All about v13 2013-06-04

580 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
580
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

All about v13 2013-06-04

  1. 1. v13のすべて
  2. 2. v13のすべて 略歴 バージョン ビルド リリース 13.0 105640 2012/02/14 13.1 114570 2012/07/02 13.2 122395 2012/11/16 13.3 133604 2013/05/28
  3. 3. v13のすべて 動作環境 Windows Mac OS X プロセッサ Intel Core DuoIntel Core Duo Windows XP SP3 10.6.8 システム Windows 7 10.7システム Windows 8 10.8 メモリ 2GB2GB 解像度 1280 x 10241280 x 1024
  4. 4. v13のすべて 動作環境 Windows Mac OS X プロセッサ Intel Core DuoIntel Core Duo Windows XP SP3 10.6.8 システム Windows 7 10.7システム Windows 8 10.8 メモリ 2GB2GB 解像度 1280 x 10241280 x 1024
  5. 5. Webエリア v13のすべて 統合されたWebKitを使用
  6. 6. Webエリア v13のすべて 統合されたWebKitを使用 Windows は× xp
  7. 7. XPSビューア v13のすべて
  8. 8. XPSビューア v13のすべて Windows は× xp
  9. 9. Direct2D v13のすべて テキスト(DWrite API) イメージ(楕円・矩形・曲線・画像) フォームオブジェクト(コントロール全般) SVG・ストラクチャエディター グラフィックカード / WARP エミュレーションハードウェア・アクセラレーション
  10. 10. Direct2D v13のすべて イメージ(楕円・矩形・曲線・画像) フォームオブジェクト(コントロール全般) SVG・ストラクチャエディター グラフィックカード / WARP エミュレーションハードウェア・アクセラレーション Windows は× xp テキスト(DWrite API)
  11. 11. v13のすべて ドキュメント(ページ数) バージョン 変換ガイド アップグレード 2004 41 420 11 113 416 12 - 334 13 43 230
  12. 12. ランゲージ
  13. 13. ランゲージ 1 2 3 4 5
  14. 14. ランゲージ 1 2 3 4 5 オブジェクトプロパティ
  15. 15. ランゲージ 1 2 3 4 サーバー再起動 5 オブジェクトプロパティ
  16. 16. ランゲージ 1 2 3 配列操作 4 サーバー再起動 5 オブジェクトプロパティ
  17. 17. ランゲージ 1 2 ファイルアクセス 3 配列操作 4 サーバー再起動 5 オブジェクトプロパティ
  18. 18. ランゲージ 1 HTTPクライアント 2 ファイルアクセス 3 配列操作 4 サーバー再起動 5 オブジェクトプロパティ
  19. 19. HTTPクライアント HTTP Get HTTP Request HTTP SET OPTION HTTP GET OPTION HTTP AUTHENTICATE
  20. 20. HTTP Get HTTP Request HTTP SET OPTION HTTP GET OPTION HTTP AUTHENTICATE HTTP POST Method HTTP HEAD Method HTTP TRACE Method HTTP DELETE Method HTTP PUT Method HTTP OPTIONS Method HTTPクライアント
  21. 21. HTTP Get HTTP Request HTTP SET OPTION HTTP GET OPTION HTTP AUTHENTICATE HTTP POST Method HTTP HEAD Method HTTP TRACE Method HTTP DELETE Method HTTP PUT Method HTTP OPTIONS Method HTTPクライアント
  22. 22. HTTP Get HTTP Request HTTP SET OPTION HTTP GET OPTION HTTP AUTHENTICATE HTTP POST Method HTTP HEAD Method HTTP TRACE Method HTTP DELETE Method HTTP PUT Method HTTP OPTIONS Method 4D Internet Commands: 約500行 HTTP Download with a Single Method by Thomas Maul http://kb.4d.com/search/assetid=39384 HTTPクライアント
  23. 23. HTTP Get HTTP Request HTTP SET OPTION HTTP GET OPTION HTTP AUTHENTICATE HTTP POST Method HTTP HEAD Method HTTP TRACE Method HTTP DELETE Method HTTP PUT Method HTTP OPTIONS Method 自動変換(テキスト・ピクチャ・BLOB) HTTPクライアント
  24. 24. CREATE FOLDER COPY DOCUMENT DOCUMENT LIST Select document System folder ファイルアクセス
  25. 25. CREATE FOLDER COPY DOCUMENT DOCUMENT LIST Select document System folder CREATE FOLDER ("C:¥¥アーカイブ¥¥") CREATE FOLDER ("C:¥¥アーカイブ¥¥2012¥¥") CREATE FOLDER ("C:¥¥アーカイブ¥¥2012¥¥JAN¥¥") CREATE FOLDER ("C:¥¥アーカイブ¥¥2012¥¥JAN¥¥";*) ファイルアクセス
  26. 26. CREATE FOLDER COPY DOCUMENT DOCUMENT LIST Select document System folder DOCUMENT LIST ($srcPath;$docs) If (Test path name($destPath)#0) CREATE FOLDER ($destPath) End if $d:=Size of array ($docs) For ($i;1;$d) COPY DOCUMENT ($srcPath+Folder separator+ $docs{$i};$destPath+Folder separator+$docs{$i}) End for COPY DOCUMENT ("C:¥¥アーカイブ¥¥";"F:¥¥BACKUP¥¥") ファイルアクセス
  27. 27. CREATE FOLDER COPY DOCUMENT DOCUMENT LIST Select document System folder DOCUMENT LIST ($path;$docs;Recursive parsing) Absolute path Posix path Ignore invisible ファイルアクセス
  28. 28. CREATE FOLDER COPY DOCUMENT DOCUMENT LIST Select document System folder $docRef:=Create document ("";".pdf") If (OK=1) BLOB TO DOCUMENT (DOCUMENT;$blob) End if $doc:=Select document ($path+$file; "ファイル名を入力してください";File name entry) ファイルアクセス
  29. 29. CREATE FOLDER COPY DOCUMENT DOCUMENT LIST Select document System folder System folder (Documents folder) $var:="USERPROFILE=" $cmd:="cmd.exe /C set | findstr "+$var SET ENVIRONMENT VARIABLE ("_4D_OPTION_HIDE_CONSOLE";"true") LAUNCH EXTERNAL PROCESS ($cmd;$in;$out;$err) $userProfile:=Substring ($out;Length($var)+1) $0:=$userProfile+Folder separator+"My Documents" ファイルアクセス
  30. 30. 配列操作 SELECTION TO ARRAY ARRAY TO SELECTION SELECTION RANGE TO ARRAY
  31. 31. SELECTION TO ARRAY ARRAY TO SELECTION SELECTION RANGE TO ARRAY SELECTION TO ARRAY ([顧客]firstName;$firstName;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]lastName;$lastName;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]address;$address;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]phone;$phone;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]fax;$fax;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]mail;$mail) 配列操作
  32. 32. SELECTION TO ARRAY ARRAY TO SELECTION SELECTION RANGE TO ARRAY For ($i;1;20) $field:=Field(Table(->[顧客]);$i) $array:=Get pointer(Field name($field)) SELECTION TO ARRAY ($field->;$array->;*) End for SELECTION TO ARRAY 配列操作
  33. 33. SELECTION TO ARRAY ARRAY TO SELECTION SELECTION RANGE TO ARRAY SELECTION TO ARRAY ([顧客]firstName;$firstName;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]lastName;$lastName;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]address;$address;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]phone;$phone;*) SELECTION TO ARRAY ([顧客]fax;$fax;*) SELECTION RANGE TO ARRAY (1;50) 配列操作
  34. 34. Max Variance Min Sum Sum squares Std deviation 2次元配列もOK! 配列操作
  35. 35. サーバー再起動 OPEN DATA FILE CREATE DATA FILE
  36. 36. オブジェクトプロパティ OBJECT SET SHORTCUT OBJECT GET SHORTCUT OBJECT SET HELP TIP OBJECT Get help tip OBJECT SET FOCUS RECTANGLE INVISIBLE OBJECT Get focus rectangle invisible
  37. 37. オブジェクトプロパティ OBJECT SET RESIZING OPTIONS OBJECT GET RESIZING OPTIONS OBJECT SET DRAG AND DROP OPTIONS OBJECT GET DRAG AND DROP OPTIONS
  38. 38. オブジェクトプロパティ OBJECT SET AUTO SPELLCHECK OBJECT Get auto spellcheck OBJECT SET KEYBOARD LAYOUT OBJECT Get keyboard layout
  39. 39. オブジェクトプロパティ FORM GET OBJECTS カレントフォーム FORM GET NAMES OPEN PRINTING FORM プロジェクトフォーム すべてのフォーム
  40. 40. ランゲージ 6 7 8 9 10
  41. 41. ランゲージ 6 7 8 9 10 圧縮/ハッシュ
  42. 42. ランゲージ 6 7 8 9 ウィジェット 10 圧縮/ハッシュ
  43. 43. ランゲージ 6 7 8 階層リスト 9 ウィジェット 10 圧縮/ハッシュ
  44. 44. ランゲージ 6 7 ピクチャ管理 8 階層リスト 9 ウィジェット 10 圧縮/ハッシュ
  45. 45. ランゲージ 6 リストボックス 7 ピクチャ管理 8 階層リスト 9 ウィジェット 10 圧縮/ハッシュ
  46. 46. リストボックス LISTBOX SET FOOTER CALCULATION LISTBOX Get footer calculation LISTBOX SET FOOTERS HEIGHT LISTBOX Get footers height LISTBOX SET HEADERS HEIGHT LISTBOX Get headers height
  47. 47. リストボックス LISTBOX SET FOOTER CALCULATION LISTBOX Get footer calculation LISTBOX SET FOOTERS HEIGHT LISTBOX Get footers height LISTBOX SET HEADERS HEIGHT LISTBOX Get headers height Listbox footer average Listbox footer count Listbox footer max Listbox footer min Listbox footer sum セレクション 配列
  48. 48. Listbox footer average Listbox footer count Listbox footer max Listbox footer min Listbox footer sum LISTBOX SET FOOTERS HEIGHT LISTBOX Get footers height LISTBOX SET HEADERS HEIGHT LISTBOX Get headers height リストボックス LISTBOX SET FOOTER CALCULATION LISTBOX Get footer calculation セレクション 配列 Listbox footer sum squares Listbox footer variance Listbox footer std deviation
  49. 49. リストボックス LISTBOX SET FOOTER CALCULATION LISTBOX Get footer calculation Listbox footer average Listbox footer count Listbox footer max Listbox footer min Listbox footer sum LISTBOX SET FOOTERS HEIGHT LISTBOX Get footers height LISTBOX SET HEADERS HEIGHT LISTBOX Get headers height Listbox footer sum squares Listbox footer variance Listbox footer std deviation Listbox footer custom 配列 セレクション
  50. 50. リストボックス LISTBOX SET FOOTER CALCULATION LISTBOX Get footer calculation Listbox pixels Listbox rows LISTBOX SET FOOTERS HEIGHT LISTBOX Get footers height LISTBOX SET HEADERS HEIGHT LISTBOX Get headers height
  51. 51. リストボックス LISTBOX SET LOCKED COLUMNS LISTBOX Get locked columns LISTBOX SET STATIC COLUMNS LISTBOX Get static columns LISTBOX SET COLUMN FORMULA LISTBOX Get column formula
  52. 52. リストボックス LISTBOX GET GRID LISTBOX GET GRID COLORS OBJECT SET VERTICAL ALIGNMENT OBJECT Get vertical alignment LISTBOX SET GRID LISTBOX SET GRID COLOR
  53. 53. LISTBOX SET GRID LISTBOX GET GRID LISTBOX SET GRID COLOR LISTBOX GET GRID COLORS リストボックス Align default Align top Align center Align bottom ヘッダ 列 フッタ OBJECT SET VERTICAL ALIGNMENT OBJECT Get vertical alignment
  54. 54. リストボックス On Before Data Entry $0:=-1 セル単位の入力制御
  55. 55. リストボックス LISTBOX INSERT ROWS LISTBOX DELETE ROWS
  56. 56. リストボックス デフォルト値
  57. 57. リストボックス スクロール ピクセル行単位 LISTBOX SELECT ROW
  58. 58. リストボックス スクロール ピクセル行単位 OBJECT SET SCROLL POSITION LISTBOX SELECT ROW
  59. 59. リストボックス スクロール ピクセル行単位 OBJECT SET SCROLL POSITION SCROLL LINES LISTBOX SELECT ROW
  60. 60. ピクチャ管理 Equal pictures SET PICTURE FILE NAME Get picture file name GET PICTURE KEYWORDS
  61. 61. ピクチャ管理 Is picture file* SET PICTURE METADATA GET PICTURE METADATA Equal pictures SET PICTURE FILE NAME Get picture file name GET PICTURE KEYWORDS
  62. 62. 階層リスト GET LIST ITEM PARAMETER ARRAYS アイテム毎の連想配列
  63. 63. 階層リスト GET LIST ITEM PARAMETER ARRAYS SET LIST ITEM PARAMETER GET LIST ITEM PARAMETER
  64. 64. ウィジェット FORM GOTO PAGE* FORM Get current page* OBJECT SET SUBFORM OBJECT GET SUBFORM OBJECT GET SUBFORM CONTAINER SIZE
  65. 65. Generate digest MD5 Digest SHA1 Digest 圧縮/ハッシュ
  66. 66. Generate digest MD5 Digest SHA1 Digest 圧縮/ハッシュ AP Get file MD5 digest
  67. 67. 圧縮/ハッシュ COMPRESS BLOB GZIP Best Compression Mode GZIP Fast Compression Mode EXPAND BLOB
  68. 68. 圧縮/ハッシュ WEB SEND FILE WEB SEND TEXT WEB SEND BLOB
  69. 69. 圧縮/ハッシュ WEB SEND FILE WEB SEND TEXT WEB SEND BLOB WEB SEND RAW DATA 自動圧縮: 無
  70. 70. 圧縮/ハッシュ WEB SET OPTION Web HTTP Compression Level Web HTTP Compression Threshold
  71. 71. フォームイベント On Page Change On Expand On Collapse On Footer Click On Delete Action 階層リスト&リストボックス 階層リストボックス 階層リストボックス On Picture Scroll * 13.2
  72. 72. データベースイベント On System Event On application background move On application foreground move
  73. 73. データベースパラメーター Direct2D Status Diagnostic Log Recording Log Command List 65 キャッシュログ アサートログ デバッグログ
  74. 74. デバッガ
  75. 75. デバッガ
  76. 76. デバッガ 一時的ブレークポイント (shift+click)
  77. 77. デバッガ 一時的ブレークポイントは廃止
  78. 78. デバッガ
  79. 79. デバッガ
  80. 80. デバッガ ダブルクリック: エディターを開く ドラッグ: 別のストラクチャにコピー
  81. 81. デバッガ
  82. 82. デバッガ ドラッグ&ドロップは廃止(⌘Dで対応)
  83. 83. デバッガ
  84. 84. デバッガ 移動: 次のステートメントを設定
  85. 85. デバッガ コードエリア上でクリック(マージンはNG)
  86. 86. デバッガ コードエリア上でクリック(マージンはNG)
  87. 87. デバッガ メソッド・フォーム・テーブル・フィールド: クリック テーブルフォーム: フォーム部分(文字列)をクリック
  88. 88. デバッガ (インター)プロセス変数: Compiler_メソッドが必要
  89. 89. エクスプローラー メソッドの呼び出し元を検索 メソッド名称変更 依存関係を検索 検索→ドラッグ&ドロップ 4D Insider
  90. 90. 自動スタイルシート デザインモード検索
  91. 91. ユーザー設定
  92. 92. ユーザー設定
  93. 93. ユーザー設定
  94. 94. ユーザー設定 ./Preferences/settings.4Dsettings
  95. 95. ユーザー設定 ./Preferences/settings.4Dsettings XML
  96. 96. 断片化対策
  97. 97. インデックス: 0 レコード: 1,000,000 アドレステーブル
  98. 98. データ: 259.93MB インデックス: 0MB アドレステーブル
  99. 99. 1回目(キャッシュ無): 2,950 2回目(キャッシュ有): 205 レコード数: 1,000,000 アドレステーブル
  100. 100. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 レコード数: 100,000 1回目(キャッシュ無): 2,950 2回目(キャッシュ有): 205 レコード数: 1,000,000 ▲ 1回目: キャッシュに取り込むレコード数が減った。 2回目: フラグメンテーション(断片化)が激しい。 アドレステーブル
  101. 101. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 レコード数: 100,000 1回目(キャッシュ無): 2,950 2回目(キャッシュ有): 205 レコード数: 1,000,000 ▲ 1回目: キャッシュに取り込むレコード数が減った。 2回目: フラグメンテーション(断片化)が激しい。 アドレステーブル
  102. 102. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 レコード数: 100,000 1回目(キャッシュ無): 2,950 2回目(キャッシュ有): 205 レコード数: 1,000,000 ▲ 1回目: キャッシュに取り込むレコード数が減った。 2回目: フラグメンテーション(断片化)が激しい。 アドレステーブル
  103. 103. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 レコード数: 100,000 1回目(キャッシュ無): 2,950 2回目(キャッシュ有): 205 レコード数: 1,000,000 ▲ 1回目: キャッシュに取り込むレコード数が減った。 2回目: フラグメンテーション(断片化)が激しい。 これらのファイルの全サイズは 259.93MB です。 使用率は15%です。 このデータファイルを圧縮することを強くお勧めします。 これはディスク上のサイズを減らし, アプリケーションの実行速度を大幅に向上させます。 アドレステーブル
  104. 104. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 レコード数: 100,000 1回目(キャッシュ無): 2,950 2回目(キャッシュ有): 205 レコード数: 1,000,000 ▲ 1回目: キャッシュに取り込むレコード数が減った。 2回目: フラグメンテーション(断片化)が激しい。 アドレステーブル
  105. 105. レコードとインデックスを圧縮 アドレステーブル
  106. 106. データ: 259.93MB レコードとインデックスを圧縮 Before アドレステーブル
  107. 107. データ:40.00MB データ: 259.93MB レコードとインデックスを圧縮 After Before アドレステーブル
  108. 108. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 Before 1回目(キャッシュ無): 764 2回目(キャッシュ有): 526 After レコードとインデックスを圧縮 アドレステーブル
  109. 109. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 Before 1回目(キャッシュ無): 764 2回目(キャッシュ有): 526 After これはディスク上のサイズを減らし, アプリケーションの実行速度を大幅に向上させます。 レコードとインデックスを圧縮 アドレステーブル
  110. 110. 1回目(キャッシュ無): 801 2回目(キャッシュ有): 541 Before 1回目(キャッシュ無): 764 2回目(キャッシュ有): 526 After これはディスク上のサイズを減らし, アプリケーションの実行速度を大幅に向上させます。 レコードとインデックスを圧縮 アドレステーブル
  111. 111. レコードとインデックスを圧縮 上級> アドレステーブル
  112. 112. レコードとインデックスを圧縮 レコードの強制更新 アドレステーブル圧縮 アドレステーブル
  113. 113. 1回目(キャッシュ無): 764 2回目(キャッシュ有): 526 Before 1回目(キャッシュ無): 128 2回目(キャッシュ有): 23 After レコード・インデックス・アドレステーブルを圧縮 アドレステーブル
  114. 114. 1回目(キャッシュ無): 764 2回目(キャッシュ有): 526 Before 1回目(キャッシュ無): 128 2回目(キャッシュ有): 23 After 圧縮前に作成したセット 圧縮前に作成したバックアップファイル 圧縮前に作成したログファイル 無効: 無効: 無効: レコード・インデックス・アドレステーブルを圧縮 アドレステーブル
  115. 115. アドレス アドレス 7 bits 32 bits 25 bits セグメント番号 データファイル内のオフセット位置 ブロックサイズ: 128 bytes アドレス: ブロック番号+セグメント番号 ブロック 0 0 1 2 3 4 128 384 256 512
  116. 116. アドレスレコード アドレステーブルの1エントリー アドレス 7 bits 32 bits 25 bits セグメント番号 32 bits サイズ
  117. 117. アドレステーブル 1024アドレスレコード アドレス 7 bits 32 bits 25 bits セグメント番号 32 bits サイズ 464 bytes ヘッダー 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits
  118. 118. アドレステーブル² 1024アドレステーブル アドレステーブルのアドレス 7 bits 32 bits 25 bits セグメント番号 32 bits サイズ 464 bytes ヘッダー 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits アドレステーブル
  119. 119. アドレステーブル³ 1024^3 = 約10億レコード アドレステーブルのアドレステーブルのアドレス 7 bits 32 bits 25 bits セグメント番号 32 bits サイズ 464 bytes ヘッダー 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits 32 bits 32 bits 7 bits 25 bits アドレステーブル
  120. 120. アドレステーブル レコード番号でアドレスを解決
  121. 121. アドレステーブル レコード番号 セット ディスク アドレステーブル ログファイル レコード番号でアドレスを解決
  122. 122. アドレステーブル レコード番号 セット ディスク アドレステーブル ログファイル レコード番号でアドレスを解決 32bits
  123. 123. アドレステーブル レコード番号 セット ディスク アドレステーブル ログファイル レコード番号でアドレスを解決 32bits <= 4,294,967,296 32bits
  124. 124. アドレステーブル レコード番号 セット ディスク アドレステーブル ログファイル レコード番号でアドレスを解決 64bits 32bits <= 4,294,967,296 32bits
  125. 125. アドレステーブル レコード番号 セット ディスク アドレステーブル ログファイル レコード番号でアドレスを解決 64bits = 16EiB = 16,777,216 TiB 64bits 32bits <= 4,294,967,296 32bits
  126. 126. アドレステーブル 1件追加 0 レコード番号 セット 10 ディスク アドレステーブル 00000000
  127. 127. アドレステーブル 0 1 レコード番号 セット 1 1 0 1 ディスク 2件追加 アドレステーブル 00000000 00000100
  128. 128. アドレステーブル 0 1 2 レコード番号 セット 1 1 1 0 1 2 ディスク 3件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200
  129. 129. アドレステーブル 0 1 2 3 レコード番号 セット 1 1 1 1 0 1 2 3 ディスク 4件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300
  130. 130. アドレステーブル 0 1 2 3 4 レコード番号 セット 1 1 1 1 1 0 1 2 3 4 ディスク 5件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400
  131. 131. アドレステーブル 0 1 2 3 4 5 レコード番号 セット 1 1 1 1 1 1 0 1 2 3 4 5 ディスク 6件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400 00000500
  132. 132. アドレステーブル 0 1 2 3 4 5 6 レコード番号 セット 1 1 1 1 1 1 1 0 1 2 3 4 5 6 ディスク 7件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400 00000500 00000600
  133. 133. アドレステーブル 0 1 2 3 4 5 6 7 レコード番号 セット 1 1 1 1 1 1 1 1 0 1 2 3 4 5 6 7 ディスク 8件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400 00000500 00000600 00000700
  134. 134. アドレステーブル 0 1 2 3 4 5 6 7 8 レコード番号 セット 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 ディスク 9件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400 00000500 00000600 00000700 00000800
  135. 135. アドレステーブル 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 レコード番号 セット 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ディスク 10件追加 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400 00000500 00000600 00000700 00000800 00000900
  136. 136. アドレステーブル 3 4 5 6 7 8 9 ディスク #0,#1,#2を削除 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000400 00000500 00000600 00000700 00000800 00000900 レコード番号 3 4 5 6 7 8 9 セット 1 1 1 1 1 1 1
  137. 137. アドレステーブル 4 3 5 6 7 8 9 ディスク #4を更新(サイズ拡大) アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000300 00000000 00000500 00000600 00000700 00000800 00000900 レコード番号 3 4 5 6 7 8 9 セット 1 1 1 1 1 1 1
  138. 138. アドレステーブル 4 3 0 5 6 7 8 9 ディスク 1件追加 アドレステーブル 00000400 00000100 00000200 00000300 00000000 00000500 00000600 00000700 00000800 00000900 レコード番号 0 3 4 5 6 7 8 9 セット 1 1 1 1 1 1 1 1
  139. 139. アドレステーブル 4 3 0 9 ディスク #5,#6,#7,#8を削除 アドレステーブル 00000400 00000100 00000200 00000300 00000000 00000500 00000600 00000700 00000800 00000900 レコード番号 0 3 4 9 セット 1 1 1 1
  140. 140. アドレステーブル 4 3 0 9 ディスク 断片化... アドレステーブル 00000400 00000100 00000200 00000300 00000000 00000500 00000600 00000700 00000800 00000900 レコード番号 0 3 4 9 セット 1 1 1 1 順番がバラバラ 間が空いている
  141. 141. 00000000 00000100 00000200 00000100 00000200 00000500 00000600 00000700 00000800 00000500 アドレステーブル ディスク 圧縮! アドレステーブル レコード番号 セット 1 1 1 1 0 3 4 9 0 3 4 9 レコード番号は継承
  142. 142. アドレステーブル ディスク 圧縮! アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000100 00000200 00000500 00000600 00000700 00000800 00000500 レコード番号 セット 1 1 1 1 0 3 4 9 0 3 4 9
  143. 143. アドレステーブル ディスク 圧縮! アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000100 00000200 00000500 00000600 00000700 00000800 00000500 レコード番号 セット 1 1 1 1 0 3 4 9 0 3 4 9
  144. 144. アドレステーブル ディスク 圧縮前に保存したセットも利用できる アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000100 00000200 00000500 00000600 00000700 00000800 00000500 レコード番号 セット 1 1 1 1 0 3 4 9 0 3 4 9
  145. 145. アドレステーブル ディスク アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000100 00000200 00000500 00000600 00000700 00000800 00000500 レコード番号 セット 1 1 1 1 0 3 4 9 アドレスの数はそれまでの最高レコード数 0 3 4 9
  146. 146. アドレステーブル ディスク アドレステーブル レコード番号 セット 1 1 1 1 0 1 2 3 アドレス圧縮! 00000000 00000100 00000200 00000500 0 1 2 3
  147. 147. アドレステーブル ディスク アドレステーブル レコード番号 セット 1 1 1 1 0 1 2 3 アドレス圧縮! 00000000 00000100 00000200 00000500 0 1 2 3 レコード番号は連番
  148. 148. アドレステーブル ディスク アドレステーブル レコード番号 セット 1 1 1 1 0 1 2 3 00000000 00000100 00000200 00000500 0 1 2 3 圧縮前に保存したセットは利用できない
  149. 149. アドレステーブル ディスク セットを再作成 アドレステーブル 00000000 00000100 00000200 00000500 レコード番号 セット 1 1 1 1 0 1 2 3 0 1 2 3
  150. 150. アドレステーブル Get table fragmentation Compact data file Update Records Compact Address Table
  151. 151. 圧縮とインデックス
  152. 152. XPS XML Paper Specification XMLページ記述言語 開発元: Microsoft 採用: Windows Vista以降 標準規格: ECMA-388 OpenXPS
  153. 153. XPSプリントプレビュー XPSビューアー Windows 7 Windows 8 Windows Server 2008 Windows Server 2012
  154. 154. XPSプリントプレビュー Internet Explorer Windows XP Windows Vista Windows 2003 Server
  155. 155. Windows7xp
  156. 156. XPS Document Writer 再起動 Windows7xp .NETフレームワークをインストール
  157. 157. Windows7xp Internet Explorer
  158. 158. Windows7 XPSビューアー
  159. 159. XPSプリントプレビュー 非サポート
  160. 160. XPSプリントプレビュー 本体に統合されているもの クイックレポート ラベルエディター 4D Chart ● ● ×
  161. 161. XPSプリントプレビュー 利点 クロスプラットフォーム 追加インストール不要 ドキュメント出力 正確性
  162. 162. XPSプリントプレビュー 難点 全ページを出力しなければプレビューできない
  163. 163. XPSプリントプレビュー 新コマンド Get print preview SET PRINT PREVIEW Is in print preview
  164. 164. XPSプリントプレビュー ドキュメントの場所 ¥User¥{user}¥AppData¥Local¥Temp¥4D¥ PrintPreview¥{n}¥{UUID}¥{docName}.xps ¥Documents and Settings¥{user}¥Local Settings¥Temp¥4D¥ Temp/4D/ PrintPreview/
  165. 165. XPSプリントプレビュー ドキュメントの名前 SET PRINT OPTION Spooler document name option プリントキュー名 XPSビューアーのウィンドウタイトルバー
  166. 166. BLOB
  167. 167. Binary Large OBject BLOB BLOB ピクチャ テキスト }総称
  168. 168. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }レコードに保存 おおきなレコード: 読み込みに時間が・・・
  169. 169. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }レコードに保存 おおきなレコード: 読み込みに時間が・・・
  170. 170. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }レコードに保存
  171. 171. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }別テーブルに保存
  172. 172. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }別テーブルに保存
  173. 173. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }別テーブルに保存 リストに含めない
  174. 174. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }別テーブルに保存 リストに含めない ページ0/1に置かない
  175. 175. 4th Dimension 2004 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }別テーブルに保存 リストに含めない ページ0/1に置かない 必要なとき: RELATE ONE
  176. 176. BLOB BLOB ピクチャ テキスト* }レコードの外に保存 v11 レコードに保存
  177. 177. BLOB BLOB ピクチャ テキスト* }レコードの外に保存 別テーブルのようなもの v11 レコードに保存
  178. 178. v11 BLOB BLOB ピクチャ テキスト* }レコードの外に保存 ちいさなレコード: 読み込みが速い(1回で済むから) インデックスを使用しないクエリが速い レコードに保存するメリット * レコードに保存する最大サイズが設定できるのはテキストのみ 別テーブルのようなものレコードに保存
  179. 179. v12 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }レコードの外に保存 別テーブルのようなものレコードに保存
  180. 180. v13 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }レコードの外に保存 データファイルの外に保存 別テーブルのようなものレコードに保存
  181. 181. v13 BLOB BLOB ピクチャ テキスト }レコードの外に保存* * 基準値を設定 データファイルの外に保存 データファイルのサイズ節約 バックアップの時間短縮 検証・修復の時間短縮 別テーブルのようなものレコードに保存
  182. 182. BLOB 外部ファイルの場所 ./{structure}.ExternalData/{table}/ {field}/Data_{UUID}.{extension} SET EXTERNAL DATA PATH Use default folder+ SQL REPLICATE,SQL EXECUTE SCRIPT 読み込みダイアログ,フォーム入力 etc.
  183. 183. BLOB 外部ファイルの場所 ./{structure}.ExternalData/{table}/ {field}/Data_{UUID}.{extension} バックアップ対象 SET EXTERNAL DATA PATH Use default folder+ SQL REPLICATE,SQL EXECUTE SCRIPT 読み込みダイアログ,フォーム入力 etc.
  184. 184. BLOB 外部ファイルの場所 バックアップ対象外 カスタムファイルパスSET EXTERNAL DATA PATH +
  185. 185. Get picture file name BLOB Is picture file Picture size SET PICTURE FILE NAME
  186. 186. BLOB 9MB 既存レコードをデータファイルの外に
  187. 187. BLOB 既存レコードをデータファイルの外に 格納場所: データファイル
  188. 188. BLOB 既存レコードをデータファイルの外に
  189. 189. BLOB 既存レコードをデータファイルの外に 格納場所: 外部
  190. 190. BLOB データファイル圧縮 既存レコードをデータファイルの外に [Table]Field:=[Table]Field 変更は反映されない }
  191. 191. BLOB SET EXTERNAL DATA PATH レコードの強制更新 }変更は反映される 既存レコードをデータファイルの外に インポート/エクスポート
  192. 192. BLOB インポート/エクスポート
  193. 193. BLOB レコードの強制更新 上級 レコードの強制更新
  194. 194. BLOB SET EXTERNAL DATA PATH ALL RECORDS ([Pictures]) APPLY TO SELECTION ([Pictures]; SET EXTERNAL DATA PATH ([Pictures]Picture;Use default folder)) FLUSH BUFFERS
  195. 195. BLOB 圧縮: Before 使用率: 2% 9MB
  196. 196. BLOB 圧縮: After 使用率: 76% 192KB
  197. 197. BLOB 圧縮: After(強制更新) 使用率: 94% 128KB
  198. 198. v13のすべて

×