今日の情報システム部の立ち位置

目的は、情報システムを導入し運用に乗せ業務目標を達成
する and
Sales
Customer
Service
Marketing

support
1. 人事 人の見える化

•役割分担
Biz

2. 経...
情報システムは各種フレームワークはなぜ必要なのか?

IT の有効なプロセスを実現するために、業務ユーザが理解
し、協力できるようにする
Sales and
Marketing

Customer
support

Service

1.PMB...
企業の見える化 標準化って?
企業の見える化 標準化って?
同業種平均
薄利多売だから
安全性、成長性、収益性、生産性

財務分析

企業の構造化
見える化

株主
 配当

顧客
 サービス、
製品

事業構造
 業績
 付加価値

仕入先
...
業務課題を可視化し解決へのプロセスを具体化する
業務連携とシステム連携

1. コンセプトレベル
計画
Plan

調達先

調達
Source

加工
Make

顧客

出荷配送
Delivery

2. 部門間の業務連携、部門内部での業務...
Change concept / Strategy and Solutions  見つける、合意形成する
全体をつかむ

変化を巻き取る

透明性
構造化

Gap

実現のプログラム化

•ソリューションマップ

New governance...
機能の実装と見える化  CF は苦手
機能の実装と見える化  CF は苦手
組織としての機能
 品質管理
 調達、購買フレームワーク

予算運営できて
た?

計画
管理

ソフト

主体は?

従業員意識への影響
行動への影響
 生産性

共...
Communication strategy   Daily Meeting の進め方
Discussion approach
範囲を決めて
フレームワークを定
義
システム概要、関連

いろんな考えを集める、
引き出す

1 Concept ...
システムの重要項目
新サービスの提供を短期化する  CF に強くなる
Methods

Materials

•コミュニケー
ション計画
セルフサービス化

• サービスの構造
化
 スキル分析
 ナレッジ分析
ギャプ分析
•不適合 No.

...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Why do we need the framework for IT project and operations ? what should we do ?

361 views

Published on

We want to find out why and what should we do with framework ?
In the case of implementation or operations, In the case of Project assessment in demand management
please let me know of your ideas,
Thanks,

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
361
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Why do we need the framework for IT project and operations ? what should we do ?

  1. 1. 今日の情報システム部の立ち位置 目的は、情報システムを導入し運用に乗せ業務目標を達成 する and Sales Customer Service Marketing support 1. 人事 人の見える化 •役割分担 Biz 2. 経理 お金 3. 品質 製品、サービスの品 質 4. 情報システム  1,2,3 の情報 基盤を提供し情報の見える化 情報基盤の整備  導入、運用サービス  基盤の戦略 オーナー支援  システムオーナー  プロセスオーナー   AP オーナー 説明責任 実行責任 IT
  2. 2. 情報システムは各種フレームワークはなぜ必要なのか? IT の有効なプロセスを実現するために、業務ユーザが理解 し、協力できるようにする Sales and Marketing Customer support Service 1.PMBOK •役割分担 Biz 2.BABOK 3.ITIL,COBIT 4. 情報システム オーナー支援  システムオーナー  プロセスオーナー   AP オーナー どこから始める か? IT
  3. 3. 企業の見える化 標準化って? 企業の見える化 標準化って? 同業種平均 薄利多売だから 安全性、成長性、収益性、生産性 財務分析 企業の構造化 見える化 株主  配当 顧客  サービス、 製品 事業構造  業績  付加価値 仕入先  サービス、 製品 人口分布 ピラミッド 逆ピラミッド くびれ、釣鐘 組織化  体制整備  組織風土  活力 人材管理  人事  報酬 事業内容 人件費、コスト ぬるま湯体質 競争激化 少子化採用難 経営戦略 収益増へ の改善 チームワーク 家族的 SWOT 開発力 ブランドイ メージ デジタル需要 誘致 売り上げ、経費、利益の 年度グラフ 成長収益のバブルチャー ト 成長 労働者  雇用 成熟 維持、投資 収益
  4. 4. 業務課題を可視化し解決へのプロセスを具体化する 業務連携とシステム連携 1. コンセプトレベル 計画 Plan 調達先 調達 Source 加工 Make 顧客 出荷配送 Delivery 2. 部門間の業務連携、部門内部での業務連携 調達部プロセス 発注 引当 発注依頼 登録 調達先 受入検査 入庫、出庫 基幹システム IT 販売 調達、購買 会計 人事 言葉が統一されていない 顧客 出荷 3. 業務プロセスのシステム実装 基幹システム の範囲と範囲外を明確にする 出荷・物流 受注 基本事項の影響  業務規定や規則の変更が必要となる Biz
  5. 5. Change concept / Strategy and Solutions  見つける、合意形成する 全体をつかむ 変化を巻き取る 透明性 構造化 Gap 実現のプログラム化 •ソリューションマップ New governance Benefit Transfer •ステークホルダー •Agenda Risk 連結の短期化 締めの短期化 在庫圧縮 コストカット LT 短縮 •マイルストーン •課題表 •リスク管理 •WBS •OBS,CBS
  6. 6. 機能の実装と見える化  CF は苦手 機能の実装と見える化  CF は苦手 組織としての機能  品質管理  調達、購買フレームワーク 予算運営できて た? 計画 管理 ソフト 主体は? 従業員意識への影響 行動への影響  生産性 共通目的 役割分担 ハード コミュニケーション 運営システム 業務規程 業務手順 実装イメージ 実装方法 WF 会議体 Agenda 議事録 システム操作手 順
  7. 7. Communication strategy   Daily Meeting の進め方 Discussion approach 範囲を決めて フレームワークを定 義 システム概要、関連 いろんな考えを集める、 引き出す 1 Concept / brainstorming / elicitations Stakeholder views 2.Logical process / visibility and rule 個品 No. 工程、指図 No. 不適合 No. はどのよ うに考える? 標準化し重複、冗長 をなくす、 多様へ対応 業務プロセス化 不完全な ToBe フレーム ワーク 業務として読め ない、業務手順とリンク しない 論理的分析、構造化 透明性 Details process 3.Implementation / priority システム仕様 テストケース テスト手順 •WBS •Team / OBS •Cost / CBS 優先度、実行計画の立 案
  8. 8. システムの重要項目 新サービスの提供を短期化する  CF に強くなる Methods Materials •コミュニケー ション計画 セルフサービス化 • サービスの構造 化  スキル分析  ナレッジ分析 ギャプ分析 •不適合 No. •原価計算 •チーム目標、目的 •業務規程、規則 •変更管理フレーム ワーク •業務プロセス標準化 •プロジェクト フレームワー ク 管理 教育 契約 •作業指示 No. •WF, 手順 •業務ルール •権限 キャリアパス T 型人材 CF の実現ポイン ト •顧客 . •営業 •検査 •不適合コード体系 . •資産 No. •情報システム •CF のしくみ •CS. •企画 •契約 No. •売り上げ No. •業務のしくみ •顧客 製造業サービス化 •仕入先 管理コード Man 環境

×