Git(japanese)

750 views
668 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
750
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Git(japanese)

  1. 1. git Koki Shimizu (@koki_jp)
  2. 2. SVN (集中型リポジトリ)の問題点ローカル環境にあるのが最新のコードのみネットワーク接続環境が前提ブランチを気軽に作れない(ご存知の通り)重い
  3. 3. git (分散型リポジトリ)の利点ローカルのみで履歴を保持できるネットワーク接続環境は必須ではないローカルで気軽にブランチを作れる非常に軽い
  4. 4. SVN git remote repository repositoryNetwork pull/ update commit clone fetch push local master branch merge /rebase branch add local-repository add/delete delete commit
  5. 5. branch を気軽に作れることのメリット 通常開発開始。修正用に master から branch を作成する 通常開発開始。修正用に master から branch を作成する 。 master branch branch check out
  6. 6. branch を気軽に作れることのメリットbranch にコード修正。今回は修正範囲が広い。 master branch add/delete commit
  7. 7. branch を気軽に作れることのメリット急な割り込み案件発生。 branch には既にコード変更がありすぐに commit はできない。元のコードで修正したい。 master branch
  8. 8. branch を気軽に作れることのメリット割込案件用に x branch を作成。 check out 。 master branch branch x branch check out
  9. 9. branch を気軽に作れることのメリット割込案件を commit 。 master に merge 。 master merge branch x branch add/delete commit
  10. 10. branch を気軽に作れることのメリット 通常案件の修正を続けよう。不要だから x branch は削除通常案件の修正を続けよう。不要だから x branch は削除。 master branch x branch check out branch -d
  11. 11. git におけるステージングの考え方branch に対して、いきなりcommit ではない。 merge h radd/delete/modify n c ste bra m a準備が整ったものを明示的に commitcommit する。状態確認は status add/delete/modi fy
  12. 12. git でよく使うコマンド(今まで登場したもの以 外) config git のオプションを設定する。 log コミット履歴を参照する。 diff マージ時に差分を見る。 bisect いつ問題のあるコミットが混入したか二分探索。 reflog commit の取り消しも含めて、ログ表示。cherry-pick merge 時に、特定の commit のみマージ。(つまみ食い) archive 現状の branch を zip 等にアーカイブ。 gc branch の圧縮。ほかにも様々なコマンド、オプションが存在する。
  13. 13. Web 上での、 git リポジトリ。様々なプロジェクトが github 上で進行中。 人気急上昇。一人勝ち?
  14. 14. github someone’s repository folk pull requestgithub my repositories remote repository pull/ clone push local fetch master branch merge /rebase branch local-repository add/delete commit
  15. 15. Let’s Social Coding ♥

×