Oranda Game Seminor

1,511 views
1,448 views

Published on

Published in: Entertainment & Humor
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,511
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
23
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Oranda Game Seminor

  1. 1. オランダゲーム産業の実力と日本企業にとってのメリット ゲームジャーナリスト 小野憲史
  2. 2. 自己紹介 • 小野憲史(おの・けんじ) • 元「ゲーム批評」編集長 • ゲームジャーナリスト • 「ゲームニクスとは何か」 「ニンテンドーDSが売れる理由」 (共著・構成協力) • 「小野憲史のゲーム評評」 (inside)、「アジアオンライン ゲーム事情」(サーチナ)
  3. 3. スウェーデン ドイツ ベルギー
  4. 4. さて、
  5. 5. 今日お話したいこと • オランダにはAAA級タイトルを 開発するデベロッパがある! • ベンチャー企業の実力も高い • シリアズゲームが熱い
  6. 6. AAA級タイトルディベロッパー ゲリラゲームズ Triumph Studios
  7. 7. ベンチャー企業の実力も高い HERON: STEAM MACHINE(Wiiware) Triangle Studios Metascore 70点
  8. 8. Rocket riot(Xbox Live アーケード→THQ) Metascore 80点(http://www.metacritic.com/)
  9. 9. CodeGlue
  10. 10. シリアスゲームが熱い! • ゲームUIの応用(PLAYTV) • テレビアニメベースのMMO(Club Galactik) • 学校向け教育ゲーム(CARKIT) • 企業教育ゲーム(ハンスオフブルーマ:ゲームス) • 広告ゲーム(PaperCakes、Vogels!)
  11. 11. シリアスゲームとは? • テレビゲームの技術を用いて、社会の諸問題 を解決するコンテンツ、および取り組み • 医療、福祉、教育、政治、軍事、経済、宣 伝・・・ よりラジカルに、 より幅広く!
  12. 12. ゲームの可能性 を広げる有効な 手段&考え方
  13. 13. PLAYTV
  14. 14. Club Galactik
  15. 15. CARKIT
  16. 16. HOUSEOFF BURUMA,THE GAME
  17. 17. Paper Cakes ユトレヒト芸術大学+南カリフォルニア大学 IGF2010 受賞
  18. 18. Vogels!
  19. 19. Blob
  20. 20. ブロブ からふるなきぼう(Wii)→THQ Metascore 82点
  21. 21. SWORDS & SOLDiERS(Wiiware) 【84点】
  22. 22. RONIMO GAMES
  23. 23. 大学でのシリアスゲーム開発 ①企業から研修室に依頼(産・学) ②学生が開発、納品 ③コンテストに応募(IGFなど)、入賞 ④製品化orスタートアップ(DGGが支援)
  24. 24. おすすめテキスト The Art of Game Design : A Book of Lenses Jesse Schell 日本のアマゾンで買えます! (5115円)
  25. 25. 日本の強み・弱み • 比較的大きな単一市場、漫画・アニメ • デバイス系に強い/コントローラ文化 • 商業シリアスゲーム市場 • 欧米市場のツボがわかりにくい • PCゲーム(テクノロジー)に弱い • シリアスゲームの効果測定がない
  26. 26. ゲームニクスカーナビ・ クラリオンNX710 立命館大学 サイトウアキヒロ教授 監修
  27. 27. 福岡が舞台の観光ARG (福岡市・エレメンツ)
  28. 28. ひとまずの提案 • 欧州市場参入に向けたマーケ ティング拠点 • PCベースによらないシリアス ゲーム開発の強み • アドゲーム開発における産官 学事例の研究
  29. 29. おもてなしの心 議論と 標準化
  30. 30. ありがとうございました。 kono3478@gmail.com
  31. 31. 参考記事 【まんたんウェブ'毎日新聞デジタル】 •パックマン:30周年記念新作は「歌うパックマン」生みの親が明かす •iPad :パラッパラッパー作者が最新音楽ゲームの収益を全額寄付 【Inside(イード)】 •最新作のパックマンは「歌う」・・生みの親がオランダで明らかにした30周年の構想 •松浦雅也氏の新プロジェクトは収益を全額寄付・・・ゲームと音楽の融合 •新しいデバイスのゲームに必要なユーザーテストとは・・・SCEの事例 •ゲームブックから『トゥームレイダー』まで、ゲームデザインの巨匠が語る •オランダでシリアスゲーム制作に携わる日本の交換留学生 •オランダのゲーム産業のいま(前・後編) •学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み •【TGS2010】国策でゲーム産業育成に取り組むオランダのいま

×