VSUG TOKYO 2010 夏 LT-トラブルに立ち向かう

838
-1

Published on

DevSumi2010でやった時のLTとほぼ同じですが、Windows Troublesooting Packのご紹介です。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
838
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VSUG TOKYO 2010 夏 LT-トラブルに立ち向かう

  1. 1. 開発者向けWindows 7/Windows Server 2008 R2 Tips – トラブルに立ち向かう<br />VSUG会員/COMU+(こみゅぷらす)<br />亀川 和史(kkamegawa)<br />
  2. 2. 自己紹介<br />亀川 和史(かめがわ かずし)<br />オンラインでのkkamegawaというIDはまず私です(@kkamegawa,id:kkamegawa)。<br />某社でSEやってますが、業務よりもOSよりの話題のほうが得意です。<br />TechnetでWindows 7活用術を書いてました<br />
  3. 3. Agenda- トラブルに立ち向かう<br />Windows 7のトラブル対応機能であるTroubleshooting Packのご紹介(Windows SDKに付属しているので、一応VSがらみということで…)<br />他にもいくつか役立つツールがあります<br />絶対使いたい問題ステップ記録ツール<br />すごく良くなったリソースモニタ<br />(標準じゃないけど)Expression Encoder 3<br />
  4. 4. Windows 7/2008R2の便利ツール<br />問題のトラブルシューティングツールが追加されました<br />
  5. 5. OS組み込みだけでは?<br />MSDNのWindows Troubleshooting PlatformというところでOEMやISV向けに作り方や仕組みが解説されています。http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd323778(VS.85).aspx<br />残念ながら英語なので、本日はその中身をかいつまんでご紹介します。<br />
  6. 6. Demo<br />作成済みトラブルシューティングパックお見せします<br />
  7. 7. Troubleshooting Pack 構造<br />GUI<br />CMD<br />Windows<br />Troubleshooting<br />Pack<br />結果とレポート<br />表示<br />Runtime<br />Engine<br />Get-DiagInput<br />Update-DiagReport<br />Update-DiagRootCase<br />White-DiagProgress<br />PowerShell<br />Scripts<br />Platform <br />Cmdlets<br />Windows<br />PowerShell<br />Runtime<br />
  8. 8. Troubleshooting Pack解剖<br />MetaData<br />判定ケース、説明、証明書<br />判定スクリプト<br />チェックを行うためのスクリプト<br />Windows<br />Troubleshooting<br />Pack<br />解決スクリプト<br />現在の設定から解決する処理を記述<br />確認スクリプト<br />解決したか確認するためのスクリプト<br />ローカライズ<br />リソース<br />多言語対応のための表示リソース<br />
  9. 9. 実は意外と簡単<br />(デモ失敗したときの予備)<br />トラブルシューティングパックの作り方おさらい<br />
  10. 10. 必要なもの<br />Windows 7 SDK and .NET Framework 3.5SP1<br />PowerShellの基礎知識(場合によってはコマンドレット作成)<br />Windows 7/W2K8R2マシン<br />配布する場合、電子証明書(テスト時は不要。一般向けに配布するときは購入必要)<br />トラブル対応の事象と解決方法の整理<br />
  11. 11. 作り方の流れ<br />対応ケースを列挙する<br />レジストリ<br />ファイル<br />データベース…etc<br />ケースごとにチェックスクリプト、修正スクリプト、検証スクリプトを用意する。必要ならばコマンドレットも作る。<br />検証する<br />
  12. 12. トラブル対応カテゴリ追加<br />
  13. 13. 解決方法のカテゴリ設定<br />
  14. 14. 確認スクリプトの設定<br />
  15. 15. PowerShell編集前1<br />
  16. 16. PowerShell編集前<br />現象確認用<br />修正用<br />検証用<br />
  17. 17. 現象チェックのひな型<br />
  18. 18. 問題を解決するスクリプトひな型<br />
  19. 19. 現象修正確認のひな型<br />
  20. 20. 出来上がった状態<br />
  21. 21. テスト実行した状態<br />
  22. 22. 実行完了<br />
  23. 23. これは簡単なケースでのご紹介<br />レジストリを修正するだけでした<br />その気になればデータベースに接続して…ということもできます<br />対応ケースはもれなく列挙でも最初から完璧を目指さず、よくある問題から対処<br />実際にデプロイする場合は証明書必須<br />グローバルな環境向けにはMUIで多言語化<br />
  24. 24. これ以外のトラブル対応ツール<br />Psr.exe(問題ステップ記録ツール)<br />再現手順をstep by stepで記録してmhtファイルを生成、zipに圧縮する<br />Expression Encorder3<br />特定ウィンドウ/領域をキャプチャしてwmvファイルにできる。<br />無償版はダウンロードセンターから入手可(有償との差はH.264/IIS Smooth Streamingエンコードができないこと)<br />
  25. 25. まとめ<br />Windows 7/Windows Server 2008 R2ではトラブルシューティングを支援するための仕組みやツールが増えました。<br />トラブル対応の省力化につなげてください。<br />
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×