Your SlideShare is downloading. ×
0
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Pattern Canvas Primer
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Pattern Canvas Primer

365

Published on

Regional Scrum Gathering Tokyo 2014 OpenJam. …

Regional Scrum Gathering Tokyo 2014 OpenJam.
パターンキャンバスを使ったパタンライティング、問題解決の思考プロセスを説明した。当日発表した資料に、当日の板書や説明の内容を若干加筆しています。

Published in: Design
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
365
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. パターンキャンバス プライマー 2014/01/15 合同会社カルチャーワークス/Agile459 懸田 剛/Takeshi Kakeda
  • 2. パターンって 知ってます?
  • 3. 詳しくはこちらを… パタンの書き方 http://goo.gl/qxe1PW パターンライティングに向け たパターンマイニング http://goo.gl/uGyq5
  • 4. 文脈 問題が起きている状況 それまでの背景 周辺情報いろいろ
  • 5. 問題 困っていること 文脈の中で起きている!
  • 6. 解決策 問題を解決する方法 望ましい結果に導くための 手段
  • 7. 結果 文脈における問題を解決し た結果どうなったか 問題が解決された後の期待 する結果 予期せぬ(良い/悪い)結果も
  • 8. フォース 問題を解決するのを難しく している考慮事項・制約 未解消では期待する結果にならない 「その解決策」を選ぶ根拠となるもの
  • 9. 名前 ある文脈上における問題解 決に対しての名前づけ パターン名 名詞句がいいよ
  • 10. パターンキャンバス 問題解決・再利用のための ビジュアルフレームワーク http://www.slideshare.net/kkd/pattern-canvas
  • 11. 名前 文脈 問題 フォース 解決策 結果
  • 12. 使い方例 (1) パターンを書く 過去の問題解決の成功体験 (2) 問題解決を考える 今の問題をどう解決するか
  • 13. 名前 6 文脈 パターンを書く場合例えば? 問題 「どんな状況 だった?」 解決策 結果 「何したら 「何に困ってた?」 うまくいった?」 4 2 1 フォース 5 「その解決策を 選ばないといけなかった制約は?」 「その結果 どうなった?」 3
  • 14. 名前 デイリースクラム(をパターンとしてみる) 文脈 チームで 作業している。 個人が責任を 持って仕事を やり抜く 文化である。 問題 解決策 問題の発見が 遅れることで 状況が 悪化する 問題を 毎日、全員に 早期発見 3つの 質問をする。 することで 頻繁に 再計画を 実施できる フォース 問題があったら知らようと思っても 人によっては通知が遅れてしまいがちである。 結果
  • 15. 名前 デイリースクラム 文脈 問題 チームで 作業している。 個人が責任を 持って仕事を やり抜く 文化である。 解決策 なぜ、解決策が 問題の発見が 「リーダーが全員 に状況を聞きに回 遅れることで る」ではないのだ 状況が ろう? 悪化する 結果 問題を 毎日、全員に 早期発見 3つの 質問をする。 することで 頻繁に 再計画を 実施できる フォース 問題があったら知らようと思っても 人によっては通知が遅れてしまいがちである。
  • 16. 名前 デイリースクラム 文脈 問題 解決策 問題の発見が なぜ、解決策が 遅れることで 「リーダーが全員 に状況を聞きに回 状況が る」ではないのだ 悪化する ろうか? 問題を 毎日、全員に 早期発見 3つの 質問をする。 することで 頻繁に 再計画を こういう制約が 実施できる あるから「リーダー チームで 作業している。 個人が責任を 持って仕事を やり抜く 文化である。 結果 が聞きに回る」が できないのだろう 問題があったら知らようと思っても か? 人によっては通知が遅れてしまいがちである。 フォース リーダーが状況を聞いて周りたいが忙しすぎる
  • 17. 名前 デイリースクラム 文脈 問題 解決策 問題の発見が 遅れることで 状況が 悪化する 問題を 毎日、全員に 早期発見 3つの 質問をする。 することで 頻繁に 再計画を 実施できる チームで 作業している。 個人が責任を 持って仕事を やり抜く 文化である。 メンバーは それぞれ アサインされた 仕事を 受け持っている こういう文脈の中 では「頻繁な再計 フォース 画」は実現できる 問題があったら知らようと思っても のだろうか? 人によっては通知が遅れてしまいがちである。 リーダーが状況を聞いて周りたいが忙しすぎる 結果
  • 18. 名前 6 文脈 問題解決の場合、例えば? 問題 解決策 結果 「どうしたら解決 「どんな状況?」 「何に困ってる?」 できる?」 2 5 1 フォース 4 「問題解決を難しくしているのは何?」 「今の状況を どうしたい?」 3
  • 19. 名前 文脈 チームで 作業している。 個人が責任を 持って仕事を やり抜く 文化である。 メンバーは それぞれ アサインされた 仕事を 受け持っている 問題 解決策 問題の発見が 遅れることで 状況が 悪化する フォース 問題があったら知らようと思っても 人によっては通知が遅れてしまいがちである。 リーダーが状況を聞いて周りたいが忙しすぎる 結果 問題を 早期発見 することで 頻繁に 再計画を 実施できる
  • 20. 名前 文脈 チームで 作業している。 個人が責任を 持って仕事を やり抜く 文化である。 メンバーは それぞれ アサインされた 仕事を 受け持っている 問題 解決策 結果 問題の発見が 遅れることで 状況が 悪化する 解決策より前に (期待する)結果を 考える。問題→結果 を実現し、フォース を明かにした上で考 慮した解決策を選択 する! 問題を 早期発見 することで 頻繁に 再計画を 実施できる フォース 問題があったら知らようと思っても 人によっては通知が遅れてしまいがちである。 リーダーが状況を聞いて周りたいが忙しすぎる
  • 21. まとめ パターンキャンバス上でパ ターンを考えてみよう 問題解決のフレームワーク としても使ってみよう
  • 22. 発表∼
  • 23. 何か気づいたこ とは?
  • 24. 問題解決の問題へ... 問題解決に囚われる 目的を見失う 望ましい結果を導く 解決策が新たな問題を生む 連続して解決策を積み重ねる

×