0
企業の見える化企業の見える化
組織化
 体制整備
 組織風土
 活力
企業の構造化
見える化
顧客
 サービス、
製品
株主
 配当
労働者
 雇用
事業構造
 業績
 付加価値
人材管理
 人事
 報酬
人件費、コスト
ぬるま湯体質
競争激化...
計画
管理
従業員意識への影響
行動への影響
 生産性
ハード
ソフト
共通目的
役割分担
運営システム
コミュニケーション
機能の実装と見える化機能の実装と見える化
組織としての機能
 品質管理
 調達、購買フレームワーク
業務規程
業務手順...
今後の 20 年計画 私のミッション今後の 20 年計画 私のミッション
どの方向へ、何やりたいの?
家族を一人前にすること
信頼できる人を増やす、信頼されることをやる
実践により実現する毎日を
本物、洗練された、責任ある、開かれた信頼の
実現...
今後の 20 年計画 活動の展開今後の 20 年計画 活動の展開
ユーザの視点で課題を解決
ソリューションの前後で何が必要か?
 ソリューションはコンサル会社、 SI 会社に任せる
本当に効果を生むには何が不足していたのか?
効率のメカニズムを...
今後の 20 年計画 活動の展開今後の 20 年計画 活動の展開
目的
世界観につながること多様性を重視する
IT を楽に使う(導入や運用を楽にする)
IT の便利なところ(業務が円滑に、抜け漏れな
く確かに)
使える IT を探す(ペイン、シ...
今後の 20 年計画 活動の展開今後の 20 年計画 活動の展開
目的
世界観につながること多様性を重視する
IT を楽に使う(導入や運用を楽にする)
IT の便利なところ(業務が円滑に、抜け漏れな
く確かに)
使える IT を探す(ペイン、シ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Plan for 10 yrs setup1 / IT change in Japan, what I should do now. my mission

218

Published on

I'd like to share this for 10 yrs plan.
Biz and private supporting.
If you have any ideas, please let me know.

Published in: Career
1 Comment
0 Likes
Statistics
Notes
  • いつもご関心を持ってお読みいただき

    ありがとうございます。

    私からお願いがあります。

     ご感想やご関心のテーマなど聞かせて下さい。

    連絡先: kero.ikeda@gmail.com

    よろしくお願いいたします。 作者より
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
218
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
1
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Plan for 10 yrs setup1 / IT change in Japan, what I should do now. my mission"

  1. 1. 企業の見える化企業の見える化 組織化  体制整備  組織風土  活力 企業の構造化 見える化 顧客  サービス、 製品 株主  配当 労働者  雇用 事業構造  業績  付加価値 人材管理  人事  報酬 人件費、コスト ぬるま湯体質 競争激化 少子化採用難 事業内容 SWOT 開発力 ブランドイメ ージ デジタル需要 誘致 成熟 維持、投資 経営戦略 成長 収益 収益増へ の改善 財務分析 安全性、成長性、収益性、生産性 人口分布 ピラミッド 逆ピラミッド くびれ、釣鐘 同業種平均 薄利多売だから 売り上げ、経費、利益の 年度グラフ 成長収益のバブルチャー ト チームワーク 家族的 仕入先  サービス、 製品
  2. 2. 計画 管理 従業員意識への影響 行動への影響  生産性 ハード ソフト 共通目的 役割分担 運営システム コミュニケーション 機能の実装と見える化機能の実装と見える化 組織としての機能  品質管理  調達、購買フレームワーク 業務規程 業務手順 システム操作 手順 会議体 Agenda 議事録 WF 実装イメージ 実装方法 主体は? 予算運営でき てた?
  3. 3. 今後の 20 年計画 私のミッション今後の 20 年計画 私のミッション どの方向へ、何やりたいの? 家族を一人前にすること 信頼できる人を増やす、信頼されることをやる 実践により実現する毎日を 本物、洗練された、責任ある、開かれた信頼の 実現 構築、受け入れ、約束、コミットメント 世界観を共有、パラダイム 内外の信頼の絆 点と点、点から線へ よいムードを大切にする 不確実な未来でも役割を果たす機会を見つける 3 年を周期に、 2013 ネットワークを作る、柱を立てる、巻き 込み 2016 柱の広がり、応用、深める 2019 柱を渡す、異なる柱の創造 全部で 10 年で完成させよ 今のループ  田中さん、 YRL 、 KS 、亀さん  そのほかの知り合いたち 私のミッション 顧客側に立って運用を支援する。  情報の非対称をいかに回避するか?  時間軸の違い、立場の違い、価値観を見極める  多様性を取り入れる 大枠を決め、合意形 成し継続的対応を実現する ベンダーだから、ユーザだからにかかわらず、 やるべきことと説明責任は誰かがはっきりさせる こと、 逃げない ぶれない 構造化する
  4. 4. 今後の 20 年計画 活動の展開今後の 20 年計画 活動の展開 ユーザの視点で課題を解決 ソリューションの前後で何が必要か?  ソリューションはコンサル会社、 SI 会社に任せる 本当に効果を生むには何が不足していたのか? 効率のメカニズムを見つけているか? 経済的にバランス取れるのか? 実現可能か? 道義的に許されるか? 母数は人、子数は課題解決 目的 世界観につながること多様性を重視する IT を楽に使う(導入や運用を楽にする) IT の便利なところ(業務が円滑に、抜け漏れな く確かに) 使える IT を探す(ペイン、シーズ、ニーズから の探求) 活動コンセプト 1   すばらしい人たち    ユーザ、パートナー   課題を共有し、解決を創造する   解決案を共有の資産として活用する   その価値を市場にかけて投資価値あるも のをイノベーションする 3 年を周期に、 2013 ネットワークを作る、柱を立てる、巻き 込み 2016 柱の広がり、応用、深める 2019 柱を渡す、異なる柱の創造 全部で 10 年で完成させよ
  5. 5. 今後の 20 年計画 活動の展開今後の 20 年計画 活動の展開 目的 世界観につながること多様性を重視する IT を楽に使う(導入や運用を楽にする) IT の便利なところ(業務が円滑に、抜け漏れな く確かに) 使える IT を探す(ペイン、シーズ、ニーズから の探求) 活動コンセプト 3 手法 見える化、構造化 案として、 プロトを安く作成 作成の過程でノウハウ、知識を補充 現実味 手作業、情報系、基幹系の位置づけを見 せる 実機検証、机上検証、トレーニング 活動コンセプト 2 リソースと計画性を実装する ネットワークを加える お客を巻き込む 場を作る 活動コンセプト 1   すばらしい人たち    ユーザ、パートナー   課題を共有し、解決を創造する   解決案を共有の資産として活用する   その価値を市場にかけて投資価値あるも のをイノベーションする 3 年を周期に、 2013 ネットワークを作る、柱を立てる、巻き 込み 2016 柱の広がり、応用、深める 2019 柱を渡す、異なる柱の創造 全部で 10 年で完成させよ
  6. 6. 今後の 20 年計画 活動の展開今後の 20 年計画 活動の展開 目的 世界観につながること多様性を重視する IT を楽に使う(導入や運用を楽にする) IT の便利なところ(業務が円滑に、抜け漏れな く確かに) 使える IT を探す(ペイン、シーズ、ニーズから の探求) 活動コンセプト 3 手法 見える化、構造化 案として、 プロトを安く作成 作成の過程でノウハウ、知識を補充 現実味 手作業、情報系、基幹系の位置づけを見 せる 実機検証、机上検証、トレーニング 活動コンセプト 2 リソースと計画性を実装する ネットワークを加える お客を巻き込む 場を作る 活動コンセプト 1   すばらしい人たち    ユーザ、パートナー   課題を共有し、解決を創造する   解決案を共有の資産として活用する   その価値を市場にかけて投資価値あるも のをイノベーションする 3 年を周期に、 2013 ネットワークを作る、柱を立てる、巻き 込み 2016 柱の広がり、応用、深める 2019 柱を渡す、異なる柱の創造 全部で 10 年で完成させよ
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×