Tizen developer conference 2013 report 1/5

1,396 views
1,336 views

Published on

サンフランシスコで2013年5月に行われたTizen developer conferenceのキーノート及びパートナーでものレポートです。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,396
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tizen developer conference 2013 report 1/5

  1. 1. Tizen developer conference2013 Report (1/5)Keynote, Partner demoTakahiro Okada
  2. 2. Self introduction• Okada Takahiro (岡田貴裕)• 東京在住• スマートフォン端末開発会社に勤務(プロジェクトマネージャ)• MakerFaire Shenzhen, Make Tokyo Meeting, Google Developer Dayなどで電子工作作品を紹介。• 2013/05/17~05/25にサンフランシスコとシリコンバレーに自費で行ってきました(記載内容は所属会社とは関係なく、個人の見解です。)• Facebook : /takaihro.okada1• Twitter : @kopanitsa (最近使ってません)• Email : okada.takahiro111@gmail.com• Tizenについては素人ですので、誤っているところ多々あると思います。その際は是非ご指摘ください。
  3. 3. Tizen developer conference 2013• Tizenとは– Tizen(タイゼン)は、Linux ベースのソフトウェアプラットフォームを提供するモバイルオペレーティングシステムの一つ。サムスン電子とインテルが主導で携帯電話事業者、デバイスメーカー、半導体メーカーが開発を行っており、サムスン電子がオペレーティングシステムBadaを統合している。対象となるデバイスは、スマートフォン、タブレット、ネットブック、スマートテレビ、車載情報端末(IVI) などである。2013年後半には、携帯電話事業者のNTTドコモとOrange(英語版)向けにサムスン電子が製品を出荷する予定である。(Wikipediaより転載)• Tizen developer conference 2013とは– 2013年5月にサンフランシスコで開かれたTizenに関するカンファレンス。– https://www.tizen.org/events/tizen-developer-conference/2013
  4. 4. Schedule参加した部分。3日目は都合により参加できず
  5. 5. 参加セッション1. Partner demo2. Partner panel3. Key note4. Tizen overview and architecture5. The Tizen development model6. Tizen store introduction7. Publishing to Tizen using the automated conversion / repacking ofexisting Android apps
  6. 6. 1. Partner Demo
  7. 7. 1. Partner table demo• アプリケーション開発者やゲームエンジン開発者、開発ツール開発者による、デモとプレゼンテーション。• スタンプラリーのように、各ブースで話を聞いてデモを見て、スタンプを押してもらう。
  8. 8. 1. Partner table demo• 出展企業一覧。SEGAやバンダイナムコなど日本からの出展もあり。
  9. 9. 1. Partner table demo(感想)• Tizenについて、あまり知識がないため、誤っているかもしれません。個人の見解です。• ゲーム系– 多くはWeb appではなくて、native appとして作っている。– 多くのアプリTizen以外のプラットフォームにも出しているが、バンナムはexclusiveなタイトルを出していた。– Galaxy S4上では、パフォーマンスは問題ないように見えた。• その他アプリ系– お天気アプリ、本、カメラ、トランスレーション、ナビ、ヘルスなど。– Android / iOS向けに提供しているアプリを、内容そのままに作り直している感じ。– 完成度はものによるが、Android / iOSと遜色なく動いているようにみえる。• ゲームエンジン系– Unity, YOYO GAMESなど– こちらも、iOS/Adroidに加えてTizenにも対応するという感じ。• コンバータ系– Flash->HTML5、MIDP->HTML5– Android -> HTML5をやっている企業もある。• Why Tizen?– 「すべてのプラットフォームをサポートするのが目的」– 「サムスンやドコモが厚いサポートをしてくれる」– 「 Android / iOSでは競争が厳しすぎる」– 「これまでサムスンといい関係を気づいているので、付き合いの意味も…」
  10. 10. 2. Partner Panel
  11. 11. 2. Partner panel• 初日は午後から開始。• 主要アプリパートナーによる座談会
  12. 12. 2. Partner panelSpeaker:- appbackr- YOYOGAMES- Havok- Game salad- Symphony Teleca• Tizenに興味がある理由– cross platformだし、TVとかにも適用出来る。– Samsung / Intelはマーケットをつくるノウハウを持ってるので期待。– WebアプリやAndroidからアプリをポーティングするのは簡単– TizenはOpen。断片化も少ないし、アプリ審査も時間がかからない。– 大きなメーカが参入しているので、大きなプラットフォームになることは確実– Phoneだけでなく、Tab, PC, TVなど様々なプラットフォームをサポートしている。
  13. 13. 3. Keynote
  14. 14. 3. Key Note• Tizen2.1がリリースされた。– さらなるHTML5 APIのサポート• html5test.comのスコアが492になった。iOS, FFOS, BB, Android, Chrome等よりも高いスコア– パフォーマンスの最適化– 様々なツールのサポート(Web IDE, Native IDE)– WebとNativeのハイブリッドなアプリの開発が可能に– Dynamic box (recent appやWidgetをHomeアプリなどにおける仕組み)のサポート– Securityの向上
  15. 15. 3. Key Note
  16. 16. 3. Key Note
  17. 17. 3. Key Note• Tizen App Challenge賞金総額400万ドルのアプリコンテスト• Unityなど様々なゲームエンジンもTizenをサポートする。
  18. 18. 3. Key Note• JAGUARTizenを使ってIVI (in-vehicleinfotainment)を開発中。• Docomo端末を今年2H(2Q?)に発売することを発表。「Tizenを通じて様々なアプリを提供していく」「素晴らしいアプリを提供するアプリ開発者に期待している」
  19. 19. 3. Key Note - OrangeなぜTizenか1. larger choice for customers :お客さんにプラットフォームの選択肢の一つとしてTizenを提供する。2. openness :プラットフォームを誰かに独占されず、開発を進められる。3. innovation :HTML5に最も準拠しているプラットフォーム。いくつかにアプリつくったら、Tizen含めてAndroid / iOS / blackberryなんでも動いた。4. differentiationOEMやoperatorからの要件に対応しやすい。今年の夏の終わりには端末を発売する予定。すでに様々なアプリのHTML5化が進んでいる。
  20. 20. 3. Key Note – W3C• プラットフォームとしてのWebは今後もっと大きくなる。• Tizenは最もWeb標準に準拠したプラットフォームである。
  21. 21. 3. Key Note – W3C• 携帯電話だけでなく、テレビやPC、車やゲーム、internet of thingsなど、Webプラットフォームをもっと展開して行きたい。
  22. 22. 3. Key Note - Unity• 53%以上のモバイルゲームはUnityで作られている。「author once, deploy everywhere」• Unity for Tizenを今年中に提供する。• 携帯電話や車は世界中に多くのプレーヤーがいる。このような所でゲームエンジンを提供したい。• 水のような、気づかれないくらい当然のようにある存在を目指したい。
  23. 23. 3. Key Note - Yandex• ロシアで大きなシェアを持つ検索エンジン• Tizenと組んで様々なサービスを提供していく。

×