Communication plan for setup environment / Business core application

153 views

Published on

We found out what they had missed.
something of investigation AsIs process
They can't provide design concept. because it was package solution base.

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
153
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Communication plan for setup environment / Business core application

  1. 1. 基幹システムの位置づけ 業務規定を見直し Issues 業務連携とシステム連携 1. コンセプトレベル 計画 Plan 調達先 調達 Source 加工 Make 顧客 出荷配送 Delivery 2. 部門間の業務連携、部門内部での業務連携 調達部プロセス 発注 引当 発注依頼 登録 調達先 受入検査 入庫、出庫 基幹システム 販売 調達、購買 会計 人事 言葉が統一されていない 顧客 出荷 3. 業務プロセスのシステム実装 基幹システム の範囲と範囲外を明確にする 出荷・物流 受注 基本事項の影響  業務規定や規則の変更が必要となる
  2. 2. Communication strategy Discussion approach 範囲を決めて フレームワークを定 義 システム概要、関連 いろんな考えを集める、 引き出す 1 Concept / brainstorming / elicitations Stakeholder views 2.Logical process / visibility and rule 個品 No. 工程、指図 No. 不適合 No. はどのよ うに考える? 標準化し重複、冗長 をなくす、 多様へ対応 業務プロセス化 不完全な ToBe フレーム ワーク 業務として読め ない、業務手順とリンク しない 論理的分析、構造化 透明性 Details process 3.Implementation / priority システム仕様 テストケース テスト手順 •WBS •Team / OBS •Cost / CBS 優先度、実行計画の立 案
  3. 3. Organization Corporate / Program Committee Project Steering Committee CCB change control board Project manager Team Leader Team Leader User Group Subject Matter Experts
  4. 4. Change concept / Strategy and Solutions 全体をつかむ 変化を巻き取る 透明性 構造化 Gap •ソリューションマップ New governance Benefit 実現のプログラム化 Transfer •マイルストーン •ステークホルダー •Agenda Risk •課題表 •リスク管理 •WBS •OBS,CBS
  5. 5. Project process and relations クラウドを使ってユーザ自身でシステム化は可能な時代に あえてこのやり方をやっている。その是非を問いたい。 透明性と構造化を持って見える化する  お金    ハード、ソフト、開発費用、運用費用  人   業務人材と IT 人材  成果    本番機での有効な運用がどれだけできるか? 開発プロジェクトの説明 •役割分担 •工程と目標設定 •判定会議  Quality Gate •例外対応 / エスカレーションルール 4.Service In •工程と目標設定 3.Quality Gate 1.Design 3.Test 要件定義 ニーズ テストケース作成 テストシナリオ システム設計 テスト環境作成 •判定会議 1.Quality Gate •役割分担 2.Quality Gate 2.Make Biz IT テスト実施 プログラム設計 プログラム構成 プログラミング
  6. 6. Project process and relations クラウドを使ってユーザ自身でシステム化は可能な時代に あえてこのやり方をやっている。その是非を問いたい。 透明性と構造化を持って見える化する  お金    ハード、ソフト、開発費用、運用費用  人   業務人材と IT 人材  成果    本番機での有効な運用がどれだけできるか? 開発プロジェクトの説明 •役割分担 •工程と目標設定 •判定会議  Quality Gate •例外対応 / エスカレーションルール 4.Service In •工程と目標設定 3.Quality Gate 1.Design 3.Test 要件定義 ニーズ テストケース作成 テストシナリオ システム設計 テスト環境作成 •判定会議 1.Quality Gate •役割分担 2.Quality Gate 2.Make Biz IT テスト実施 プログラム設計 プログラム構成 プログラミング

×