Agile Japan2013 四国・愛媛サテライトオープニング

1,813 views

Published on

AgileJapan 2013 四国・愛媛サテライトのオープニング & 入門資料。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,813
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,260
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agile Japan2013 四国・愛媛サテライトオープニング

  1. 1. Agile Japan 2013四国・愛媛サテライトオープニング2013/05/25イヨテツケーターサービスAgile459代表 懸田 剛@kkd
  2. 2. おはようございます!!
  3. 3. 懸田  剛twitter.com/kkd合同会社カルチャーワークス共同代表アジャイルプロセス協議会四国支部代表Culture CultivatorAgile Coach facebook.com/takeshi.kakedaプロジェクトファシリテーション協会理事
  4. 4. 3年目のAgileJapanサテライト
  5. 5. 2009,20101
  6. 6. 201111
  7. 7. 201211
  8. 8. 201313+1
  9. 9. 201313+1愛媛はサテライト皆勤賞!!
  10. 10. 今年の四国・愛媛のテーマ
  11. 11. 地域活性×アジャイル
  12. 12. WHY?
  13. 13. 東京大阪福岡香川愛媛徳島高知0 15 30 45 60従業者数(%) 情報通信業(%)資料:総務省「平成24年経済センサス­‐活動調査」http://www.stat.go.jp/data/e-census/2012/pdf/gaiyo.pdf
  14. 14. 出典:  情報経済革新戦略~情報通信コストの劇的低減を前提とした複合新産業の創出と社会システム構造の改革~http://www.meti.go.jp/committee/summary/ipc0002/report06.pdf
  15. 15. 出典:  情報経済革新戦略~情報通信コストの劇的低減を前提とした複合新産業の創出と社会システム構造の改革~http://www.meti.go.jp/committee/summary/ipc0002/report06.pdf
  16. 16. アジャイルできる受託の顧客を探す?
  17. 17. アジャイルできる会社に移る?
  18. 18. 東京に顧客を探しに行く?
  19. 19. 商店街活性化施策の課題買い物客大学の調査行政商店街コンサルニーズに無頓着フィードバックなし動かない責任とらない補助金の継続性危うい「地域資源を活用し、課題を解くヒントと手法-サンモール一番町商店街進行組合(宮城県仙台市)-」より
  20. 20. 商店街活性化施策の課題買い物客大学の調査行政商店街コンサルニーズに無頓着フィードバックなし動かない責任とらない補助金の継続性危うい「地域資源を活用し、課題を解くヒントと手法-サンモール一番町商店街進行組合(宮城県仙台市)-」よりあきらめ感
  21. 21. 商店街活性化施策の未来像買い物客大学の調査行政商店街コンサル顧客ニーズに着目するフィードバックをもらう自分達で動く補助金に頼り過ぎない
  22. 22. これって....
  23. 23. 顧客ニーズに着目し自分達が主体で行動し自分達でできることから始めてフィードバックにより改善するこれって....
  24. 24. 地域を活性化
  25. 25. 新たなビジネスを生みだす
  26. 26. 地方から全国へ
  27. 27. 地方から世界へ
  28. 28. ソーシャルビジネス×デザイン思考=未来をつくる昨日のクリエイティブセッションより
  29. 29. 地域活性アジャイル未来をつくる×
  30. 30. 懇親会募集中!
  31. 31. 最後に記念写真を!忘れずに...
  32. 32. アジャイル開発入門合同会社カルチャーワークス/Agile459懸田 剛@kkd
  33. 33. ソフトウェアを取り巻く問題スケジュール遅延プロジェクト中止システムの劣化度重なる欠陥ビジネスの誤解ビジネスの変化間違った機能追加スタッフの離職実現されないシステム動かないシステム役に立たないシステムいきいきと働けない環境
  34. 34. 顧客ニーズを捉えることができないと...the Standish Group Study reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairman
  35. 35. 顧客ニーズを捉えることができないと...the Standish Group Study reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairmanシステムの中でよく使われている機能は全体の...
  36. 36. 顧客ニーズを捉えることができないと...the Standish Group Study reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairmanめったに使わない19%全く使わない45%たまに使う16%いつも使う7%よく使う13%システムの中でよく使われている機能は全体の...
  37. 37. 顧客ニーズを捉えることができないと...the Standish Group Study reported at XP2002 by Jim Johnson, Chairmanめったに使わない19%全く使わない45%たまに使う16%いつも使う7%よく使う13%20%システムの中でよく使われている機能は全体の...
  38. 38. 変化不確実不確実に対峙する仕様通り作ります。変更しないで!思ったのと違う!!
  39. 39. 変化不確実不確実に共に向き合う大事なものはこっちの要件です変化を前提にしましょう
  40. 40. プラクティス原則価値実際に行う行動守るべきルール大事にする考え方
  41. 41. 価値の最大化反復漸進的ひとつのチーム技術卓越
  42. 42. 価値機能ユーザーの問題を解決する本質的な機能ユーザーの問題を解決するために豊富すぎる機能必要かどうかわからないムダな機能少 多多少価値の最大化スコープの最小化
  43. 43. 価値の最大化大事なものから順に作る動くソフトウェアで提供する最小限で実用可能な製品を見極める
  44. 44. 構築計測学習アイデアプロダクトデータプロセス&プロダクト反復漸進的こまめにデモこまめに改善1〜4週間毎
  45. 45. 理想と現実のギャップに目を向ける理想現実
  46. 46. 機能A機能B機能C機能D機能E機能F機能G機能Hやりたいこと機能A機能B機能C機能D機能E機能F機能G機能H順序付け機能A (2)機能B (5)機能C (3)機能D (8)機能E (8)機能F (5)機能G (1)機能H (3)見積り
  47. 47. 3ヶ月2週間 2週間 2週間 2週間 2週間 2週間一定期間の箱に分割6回の繰り返しができる!!
  48. 48. 2週間 2週間 2週間 2週間 2週間 2週間大事なものから順に計画機能A (2)機能B-1(2)機能C (3)機能D-1(3)機能E-2(5)機能F-2(3)機能G (1)機能H (3)機能B-2(1)機能D-2(5)機能A (2)機能F-1(2)機能E-1(2)できないかもしれない「2週間で[5]くらいできそう」反復に入らないものは分割してから計画する
  49. 49. 2週間 2週間 2週間 2週間 2週間 2週間進めながら計画を変更する機能A (2)機能B-1(2)機能C (3)機能D-1(3)機能E-2(5)機能F-2(3)機能G (1)機能H (3)機能B-2(1)機能D-2(5)機能A (2)機能F-1(2)機能E-1(2)機能I (3)新しく必要になった代りにあふれた大事なものはできそう
  50. 50. 反復前進的プロセス分析 設計 実装 テスト分析設計実装テスレビュー&改善分析設計実装テス分析設計実装テス分析設計実装テスレビュー&改善 レビュー&改善 レビュー&改善
  51. 51. ひとつのチーム部門横断共通ゴール自律的チーム責任ビジョン共有
  52. 52. 技術卓越自働化継続的インテグレーションテスト駆動開発オブジェクト指向リファクタリングデザイン思考ドメインモデリングプログラミング言語 フレームワーク
  53. 53. いきいきとした現場
  54. 54. ひとつのチーム反復漸進的プロセス価値を最大化技術卓越不確実
  55. 55. 1日よろしくおねがいします!

×