XenServer Overview

  • 4,629 views
Uploaded on

XenServerの概要について説明しています。

XenServerの概要について説明しています。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
4,629
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
58
Comments
0
Likes
3

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide
  • It was in 2006 that we really started to see Intel’s VT capability introduced into commercial servers.XenServer has come on very strong against VMware in the past 3 years and made up a significant gap in functionality. It’s a classic case of the “Innovators Dilemma” which is a great book by Harvard professor Clayton Christensen which chronicles how incumbent—and even dominant—vendors can be disrupted by various factors around them.
  • In both Self-Service Manager and XenCenter, you’ll see improved support for multiple VM “virtual appliances” or vApps.This is useful for a number of reasons now, such as for Site Recovery
  • In both Self-Service Manager and XenCenter, you’ll see improved support for multiple VM “virtual appliances” or vApps.This is useful for a number of reasons now, such as for Site Recovery
  • We have been working with Microsoft on System Center integration for about 2 years now.Boston will be the first release to support management by SCVMM, and also monitoring by SCOM. Support on the Microsoft side will start with System Center 2012
  • Web Self-Service is a way of providing administrators access to their specific VMs without needing to use XenCenter.It addresses two customer requests we get today—a web based console and VM level delegation.Includes support for multiple poolsSupport for Active Directory (via XenServer’s active directory integration) or local users is provided.It will be distributed as a virtual appliance and you can get it up and running in about 10-15 minutes.General direction is to provide a free version in XenServer Free, limited to delegating up to 25 VMs. In XenServer Platinum edition, we’d provide unlimited VM delegation.
  • At GA we likely won’t have a lot of tested, certified configurations of CPUs that can be levelized with one another. We encourage people to submit their working confirmations to us via the Citrix XenServer 5.6 Server Hardware Self-Test Kit:http://www.citrix.com/static/ready/downloads/XS+5.6+Server+Hardware+Self-Test+Kit.zip.We will have a new HCL category for Heterogeneous Pools to support this.
  • Schedule pool policy based on time of day needsWhen starting guests, an option to “Start on optimal server” is available, and XenServer chooses the most appropriate server based on policyUsers have the ability to over-ride policy, or specify guests or hosts that are excluded from policy (eg high-demand applications)
  • The Controller console UI is a web based interface, separate from XenCenter so that network administrators (not virtualization administrators) can have visibility into the distributed virtual switching environment.Without the controller, you can still do normal networking configurations (as in the past) via XenCenter, such as creating networks and configuration of TCP/IP settings.In the second screen shot above, we show how security policies can be applied at the port level. For example, perhaps you want to block web browsing from XenDesktop VMs…you can set a “deny” security policy on HTTP and HTTPS to accomplish this.

Transcript

  • 1. Citrix® XenServer® 概要 シトリックス・システムズ・ジャパン ソリューションマーケティングマネジャー 北瀬 公彦 Kimihiko.Kitase@citrix.co.jp Twitter: @kkitase
  • 2. DELIVER APPS & SERVICESCitrix Cloud LB WAF SSL DR Solution WAN Bridge DaaS FW Opt CONNECT BUILD CONNECT Cloud AGGREGATE CloudPortal TRANSFORM CLOUDS Cloud CONNECT & DELIVER & FEDERATE Gateway INTO BUSINESSES Bridge Other People Clouds SERVICE SERVICE NetScaler DELIVERY CloudStack BUILD - OPERATE - ORCHESTRATE NetScaler DELIVERY NETWORK NETWORK VIRTUALIZATION Compute Network Storage
  • 3. Citrix Cloud Solution – Broker Cloud Cloud Hybrid Private Cloud Public Cloud L2 Tunnel
  • 4. XenServerの特徴
  • 5. サーバー仮想化製品の評価Gartner社のサーバー仮想化製品の格付け「Magic Quadrant」でリーダのポジションに 2010年 2011年
  • 6. クラウド環境でのシェア半数以上のクラウド環境で、Xen / XenServer が採用 Source: Gartner (December 2011)
  • 7. Citrix XenServer の開発テーマ Desktop Cloud SMB
  • 8. Xen.org: クライアントからクラウド環境まで Xen.org OSS Project Citrix Product Xen XenServer Xen Client XenClient Initiative Xen Cloud XenServer Platform
  • 9. XenとはXen Xen HypervisorXenの開発は、2002年からケンブリッジ大学の研究 • ベアメタル型のハイパーバイザープロジェクトXenoServer Projectとしてはじまりま • 既存OSを利用せずハードウェアに直接インストールした。そのプロジェクトメンバーによって2005年に するタイプの仮想化設立されたのがXenSource社です。2006年にはXenEnterprise1.0が出荷開始されました。 • 準仮想化モデルの採用 2007年には、Citrix Systems(以降Citrix)が • ハードウェアによる仮想化支援機能XenSource社を買収し、Citrix XenServer(以降 • (Intel VT, AMD-V)XenServer)と名前を変更しています。 • 様々なベンダーに採用 また、2009年にはXenServerを無償化し、エン • 仮想化製品としては、 Citrix 、Oracle、Virtual Ironタープライズ向けの機能の無償提供をはじめました。 (Oracle社に買収)、Sunに採用されています。最新のバージョンは2010年6月にリリースした • OSの仮想化機能としては、SUSE Linux EnterpriseXenServer 5.6です。また、オープンソースXenプロ Server、 Red Hat Enterprise Linux、その他に採用され ています。ジェクトも引き続き、Citrixによりけん引されていま • クラウドサービスプロバイダーとしても、Amazonをす。 はじめ様々なサービスプロバイダに採用されています。
  • 10. XenとXenServerとの関係OSS Xen Citrix XenServer• Xen コミュニティーはCitrixによって • 新しい機能を敏速にマーケットに投入 リード • 徹底的なテストを行い、安定したコード• メジャーなアクティブ貢献者 を採用し、不安定なコードは修正 • IBM, Intel, VA Linux, HP, AMD, RedHat, Novell, Fujitsu • 必要な機能の開発
  • 11. Xen基本アーキテクチャ • Hypervisor Software(仮想マシンモニ タ)を経由して複数の仮想OSから物理 デバイスにアクセス ネットワークやストレージに対するI/Oは、Xen管理OS • メモリ を経由してH/Wにアクセス • CPU 管理用OS ゲストOS ゲストOS • ハードディスク Open Linux Windows • ネットワーク Source Storage Control Interface 管理用OSの種類とHypervisorアー Drivers キテクチャの違いによって、仮想 マシン(VM)パフォーマンスは異 なる Xen Control Interface Virtualized Hardware VT/AMD-V他のHypervisorアーキテクチャ例:VMware, Windows2008Server Hardware
  • 12. 製品パッケージ XenServer ディザスタ リカバリーサイトの構築をご希望のお客様 Platinum XenServer イメージ管理や高度な負荷分散機能をご希望のお客様 Enterprise 低コストで高い可用性を備えた仮想環境の運用をご XenServer 希望のお客様 Advanced XenServer 低コストでエンタープライズクラスのハイパーバイ 無償版 ザーをご希望のお客様
  • 13. エディション別の機能一覧 (~2010年6月) XenServer 機能 無償版 Advanced Enterprise PlatinumXenハイパーバイザー (OSS Xen 3.4) ● ● ● ●マルチサーバー管理及びライブマイグレーション ● ● ● ●P2V、V2V変換及びOVFのサポート ● ● ● ●Active Directoryとの統合 ● ● ● ●VMディスクスナップショットおよびリバート(ディスクのみ) ● ● ● ●パフォーマンスの監視および履歴報告 ● ● ● ●高可用性 (XenServer HA) ● ● ●Provisioning Services – 仮想サーバー ● ●StorageLink –先進的なストレージ管理 ● ●Provisioning Services – 物理サーバー ●
  • 14. エディション別の機能一覧(2010年7月~) XenServer 機能 無償版 Advanced Enterprise PlatinumXenハイパーバイザー (OSS Xen 3.4) ● ● ● ●マルチサーバー管理及びライブマイグレーション ● ● ● ●P2V、V2V変換及びOVFのサポート ● ● ● ●Active Directoryとの統合 ● ● ● ●VMディスクスナップショットおよびリバート(ディスクのみ) ● ● ● ●パフォーマンスの監視および履歴報告 ● ● ● ●動的メモリ管理(メモリーバルーニング) ● ● ●高可用性 (XenServer HA) ● ● ●ライブメモリスナップショット ● ●動的ワークロードバランシングと電源管理 ● ●Provisioning Services – 仮想サーバー ● ●StorageLink –先進的なストレージ管理 ● ●ユーザーのロールベースの管理と操作履歴管理 ● ●StorageLink –サイト復旧 ●Provisioning Services – 物理サーバー ●ラボ管理とセルフサービスポータル ●
  • 15. エディション別の機能一覧(2010年12月~ ) XenServer 機能 無償版 Advanced Enterprise PlatinumXenハイパーバイザー (OSS Xen 3.4) ● ● ● ●マルチサーバー管理及びライブマイグレーション ● ● ● ●P2V、V2V変換及びOVFのサポート ● ● ● ●Active Directoryとの統合 ● ● ● ●VMディスクスナップショットおよびリバート(ディスクのみ) ● ● ● ●IntelliCache™ (XenDesktopストレージ最適化機能) ● ● ● ●パフォーマンスの監視および履歴報告 ● ● ● ●動的メモリ管理(メモリーバルーニング) ● ● ●高可用性 (XenServer HA) ● ● ●異なるCPUモデルを持つサーバーの共存 ● ● ●分散仮想スイッチ(OpenFlow対応) ● ● ●ウェブベースの管理コンソール ● ●ライブメモリスナップショット ● ●動的ワークロードバランシングと電源管理 ● ●Provisioning Services – 仮想サーバー ● ●ストレージAPIの外部呼出し ● ●ユーザーのロールベースの管理と操作履歴管理 ● ●仮想マシンの自動スナップショットとバックアップ ●サイト リカバリー ●Provisioning Services – 物理サーバー ●ラボ管理機能 ●
  • 16. エディション別の機能一覧(2011年9月~ ) XenServer 機能 無償版 Advanced Enterprise PlatinumXenハイパーバイザー (OSS Xen 4.1) ● ● ● ●マルチサーバー管理及びライブマイグレーション ● ● ● ●P2V、V2V変換及びOVFのサポート ● ● ● ●Active Directoryとの統合 ● ● ● ●VMディスクスナップショットおよびリバート(ディスクのみ) ● ● ● ●System Center Virtual Machine Manager 2012 による管理 ● ● ● ●仮想マシンの自動スナップショットとバックアップ ● ● ●パフォーマンスの監視および履歴報告 ● ● ●動的メモリ管理(メモリーバルーニング) ● ● ●高可用性 (XenServer HA) ● ● ●異なるCPUモデルを持つサーバーの共存 ● ● ●分散仮想スイッチ (OpenFlow対応) ● ● ●GPU Path-Through (XenDesktop向けグラフィック高速化処理) ● ●IntelliCache™ (XenDesktop向けストレージ最適化機能) ● ●ウェブベースの管理コンソール ● ●ライブメモリスナップショット ● ●動的ワークロードバランシングと電源管理 ● ●Provisioning Services – 仮想サーバー ● ●ストレージAPIの外部呼出し ● ●ユーザーのロールベースの管理と操作履歴管理 ● ●System Center Operations Manager 2012による管理 ● ●ディザスタ リカバリー サイトの構築 ●Provisioning Services – 物理サーバー ●
  • 17. 製品機能の伸び 機能性 “Minimum Viable Product” 2007 2008 2009 2010 2011 年
  • 18. システム要件 (Citrix XenServer, XenCenter)青字: XenServer 6.0Citrix XenServer (ホスト) システム要件CPU  64bit対応 x86プロセッサ。最小1.5GHz、2GHz以上のマルチコアプロセッサ推奨。  WindowsゲストOSのサポート: Intel VT、AMD-V対応プロセッサが必須。  128 CPU コアまでメモリ  最小1GB、2GB以上推奨。最大1TBストレージ  ローカルに接続された 16GB 以上のディスク領域、60GB 以上のディスク領域推奨。ネットワーク  100Mbps Ethernet 以上。1Gbps Ethernet 推奨 (P2V, Export/Import Data, XenMotion)  16 NICまでCitrix XenCenter システム要件OS  Windows XP, Windows Server 2003, Windows Server 2008, Windows Vista SP1, SP2 .NET Framework 2.0 SP1以降CPU  x86 互換、最小 750MHz 以上、1GHz 以上推奨。メモリ  最小1GB、2GB以上推奨。ストレージ  最小100MB。ネットワーク  100Mbps Ethernet 以上。
  • 19. システム要件 (ゲストOS)青字: XenServer 6.0WindowsWindows Server 2008 (x86), SP2Windows Server 2008 (x64), R2, R2 SP1Windows Server 2003 (x86, x64), SP1, SP2, RC2Windows 7 (x86, x64), SP1Windows Vista, SP1Windows XP (SP2, SP3)Linux / UnixRed Hat Enterprise Linux (x32) 4.5 - 4.8, 5.x, 6Red Hat Enterprise Linux (x64) 5.x, 6Cent OS (x32) 4.5 - 4.8, 5.xCent OS (x64) 5.xOracle Enterprise Linux (x86, x64) 5.xNovell SUSE Linux Enterprise Server (x86) 9 SP4, 10 SP1, 10 SP2, 10 SP3, 10 SP4 11, 11 SP1Novel l SUSE Enterprise Linux (x64) 10 SP1, 10 SP2, 10 SP3, 10 SP4, 11, 11 SP1Debian Lenny 5.0 (x86)Debian Squeeze 6.0 (x86, x64)Ubuntu 10.04, 10.10 (試験的対応)Solaris 10 Update 9 (試験的対応)
  • 20. 驚愕のコストパフォーマンス サーバー単位のライセンス 管理サーバーが不要 デスクトップ仮想化環境では、XenDesktopにXenServer有償ライセンスが包含 IaaSクラウド環境では、CloudStackにXenServer有償ライセンスが包含 サーバ数: 5 サーバ数: 50小規模仮想環境 2 CPU / サーバー 大規模仮想環境 2 CPU / サーバーXenServer Adv VS 他社製品同等エディション XenServer Ent VS 他社製品同等エディション
  • 21. 競合他社のライセンスモデルの変更1. CPU (Socket) base license たとえば、2. vRAM ライセンス サーバー (2 CPU, 256G) x 8台 Edition vRAM 競合他社 Enterprise Edition Hypervisor (ESXi) 32 総VM/サーバーのメモリ使用量: 50G Standard 32 2 CPU x 8 = 16 (XenServerの場合: 8 ) Enterprise 64 Enterprise Plus 96 総VM/サーバのメモリ使用量: 100G (2 +1) x 8 = 24 (XenServer: 8 lic)3. ESXの終了、ESXiのみの提供 ESXの管理コンソールを使用していたユーザー 総VM/サーバのメモリ使用量: 200G は、ESXiの管理に移行必要がある。 (2 + 4) x 8 = 48 (XenServer: 8 lic) 旧 Dead 非常に複雑なライセンスモデル 新  サイジングしにくい 3.5 4.0 4.1 5.0
  • 22. 管理機能
  • 23. 管理ツール XenCenter• 直感的で分かりやすいインターフェイス• ユーザーがカスタマイズ可能• 複数のXenServerを管理• Active Directoryユーザーを追加• XenServerとのコミュニケーションに XenAPI (XML-RPC)を使用• ディスク変換機能 • V2V: XenCenter • P2V: XenConvert• GUIよりスナップショットもとれる • ディスクベーススナップショット(無償) • メモリベーススナップショット (Enterprise) • 自動スナップショット、バックアップ (Advanced)
  • 24. 複数サーバー管理 Resource PoolXenServerがインストールされた複数の物理サーバーやスト マスターサーバー XenServer 1レージを1つのResource Poolで運用/管理できる• Resource Pool の使用により仮想マシン運用の 可用性が拡張 XenCenter メンバーサーバー XenServer 2 • XenMotion機能 • 仮想マシン(VM)の自動配置機能 • HA構成• 設定情報の共有 • 仮想ネットワークの構成 メンバーサーバー XenServer 3 • ネットワーク共有ストレージ  iSCSIやNFS の仮想ディスクイメージの管理  Thin provisioning, copy-on-write, snapshot をサポート • 設定情報の冗長管理の実現
  • 25. ロールベースの管理• 様々な権限を持つユーザーロールを提供 • Pool Admin: 管理者 • Pool Operator: XenServerのオペレーター • VM Power Admin: 仮想マシンの管理者 • VM Admin: 仮想マシンの日常的な管理者 • VM Operator: 仮想マシンのオペレーター • Read-only: 参照のみ• ロールはリソースプール内で定義• Active Directoryの ユーザーやグループに割り当て• ワークロードレポートを通じて 履歴ログを収集可能
  • 26. 仮想アプライアンスの拡張
  • 27. Rolling pool upgrade wizard
  • 28. Microsoft System Center Integration• System Center VMM 2012を使用した監視• System Center Operation Manager 2012を使用した監視
  • 29. ウェブセルフサービス
  • 30. XenServer SDKを使用した自動化• XenServer SDK • C#.NET、Java、C、PowerShell、Python用の5種類 • 各言語からXAPI(XenAPI)を呼び出し可能にするため のバインディング用バイナリと、そのソースコード • APIリファレンス (XenServer Management API)• コマンドサンプル (PowerShell) • VM 「XVM」を起動 • Invoke-XenServer:VM.Start -VM "XPVM“ • 仮想マシン"XPVM"から、"XPVM01"~"XPVM03"と いう3台のVMを高速複製する • For($i=1; $i -lt 4; $i++) { Invoke-XenServer:VM.Clone -VM "XPVM" -NewName ("XPVM0" + $i) -RunAsync }
  • 31. スケーラビリティ
  • 32. 性能とスケーラビリティの拡張• オープンソース Xen 4.1を採用• ホストサポート上限値を増加• ホスト当たり1TBのメモリをサポート• ホスト当たり128個の論理プロセッサをサポート• 動的メモリ制御によりホストのスケーラビリティ を向上• 仮想マシン当たり16 vCPUの仮想プロセッサをサ ポート• ネットワーク性能• ホスト当たり16個のNICをサポート
  • 33. 動的メモリ制御 (DMC)• メモリバルーニングを可能• 設定された範囲内で、ある仮 想マシンが予約しているメモ リを他の仮想マシンへ割り当 てる事が可能• 1ホスト当たり起動する仮想 マシン数を増やすことが可能
  • 34. 可用性
  • 35. 可用性 実行時 ライブマイグレーション、動的負荷分散起動時自動配置 災害時障害時 6.0よりサイトリカバリの機能がXenServerに統合 6.0よりNFSにも対応
  • 36. Advanced異機種間プール※Intel VT FlexMigration, AMD-V Extended Migration対応CPU 詳細はHCLを確認してください Virtual Machine Virtual Machine Safe Live Migrations Mixed Processor Pools
  • 37. ダイナミック ワークロード バランシング• どのXenServerで仮想マシンを起動する べきか推奨• リソース使用率に基づいて、ホストから 別のホストに仮想マシンを自動的に移行• 集約モード / パフォーマンスモード• XenServerを必要に応じて、電源オン・ オフ• リソースの使用率や仮想マシンのワーク ロードに関するレポートの生成XenServer 6.0より Linux仮想アプライアンスとして提供 Winライセンス必要なし 設定の簡素化
  • 38. ストレージ
  • 39. ストレージ管理• 複数のストレージを簡単に管理• ストレージ本来が持つ機能をXenServerより利用可能XenServer 6.0より Winサーバ必要なし(XenServerのみで機能提供) Winライセンス必要なし 設定の簡素化 StorageLink シンプロビジョニング スナップショット クローン ディザスタリカバリー
  • 40. ネットワーク
  • 41. L2- L7までの全てのネットワークサービスを提供 クラウドサービス事業者で必要な エコシステムにより提供可能な Citrixにより提供可能な ネットワークサービス 仮想ネットワークサービス 仮想ネットワークサービス Application Security NetScaler Application Acceleration SDX, VPX Load Balancing Branch Repeater WAN Optimization VPX Access Gateway SSL VPN VPX Layer 2 Bridging NetScaler Cloud Bridge IPSec VPN Vyatta is the company VPX providing virtual router. Firewall / IPS Citrix and Vyatta has very good relationship. Routing Open vSwitch Open vSwitch Switch (XenServer vSwitch) Hypervisor Citrix XenServer
  • 42. XenServer 6.0より分散仮想スイッチ • デフォルトの仮想スイッチにOpenFlow対応の仮想スイッチが採用 • パフォーマンスの改善 透過性 · リソースコントロール · 分離化 · セキュリティ vSwitchコントローラ (OpenFlowコントローラ) 仮想アプライアンスとして提供VM VM VM VM VM VM VM VM VM VM VM VM Hypervisor Hypervisor Hypervisor XenServer XenServer XenServer vSwitch vSwitch vSwitch • OSSの仮想スイッチ (Open vSwitch) の利用 OpenFlow対応 • ネットワークの自動化 • トラフィックの可視化 • VLAN ID数の制限からの解放
  • 43. クロスホストプライベートネットワーク• 異なるXenServer上のVM間でプライベートネットワークを共有• XenServer Advanced Edition以上• vSwitch と vSwitch Controllerが必要• XenCenterより、クロスホストプライベートネットワークを設定
  • 44. Solarflare 10G EthernetServer Single-Root I/O Virtualization(SR-IOV) for Citrix XenServer 6SR-IOVなしの場合 通常のSR-IOV対応のNICの場合 Solarflare SR-IOV NIC
  • 45. 分散仮想スイッチ: コンソール
  • 46. Citrix NetScalerが提供するサービスNetScaler MPX:物理アプライアンスNetScaler VPX: 仮想アプライアンス(XenServer、Hyper-V、VMware対応) アプリの可用性向上 アプリ性能の最適化 アプリセキュリティ 管理性の向上 の向上 (トラフィック管理) (サーバオフロード)L4ロードバランス TCP最適化 L4 & L7 DoS防御 Web GUI & CLIL7コンテンツスイッチ HTTP圧縮 L7コンテンツフィル Command Center タリングGSLB (広域負荷分散) キャッシュ RBAC HTTP/URLリライトサージ保護 キャッシュリダイレ AppExpart Visual Policy SSLオフロード クション Builder帯域制限 SSL VPN Web 2.0プッシュ AppExpert サービスコールア優先制御 アプリケーション ウト Fast XML XPath ファイアウォール AppExpert テンプレート XML保護 監視機能
  • 47. Citrix NetScaler SDX 仮想アプライアンスを使用した際の暗号化処理等のパフォーマンス改善 デバイス管理 NetScaler VPX NetScaler インスタンス管理 (仮想アプライアンス) Managementコア Service VM Dom0 VM 1 1 1 1 1 1 Management 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 2 2 仮想CPU 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 1 1 1 1 1 1 SSLチップ 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5ハイパースレッディング 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 コア 0 1 2 3 4 5 0 1 2 3 4 5 CPU インテルXeonプロセッサーX5680 インテルXeonプロセッサーX5680 Citrix® XenServer®
  • 48. 組み合わせが重要 テナントA• エッジ層 NetScaler MPX – 筺体毎のスケーラビリティ(最大 VM 50Gbps) – エッジでのネットワーク機能 (GSLB, DoS) Router Switch NetScaler SDX VM• マルチテナント層 Router Switch テナントB VM – 完全な独立性(インスタンスごと) – アプリケーション固有のポリシー適用 テナントC (WAF、アクセラレーション) VM – 利用に応じた課金 NetScaler VPX NetScaler MPX VM エッジ層 マルチテナント層
  • 49. XenDesktop向け最適化機能
  • 50. XenDesktop + XenServer 最適化機能HDX 3D Pro Graphics 仮想マシン対応• GPUパススルーアクセス 仮想マシン対応 試験的サポートとして、XenServer 5.6で利用可能 ※NVIDIA SLI対応 (e.g. FX3800, FX4800, FX5800)• GPU codecが標準クライアントで利用可能 現状は、GPU codec用の特別なクライアントが必要 XenServer 6.0より XenCenterから、VMにGPUをアサイン可能
  • 51. XenDesktop向けの最適化機能 「InteliCache™」 VDI環境に最適化されたローカルディスクキャッシュ• XenDesktopの仮想マシンのイメージを ローカルのストレージにキャッシュ• 共有ストレージへのIOPSの削減 VM VM NFS Cache XenServer
  • 52. 事例紹介
  • 53. フュージョンコミュニケーションズクラウドスタック「copse」の中核技術にXenServer を採用copse技術を採用した商用サービス「フュージョン・クラウド(仮称)」を2012前半に立ち上げ予定• copseについて • 課題 • サービスとしての「copse.jp」 • 少ない投資と高い信頼性、相反する条件の両立 • OSSプロジェクトとしてのcopse • ソリューション • コミュニティとしてのcopse • 無償版の存在と安定性を評価しXenServer を採用 • 導入効果 • エンジニアがソースコードで挙動を解析 • XenServer Management APIを利用した開発
  • 54. SCSK netXCloud商用クラウドサービスの事例• CloudStackで構築したパブリッククラウドとプライベートクラウドアプライアンス(Cloud System Enabler)を同時リリース。異なるCloudStack環境を一元的に管理。• データセンター、オンプレミス連携などインテグレータならではのエンタープライズクラウドサー ビスを提供。 CloudPortal ア パブリッククラウド基盤サービス プ リ 企業向け/リソース共用型 ケ ー URL:http://www.netxcloud.jp/ シ ョ ン ・ “Cloud S E ystem nabler ” デ ー タ プライベートクラウドアプライアンス 連 リソース専有型 携 異なる環境をCloudPortalで 一元的に管理
  • 55. コリアテレコム商用クラウドサービスの事例• 背景 • 政府の要請による国内最大のパブリッククラウドとプライベートクラウドを構築 • モバイルデバイスの急増により、柔軟で、スケーラブルなITインフラの整備が急 務• チャレンジ • スケーラビリティのあり、低価格なプライベートクラウドとパブリッククラウドの早期 構築 • 1000以上のサーバー、テラバイトストレージを、セルフサービスポータルから管理 するためのシステム “In selecting our cloud management • セキュアなマルチテナント用のプラットフォーム platform, we sought a technology solution • パブリッククラウドとプライベートクラウドで共通のフレームワークを使用 that provided us with automation tools, a scalable architecture and secure multi-• ソリューション tenancy all wrapped in an open source license and community model. We believe • クラウド基盤の管理の為に、 Cloud.com社との提携し、CloudStackを利用 that Cloud.com’s innovative platform is the • Citrix XenServer、enStratus、Nexenta、Arista Networksの技術を right solution for KT.” – Jung-sik Suh, GM, KT 使用 URL: http://cs.ucloud.com
  • 56. コリアテレコムAmazonの様な社内向けのITサービス• 2種類のプライベートクラウドを構築• 社内システムの70%以上を移行するクラウド• モバイルアプリケーション開発用の低コストなクラウド• 両方のクラウドはコンセプトから8カ月以内に実稼働• 社内ITシステムでの設備投資コストが79%削減• システムの使用率(稼働率)の向上• クラウド管理:CloudStack• ハイパーバイザー:XenServer• ストレージ:Nexenta(ZFSベース)• ネットワークスイッチ:Arisa Networks• サービスやアプリケーションの提供時間が数週間から数分に
  • 57. タタコミュニケーションズ商用クラウドサービスの事例• 背景 • 南アジア(インド、シンガポール、マレーシア)にて3000万のユーザーからの ニーズ • Tataのホスティングサービスでの、AWSの脅威• チャレンジ • 3つの国をまたぐ、4つの通過を使用可能な、7つのデータセンターを持つパブリッ ククラウドを1つのクラウド管理ツールで管理 • コンセプトからわずか8カ月での稼働 “In selecting our cloud management platform, it • 高いパフォーマンスを持つ、完全冗長化システムの必要性 was important to find a partner that provided us with a foundation for building out a highly reliable and affordable cloud service while giving• ソリューション us the control and flexibility to differentiate and • Cloud.comのCloudStackと、CloudPortalにより、ベースのクラウド基盤を tailor our solution to our customers’ needs. 構築 Cloud.com and its unique platform allow us to do exactly that.” – John Landau SVP, Tata • ハイパーバイザーとして、Citrix XenServerを使用 • 高いパフォーマンスをもち、スケーラブルで、低コストなクラウドサービスを提供 URL: http://iaas.tatacommunications.com
  • 58. NTTコムウェア株式会社約4,700ユーザーが仮想デスクトップ環境を活用セキュリティとITガバナンスを確立し、端末管理のTCOを大幅に削減• 課題 – 20,000台を超えるPC、約4,700ユーザーの大規模環境 における、セキュリティの確保、ITガバナンスの確立、コスト • 利用環境 低減 ユーザー数:約4,700名• ソリューション XenApp(公開デスクトップ) – クラウドサービス『SmartCloud』にDaaS基盤を構築 XenDesktop(仮想PC) – XenApp, XenDesktop, XenServerを採用し、社内 XenServer (仮想プラットフォーム) 4,700ユーザーに展開• 効果 – セキュリティとITガバナンスの確立 – 端末管理のTCOの大幅な削減 – クライアント端末故障時も短時間で業務を再開• 今後の予定 – SmartCloudによるデスクトップ仮想化を、オフィスワーク から開発現場(オフショアを含む)にも利用拡大予定
  • 59. 北海道大学 情報基盤センター国内最大級のアカデミッククラウドの事例• 全国の大学、研究機関の活動を支援する情報環境に※平成23年11月よりサービス開始予定• 日立のBladeSymphonyハイエンドモデル「BS2000」を採用 • 最新のIntel XeonプロセッサE7ファミリ、共有メモリ128GB、10GbEx2を有するスパコン並みの性能を有す る演算ノード114台から構成 • 全体として4000コア、40TFlops以上、500TBの大容量ストレージ• 仮想化基盤ソフトウェア: Citrix XenServerを採用 • 管理運用コストの大幅な低減 • 消費電力 1/5 ~ 1/10程度まで削減• クラウド管理ミドルウェア: Cloud.com社のCloudStackを採用 • ポータルから一元的にバーチャルマシンの申請、管理、運用を可能• 提供サービス • 仮想サーバー、クラスタシステム、コンテンツマネジメントシステム、アプリケーションサービス、オンラインストレージ サービス、ブログサービス等、研究者にとって必要となる各種サービスの提供 Source, http://www.hucc.hokudai.ac.jp/gakusai_info.html
  • 60. 京都大学 学術情報メディアセンターサーバー仮想化により、消費電力を最大55%削減• 課題 – ITサービスの強化に伴い、エネルギー消費にかかる費用が 急増している – 大規模SMPシステムで柔軟なリソース配分ができない• 効果 – 最大55%の消費電力削減を実現した省電力サーバー ECO CENTERを採用 – XenServerなどの仮想技術を活用し、ハードウェアの負 荷に応じた業務の最適配置による電力の最適化を実現消費電力: 最大55%削減設置スペース: 50%削減従量: 58%削減
  • 61. ソフトバンクテレコム株式会社サーバーの集約と運用コスト削減、システム保守負担の軽減物理サーバーを735台から230台に集約運用管理コストを5年間で13億9000万円削減
  • 62. Zynga (世界最大級のゲーム会社)スケーラブルなWebシステム、ハイブリッドクラウド環境• はじめはAmazon EC2を使用• 最近プライベートクラウドを構築し使い分け • パブリッククラウド(AWS)とプライベートクラウドの両方を1つのクラウド管理ソフトウェアで管理 • プライベートクラウドでは予測可能なシステム (リリースして時間がたっているゲームや、プロトタイプ) • プライベートクラウドを2つのデータセンターで運用 (東海岸、西海岸)• コンセプトからわずか6カ月で運用開始• XenServerとCloudStackを使用• 10,000以上の物理サーバーで運用• 22分で100の仮想サーバーを展開可能
  • 63. べクテル(米国大手建設会社)アマゾンの様な社内システムの構築• 非常に複雑な社内ITサービス提供ポリシー • 公共事業向けのセキュリティ • コンプライアンス準拠• CloudStack + XenServer + enStratusを使用したプライ ベートクラウドの構築 • サービスの提供プロセスをユーザーフレンドリにしたことにより 効率的なプロジェクト管理を実現 • オンデマンドなサービスの提供により、 作業効率、調達スピードなどが向上 • ガバナンスやアプリケーションの事業継続性の改善 • プロセスの統一と自動化によるサービスの品質の向上
  • 64. SAP AGXenServerによるXenAppサーバーの仮想化XenAppサーバーの仮想化により、総コストを35%削減チャレンジ • システム構成 全世界から80,000以上のユーザがXenAppを使用(25,000ccu) 物理サーバー:150台 750台のXenAppサーバの削減 物理サーバー1台あたり:20GBメモリ、4台の仮想マシン サーバーあたりの収容ユーザ数の増加が必要 仮想マシン1台あたり:約30同時ユーザー (サーバーあたり40ユーザ以上) ⇒1物理サーバーあたり:約120同時ユーザー データセンターのリソース削減 (スペース、空調、電気代 など)XenApp仮想化の効果 データセンター スペース:75%削減 消費電力:75%削減(-582.018t CO²) 2011年までのトータルコスト削減予測 2,331,723€ (約3億円)物理サーバー数は750台から150台に削減サーバーあたり80 ユーザの追加
  • 65. まとめ• クラウド環境に最適に• CloudStackとの実績と圧倒的なコストパフォーマンス• OpenFlow対応の仮想スイッチ事例:フュージョン・コミュニケージョンズ 株式会社、北海道大学• デスクトップ仮想化システムに• XenDesktop向けの最適化機能• XenDesktopデスクトップ仮想化システムでの実績と無償利用事例: NTTコムウェア株式会社、株式会社三菱東京UFJ 銀行、富士市教育委員会• コストパフォーマンスを最大に生かして• サーバー統合によるコスト削減事例: SAP AG、ソフトバンクテレコム株式会社
  • 66. 為になる情報共有サイト
  • 67. 為になる情報共有サイト内容 URLXenServer製品ページ(日本語) http://www.citrix.co.jp/products/xenser/xenser.htmlXenServerドキュメントライブラリ (日本語) http://www.citrix.co.jp/cgibin/document.cgi?productName=10&cmdSearchXen.org http://www.xen.org/XenServer Design Kit (英語) https://community.citrix.com/kits/#/kit/3125008Sales Knowledge Base (英語) http://www.citrix.com/skb/#サポートフォーラム (日本語) http://forums.citrix.com/category.jspa;jsessionid=446929AD1DF694545AEE13F7 9487EC6A?categoryID=176サポートフォーラム (英語) http://forums.citrix.com/category.jspa?categoryID=101ナレッジベース (英語、日本語) http://support.citrix.com/Facebook http://www.facebook.com/Citrix#!/CitrixXenServerTwitter (非公式) @Citrix, @xenserverarmy, @kkitase, #XenServerWiki (非公式) http://v12n.jpXenServer Central http://community.citrix.com/citrixready/xenserverXenServer HCL http://hcl.vmd.citrix.com/Citrix HCL Community Verified http://community.citrix.com/citrixreadyCitrix HCL Self Certification Kits http://www.citrix.com/ready/hcl
  • 68. ナレッジベースでの検索Tips日本語KBだけを検索する方法1. 米国シトリックスのサポートサイト http://support.citrix.com/search/advanced/ を開く2. Search Terms:に「*」を入力3. Select a Product:で「XenServer」を選択4. Select a Language:で、「日本語」だけを選択した状態にする (日本語以外の言語のチェックボックスをオ フにする)5. Content types • Product Documentation: マニュアル • Hotfixes:Hotfixの情報 • Learning Center: ホワイトペーパー等 • Tools and Resources: ツール • Technotes: Tips6. Search]ボタンをクリックする
  • 69. フォーラムでの検索方法1. 米国シトリックスのフォーラムサイト http://support.citrix.com/search/forum?qs=*を開く2. Search Terms: でキーワードを指定3. Category of Forumで「XenServer」もしくは、「XenServer/Essentials Japanese」を選択4. Modifiedで期間を選択5. Searchボタンをクリック
  • 70. 本資料について• 本書に記載されている事柄は、予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。• 本書は「無保証」で提供され、市場性、特定の目的に対する適合性、または第三者の権利を侵害しな いことを含むいかなる明示または暗示保証は一切付与されません。Citrix Systems, Inc. (以下 「Citrix」といいます) は、本書に含まれる技術的または編集上の誤りと欠落について、また、本書の 内容の実行および使用に起因する直接的、付随的、二次的、およびその他のあらゆる損害について、 Citrixがそのような損害の可能性について事前に知らされていた場合でも、一切責任を負いません。• 本書には著作権により保護されている情報が含まれています。内部での配布を除き、Citrix Systems, Inc.の事前の書面による許可なく、本書を、いかなる形式でも複写または複製することを禁じます。• Citrix製品の限定保証については、各製品の付属文書をご覧ください。Citrixは、Citrix製品のみを保証 し、他社製品は一切保証いたしません。• 本書に記載されているその他のすべての商品名は、該当する各社の商標または登録商標です。• Copyright © 2011 Citrix Systems, Inc All rights reserved.