プロジェクト現状報告・Rubyによるjenkinsプラグイン開発
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

プロジェクト現状報告・Rubyによるjenkinsプラグイン開発

on

  • 7,608 views

 

Statistics

Views

Total Views
7,608
Views on SlideShare
6,570
Embed Views
1,038

Actions

Likes
10
Downloads
25
Comments
0

13 Embeds 1,038

http://d.hatena.ne.jp 633
http://mistymagich.wordpress.com 345
http://webcache.googleusercontent.com 14
https://twitter.com 13
http://uokada.tumblr.com 11
http://paper.li 5
url_unknown 4
http://s.deeeki.com 3
http://www.techgig.com 3
http://us-w1.rockmelt.com 3
http://twitter.com 2
http://timesjobs.techgig.com 1
https://mistymagich.wordpress.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

プロジェクト現状報告・Rubyによるjenkinsプラグイン開発 Presentation Transcript

  • 1. 第三回 Jenkins勉強会
  • 2. 現状報告
    川口耕介
  • 3. Jenkins 開発者の動向
    Hudsonの開発者のほとんどはJenkinsへ
    733 コミット(vs 172)
    42%はコミュニティから (vs 1%)
    48人 (vs7)
    コミットは増加した
    170 プル・リクエスト (vs 20)
    リリースあたり平均11.3個の変更 (vs6.7)
    94 公表コミッタ on GitHub (vs 4)
    496 リポジトリ(vs 1)
  • 4. Jenkins 開発者の動向
    プラグインの開発もJenkinsへ
    Hudsonプロジェクトでのプラグインのコミット
    25 トッププラグイン
    21 はJenkinsへ
    4はコミットなし
    離婚後、40の新しいプラグインを追加 (vs 1)
  • 5. ユーザーの必要なものを届ける
    互換性を重視した継続的な開発
    ユーザーが必要な機能やバグ修正
    今までと同じやり方で
    バグ修正・RFEを届けています
    282のチケットをクローズ (vs68)
    514のチケットがファイル (vs 129)
  • 6. ユーザーの動向
    公開Hudsonサイト、Jenkinsへ移行
    Apache, JRuby, NASA, Nuxeo, Scala, PiWiki, CreativeCommons, OpenIndiana, …
    ユーザーMLのトラフィック
    1280 メール(vs 259)
    ダウンロード数
    8132 war, 2733 deb, 1237 rpm, 1320 zip (毎週)
    OSのディストリビューションも移行している
    Ubuntu, FreeBSD, OpenBSD
  • 7. チケットアクティビティ
  • 8. Oracle、HudsonをEclipseへ
    Jenkinsは彼らの想定よりも成功した
    Eclipseの下ならば合流できるのか?
    ユーザーの間からは合流を望む声は強い
    その一方でEclipseがOracleの手助けをするのを嫌う声も強い
    双方の開発者の反応はもっと冷ややか
    Jenkinsコミュニティの反応
    合流の条件を探っているところ
    Apacheへの移管を望む声も強い
  • 9. RubyによるJenkinsプラグイン開発
    川口耕介
  • 10. 今日は他人のふんどしで発表
    Charles Lowellさん
    Twitterでは@cowboyd
    テキサス人
  • 11. 野望
    RubyでもっとJenkinsを使いたい
    RubyでJenkinsを拡張したい
    しかも、Rubyの知識だけで
    Javaで動いているということは重要ではない
  • 12. 現状
    潜在的プラグイン開発者
  • 13. 未来
  • 14. Win-Win
    Jenkinsの開発者が増える
    Ruby関連のプラグインが増える
    JenkinsがRubyにとって魅力的になる
    Jenkinsのユーザーが増える
    更に…
    Rubyでできるなら他の言語でもできるのでは
    候補: Python
    ソースでプラグインを配布できれば変更も容易
  • 15. Demo
    ©2010 CloudBees, Inc. All Rights Reserved
  • 16. 実装方針
    Coreを変更して型がない事に対応
    Rubyオブジェクトをラッパに包んでJava化
    プラグイン開発者の書くコードがRubyっぽくなる
    class TestRootAction < Hudson::Plugin::RootAction
    def icon_file_name
    "gear.png";
    end
    def display_name
    “rubyからこんにちは"
    end
    end
  • 17. ビュー
    ERB + 既存のtaglibを呼ぶレイヤ
    これなら書く気になります?
    何ならいいですか?
    <% l = taglib("/lib/layout") %>
    <% l.layout(:title => "Hello from ERB") do %>
    <% l.main_panel do %>
    <h1>Hello from ERB</h1>
    <p>
    With proper Jenkins UI tags
    </p>
    <% end %>
    <% end %>
  • 18. まだできていないところ
    Rakeタスク
    スケルトン生成
    パッケージング・デバッグ
    Railsのようなコード生成とか
    ラッパの自動生成
  • 19. I WANT
    YOU
    to
    Help!
  • 20. 誰でも参加できます!
    Javaの知識もJenkinsの知識も不要です
    週一でハックセッションやってます
    毎週金曜日 10:30am から
    第一線のOSS技術者とキャッキャウフフ
    https://gist.github.com/890558
    英語もできなくても大丈夫です