Your SlideShare is downloading. ×
Tizen developer conference 2013 report 2
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Tizen developer conference 2013 report 2

799
views

Published on

サンフランシスコで2013年5月に行われたTizen developer conferenceの"Tizen overview and architecture"セッションのレポートです。

サンフランシスコで2013年5月に行われたTizen developer conferenceの"Tizen overview and architecture"セッションのレポートです。


0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
799
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Tizen developer conference2013 Report (2/5)Tizen Overview and ArchitectureTakahiro Okada
  • 2. Self introduction• Okada Takahiro (岡田貴裕)• 東京在住• スマートフォン端末開発会社に勤務(プロジェクトマネージャ)• MakerFaire Shenzhen, Make Tokyo Meeting, Google Developer Dayなどで電子工作作品を紹介。• 2013/05/17~05/25にサンフランシスコとシリコンバレーに自費で行ってきました(記載内容は所属会社とは関係なく、個人の見解です。)• Facebook : /takaihro.okada1• Twitter : @kopanitsa (最近使ってません)• Email : okada.takahiro111@gmail.com• Tizenについては素人ですので、誤っているところ多々あると思います。その際は是非ご指摘ください。
  • 3. 参加セッション1. Partner demo2. Partner panel3. Key note4. Tizen overview and architecture5. The Tizen development model6. Tizen store introduction7. Publishing to Tizen using the automated conversion / repacking ofexisting Android apps
  • 4. 4. Tizen overview andarchitecture
  • 5. 4. Overview and Architecture• SamsungとIntelのエンジニアによるセッション
  • 6. 4. Overview and Architecture
  • 7. 4. Overview and Architecture• X Window、BlueZ、Webkit、GCCなど標準的なプロジェクトを多く採用している。
  • 8. 4. Overview and Architecture• TizenはApache2.0で提供される。
  • 9. 4. Overview and Architecture• 現時点ではmobilephoneとIVIをサポートしているが、今後はTV, PCその他等様々なプラットフォームをサポートしていく予定。
  • 10. 4. Overview and Architecture• 大きなオペレータやOEMが参加して、強力なエコシステムを構築している。
  • 11. 4. Overview and Architecture• 最新のTizen2.1ではHTML5標準を高いレベルでサポートしている。
  • 12. 4. Overview and Architecture• 新たにサポートしている主要featureの一覧。
  • 13. 4. Overview and Architecture• Link集
  • 14. 4. Overview and Architecture• Architecture.• App – (Web framework / Native framework) – Core – Kernel
  • 15. 4. Overview and Architecture
  • 16. 4. Overview and Architecture• portabilityはwebの方がいいが、nativeのほうが速いしメモリ効率がいい• Nativeは既存のC/C++コードが動く。• hybridの仕方によって、いろいろできる。UIパートはWeb baseでやって、background serviceはnativeでやるとか。
  • 17. 4. Overview and Architecture• Hybrid appについて• 様々なAPIを組み合わせてアプリを作れるという話。
  • 18. 4. Overview and Architecture• Coreはpublic APIを提供しない。Coreはweb / native framwewotkの共通部分に特化した基本機能をサポートするコンポーネント
  • 19. 4. Overview and Architecture• 一般開発者はWeb app, Native appを開発できる。• 端末メーカーはCore APIを使ったCore appも使える。
  • 20. 4. Overview and Architecture• Webkitベース。jquery mobileから多くのコンポーネントをポーティングしている。• Webkit2はIPCでプラグインとUIを切っているので、プラグインがcrashしてもアプリは無事。• HTML canvas is accelerated by Cairo OpenGL ES backend。WebGLはtriple buffer
  • 21. 4. Overview and Architecture
  • 22. 4. Overview and Architecture
  • 23. 4. Overview and Architecture
  • 24. 4. Overview and Architecture• Native FW• STL, libstdc++, Open GLES, Open ALなど標準的なAPIは全てサポート
  • 25. 4. Overview and Architecture• Core
  • 26. 4. Overview and Architecture• IVIについて。搭乗者に様々な形で映像・音声・情報を提供する。
  • 27. 4. Overview and Architecture• IVI向けのアーキテクチャ。• Native frameworkは今のところ提供されていない。
  • 28. 4. Overview and Architecture• IVIのロードマップ。Tizen2.1では新しい昨日サポートはなかった?• 今後Dual screen, NFC, Ethernetなどをサポート予定。
  • 29. 4. Overview and Architecture• Opennessについて。• Gitやimageは公開されている。
  • 30. 4. Overview and Architecture
  • 31. 4. Overview and Architecture• QA– IVIをgovernment standard対応 / safetyとかの開発プランはあるか?• OEMならそういうカスタマイズは可能– IVIにnative FWがない理由は?• 今のところWeb app上のUIにフォーカスしているため。– tizen.orgにドキュメンテーションがあんまりないけど。• 早く公開できるように頑張ります。– Tizen coreを直接触ってアプリを作れる?• 一般開発者は無理。