表現 オープン・コンテンツ オープン・デザイン情報 物質 オープンソース・ オープンソース・ ソフトウェア ハードウェア 機能 「FabLife」(田中浩也、2012年、オライリー・ジャパン)より引用
  • 16. A Case Study of Open Source Hardwareオープンソースハードウェアのケーススタディ
  • 17. 写真撮影:高尾俊介
  • 18. 写真提供:ICC
  • 19. 写真撮影:萩原健一
  • 20. 風の音楽(鈴木莉紗、鈴木太朗、飯田 誠、荒川忠一)ephemeral melody (Risa Suzuki, Taro Suzuki, Makoto Iida, Chuichi Arakawa)
  • 21. オリジナル版のGainer、SparkFun版(2種)、互換機Gainer miniとPepper
  • 22. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 23. ArduinoArduinoとは? Arduinoは、柔軟で使いやすいハードウェアとソフトウェアから構成される、オープンソースの 電子回路プロトタイピング用プラットフォーム。http://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  • 24. Arduinoビジネスモデル ハードウェア、ソフトウェア、ドキュメンテーションはオープンライセンスの元でリリースされる。 一方で、Arduinoブランドは公式製品を製造するメーカーにライセンスされる。http://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  • 25. Arduinoビジネスモデルhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  • 26. ArduinoArduinoを活用したプロジェクトhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  • 27. ArduinoArduinoを活用したプロジェクトhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  • 28. Arduinoチップベンダの対応とひろがり• Wiznetなどのチップベンダはオープンソースハードウェアを構 成する「部品」として自社製品が利用されることに積極的• 2011年夏より米国のRadioShack店頭での取扱いも開始• Microchipなど、評価ボードをArduino互換にする例も• TIとDigi-KeyによるBeagleBoardのような例もある
  • 29. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 30. FIO 4 x 4 (December, 2007) Designed by Shigeru Kobayashi Funnel I/O (July, 2008) Designed by Shigeru Kobayashi FIO (December, 2008) Designed by Shigeru Kobayashi and SparkFun Arduino Fio (March, 2010) Designed by Shigeru Kobayashi and SparkFunFIOからArduino Fioへの変遷(2007∼2010年)
  • 31. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  • 32. U4 - + F1 C1 S1SparkFunと共同開発している過程での変遷
  • 33. SparkFun Electronicsと共同開発したFIO(2008年12月発売)http://www.sparkfun.com/products/8957
  • 34. Funnel IO remixed by seeedstudio, January 10, 2009http://www.seeedstudio.com/blog/2009/01/10/funnel-io-remixed-by-seeedstudio/
  • 35. SparkFun版(左:2008年12月)とSeeed Studio版(右:2009年1月)
  • 36. Seeed Studioが販売したFunnel IO Remixedの背面
  • 37. Fast and Malleable, Nathan Seidle, May 01, 2012http://www.sparkfun.com/news/858
  • 38. http://arduino.cc/blog/2010/03/19/arduino-fio-presented-at-uno-punto-zero-2/
  • 39. iNecklace - v1.0http://www.adafruit.com/products/440
  • 40. iNecklace - v1.0http://www.adafruit.com/products/440
  • 41. iCufflinks - v1.0http://www.adafruit.com/products/379
  • 42. iCufflinks - v1.0http://www.adafruit.com/products/379
  • 43. .15 .066 2-56 THREAD .140 .008 COUNTER BORE DEPTH .625 .170 .30 .03 .09 THREAD DEPTH .0350 THREADS PER INCH .01969 PITCH SECTION A-A LOGO DIMS AND POSITION IDENTICAL TO iCUFFLINK NOTE: MATERIAL: ALUMINUM NO SECONDARY OPERATIONS FOR FINISHING DRAWING NAME SCALE SIZE PAGE DATE iNecklace 1:1 A 21/06/11 DRAWING No. DRAWN BY: Drawings are for industrial design control use only and are not MD intended for tool making purposes. Engineering drawings/models must be made for tooling. All specifications for tolerances, tools and manufacturing are the responsibilty of the manufacturer. The ROSS + DOELL INC. / 479 SAMMON AVE, TORONTO designer(s) assumes no product liability for the product. CANADA M4J 2B3 / WWW.ROSSDOELL.COMhttps://github.com/adafruit/iNecklace
  • 44. Adafruit Industriesウェアラブルな製品を開発した理由• ウェアラブルなオープンソースハードウェアは数多く提案 されてきたが、多くがプリント基板そのままだった• 大規模のメーカーがカスタム部品を使った製品を提案して きたが、ビジネス的にはほとんど失敗している• 大規模のメーカーでは全く採算の取れない1,000個オーダーで も小規模のメーカーにとっては十分にビジネスになる• アクセサリの場合には、少数限定生産は相性が良い• オープンソースハードウェアにして公開することにより、 コミュニティによる改良(電池駆動時間の延長など)も実現で きた
  • 45. Adafruit Industries課題• カスタム部品と汎用部品のバランス • カスタム部品:仕様をほぼ自由に指定でき、供給をほぼ 自由に制御できる代わりに初期投資が大きい • 汎用部品:既存の仕様の中から最も近いものを選ぶしか ない代わりに、初期投資は小さい
  • 46. http://store.makerbot.com/replicator-404.html
  • 47. http://store.makerbot.com/replicator2.html
  • 48. オープンソースハードウェアを活用したプロジェクト // ProjectsSafecast/Tokyo Hackerspace http://safecast.org http://tokyohackerspace.org
  • 49. http://blog.safecast.org/ja/2013/03/the-bgeigie-nano-kit/
  • 50. まとめLessons Learned• オープンソースハードウェアはイノベーション創出を加速する 共通言語• ありとあらゆる用途を想定した「規格」をつくるのでなく、 プロトタイプをつくって、実際に動かしてみる方が効率的• オープンソースハードウェアはハードウェアスタートアップに とっては実践的なビジネスモデルとして機能する• オープンソースハードウェアはまだ黎明期にあり、さまざまな 課題がある• ビジネスモデルのどこに位置付けるのかを明確に意識し、 オープン/クローズドを組合せてポートフォリオを組むのが