IGDA_JP 2012
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

IGDA_JP 2012

on

  • 1,407 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,407
Slideshare-icon Views on SlideShare
840
Embed Views
567

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

2 Embeds 567

http://www.igda.jp 565
http://translate.googleusercontent.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    IGDA_JP 2012 IGDA_JP 2012 Presentation Transcript

    • IGDA日本について 国際ゲーム開発者協会日本 (IGDA日本) 代表 小野憲史 2012/4.1 1
    • IGDA(国際ゲーム開発者協会)• International Game Developers Association• ゲーム開発者「個人」を対象とした国際NPO• 情報共有とコミュニティ育成で業界に貢献• アメリカを中心に全世界で1万人以上の会員• 全世界で99の支部、45のSIG 2
    • GDC2012でのIGDA年次総会(2012年3月) 3
    • 拡大するIGDA• 米ホワイトハウスミーティング(10年2月2日) 議題「肥満対策のゲームコンテンストに、どのようにイノベーシ ョンをおこすか」• グローバルゲームジャム(09-) 世界最大のゲームジャムとして、ギネスブックに登録• IGDAサミット(11年7月) 米シアトルで開催、スタジオ運営などが主要テーマ 4
    • IGDA日本について• 2002年4月に任意団体として発足• セミナー活動などを実施• 年々活動が拡大し、スーパーチャプター化• IGDA関西(05~)、IGDA福岡(11~) https://www.facebook.com/groups/128964592826/ Twitter: @IGDA_JAPAN IGDAの会員登録はドル建て決済で、IGDA日本では必ずしも メンバー参加を義務づけているわけではない。 ただし開発者の国際ネットワーク力は無視できない力を持つ。 5
    • IGDA日本のミッション• 日本の地域優位性に立脚し、ハイテク産業に最適化 されたダイナミックな情報交流が、常時活発である状 態を作り出すことで、(日本の)ゲームやゲーム産業 の発展に貢献する。• IGDA日本は、ゲーム開発や開発者に関係する何ら かの問題意識を持っている人が、その問題や課題を 解決するための一つの場。 6
    • 7.9km/s→11.2km/s• NPO化への移行(年内目標)• 定例ミーティング(スカイプ+リアル)• 個人から法人へ 7
    • IGDA日本の組織構成 IGDA日本 代表:小野憲史 執行部 副代表:新清士 他2名 事務局 解散認定SIG IGDA日本内のSIG (代表預かり)タスクフォース SIG-Board SIG- SIG-iPhone i18n SIG-AI Game eSports SIG-Indie APP SIG- SIG- SIG-Game UST SIG-ARG Academic SIG-TA Tech GLOC 他の支部 協力関係にある団体 日本デジタル 関西 福岡 コンピュータエンタテイン ゲーム学会 ブロードバンド推進 メント協会(CESA) 協議会(BBA) (Digra Japan) 8
    • IGDA日本執行部• 代表職(全体の統括責任者)【2011年10月1日~】• -代表:小野憲史• -副代表:新清士• -副代表:高橋勝輝• -副代表:板垣貴幸 9
    • SIG-AI• 正世話人 三宅陽一郎(スクウェア・エニックス)• ミッション:デジタルゲームにおける人工知能技術について知識を共有、 議論し、ゲーム開発の現場への応用、アカデミックな研究を共に促進し、 相乗作用を促すと同時に、当専門分野の人材の育成に、大学をはじめ教 育機関、企業との連携の中で貢献する。• 公式サイト:https://sites.google.com/site/igdajsigai/• ゲームAI千夜一夜 (GameBusiness.jp に自動転載) http://blogai.igda.jp/ http://www.gamebusiness.jp/expert.php?id=839• 定期活動:ゲームAIラウンドテーブル・オン・ツイッター(月一回) http://togetter.com/li/260062• 連絡先:game_ai@igda.jp 10
    • SIG-Board Game• 正世話人:鶴剛史(バンダイナムコゲームス)• 副世話人:菅原涼介(セガ)、金山大志(パンカク)• ミッション:「アナログゲーム」のもつ手軽にゲームを制作できる強み を用い、ゲームデザインを体験として学んでいくワークショップを開 催して、ゲーム開発者のゲームデザインの能力向上を推進する。 またボードゲームをコミュニケーションツールとして活用し、ゲーム 業界の交流会を開催する。• 連絡先:board_game@igda.jp 11
    • SIG-eSports• 正世話人:松井悠(グルーブシンク)• ミッション:日本国内におけるデジタルゲーム競技(e-sports) の普及と啓蒙および、国外e-sports団体との連携を図る。• 公式サイト:http://igdajapan-esports.blogspot.jp/• 連絡先:esports@igda.jp 12
    • SIG-indie• 正世話人:七邊信重(マルチメディア振興センター)• 副世話人:小山祐介(芝浦工業大学)• ミッション:ゲーム開発者の裾野を拡げることを目的とし、商 業・非商業、プロ・アマチュアの区別なく、企業内以外でのゲ ーム開発・販売・流通などに関する知見の共有と開発者間の 交流を目的とする。• 連絡先:indie@igda.jp 13
    • SIG-Academic• 正世話人:山根信二(青山学院大学)• ミッション:学から産への情報発信や、世界の学会と国内産業 の接続を推進する。継続的にゲーム研究・教育・人材育成・ 学会動向といった学術系情報をIGDA日本のサイトから発信 共有する他に、産学連携によるGlobal Game Jamの開催支援 を行なう。またIGDA本体のGame Education SIGの活動を定 期的に紹介し、IGDAの世界的なネットワーク形成を推進する。• 公式サイト:http://igdajac.blogspot.jp/• 連絡先:academic@igda.jp 14
    • SIG-Glocalization• 正世話人:稲葉治彦(ナニカ/シンセンス・アジア)• 副世話人:長谷川亮一(DeNA)、エミリオ・ガジェゴ、中村彰 憲(立命館大学)• ミッション:ゲームビジネスのグローバル化とDL配信時代にお ける、ローカリゼーション技術の向上と海外向け配信、および 海外ビジネスに関する知見を共有する。• 公式ウェブ:https://sites.google.com/site/sigglocsummary/sig-gloc• 連絡先:glocalization@igda.jp 15
    • SIG-ARG• 正世話人:八重尾昌輝(ラ・シタデール)• 副世話人:澤田典宏、他1名• ミッション:代替現実ゲーム(ARG)を中心とした体験型エンタテ インメントの普及活動を通じ、トランスメディア展開や日常生 活への浸透を始めとした多様な要素を有する新しいエンタテ インメントの姿を提案する。• 公式ウェブ:ARG情報局(http://arg.igda.jp/)• 連絡先:arg@igda.jp 16
    • SIG-TA• 正世話人:麓一博(セガ)• ミッション:日本のゲーム開発にテクニカルアーティスト職の確 かな足場を築き、開発全体の底上げを目指す交流の場を提 供する。• 連絡先:tech_art@igda.jp 17
    • Internationalization Force• 正世話人:矢澤竜太(サイバーコネクトツー)• ミッション:IGDA日本の情報を英語で海外に発信する。また 海外の主要開発記事を日本語に翻訳する。• 公式ウェブ:http://ifigdaj.blogspot.jp/• 連絡先:i18n_force@igda.jp 18
    • 2011年度の主な活動 GDC11 JAPANパーティ 2012年3月 (サンフランシスコ 参加者120名) 19
    • 福島ゲームジャム(2011年9月) 撮影:新清士 20
    • CEDEC & TGS(2011年9月) 21
    • IGDA日本の活動• ボランティアベースによる活動 IGDA日本の活動を通して常勤者はなし• メーリングリストなどを作成し、ネット上で大半の連絡を行い、 企画・実施まで進める• 企画を立てたい人を中心に、手が空いている人がサポートす る形で、セミナーなどを主催• NPO化を見越して内規などを整備中 22
    • 主要活動実績(2011年4月1日〜2012年3月31日)月 イベント名 月 イベント名4月 GDC報告会 9月 CEDECスカラーシップ SIG-GLOC#06 CEDECセッション参加5月 OGC後援 SIG-GLOC#106月 SIG-GLOC#07 TGSセンスオブワンダーナイト GTMF2011大阪懇親会 11月 SIG-ARG#03 GTMF2011東京懇親会 学生ゲーム業界勉強会 SIG-INDIEワークショップ 12月 SIG-INDIE MMD for Unity7月 SIG-GLOC#08 1月 新年会 Unityの実践と導入セミナー グローバルゲームジャム ハンマーミラーストアイベント 3月 GDC JAPANパーティ8月 SIG-GLOC#09 他にUST、Twitterラウンドテーブルなど 福島ゲームジャム2011 23
    • これからも よろしくお願いしますIGDA日本公式サイト http://www.igda.jp連絡先 info@igda.jp 24