• Save
090309seminar talk about Cloud Computing
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

090309seminar talk about Cloud Computing

on

  • 3,023 views

09年3月9日@IBM 箱崎事業所

09年3月9日@IBM 箱崎事業所
「IBM i(System i, iSerise, AS/400)お客様向け最新情報セミナー 」担当セッション

Statistics

Views

Total Views
3,023
Views on SlideShare
2,988
Embed Views
35

Actions

Likes
7
Downloads
0
Comments
0

4 Embeds 35

http://kolinz.blogspot.com 18
http://kolinz.blogspot.jp 9
http://www.slideshare.net 7
http://www.itg.hitachi.co.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

090309seminar talk about Cloud Computing 090309seminar talk about Cloud Computing Presentation Transcript

  • クラウドコンピューティングの活用事例紹介 ゼネラル・ビジネス・サービス株式会社 エマージング・ビジネス事業部 西川 浩平 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Agenda 1. クラウドサービス 2. PaaS, IaaSとは? 3. 内部統制監査との関係 4. SaaS稼働状況を可視化 5. Google Apps –パワーコラボレーション 6. 次のクラウドサービスとは? ※各クラウドサービス利用規約をお読みになり、ご利用は計画的に。 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • クラウドサービス Software as a Service 事業者により、予め用意さ れているソフトウェアを利用 する。カスタマイズを施すこ Platform as a Service とで、業務に最適化も可能。 用途次第で使い分ける。 事業者により、予め用意さ れているプラットフォーム上 • Google Apps で、利用するソフトウェアを SaaS • Salesforce CRM 開発、運用する。 用途次第で使い分ける。 • Lotus Live(IBM) • Force.com Platform (APEX) Infrastructure as a Service • Google App Engine (Python) • Windows Azure (C#/VB.NET) OSやミドルウェアを選択し 専用のカスタマイズ仮想 • Heroku (Ruby on Rails) サーバーを運用(VPSのよ PaaS うなもの)。 その上に利用するソフト ウェアを開発、運用する。 • Amazon EC2/S3/EBS • IBM Platformが動作 IaaS Public Cloud 社外ネットワーク Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • クラウド・プレイヤー (引用元 ITpro 米国で沸き立つ“雲” http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090219/325108/ ) Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • SaaSで出来ないことを実現するには? PaaS:Platform as a Service IaaS:Infrastructure as a Service Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • クラウドサービス –PaaS & IaaS Software as a Service 事業者により、予め用意さ れているソフトウェアを利用 する。カスタマイズを施すこ Platform as a Service とで、業務に最適化も可能。 用途次第で使い分ける。 事業者により、予め用意さ れているプラットフォーム上 • Google Apps で、利用するソフトウェアを SaaS • Salesforce CRM 開発、運用する。 用途次第で使い分ける。 • Lotus Live(IBM) • Force.com Platform (APEX) Infrastructure as a Service • Google App Engine (Python) • Windows Azure (C#/VB.NET) OSやミドルウェアを選択し 専用のカスタマイズ仮想 • Heroku (Ruby on Rails) サーバーを運用(VPSのよ PaaS うなもの)。 その上に利用するソフト ウェアを開発、運用する。 • Amazon EC2/S3/EBS • IBM Platformが動作 IaaS Public Cloud 社外ネットワーク Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • PaaS / IaaSの開発プロセス.1 通常の開発プロセス ハードウェ OS・ミドル 仕様書作成 実装・開発 テスト ア構成 ウェア導入 Platform as a Service(PaaS)の開発プロセス ハードウェ OS・ミドル 仕様書作成 実装・開発 テスト ア構成 ウェア導入 Infrastructure as a Service(IaaS)の開発プロセス ハードウェ OS・ミドル 仕様書作成 実装・開発 テスト ア構成 ウェア導入 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • PaaS / IaaSの開発プロセス.2 Platform as a Service(PaaS)の開発プロセス ハードウェ OS・ミドル 仕様書作成 実装・開発 テスト ア構成 ウェア導入 赤枠部分を必要としないため、それだけ開発スピードが速くなる。 但し、サービスによって開発言語等が固定される。 • Force.com Platform:APEX(独自言語 –Javaに近い記述方法) • Google App Engine(Python) • Heroku(Ruby on Rails) • Windows Azure(C# / VB.NET) Infrastructure as a Service(IaaS)の開発プロセス ハードウェ OS・ミドル 仕様書作成 実装・開発 テスト ア構成 ウェア導入 赤枠部分を必要とせず、複数のOS・ミドルウェアを利用可能 AmazonのECサービスで利用されているプラットフォーム • IBM Platformが利用可能になった(09年2月11日より) • Oracle DBやSQL Serverも利用可能 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • PaaSを利用することで開発期間を2年間短縮した例 参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/news/200807/04/coda.html Force.com上で動作する会計ソフト CODA 2go 英CODA社開発 [機能例] 請求書処理 会計作業 売り上げ管理 財務管理 調達等の各種処理 ワークフロー機能 その他 引用元 http://www.coda2go.com/applications/screenshots Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • クラウドサービス -SaaS Software as a Service 事業者により、予め用意さ れているソフトウェアを利用 する。カスタマイズを施すこ Platform as a Service とで、業務に最適化も可能。 用途次第で使い分ける。 事業者により、予め用意さ れているプラットフォーム上 • Google Apps で、利用するソフトウェアを SaaS • Salesforce CRM 開発、運用する。 用途次第で使い分ける。 • Lotus Live(IBM) • Force.com Platform (APEX) Infrastructure as a Service • Google App Engine (Python) • Windows Azure (C#/VB.NET) OSやミドルウェアを選択し 専用のカスタマイズ仮想 • Heroku (Ruby on Rails) サーバーを運用(VPSのよ PaaS うなもの)。 その上に利用するソフト ウェアを開発、運用する。 • Amazon EC2/S3/EBS • IBM Platformが動作 IaaS Public Cloud 社外ネットワーク Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • SaaSは内部統制に有効かどうか? SaaSとSAS70と内部統制監査の関係 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • SAS70とは? • SAS70:米国公認会計士協会により定められた監査基準第70号報告書 • 日本では、監査基準委員会報告書第18号に該当 • TypeⅠとTypeⅡの2段階による評価 • 外部委託サービス(SaaS等)について・・・・ • 内部統制が有効に運用されていたかどうか検証、有効性を評価する 外部委託サービス(SaaS等) 文書化 整備状況 運用 業務上のリスク コントロール(統制活動) SaaSを提供している中で コントロール(統制活動) の目標と行為(作業等) コントロール(統制活動)が を記述。 について整備されている 有効に運用/機能している RCM(リスクコントロール SAS70 TypeⅠ SAS70 TypeⅡ マトリックス)にて文書化 提供SaaSに関する内部統制状況を評価。SAS70TypeⅡを取得済みSaaSは内部統制監査時に有効 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • 内部統制監査とSaaSの関係 自社の内部統制監査対象範囲 サービス(SaaS)提供会社 委託 SAS70 外部委託 監査 SaaS提供 業務 自社内運用 サービス 報告書 (SaaS利用) (SaaS) 監 監 報告書提出 査 査 内部統制監査時に、外部委託サービス提供 監査 監査報告書 SAS70報告書 会社からSAS70報告書を受け取ることで代替 SAS70対応SaaSを利用することで、 SAS70報告書がない、若しくはSAS70報告 内部統制監査時の作業量低減へ 書が不十分と判断された場合は、外部委託 部分についても監査を実施する必要がある コスト改善 対応SaaS例 • Google Apps 内部統制監査時の作業増加により、 余計なコストが発生 • Salesforce Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • 内部統制対応業務システムへ最適化 現状の業務 自社内運用 外部委託 システム最適化 システム システム (SaaS利用) EA(Enterprise Architecture)の活用 現実(AsIs) 理想(Tobe) 業務の全体像・プロセス等 業務処理に最適な処理体系や 改善・移行 システムの形態を表したもの 業務で使用される各データの 内容および関連性を表したもの IT基盤の技術的構成要素と セキュリティ基盤を表したもの ※参考資料:経済産業省 EAポータル: http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/ea/index.html Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • SaaSでは信頼性を維持することが最大の顧客離れ対策 SaaS稼働状況を可視化 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google Appsの各サービスの稼動状況を可視化 http://www.google.com/appsstatus# Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Salesforceプラットフォームの稼動状況を可視化 http://trust.salesforce.com/trust/jp/ Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Webブラウザ上からAmazon EC2を制御 https://console.aws.amazon.com/ec2/home Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google Apps Google Appsは、お客様の用途に 従って、機能を取捨選択することが できます。 Google Apps Premier Editionの利用を前提に本資料を作成しています。 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google Apps主な導入事例 ユニチャーム様(2008年11月より運用開始) ワシントンD.C様 対象:グループ合計6,800名 対象:最大38,000名(全職員が移行するか不明) 機能:Gmail, Googleカレンダー, SLA(99.9%) 機能:Gmail, Googleカレンダー, Google Docs, 効果:運用負荷低減, システム安定稼働 Google Sites, Google Video, SLA(99.9%) 効果:運用負荷低減, コスト改善(詳細不明) 松竹様(2008年1月より運用開始) 富士ソフト様(2009年4月より運用開始) 対象:80名(大阪本社, 東京支社) 対象:10,000名 機能:Gmail, Googleカレンダー, Google Docs, 機能:Gmail, Googleカレンダー, Google Docs, Google Sites, Google Video, SLA(99.9%) Google Sites, Google Video, SLA(99.9%) 効果:社内外/海外を含めた業務効率の向上 効果:運用負荷低減, コスト改善(5年間で1/3へ) 引用元 http://www.google.com/a/help/intl/ja/admins/customers_overseas.html Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google Apps機能一覧(Webサイトより抜粋) ※1 ※2 Google ビデオ チーム内にプライベートYouTubeを ※3 設置。決算報告や社内教育等に ビデオを活用。コメント機能にも対応 ※1.無料のStandard Editionでも一部のAPIを用いて既存のゕプリケーションと連携することが 出来ます。(Google Code http://code.google.com/intl/ja/ 参照) ※2.セキュリテゖとコンプラ゗ゕンスは、ビジネスポリシーの適用やメールゕーカ゗ビング機能等 がご利用になれます。Premier Editionで提供されます。 ※3.ヘルプとサポートにおける電話サポートは、Premier Editionで提供されます。 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • スタートページ, Gmail, Googleカレンダー, Google Docs, Google Sites, Google Video, メールアーカイビング Googleガジェット サンプル・スクリーンショット Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • スタートページ スクリーンショット カスタマイズ後 各ユーザーがひな形をベースに、カスタマイズ 可能なポータルサイトとなります。 Google Gadgetと呼ばれるアプリケーションを各 ユーザーの好みに合わせて配置することで、各 ユーザーに最適化されたポータルサイトを 構成することができます。 (Google ガジェットは独自に開発することも可能) カスタマイズ前 ↓Google Gadget選択画面 Google Gadget Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Gmail スクリーンショット - 1ユーザー につき25GB 日本語 自動翻訳機能サンプル (Premier Editionの場合) - 1ユーザーにつき7GB (Standard Editionの場合) 大容量、多言語対応 ボイス&ビデオチャット Web以外にも携帯電話、 普段使っているメーラー (Outlook等)にも対応済み 中国語(簡体字) Gmail ボイス&ビデオチャット Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • ※Premier EditionとEducation Editionの機能 Googleカレンダー施設予約機能 スクリーンショット.1 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • ※Premier EditionとEducation Editionの機能 Googleカレンダー施設予約機能 スクリーンショット.2 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google Docs スクリーンショット スタート画面 1. Word、Excel,、PowerPointの各形式からインポート 2. Word、Excel、PowerPointの各形式でエクスポート 複数ユーザーと共有、共同編集、共同作成 3. 4. PDF表示のための専用ソフト不要かつ共有可能 5. SSL暗号化技術による強固なセキュリティ Confidential フォーム機能 基本機能:ドキュメント共有、共同編集、共同作成 Confidential 文書 自動集計・グラフ化 作成文書をイントラネットやWebへ公開 スプレッドシート オフラインでも編集(英語画面の場合) プレゼンテーション フォーム作成・集計、表計算機能 Webサイトやブログ等に埋込み可能 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google Sites スクリーンショット サイト内検索機能が標準設置 作成したデモサイト 1. 豊富な連携機能(Googleサービス等) 2. 日本語インターフェース 3. 4. Webへ公開/非公開設定機能 ユーザー間共有、共同編集、共同作成 5. 直感的な編集画面 6. 最大10GB、1ユーザあたり500MBの追加 7. 保存領域(Premier Editionのみ) 利用例) • ソースコード共有/管理(版管理機能付き) • ポートフォリオ型人材育成支援システム • 内定者向け専用コミュニティ • 議事録管理 共有/公開設定 連携機能 作成ページの種類 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • ※Premier EditionとEducation Editionの機能 Google Video for Business スクリーンショット 1ユーザー につき3GB迄 閲覧画面 (利用例) 作業方法や各種ノウハウ 社員や職員向けの方針・情報 伝達に利用等 動画ダウンロード機能 ユーザー間動画 共有機能 スタートページやGoogle Sitesに埋込 質問やコメント入力 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • メールアーカイビング スクリーンショット メールシステム用セキュリテゖ • SSL強制適用 • 迷惑メール対策機能 • ウゖルス対策機能 • メールゕーカ゗ビング(90日間) →最長10年迄延長可能 復元したメールを選択し、復元を クリックすると受信箱内に復活 各種キーワードを用いたフゖルタ 機能、添付フゔ゗ル制限、メール 送受信時のセキュリテゖ設定を調 整できる Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google ガジェット スクリーンショット Googleガジェットにより、レガシーシステムとWeb サービス(Google Apps)をコラボレーションさせる。 インターネット 企業内ネットワーク Webブラウザ上の FireWall Google Gadget 申請案件を JSON読込み 社内ネットワークか JSON出力 JSON らの場合に限り、こ のGoogle Gadgetは 利用可能になる。 承認画面URLへアクセス 社内ワークフローシステム ※ウィジェットというものがありますが、ガジェットと同義です。 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Google ガジェットの作り方 開発ツールを使ってコードをがりがりと記述するだけ・・・ 開発ツール • Google Gadget Editor(無償) - プレビュー機能あり, @gmail.comアカウント所持必須 • Google Codeでホスティング(無償) - バージョン管理機能あり, オープンソース化必須 • IBM WebSphere sMash - 無償のDeveloper Editionがあり、GUIを使った開発が可能 参考URL WebSphere sMash http://www-06.ibm.com/jp/software/websphere/smash/ Google ガジェット API http://code.google.com/intl/ja/apis/gadgets/docs/overview.html コードを書く コードを保存 コードを公開 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • ヒアリング / 基本導入 / プロトタイピング 機能カスタマイズ GOOGLE APPS導入の実際 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • ヒアリング / 基本設定 / プロトタイピング •基本設定(必須) • ヒアリング:2時間 • 基本セットアップ:新規ドメインによる基本設定:6時間〜2日(DNS登録事業者によりけり) • プロトタイピング:Googleサイト / スタートページひな形作成 ヒアリング 新規ドメイン or 既存ドメイン 運用ドメイン確認 (既存ドメインの場合、別途DNS 設定・調整作業発生) ヒアリング Google Apps運用 Google Apps登録時にシステム 管理責任者の登録作業発生 体制・責任者確認 ヒアリング Google Apps有効 Google Apps 有効化機能選定 機能確認 ヒアリング 社内外とのアクセス可否等運 各機能 用ルール確認と設定。 運用ルール等確認 主な費用変動要素 ヒアリング • 運用ドメイン:既存ドメインの場合、他システムとのDNS設定・調 用途に合わせたプロトタイピング 整作業が発生(お客様自身で実施しても可) プロトタイピング • プロトタイピング:Google Apps各機能を連携させたコラボレー (スタートページのひな形作成等) ションサイトの構築や独自Google Gadget開発の場合 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • 基本設定時の作業内容 お客様側 導入担当側 • • 運用ドメイン取得 ヒアリング – 既存ドメイン利用時のみ基本設定時 • Googleへライセンス申請 に設定作業をお客様側で実施も可 • 基本設定作業 • 運用責任者選出 • 機能有効化/ドメイン外アクセス制限設定 – 各部門における運用支援担当選出 • ユーザー登録 • 有効化する機能選定 • SSL有効化 • ユーザー登録用CSVファイル作成・提出 • メールアーカイビング有効化 • 各機能運用ルール確認 • プロトタイピング – スタートページひな形作成 – Googleサイト(標準機能で実現可能な範囲) ※1.100user未満:クレジットカード決済。1ユーザー 年間50米ドルのため、円高時には非常にお得です。 • 必要に応じて、機能カスタマイズ実施 2月12日午前10時現在 1ドル=90.27円 この時点で、クレジットカード決済が確定した場合 1ユーザー年間 4513円となり、1487円お得です。 Google Apps Premier Editionの利用を前提に構成しています。 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • 機能カスタマイズ •基本設定以外に、ユーザー管理、メール移行、統合認証をそれぞれ追加導入するかどうか判断 • 特にユーザー管理は、本格運用を想定した場合、以下の点で有効です • 各ユーザー名およびパスワードの登録/管理の手間を軽減 • 統合認証を用い、他システムを含め、纏めて同じユーザー名とパスワードとして管理する場合 Google Apps基本設定 基本設定 (以下の追加4項目を選択可能) カスタマイズ範囲 既存メール移行 メール移行 (API or E-mail uploader利用) Active Directory or LDAP連携 ID(user)管理 (API利用によるユーザー管理) シングルサインオン(SSO) 統合認証 (他システムとの統合認証) ワークフロー機能導入・統合 独自機能追加 業務アプリケーション開発等 Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Public Cloud + Private Cloud = Hybrid Cloud 次のクラウドサービスとは? Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • 次のクラウドサービス-ハイブリッドクラウド Software as a Service 事業者により、予め用意さ れているソフトウェアを利用 する。カスタマイズを施すこ Platform as a Service とで、業務に最適化も可能。 用途次第で使い分ける。 事業者により、予め用意さ れているプラットフォーム上 • Google Apps で、利用するソフトウェアを SaaS • Salesforce CRM 開発、運用する。 用途次第で使い分ける。 • Lotus Live(IBM) • Force.com Platform (APEX) Infrastructure as a Service • Google App Engine (Python) • Windows Azure (C#/VB.NET) OSやミドルウェアを選択し 専用のカスタマイズ仮想 • Heroku (Ruby on Rails) サーバーを運用(VPSのよ PaaS うなもの)。 その上に利用するソフト ウェアを開発、運用する。 • Amazon EC2/S3/EBS Private Cloud • IBM Platformが動作 IaaS 社内ネットワーク SaaS PaaS Public Cloud IaaS 社外ネットワーク Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Hybrid Cloud(ハイブリッドクラウド)とは? 例. 顧客情報を含んだデータ処理の際に、一時的にリソース不足になったので、Amazon Web Services(Public Cloud)を使って対応した。 IT部門に依頼しても、サーバーやミドルウェゕのリソース追加への対応には時間がかかる。 事前に予算も確保しなければならない等々・・・IT部門の対応を待っているとビジネスを逃すよ うな場合も想定される。 こういった事態が常態化されるとガバナンスに影響するため… 信頼性やセキュリテゖが確保された自社データセンター内に、 Amazon Web Services(Public Cloud)並の便利さを備えたクラウド環境(Private Cloud)を構築 一時対応やピーク対応業務の受け皿にする これで対応できない際には、外部のクラウドサービス(Public Cloud)を利用することで対応 Private Cloud Public Cloud Hybrid Cloud 社外クラウド 社内クラウド ハイブリッドクラウド Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • Hybrid Cloud(ハイブリッドクラウド) イメージ 仮想化やグリッド等によるPrivate Cloud(社内クラウド) Public Cloud(社外クラウド) 一時的なリソース確保 CRM, データベース グループウェア等 Salesforce / Force.com Amazon Web Services Google Apps, Lotus Live Windows Azure その他 ID管理機能必須 社内クラウドは、規模に応じて、グループ会社同士で 1つの共有基盤として利用することで全体のコストを ID管理強化により 最適化することも想定される。 ユーザー単位の 課金等コストの最適化とセキュリティ強化に繋がる Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.
  • E-mail knishikawa@gbs.co.jp END OF THE DOCUMENT Copyright 2009- General Business Services Co., Ltd All rights Reserved.