Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
  • Save
Maker faire bay area 2013 report
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Maker faire bay area 2013 report

  • 1,259 views
Published

2013年5月にカリフォルニアで行われたMaker Faire Bay Areaのレポートです。

2013年5月にカリフォルニアで行われたMaker Faire Bay Areaのレポートです。

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,259
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
4

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Maker Faire Bay Area 2013ReportTakahiro Okada
  • 2. Self introduction• Okada Takahiro (岡田貴裕)• 東京在住• スマートフォン端末開発会社に勤務(プロジェクトマネージャ)• MakerFaire Shenzhen, Make Tokyo Meeting, Google Developer Dayなどで電子工作作品を紹介。• 2013/05/17~05/25にサンフランシスコとシリコンバレーに自費で行ってきました(記載内容は所属会社とは関係なく、個人の見解です。)• Facebook : /takaihro.okada1• Twitter : @kopanitsa (最近使ってません)• Email : okada.takahiro111@gmail.com• レポート発表させていただける場所、募集中
  • 3. Maker Faire Bay Area 2013• Maker Faireとは– Makezineが主催する、電子工作・手芸・工芸・プログラミング・メカニクスなどが展示・紹介されるDIYの祭典– 世界各国で開催されている。– 日本でも年に2回程度行われている。• Maker Faire Tokyo 2013 (11/03, 11/04)• Yamaguchi Mini Maker Faire (08/10, 08/11)– カリフォルニアBay Areaで年に一度行われるMaker Faire BayAreaは各国のMaker Faireの中でも最大級の規模。– 2013年は、05/18及び05/19にSan Mateoで行われた。– http://makerfaire.com/
  • 4. Maker Faire Bay Area 2013 – 感想• 日本のMaker Faireよりも大きな展示・危険な展示が多い。– 日本ではスペースの関係で、大きなものを開発しにくい。– 展示にも一定の安全性が求められる。• 室内展示は日本と同様に高レベル。• 企業ブースがたくさんあった。– Toyota, Intel, Atmel, Autodeskなど大手企業が展示を行なっていた。– それ以外にも多くのスタートアップが展示を行なっており、見本市のようになっていた。• Kick starterはかなり流行っている。– 「Kick starterでsuccessした」というのが、消費者の安心感につながっている部分もありそう。– ただ、「kick starterで小規模にはじめても後が大変(持続可能なビジネスになりにくい)だよ」とマイクロファンディングに懐疑的な意見も複数効かれた。• プレゼンテーションがうまい。– 多数のブースの中で埋もれないようにと、楽しい・わかりやすいデモが多かった。• 3Dプリンタはかなり流行っている。– 20以上のブースがそれぞれの3Dプリンタを展示していた。– 各社どう違うのかよくわからなかった。。– 3Dプリンタを使って作品を作っているブースも多くあった。• 教育系の展示がかなりあった。– また、中学生~高校生くらいの子が展示を行なっているケースも多数あった。– 家族連れの来場者も多数いた。
  • 5. Outside• 巨大な2つのオブジェ(高さ5メートルくらい)から火が吹き出る。• オブジェの根本にふいごがあって、踏むと火の勢いが強くなる。
  • 6. Outside• もう片方のオブジェ。
  • 7. Outside• 巨大なピタゴラスイッチ (life size mouse trapという名前がついていた)。ボールが転がっていって、最後車の上に、鉄のブロックが落ちる。• 1時間に1度の展示。展示はショーになってて、ダンスやコメディを含んでいる。
  • 8. Outside• ピタゴラスイッチを見守る人たち。• 子供も大人もみんなノリノリで、歓声を上げたりガッツポーズしたり。
  • 9. Outside• いろいろな自転車。
  • 10. Outside• いろいろなポーズを取ることができる棒人形
  • 11. Outside• ダンボールを組み合わせた大きな幾何学体• これ以外にもいくつか展示されていた。
  • 12. Outside• レゴをトッピングした車
  • 13. Outside• 管の長さを変えて、パイプオルガン的に音程を調整した楽器。子供が演奏していた。
  • 14. Outside• ネットを使って大量のシャボン玉を飛ばすデモ。
  • 15. Outside• 恐竜のコスプレと、カップケーキ型の自転車(三輪車?)
  • 16. Outside• 龍の形をした車。• Google I/Oにもいたらしい。
  • 17. Outside• 馬の形をしたトラック?• これも火を噴く
  • 18. Outside• コカ・コーラゼロにメントスを5粒入れると、爆発が起こってコーラ柱ができる。• それを100本並べて次々にコーラ柱を上げるデモ。
  • 19. Outside• ただメントスを入れるだけ。。
  • 20. Outside• 精巧な船の模型
  • 21. Outside• 空気圧で浮いて、滑っていける乗り物
  • 22. Outside• なんかよくわからないけどでかいものがいっぱい
  • 23. Outside• 太陽電池で動く車
  • 24. Outside• イケてる自転車も多数
  • 25. Outside• 自作のフライトシミュレーター
  • 26. Outside• 大量のエビや魚が音楽に合わせて動く展示。
  • 27. Outside• 子供向け体験ブース。子供をターゲットにした展示や、教育利用を目的とした作品はここ以外にも多数あった。
  • 28. Outside• きのこやはちみつなどを自家でつくって売っているブースも。
  • 29. Outside• CNC木材加工機
  • 30. Outside• サイボーグ的な何か
  • 31. Outside• 汽車
  • 32. Outside• ドラム缶をつかむ大きな手。実際の手の関節の動きを読み取って制御してる模様。• Google I/Oにも出展されていたらしい、
  • 33. Main Hall• Main Hallの様子。正午~5時ころは人でごった返していた。• かなり広い。室内展示は机の上での電子工作・3Dプリンタ・メカ・手芸・工芸等が中心
  • 34. Main Hall• 日本から来ている伊藤さん(@itog, Pigmal LLC)のAndroid押ボタンスイッチ”FourBeat”。• ボタンを押すことで進むレースゲームでデモを行なっていた。大人も子供も夢中で連打する。• 展示をお手伝いさせて頂きました。
  • 35. Main Hall同じく日本から来られていた新里さんの作品。心拍に応じて、スライムが優しく光る。スライムの触感が大人気
  • 36. Main Hall• 同じく新里さんのPseudo Google Glass。• Kinectと同じセンサを使って手を認識しハンドジェスチャで入力できる。
  • 37. Main Hall• 3D モデリングシステムで知られるAutodeskの展示。• 複数台のカメラで多角的に撮影したデータから、3Dデータを生成する。• AutodeskはFaireの大スポンサーにもなっている。
  • 38. Main Hall• 物販ブース。3Dプリンタやラジコンヘリが売っていた。• 学研大人の科学も売っていた(高かったけど)。
  • 39. Main Hall• こっちは屋外のバザール。アクセサリ・人形・イラストなど
  • 40. Main Hall• 大手企業も多数出品している。
  • 41. Main Hall• 精巧な模型も多数。
  • 42. Main Hall• 人体模型的な何か。
  • 43. Main Hall• 3Dプリンタ特集コーナ-があって、多数の3Dプリンタとその作例が展示されていた。• どれがいいのか正直よくわからない。。
  • 44. Main Hall• つけまつげにメッキして、瞬きしたら電気が通るようにする。目を閉じればラジコンヘリが飛び立つ。• また、爪にRFIDを入れていて、物体を触るとそれに応じて音がなったりする。
  • 45. Main Hall• 生物研究用器具が高すぎるので、自力で作るというプロジェクト。撹拌機など。
  • 46. Main Hall• レゴと汎用CCDモジュール(?)を使った安価な顕微鏡。
  • 47. Main Hall• Auto drawer
  • 48. Main Hall• 小さなタッチパネル付き液晶を複数並べたりつなげたりする、ゲームシステム。
  • 49. Main Hall• 40ドルで買える超小型DIPオシロ。
  • 50. Main Hall• ニキシー管時計キット。
  • 51. Main Hall• 鏡の裏にLEDを埋めて、鏡の中で映像を表現できるようにしたデバイス。
  • 52. Main Hall• ポータブル3Dプリンタ
  • 53. Main Hall• 手芸系の展示も複数。どーもくんドレス
  • 54. Main Hall• シリコンバレー在住の日本人、寺崎さんの作品。• ドライバ回路等なしで、iPhone/Androidのイヤホンジャックからサーボを制御する。• 子供に大人気でEducational awardを受賞されていた。
  • 55. Main Hall• デスクトップでソーラーパネルをつくるための機械
  • 56. Fiesta Hall• 高さ5メートルくらいあるLED array• アニメーションで様々な模様を表示していました。
  • 57. Fiesta Hall• 白い粉をスコップや手で積み上げると、高さに応じてプロジェクションマッピングで色がつく(展示上部に距離センサとプロジェクタが設置されている)• 子供が夢中になって山や川を作っていた。精度がかなり良くて、楽しい。
  • 58. Fiesta Hall• 光るオブジェ(高さ4メートル程度)
  • 59. Fiesta Hall• 独自の電子弦楽器を演奏する人
  • 60. Fiesta Hall• 光るアクセサリをつけている人。• 出展者も観客もLEDアクセをつけていたし、売ってたりもしました。
  • 61. Fiesta Hall• 悪魔の格好をした人。目や口の光はコントロール可能で、表情を作れるっぽい• 声も電子音に変換していて、悪そうな声になっていた。
  • 62. Fiesta Hall• Motion detect系展示も多数。• これはユーザの動きに従ってアニメーションが動くというもの。• バリの影絵がモチーフか。
  • 63. Fiesta Hall• 子供に大人気のがいこつおじさん。• 喋ったり動いたりする
  • 64. Fiesta Hall• Neuroskyを使って脳波を読み取り、音楽や光をコントロールするという展示及び脳波でコントロールするネコミミ。• Neuroskyはかなり流行っている模様。
  • 65. Fiesta Hall• Stanfordのサークル?が出してた、センサ。スパイ的なあれ。• この光に触れずに向こう側にたどり着くゲーム。触れると警報がなる。
  • 66. Fiesta Hall• 稲妻を発生させる装置(テスラコイル)。パルスの周波数を変えてメロディも作れる。檻の中に人を入れて、それに向かって稲妻を打つデモ。
  • 67. Fiesta Hall• 特殊な服を着て、稲妻を受けながらギターを演奏する場面も。。。
  • 68. Fiesta Hall• スターウォーズは大人気。
  • 69. Fiesta Hall• 静電気を帯びたたまに接続されているおじさん。髪の毛が逆立っている。• 触られると超痛い。
  • 70. NEXT• Maker Faire Tokyo 2013は11/03, 11/04• 作りましょう。