GDC2012学生報告会1

1,487 views
1,441 views

Published on

2012年4月15日にIGDA日本が開催したGDC2012学生報告会のスライド1です。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,487
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

GDC2012学生報告会1

  1. 1. GDCで感じた日本のゲーム業界 H24/4/15 Twitter:TakasagoGamePG 高砂 邦永 (たかさご くにひさ)
  2. 2. プロフィール• 日本工学院専門学校 4年制学科を卒業 (一応プログラマーです!)• ゲーム会社 に新卒として内定• 去年の11月の勉強会でGDC参加を決意• 4月15日「学生向けGDC報告会」を企画
  3. 3. はじめに• 3月31日のGDC報告会をベースにした資料• 情報源はGDCとその記事 や #IGDAJ #GDC12J• GDCの紹介• 日米のゲーム業界に触れた個人的感想です
  4. 4. • ご意見は受け付けます!• 苦情はお断りです!
  5. 5. 本日の予定• GDCについて & 参加目的• スケジュール & GDCツアー• 参加した講演• 日米開発者の違い• これからの日本のゲーム業界• まとめ
  6. 6. GDCとは• Game Developers Conferenceの略• ゲーム開発者のための世界最大の勉強会• 年に1回、5日間• 場所はサンフランシスコ• モスコーニ・コンベンションセンターで行われています
  7. 7. GDC参加の目的• 世界最大の勉強会 と聞いて…!!• アメリカのゲーム業界を生で見たい!!• いつかアメリカでゲーム開発をしたい?!• 大きいハンバーガーが食べたかった…
  8. 8. ステーキ最高!
  9. 9. • 世界最大の勉強会>期間中に約400のセッション!>参加人数1万8000千人!>たくさんのイベント! ゲームに関する講演 ゲームの展示と試遊 ゲーム業界への就職場所
  10. 10. • アメリカのゲーム業界を生で見たい!>映画産業を抜いたゲーム産業>日本を超えた開発者達はどんな人?>日米の開発の違いを知るため
  11. 11. • いつかアメリカでゲーム開発をしたい!>ハイエンドなゲームを多く作れる>最先端の技術に目がない国>異国の開発技術を学び、日本の発展へ 目標や夢は持ち続けよう!
  12. 12. スケジュール• 3月4日(日・夕) 成田発• 3月4日(日・朝) サンフランシスコ空港着• 3月5日(月) GDC:Tutorial / Summit / GDCPlay• 3月6日(火) GDC: Tutorial / Summit / GDCPlay• 3月7日(水) GDC: Main Conference / Expo• 3月8日(木) GDC: Main Conference / Expo• 3月9日(金) GDC: Main Conference / Expo• 3月10日(土・昼)サンフランシス空港発• 3月11日(日・夕)成田着
  13. 13. 参加費用• ツアー費23万円• GDC12万円(All Access)• 現地での雑費5万円 合計 40万円 1時間1万円相当 3月31日GDC報告会:中林さんの情報より
  14. 14. ( ゚д゚ )高すぎて無理・・・!※色々な制度で無償から減額まである!情報を集めよう!
  15. 15. 参加した講演• BATTLE FIELD3>PCとPS3でリリースするまでの苦労>高品質な映像を作るには・・・• GRAVITY DAZE>国外でも売れるゲームを作る>ゲームデザイン全般
  16. 16. 日米開発者の違い• 開発者自身がゲームを売る姿勢!>タブレットで積極的にゲームをアピールしている。• 開発の効率化に積極的!>幅広い役職を設けており、エンジンを積極的に使う。• ゲーム開発に挑戦的>不発も多いが、日本より積極的にタイトル開発を行っている。
  17. 17. OGC2012 稲船さんの言葉より• アメリカの開発者は100億円かかっても300億円儲ければいい!という考えで開発している• 日本人は引き算、アメリカ人は足し算、 チームは掛け算
  18. 18. これからの日本のゲーム業界• ゲームについてもう一度考える• 日本のゲームを世界へ売る努力をする• 新しいゲームの時代(世代)を作る• 業界を発展させる若手を育てる
  19. 19. • ゲームについてもう一度考える>プロのゲーム開発はビジネスであること>需要のある商品とは何か>お客さんにライトやヘビーとか付けるの?
  20. 20. • 業界を発展させる>歴史を学び、未来へつなぐ>若手の育成無しに未来は無い>新しい挑戦を試みる
  21. 21. • やる気のある若手をサポートしてくれる人は いますが、まだまだ少ない。• もっと多くの人が若手を育てる意識を強く持っ ていただきたい。• そして若手はどんどん新しい事に挑戦して次 の時代を作る準備をしてほしい。
  22. 22. GDC2012のまとめ• GDCは楽しい!• 今世界中でゲームが熱い!• 日本のゲームを世界へ!• 新しい時代へ挑戦!
  23. 23. 情報収集せよ!• 情報サイトを利用!>IGDA日本、4Gamer、GameBusinessなど。• TwitterやFaceBookも使おう!>最新情報が広がっている。Twitter :TakasagoGamePGFaceBook :高砂 邦永
  24. 24. ご清聴ありがとうございました 共にゲーム業界を発展させましょう!

×