Design Sprintを
学ぼう
2015/03/01
Agile459
懸田 剛
@kkd
今日の予定
• チェックイン
• デザインスプリントって何よ?
• 試してみよう!
• ふりかえり
チェックイン
• お名前
• 何をしているか
• 今日期待してきたこと
Design Sprintとは?
• スタートアップ向けのデザイン∼検証プロセス
• タイムボックス(5日間)
• 個人ワーク重視
• コードは書かない
• アナログを効率的に利用
• ゴール駆動(最終日の検証計画をあらかじめ決めておく)
学習のショートカット
http://www.slideshare.net/takaumada/lean-startup-design-sprint より
5日間の内容
UNPACK
理解
SKETCH
発散
DECIDE
決定
PROTOTYPE
プロトタイプ
TEST
検証
問題共有と

深堀
スケッチ

発散
決定と合意 プロト構築
ユーザーから

学ぶ
DAY1 DAY2 DAY3 DAY...
今日のワークの流れ
テーマ決定 10分
理解 30分
発散 60分
決定 30分
プロトタイプ -
検証 -
テーマを決める
• 時間:10分
• (1)各自考えてきたテーマを付箋にかく(3分)
• (2)無言で張り出す(1分)
• (3)1人一票投票する(1分)
• (4)1番、2番を決定する(1分)
• 3つ以上の場合は決戦投票する(1分)
• (...
DAY1:理解
• 時間:トータル30分
• ゴール:全員の共通認識を作る・フォーカスを定める
• (1)顧客の課題について議論する(10分)
• (2)解決すべき課題と解決案を書き出す(15分)
• (3)全員が発表(1案、1分以内)
• (...
DAY1:理解
• (1)顧客の課題について議論する(10分)
• CEOがまず課題の背景を説明する(3分以内)
• 必ず疑問点は付箋に書いておく
• チームで課題について議論する
• 課題は起きているのか?
• 制約は何か?
• どんな時に起...
DAY1:理解
• (2)最も解決すべき課題を書き出す(10分)
• 個人作業
• 議論の中で見えてきた解決すべき課題とそれに対
して何が必要かを考えてユーザーストーリーで書
き出す(いくつでも)
• [いつ、どこ]で、[課題]に困っている人は...
DAY1:理解
• (3)全員が発表(1案1分)
• 付箋はすべて張り出す
• 全員が一押しのアイデアを1つだけ選び発表する
DAY1:理解
• (4)投票しフォーカスする課題を決定する(5分)
• ドットシールを1人一枚貼って投票する
• 同点は決戦投票
• 決まらない場合はCEOが決定する
DAY1まとめ
• 対象とするテーマ、課題についての

全員の共通認識を作る
• 時間はないことを理解する
• 特定の課題にフォーカスする
DAY2:発散
• 時間:トータル60分
• ゴール:課題に対しての可能性を明らかにする
• (1)ノートをとる(5分)
• (2)マインドマップ(15分)
• (3)Crazy 8s(10分)
• (4)ストーリーボードを書く(10分)
• ...
DAY2:発散
• (1)ノートをとる(5分)
• DAY1の内容を元に個人で整理する。脳に叩き込
む。
• 「どうしたら解決できるか」を考えてアイデアを練
る。
• 付箋、A4でメモしていく。
DAY2:発散
• (2)マインドマップ(15分)
• 問題解決のアイデア、スケッチをど
んどん描いていく
• つなげて発想を拡げる
• テキスト、イメージなんでもよい。
• 自分がわかればいい(人にはみせな
い)
• 次のステップのインプット...
DAY2:発散
• (3)Crazy 8s(10分)
• A4の紙を8等分に折って、
問題を解決するデザインを何
でもいいのでをスケッチする
• シーケンスに沿っていなくて
も良い
• 5分で1枚練習する。残り5
分で1枚仕上げる
http:/...
DAY2:発散
• (4)ストーリーボードを書
く(20分)
• A4の紙に3枚の付箋を使
う
• Crazy8s、マインドマップ
からベストのアイデアを3
つ選ぶ
• 独立・匿名・タイトル
• ストーリーボードを張り出す
タイトル
説明
UI...
DAY2:発散
• (5)無言の批評(5分)
• ストーリーボードを張り出す
• 無言で気に入ったアイデアにドットシールを貼る
• 自分のに貼っても良い
• シールの枚数制限はなし
DAY2:発散
• (6)3分批評(3分☓N)
• 1人ずつどのアイデアが好きだったかを1分で説
明してもらう
• 一番人気のアイデアの作者に3分で説明してもら
う
• 全員が全員のアイデアを説明するのは避ける(時
間がない)
DAY2:発散
• (7)特別投票(5分)
• シールを1枚持ち、ベストだと思うアイデアに投
票する
• CEOはシールを2枚持つ。
DAY2まとめ
• 紙に書く。どんどん描く。
• 個人作業を中心に。ストーリーボードまで共有しな
い。
• タイムボックスで制約をつけてすすめる。
DAY3:決定
• 時間:トータル30分
• ゴール:どのプロトタイプを作るかを決める
• (1)コンフリクトを探す(10分)
• (2)コンフリクトの対処を決める(5分)
• (3)前提とテスト条件を決める(10分)
DAY3:決定
• (1)コンフリクトを探す(10
分)
• 同じ問題の解決に複数のアプロー
チが出ている場合、コンフリク
トしている(複数手段がある)
• それらを見つけて書き出す
• 書き出し、カテゴライズして貼
りだす http://go...
DAY3:決定
• (2)コンフリクトをの対処法を決める(5分)
• ベストショットとバトルロイヤル
• 1つに決めて作る
• 早い
• 複数案作る
• 時間はかかるが意外性の発見
• ベストショット→バトルロイヤルへの変更
もあり http:...
DAY3:決定
• (3)前提とテスト方法を決める(1
0分)
• 前提=明確になってない思い込み
• ユーザー、ビジネス、技術、メッ
セージング、etc
• テスト
• どうやって前提を検証するのか?
• そのためのプロトタイプ
http:/...
DAY3まとめ
• コンフリクトを明らかにする
• 意思決定手段の選択
• ベストショットかバトルロイヤルか
• 前提を明らかにする→検証すべき点は何か?
• 決定は難しいが、曖昧にせず決めて前に進む
• 早く失敗に気づいて、修正するために
DAY2:発散
• (1)個人でアイデアを出す(10分)
ふりかえり
• 時間:15分
• 付箋に以下を無言で書く(5分)
• やったことは何か(Y)
• 学んだことはなにか(M)
• 試してみたいことはなにか(T)
• ホワイトボードに貼る(1分)
• 一番伝えたいことを1人1分で発表する(1分☓N)
参考文献
http://www.slideshare.net/takaumada/design-sprint-process
http://www.slideshare.net/takaumada/lean-startup-design-spr...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Design Sprintを学ぼう 2015/03/01 Agile459

1,324 views

Published on

2015/03/01 Agile459でのDesign Sprint体験ワークの発表資料。

申し込みサイトは https://agile459.doorkeeper.jp/events/21067

13:30-16:30で開催。

Published in: Design
0 Comments
17 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,324
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
326
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
17
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Design Sprintを学ぼう 2015/03/01 Agile459

  1. 1. Design Sprintを 学ぼう 2015/03/01 Agile459 懸田 剛 @kkd
  2. 2. 今日の予定 • チェックイン • デザインスプリントって何よ? • 試してみよう! • ふりかえり
  3. 3. チェックイン • お名前 • 何をしているか • 今日期待してきたこと
  4. 4. Design Sprintとは? • スタートアップ向けのデザイン∼検証プロセス • タイムボックス(5日間) • 個人ワーク重視 • コードは書かない • アナログを効率的に利用 • ゴール駆動(最終日の検証計画をあらかじめ決めておく)
  5. 5. 学習のショートカット
  6. 6. http://www.slideshare.net/takaumada/lean-startup-design-sprint より
  7. 7. 5日間の内容 UNPACK 理解 SKETCH 発散 DECIDE 決定 PROTOTYPE プロトタイプ TEST 検証 問題共有と
 深堀 スケッチ
 発散 決定と合意 プロト構築 ユーザーから
 学ぶ DAY1 DAY2 DAY3 DAY4 DAY5
  8. 8. 今日のワークの流れ テーマ決定 10分 理解 30分 発散 60分 決定 30分 プロトタイプ - 検証 -
  9. 9. テーマを決める • 時間:10分 • (1)各自考えてきたテーマを付箋にかく(3分) • (2)無言で張り出す(1分) • (3)1人一票投票する(1分) • (4)1番、2番を決定する(1分) • 3つ以上の場合は決戦投票する(1分) • (5)起票者をCEO(意思決定者)としてチームを作る(3分)
  10. 10. DAY1:理解 • 時間:トータル30分 • ゴール:全員の共通認識を作る・フォーカスを定める • (1)顧客の課題について議論する(10分) • (2)解決すべき課題と解決案を書き出す(15分) • (3)全員が発表(1案、1分以内) • (4)投票しフォーカスする課題を決定する(5分)
  11. 11. DAY1:理解 • (1)顧客の課題について議論する(10分) • CEOがまず課題の背景を説明する(3分以内) • 必ず疑問点は付箋に書いておく • チームで課題について議論する • 課題は起きているのか? • 制約は何か? • どんな時に起きるのか?
  12. 12. DAY1:理解 • (2)最も解決すべき課題を書き出す(10分) • 個人作業 • 議論の中で見えてきた解決すべき課題とそれに対 して何が必要かを考えてユーザーストーリーで書 き出す(いくつでも) • [いつ、どこ]で、[課題]に困っている人は、
 [期待する結果]にしたいので、[解決案]が欲しい
  13. 13. DAY1:理解 • (3)全員が発表(1案1分) • 付箋はすべて張り出す • 全員が一押しのアイデアを1つだけ選び発表する
  14. 14. DAY1:理解 • (4)投票しフォーカスする課題を決定する(5分) • ドットシールを1人一枚貼って投票する • 同点は決戦投票 • 決まらない場合はCEOが決定する
  15. 15. DAY1まとめ • 対象とするテーマ、課題についての
 全員の共通認識を作る • 時間はないことを理解する • 特定の課題にフォーカスする
  16. 16. DAY2:発散 • 時間:トータル60分 • ゴール:課題に対しての可能性を明らかにする • (1)ノートをとる(5分) • (2)マインドマップ(15分) • (3)Crazy 8s(10分) • (4)ストーリーボードを書く(10分) • (5)無言の批評(5分) • (6)3分批評(10分) • (7)特別投票(5分)
  17. 17. DAY2:発散 • (1)ノートをとる(5分) • DAY1の内容を元に個人で整理する。脳に叩き込 む。 • 「どうしたら解決できるか」を考えてアイデアを練 る。 • 付箋、A4でメモしていく。
  18. 18. DAY2:発散 • (2)マインドマップ(15分) • 問題解決のアイデア、スケッチをど んどん描いていく • つなげて発想を拡げる • テキスト、イメージなんでもよい。 • 自分がわかればいい(人にはみせな い) • 次のステップのインプットとなる http://goo.gl/ui522 より借用
  19. 19. DAY2:発散 • (3)Crazy 8s(10分) • A4の紙を8等分に折って、 問題を解決するデザインを何 でもいいのでをスケッチする • シーケンスに沿っていなくて も良い • 5分で1枚練習する。残り5 分で1枚仕上げる http://goo.gl/ui522 より借用
  20. 20. DAY2:発散 • (4)ストーリーボードを書 く(20分) • A4の紙に3枚の付箋を使 う • Crazy8s、マインドマップ からベストのアイデアを3 つ選ぶ • 独立・匿名・タイトル • ストーリーボードを張り出す タイトル 説明 UI http://goo.gl/ui522 より借用
  21. 21. DAY2:発散 • (5)無言の批評(5分) • ストーリーボードを張り出す • 無言で気に入ったアイデアにドットシールを貼る • 自分のに貼っても良い • シールの枚数制限はなし
  22. 22. DAY2:発散 • (6)3分批評(3分☓N) • 1人ずつどのアイデアが好きだったかを1分で説 明してもらう • 一番人気のアイデアの作者に3分で説明してもら う • 全員が全員のアイデアを説明するのは避ける(時 間がない)
  23. 23. DAY2:発散 • (7)特別投票(5分) • シールを1枚持ち、ベストだと思うアイデアに投 票する • CEOはシールを2枚持つ。
  24. 24. DAY2まとめ • 紙に書く。どんどん描く。 • 個人作業を中心に。ストーリーボードまで共有しな い。 • タイムボックスで制約をつけてすすめる。
  25. 25. DAY3:決定 • 時間:トータル30分 • ゴール:どのプロトタイプを作るかを決める • (1)コンフリクトを探す(10分) • (2)コンフリクトの対処を決める(5分) • (3)前提とテスト条件を決める(10分)
  26. 26. DAY3:決定 • (1)コンフリクトを探す(10 分) • 同じ問題の解決に複数のアプロー チが出ている場合、コンフリク トしている(複数手段がある) • それらを見つけて書き出す • 書き出し、カテゴライズして貼 りだす http://goo.gl/EojYU より借用
  27. 27. DAY3:決定 • (2)コンフリクトをの対処法を決める(5分) • ベストショットとバトルロイヤル • 1つに決めて作る • 早い • 複数案作る • 時間はかかるが意外性の発見 • ベストショット→バトルロイヤルへの変更 もあり http://goo.gl/EojYU より借用
  28. 28. DAY3:決定 • (3)前提とテスト方法を決める(1 0分) • 前提=明確になってない思い込み • ユーザー、ビジネス、技術、メッ セージング、etc • テスト • どうやって前提を検証するのか? • そのためのプロトタイプ http://goo.gl/EojYU より借用
  29. 29. DAY3まとめ • コンフリクトを明らかにする • 意思決定手段の選択 • ベストショットかバトルロイヤルか • 前提を明らかにする→検証すべき点は何か? • 決定は難しいが、曖昧にせず決めて前に進む • 早く失敗に気づいて、修正するために
  30. 30. DAY2:発散 • (1)個人でアイデアを出す(10分)
  31. 31. ふりかえり • 時間:15分 • 付箋に以下を無言で書く(5分) • やったことは何か(Y) • 学んだことはなにか(M) • 試してみたいことはなにか(T) • ホワイトボードに貼る(1分) • 一番伝えたいことを1人1分で発表する(1分☓N)
  32. 32. 参考文献 http://www.slideshare.net/takaumada/design-sprint-process http://www.slideshare.net/takaumada/lean-startup-design-sprint http://www.slideshare.net/yukio.andoh/html5-conference-2015-design-sprint http://www.gv.com/sprint/ 本家サイト(英語) 日本語解説 体験ワーク http://creator.dena.jp/archives/42928382.html DeNAの体験記 http://www.fastcodesign.com/1672929/how-to-decide-what-ideas-to-prototype http://www.fastcodesign.com/1672905/the-first-step-in-a-design-challenge-build- team-understanding http://www.fastcodesign.com/1672917/the-8-steps-to-creating-a-great-storyboard

×