CloudStack User Inferface
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

CloudStack User Inferface

on

  • 1,378 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,378
Views on SlideShare
1,378
Embed Views
0

Actions

Likes
2
Downloads
36
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

CloudStack User Inferface CloudStack User Inferface Presentation Transcript

  • 第1回CloudStack徹底入門読書会4章 管理者ユーザーインターフェイス -CloudStackを使う(1)-5章 エンドユーザーインターフェイス -CloudStackを使う(2)- 貝賀(NTTコミュニケーションズ) 島崎(Citrix) 鬼形(富士通ラーニングメディア)
  • かいが -> パブリッククラウド Cloudn の技術開発担当 クラウドエヌ www.ntt.com/cloudn/
  • はじめに / 4章・5章の違い■4章 管理者ユーザーインターフェイス -CloudStackを使う(1)-→ルート管理者が使用するUI■5章 エンドユーザーインターフェイス -CloudStackを使う(2)-→ドメインユーザー、ドメイン管理者が使用するUI View slide
  • はじめに / 4章・5章の違い■4章 ■5章・モニタリング ・ドメイン内の状態把握 (ダッシュボード、イベント) (ダッシュボード、アカウント)・アカウント設定 ・インスタンス (アカウント、ドメイン) ・ストレージ・インフラストラクチャ ・ネットワーク・プロジェクト ・テンプレートとISOイメージ・グローバル設定・サービスオファリング→クラウドの管理について →クラウドの利用について View slide
  • はじめに / 各UI(機能メニュー)の違い ■管理者ユーザー ■エンドユーザー インターフェイス インターフェイス ・ダッシュボード ・ダッシュボード ・インスタンス ・インスタンス ・ストレージ ・ストレージ ・ネットワーク ・ネットワーク ・テンプレート ・テンプレート ・イベント ・イベント ・アカウント ・アカウント ・ドメイン ・ドメイン(ドメイン管理者のみ) ・インフラストラクチャ ・プロジェクト ・プロジェクト ・グローバル設定 ・サービスオファリング
  • 4章 管理者ユーザーインターフェイス4.1章 管理者インターフェイスの機能■4章の内容・管理者ユーザーインターフェイスでのみ利用可能なメニュー (クラウドの管理)・ルート管理者があらかじめセットアップしておくべき設定内容 (クラウドの提供準備)■ルート管理者の主な役割・使用するリソースの定義・アカウントの管理・提供しているクラウドの監視
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) ダッシュボード ・ルート管理者は、ダッシュボード(アラート一覧含む)と イベント一覧でクラウド環境を統合的にモニタリングできる
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) ダッシュボード ・ルート管理者は、ダッシュボード(アラート一覧含む)と イベント一覧でクラウド環境を統合的にモニタリングできる
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) アラート一覧 ・CloudStackで起きたアラートのログが記録される ・リストをクリックすると、詳細情報を表示
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) ダッシュボード ・アラートはメールで配信(リソース不足、死活監視) ・プロジェクト単位で管理(後述)
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) ダッシュボード ・アラートはメールで配信(リソース不足、死活監視) ・プロジェクト単位で管理(後述)
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) システムの処理能力 ・ゾーンごとのリソース状態(メモリ、CPUやストレージ、 IPアドレスなどの使用量とその割合)を確認できる
  • 4.2章 モニタリング(ダッシュボード、イベント) イベント一覧 ・クラウド内のすべてのユーザーおよび管理者の操作を追跡 ・リストをクリックすると、詳細情報を表示
  • 4.3章 アカウント設定(アカウント、ドメイン) アカウント一覧・通常、サービスプロバイダーの顧客や大規模な組織の部門を表す・1つのアカウントに複数のユーザーを存在させることができる
  • 4.3章 アカウント設定(アカウント、ドメイン) ドメイン一覧 ・アカウントはドメインによってグループ化される
  • 4.3章 アカウント設定(アカウント、ドメイン) ドメイン詳細 ・アカウントは必ずドメイン配下(デフォルト:ROOT) ・ドメイン詳細で、リソース制限が確認・編集可
  • 4.4章 インフラストラクチャ インフラストラクチャ ・今あるゾーン、ポッド、クラスター、ホストやストレージ の数などを確認できる
  • 4.4章 インフラストラクチャ インフラストラクチャ ・今あるゾーン、ポッド、クラスター、ホストやストレージ の数などを確認できる
  • 4.4章 インフラストラクチャ ゾーン一覧 ・ゾーンの一覧が表示され、表示されたゾーンをクリックすると ゾーンの詳細が確認できる
  • 4.4章 インフラストラクチャ ゾーン詳細 ・ゾーン構成要素をグラフィカル表示 (CloudStackの管理概念が理解しやすい)
  • 4.4章 インフラストラクチャ ゾーン詳細 ・物理ネットワークに紐づけられた各ネットワークを表示
  • 4.4章 インフラストラクチャ ゾーン詳細 ・ゾーン全体のリソース使用状況を表示 (前述の[ダッシュボード]->[システムの処理能力]に同じ)
  • 4.4章 インフラストラクチャ ポッド詳細 ・ゾーン、ポッド、クラスターを有効/無効化 (無効なゾーン等に新しいリソースの割り当てはしない)
  • 4.5章 プロジェクト プロジェクト一覧・プロジェクトを作成できるのは、ルート管理者とドメイン管理者・プロジェクト管理者は、自分のドメイン内の他ユーザーを追加可
  • 4.5章 プロジェクト ダッシュボード・アカウントおよびプロジェクトごとのリソース使用状況が追跡され その単位で使用料を請求することができる
  • 4.5章 プロジェクト ダッシュボード・アカウントおよびプロジェクトごとのリソース使用状況が追跡され その単位で使用料を請求することができる
  • 4.5章 プロジェクト ダッシュボード ・プロジェクト単位で管理 (同一ドメインのアカウント間でリソースを共有)
  • 4.6章 グローバル設定 のちに説明
  • 4.7章 サービスオファリング・CPUの速度や数、メモリ、ディスクサイズ、ネットワーク機能などのリソースを クラウドの提供するサービスメニューとして定義し、 ユーザーがインスタンス作成時に、ウィザードで選択し利用する・CloudStack標準装備のもの以外にルート管理者が独自に作成可 (柔軟なクラウドサービスの提供が可)■サービスオファリングの種類①コンピューティングオファリング インスタンスが使用するCPUの速度、CPUの数、RAMのサイズなど②システムオファリング システムVM が使用するリソース③ディスクオファリング インスタンスにアタッチできるデータディスクのサイズ④ネットワークオファリング インスタンスを接続するネットワーク機能
  • 4.7.1章 コンピューティングオファリング サービスオファリング ・仮想マシンに割り当てるCPU数、CPU速度、 メモリ容量などを定義
  • 4.7.1章 コンピューティングオファリング ・shared: NFS ・local: ハイパーバイザーホスト にアタッチされたストレージ ・高可用性: HAオプション ・タグ: ホスト、ストレージの関連付け・整理 ・CPU制限: 使用率に余裕があっても、 ユーザーが購入したCPU使用 率までに抑えるかどうか ・パブリック: 全てのドメインから利用可
  • 4.7.2章 システムオファリング サービスオファリング ・他のオファリングと違い、ゲスト仮想マシンで使用されたり ユーザーから見えるものではない (設定内容はコンピューティングオファリングと同じ)
  • 4.7.3章 ディスクオファリング サービスオファリング ・ユーザーがインスタンス作成時に選択する データディスクのサイズを定義
  • 4.7.3章 ディスクオファリング ・カスタム: ユーザーが独自にディスクサイズ を設定可 ・タグ: プライマリストレージ(仮想ディスクの 格納先)との関連付け
  • 4.7.4章 ネットワークオファリング サービスオファリング ・インスタンスの接続先となるネットワークの機能を定義
  • 4.7.4章 ネットワークオファリング ・ゲストの種類: ゲストネットワークを分離するか 共有するか ・VLAN指定: ユーザーにVLANを指定させるか ・サポート: 使用できるネットワークサービス ・節約モード: ネットワーク上で最初の仮想マシンが開始され た時のみリソースを割り当てる ONの場合、1パブリックIP : 複数サービス OFFの場合、1パブリックIP : 1サービス ・タグ: 使用する物理ネットワークを指定
  • まとめ・4章ではルート管理者が利用する管理者ユーザーインターフェイス (クラウドの提供準備やクラウドの管理)について解説・CloudStackはハイパーバイザーの種類を意識せず、同一インターフェイスで管理できる・同じく、IaaSクラウドを提供するにあたり必要なアカウント管理、サービスオファリング、モニタリングの仕組みを備えている 以上
  • 引き続き・・・ ・グローバル設定(4章の一部) ・エンドユーザーインターフェイス(5章) と続きます
  • ひとまず、ご静聴ありがとうございました くらうどんも よろしくお願いします