Your SlideShare is downloading. ×
0
Ki sales solutions 1
Ki sales solutions 1
Ki sales solutions 1
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Ki sales solutions 1

65

Published on

We talked about IT stream and trend today. …

We talked about IT stream and trend today.
The game plan should be developed.
let's me see your planning this year.
Thanks,

Published in: News & Politics
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
65
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 移行を含め、リニューしましょう We will use big data, clouds, security, and mobility テーマは 1.Marketing mobility clouds security 2.Innovation big data Our way is into 1,2. Internet of things Open source SDN software defined network プロセスは 1. データの取得 2. 分析 1. 管理プロセス 1. 現状を形に 2. 売上げ、収益、管理情報 2. 変化、異変を確認 3. 競合他社 3. 予測 3. 共有 1. 設計、開発 2. 移行 3. 変更管理 1.Marketing SAP speed, flexible, simple
  • 2. 課題 目的 阻害要因  小さな業務改革 1. 顧客や市場からの要請に対して業務部 門の対応は厳しくなる  セカンドオピニオン  部分最適化 透明性、構造化 2. 一巡した Application, 業務課題 業務部門からの多様な要求に対して社内 IT 支援部門は危うくなる 1. 購買業務の改革 スキルとナレッジ 内部で外部から 2. ラインアップの見直し 新旧の入れ替え 3. ワークスタイルや時間管理に関して変 革が求められる 3. マスターデータ変更の影響 4. 品質管理 5. インシデント管理、対応、問題管理 CS 、営業対応    project style, コミュニケーション、 目標設定、評価方法
  • 3. 解法に向けて 進め方 1. 現行の業務基準を元にして標準フレームワークを導入   IT プロセス(要件定義プロセス、プロジェクトプロセス、運 用プロセス) 2. 変更管理メソッドの適用 確認すべき項目 1. 可視化すること   workflow 人の動作 , ものの 動き , お金の動き GAP, transition, governance, profit, risk Analysis with Finance view, customer view, biz process view, learning view 3. ツールの適用 Google + RedMine 4. 結果の評価、フォローアップ  知って、プロト作って、評価して、次の目処ができました! を実践する 2. 業務基準の見直し  組織機能の確認

×