Your SlideShare is downloading. ×
aws上でcloud foundryを構築してみた
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

aws上でcloud foundryを構築してみた

2,683
views

Published on


0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,683
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
32
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. AWS上でCloud Foundryを構築してみた 技術センター 技術開発部門 小久保 祐一 2012.1.19 NTT Software Corporation http://www.ntts.co.jp/ http://www.nttsoft.com/
  • 2. 2 AWS上でCloud Foundryを構築してみた • Amazon EC2 上にCloud Foundryのマルチノード 環境をセットアップ – 検証を行う環境は付属のsample/multihost_mysql セットアップスクリプトで構築 • Amazon CloudWatch、Auto Scalingを使って、 Cloud FoundryのDEAをスケーリング 今後検証今後検証今後検証今後検証
  • 3. 3 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 resresresrestttt ※上記枠内の図は、Derek Collision 「Cloud Foundry The Building of the Open PaaS」 P26 から引用 http://assets.en.oreilly.com/1/event/61/CloudFoundry%20-%20The%20building%20of%20the%20Open%20PaaS%20Presentation.pdf mysql0mysql0mysql0mysql0,,,, mysql1mysql1mysql1mysql1 deadeadeadea
  • 4. 4 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • AWS利用準備 – AWSのアカウントを取得する、キーペアの生成、セキュリティグループの 設定等を行う • セキュリティグループには 22, 80 のinboundを許可する
  • 5. 5 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • 指定したAMIでEC2インスタンスを起動する – Ubuntu Lucid 64bit (Largeインスタンス、ami-ed227ea8) – リージョンはus-westを使用 – AMI Locator • http://cloud.ubuntu.com/ami/ – AWS Management Console (EC2) • https://console.aws.amazon.com/ec2/home?region=us-west-1&
  • 6. 6 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • Cloud Foundryをインストールする – 事前準備として、ruby-full, rubygems, git-coreをインストール – git cloneでリポジトリの複製を取得する • git clone https://github.com/cloudfoundry/vcap.git – vcap_dev_setupでChef(構成管理ツール)を用いたインストールを各ノードで実行
  • 7. 7 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • NW環境を設定する – Cloud Foundryとドメイン名をDNSで紐付けるために、固定のPublic IPを取 得する(Elastic IP Address) • Elastic IP Address を割り当てたホストのローカルアドレスは、ec2-xxx-xxx- xxx-xxx.us-west-1.compute.amazonaws.com のFQDN名を名前解決して取得 する – ワイルドカード対応ダイナミックDNSでIPと紐付ける • Cloud Foundry のAP公開URLは、アプリケーション名をサブドメインとしたURL になる – 各設定ファイルの external_uri, local_route, mbus, cloud_controller_uri を 変更する – AWS Management Console (Elastic IP Address) • https://console.aws.amazon.com/ec2/home?region=us-west- 1&#s=Addresses – Free Wildcard DNS • http://www.fwdns.org/records
  • 8. 8 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • Cloud Foundryを起動する
  • 9. 9 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • Cloud Foundryの動作状況をvmcから確認する
  • 10. 10 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • Cloud Foundryへアプリケーションをデプロイする
  • 11. 11 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • ブラウザからアプリケーションを実行する – Proxy経由でアクセスするとForbiddenになる(調査中)
  • 12. 12 Cloud Foundry(マルチノード) on Amazon EC2 • Amazon CloudWatch、 Auto Scalingによるスケール・イン、ス ケール・アウトを設定する – Amazon CloudWatchでサーバの負荷状態を監視 – 負荷状況に応じて、Auto ScalingでEC2インスタンスを増減する – スケールアウトの際には、EC2インスタンス起動時にdea等が自動起動し、 自動的に系に組み込まれるように設定しておく必要がある – スケール・インの際には、EC2インスタンスが問答無用で停止されるため システム状態の整合性が損なわれないように構成する必要がある – アプリケーションの状況に応じてスケーリングするためにはHealth Managerとの連携が必要か? Cloud Foundry + RightScale
  • 13. 13 Cloud Foundry on Amazon EC2 × RightScale • RightScaleがCloud Foundry用のサーバテンプレートを用意 – Cloud Foundry用のサーバテンプレートは、RightScaleのFreeアカウントで利用可 – AWS, Rackspaceで動作可 • https://my.rightscale.com/library/server_templates/Cloud-Foundry-All-In-One- Alpha/27743 – サーバテンプレート利用手順 • http://support.rightscale.com/27- Partners/VMware/ST_and_Runbooks/VMware_Cloud_Application_Platform_ServerTemp late_and_Runbook • Cloud Foundryのインフラ状況に応じたオートスケーリング – 各サーバの運転状況を監視し、DEAの数、Routerの数、Cloud Controllerの数、各 種Serviceの数等を管理 • Cloud Foundryで実行中のアプリケーション状況に応じたオートスケーリング – 外部からアプリケーションの監視を容易に行えるため、アプリケーションの状況に 応じてDEAの数を管理
  • 14. 14 Cloud Foundry on Amazon EC2 事例事例事例事例 • Stackato/ActiveState Software Inc. – Community Lead for Python – Python、Perl、PHP、Ruby、Node.js、およびJavaをサポートするプライベー トのPaaSを作成するためのクラウドプラットフォーム – StackatoサンドボックスがAmazon EC2上で利用可能 – http://www.activestate.com/cloud • AppFog/AppFog,Inc – Community Lead for PHP – クラウドベースのWebアプリケーションホスティングサービス – IaaS環境としてAmazon EC2の他、VMware vSphereTM、Rackspace、 Joyent等から選択可能 – http://appfog.com/

×