元高専生が高専に戻るまで

4,163 views
3,973 views

Published on

2010.1.30 高専カンファレンス in 八戸 LT3「元高専生が高専に戻るまで」

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,163
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

元高専生が高専に戻るまで

  1. 1. 元高専生が高専に戻るまで(仮) 八戸工業高等専門学校 教育研究支援センター 小笠原 英俊
  2. 2. 発表に入る前に・・・ 今回高専カンファ初参加という事で自己紹介を 兼ねて色々暴露?しようとおもっていたのですが 、1/20(水)に行われた教職員全体会議の資料 の中に予想だにしない物があった為、危険を 感じ内容を一部<censored>する事に・・・
  3. 3. \(^o^)/
  4. 4. 八戸高専(特に機械工学科)受験生募集! ・ 優秀な学生を大量に求めています ・高専も高校実質無償化の対象です(1~3年生) ・中学校卒業していれば誰でも受験できるはず ・今年中学を卒業する生徒はもちろん、高校生でも 高専生でも大学生でも社会人でもニートでも <censored>でも大歓迎!! ・入学願書受付2/1~2/5 入試:2/21 9:30~ 続きはWebで! http://www.hachinohe-ct.ac.jp/~nyushi/nyushi.htm
  5. 5. こういう人は他へどうぞ ・面接で志望動機を聞かれて「自分の学力的に考えて 一番入りやすい学科なので」とか言っちゃう人 ・いくら製図の課題がきついからと言ってそれを口実に 卒研サボって更には製図すらもろくにやらない人 (製図の課題があまりに酷すぎるというのも問題では あるがそれとこれとは話が違うよ!) etc・・・ これはただの一例であり実際の出来事とは一切 関係無い事にしてください。
  6. 6. ・・・ふぅ
  7. 7. 私は何者? 名前:小笠原 英俊 (八戸高専機械工学科34回生) twitterID: <censored> 所属 独立行政法人国立高等専門学校機構 八戸工業高等専門学校 教育研究支援センター 略歴 ・ 1996年4月 八戸高専機械工学科入学 ・ 2001年3月 八戸高専機械工学科卒業 失われた8年半・・・ ・ 2009年9月 八戸高専に技術職員として保護される
  8. 8. 失われた時間にあった事(抜粋) • 1ヶ月程会社に軟禁され、会社で倒れた後も 無理矢理働かされなんとか仕事終わらせるも その後飛ばされたりとかして退職。 • 社内評価について明らかな矛盾点を指摘し たら何故か辞めさせられていた。 • 社内システムを1人で1から作り、リリースとあ る程度の安定稼働が確認された所でリーマン ショック→パワハラ→表向き自己都合退職 そして八戸へ・・・
  9. 9. 注)写真はイメージです
  10. 10. どうしてこうなった!!
  11. 11. まぁいいや
  12. 12. 八戸高専に拾われるまで • 3月初め:八戸高専で技術職員を募集している事を偶然知る • 4月:東北地区国立大学法人等職員採用試験に応募 • 5月:一次試験(周りが学生だらけで早くも諦めムード) • 6月末:東北地区国立(略)一次試験合格のお知らせ • 7月初め:一次試験合格者のみ対象の説明会へ (八戸高専ブースのみ訪問して二次試験に応募) • 7月中旬:八戸高専にて二次試験(面接) (定員2人に対して11人?の応募があったらしい) • 7月下旬:内定のお知らせ(12fav) • 9月:正式採用(当日まで配属先を知らされず、配属先も 1週間前に私の配属を知ったらしい)
  13. 13. めでたしめでたし・・・?
  14. 14. 次回予告? • 私が感じた八戸高専の今と昔の違い? • 高専卒社会人経由で出身高専の技術職員に なる事のさまざまなめりっと? • 高専がこの先生きのこるには? 予定は未定です><
  15. 15. この発表はフィクションで あり実在する人物、団体等 とは絶対に関係無い事に なっています。
  16. 16. このスライドは 2010年01月30日に行われた 高専カンファレンスin八戸にて 発表されたものです。 Kosen Conference in hachinohe

×