Your SlideShare is downloading. ×
0
Tizen developer conference2013 Report (2/5)Tizen Overview and ArchitectureTakahiro Okada
Self introduction• Okada Takahiro (岡田貴裕)• 東京在住• スマートフォン端末開発会社に勤務(プロジェクトマネージャ)• MakerFaire Shenzhen, Make Tokyo Meeting, Go...
参加セッション1. Partner demo2. Partner panel3. Key note4. Tizen overview and architecture5. The Tizen development model6. Tizen ...
4. Tizen overview andarchitecture
4. Overview and Architecture• SamsungとIntelのエンジニアによるセッション
4. Overview and Architecture
4. Overview and Architecture• X Window、BlueZ、Webkit、GCCなど標準的なプロジェクトを多く採用している。
4. Overview and Architecture• TizenはApache2.0で提供される。
4. Overview and Architecture• 現時点ではmobilephoneとIVIをサポートしているが、今後はTV, PCその他等様々なプラットフォームをサポートしていく予定。
4. Overview and Architecture• 大きなオペレータやOEMが参加して、強力なエコシステムを構築している。
4. Overview and Architecture• 最新のTizen2.1ではHTML5標準を高いレベルでサポートしている。
4. Overview and Architecture• 新たにサポートしている主要featureの一覧。
4. Overview and Architecture• Link集
4. Overview and Architecture• Architecture.• App – (Web framework / Native framework) – Core – Kernel
4. Overview and Architecture
4. Overview and Architecture• portabilityはwebの方がいいが、nativeのほうが速いしメモリ効率がいい• Nativeは既存のC/C++コードが動く。• hybridの仕方によって、いろいろできる。U...
4. Overview and Architecture• Hybrid appについて• 様々なAPIを組み合わせてアプリを作れるという話。
4. Overview and Architecture• Coreはpublic APIを提供しない。Coreはweb / native framwewotkの共通部分に特化した基本機能をサポートするコンポーネント
4. Overview and Architecture• 一般開発者はWeb app, Native appを開発できる。• 端末メーカーはCore APIを使ったCore appも使える。
4. Overview and Architecture• Webkitベース。jquery mobileから多くのコンポーネントをポーティングしている。• Webkit2はIPCでプラグインとUIを切っているので、プラグインがcrashしても...
4. Overview and Architecture
4. Overview and Architecture
4. Overview and Architecture
4. Overview and Architecture• Native FW• STL, libstdc++, Open GLES, Open ALなど標準的なAPIは全てサポート
4. Overview and Architecture• Core
4. Overview and Architecture• IVIについて。搭乗者に様々な形で映像・音声・情報を提供する。
4. Overview and Architecture• IVI向けのアーキテクチャ。• Native frameworkは今のところ提供されていない。
4. Overview and Architecture• IVIのロードマップ。Tizen2.1では新しい昨日サポートはなかった?• 今後Dual screen, NFC, Ethernetなどをサポート予定。
4. Overview and Architecture• Opennessについて。• Gitやimageは公開されている。
4. Overview and Architecture
4. Overview and Architecture• QA– IVIをgovernment standard対応 / safetyとかの開発プランはあるか?• OEMならそういうカスタマイズは可能– IVIにnative FWがない理由は...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Tizen developer conference 2013 report 2

827

Published on

サンフランシスコで2013年5月に行われたTizen developer conferenceの"Tizen overview and architecture"セッションのレポートです。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
827
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Tizen developer conference 2013 report 2"

  1. 1. Tizen developer conference2013 Report (2/5)Tizen Overview and ArchitectureTakahiro Okada
  2. 2. Self introduction• Okada Takahiro (岡田貴裕)• 東京在住• スマートフォン端末開発会社に勤務(プロジェクトマネージャ)• MakerFaire Shenzhen, Make Tokyo Meeting, Google Developer Dayなどで電子工作作品を紹介。• 2013/05/17~05/25にサンフランシスコとシリコンバレーに自費で行ってきました(記載内容は所属会社とは関係なく、個人の見解です。)• Facebook : /takaihro.okada1• Twitter : @kopanitsa (最近使ってません)• Email : okada.takahiro111@gmail.com• Tizenについては素人ですので、誤っているところ多々あると思います。その際は是非ご指摘ください。
  3. 3. 参加セッション1. Partner demo2. Partner panel3. Key note4. Tizen overview and architecture5. The Tizen development model6. Tizen store introduction7. Publishing to Tizen using the automated conversion / repacking ofexisting Android apps
  4. 4. 4. Tizen overview andarchitecture
  5. 5. 4. Overview and Architecture• SamsungとIntelのエンジニアによるセッション
  6. 6. 4. Overview and Architecture
  7. 7. 4. Overview and Architecture• X Window、BlueZ、Webkit、GCCなど標準的なプロジェクトを多く採用している。
  8. 8. 4. Overview and Architecture• TizenはApache2.0で提供される。
  9. 9. 4. Overview and Architecture• 現時点ではmobilephoneとIVIをサポートしているが、今後はTV, PCその他等様々なプラットフォームをサポートしていく予定。
  10. 10. 4. Overview and Architecture• 大きなオペレータやOEMが参加して、強力なエコシステムを構築している。
  11. 11. 4. Overview and Architecture• 最新のTizen2.1ではHTML5標準を高いレベルでサポートしている。
  12. 12. 4. Overview and Architecture• 新たにサポートしている主要featureの一覧。
  13. 13. 4. Overview and Architecture• Link集
  14. 14. 4. Overview and Architecture• Architecture.• App – (Web framework / Native framework) – Core – Kernel
  15. 15. 4. Overview and Architecture
  16. 16. 4. Overview and Architecture• portabilityはwebの方がいいが、nativeのほうが速いしメモリ効率がいい• Nativeは既存のC/C++コードが動く。• hybridの仕方によって、いろいろできる。UIパートはWeb baseでやって、background serviceはnativeでやるとか。
  17. 17. 4. Overview and Architecture• Hybrid appについて• 様々なAPIを組み合わせてアプリを作れるという話。
  18. 18. 4. Overview and Architecture• Coreはpublic APIを提供しない。Coreはweb / native framwewotkの共通部分に特化した基本機能をサポートするコンポーネント
  19. 19. 4. Overview and Architecture• 一般開発者はWeb app, Native appを開発できる。• 端末メーカーはCore APIを使ったCore appも使える。
  20. 20. 4. Overview and Architecture• Webkitベース。jquery mobileから多くのコンポーネントをポーティングしている。• Webkit2はIPCでプラグインとUIを切っているので、プラグインがcrashしてもアプリは無事。• HTML canvas is accelerated by Cairo OpenGL ES backend。WebGLはtriple buffer
  21. 21. 4. Overview and Architecture
  22. 22. 4. Overview and Architecture
  23. 23. 4. Overview and Architecture
  24. 24. 4. Overview and Architecture• Native FW• STL, libstdc++, Open GLES, Open ALなど標準的なAPIは全てサポート
  25. 25. 4. Overview and Architecture• Core
  26. 26. 4. Overview and Architecture• IVIについて。搭乗者に様々な形で映像・音声・情報を提供する。
  27. 27. 4. Overview and Architecture• IVI向けのアーキテクチャ。• Native frameworkは今のところ提供されていない。
  28. 28. 4. Overview and Architecture• IVIのロードマップ。Tizen2.1では新しい昨日サポートはなかった?• 今後Dual screen, NFC, Ethernetなどをサポート予定。
  29. 29. 4. Overview and Architecture• Opennessについて。• Gitやimageは公開されている。
  30. 30. 4. Overview and Architecture
  31. 31. 4. Overview and Architecture• QA– IVIをgovernment standard対応 / safetyとかの開発プランはあるか?• OEMならそういうカスタマイズは可能– IVIにnative FWがない理由は?• 今のところWeb app上のUIにフォーカスしているため。– tizen.orgにドキュメンテーションがあんまりないけど。• 早く公開できるように頑張ります。– Tizen coreを直接触ってアプリを作れる?• 一般開発者は無理。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×