• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
はじめてのTeam foundation server執筆裏話
 

はじめてのTeam foundation server執筆裏話

on

  • 1,183 views

書籍「はじめてのTeam Foundation ...

書籍「はじめてのTeam Foundation Server」を執筆したときに環境構築したときのTIPSなどをまとめて、2/26のTFSUGでお話させていただきました。TFSの構築以外にも使えるネタはあると思います。

Statistics

Views

Total Views
1,183
Views on SlideShare
719
Embed Views
464

Actions

Likes
6
Downloads
4
Comments
0

10 Embeds 464

http://kkamegawa.hatenablog.jp 287
http://www.naturalsoftware.jp 110
http://feedly.com 35
https://twitter.com 19
http://blog.hatena.ne.jp 4
http://www.slideee.com 4
http://reader.aol.com 2
http://s.deeeki.com 1
https://www.google.co.jp 1
http://translate.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution-NonCommercial LicenseCC Attribution-NonCommercial License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    はじめてのTeam foundation server執筆裏話 はじめてのTeam foundation server執筆裏話 Presentation Transcript

    • はじめての 執筆裏話 かめがわ かずし(@kkamegawa/id:kkamegawa)
    • 全国一万人(推定)のTFSファンの 皆様ありがとうございます
    • 裏イベントが(お金/人/物)強力です…
    • 自己紹介  亀川 和史(かめがわ かずし) / 会社員  Twitter:@kkamegawa Facebook:https://www.facebook.com/kkamegawa/  Microsoft MVP for Visual Studio ALM(2012/7~)  今どきのソースコード管理 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/01/news082 .html  はじめてのTeam Foundation Server 現在発売中 http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/40 46.html
    • 担当範囲 コード化され たUIテスト Lab Management Test Management バックアップ / リストア PowerShell アクセス Office連携
    • 執筆用環境 普段使い環境の 流用 クライアント System Center Domain Virtual Machine Manager Controller TFS2013 + SQL Server バックアップ/リストア Lab標準環境 クライアント Lab Test Machine Domain Controller TFS2013 + SQL Server
    • 使った環境 詳細 Windows 8.1/Windows Server 2012 R2/TFS 2013 普段使いTFS Core i5 + 16GB RAM スクリーンショット用 Core2 Quad Q9450 + 8GB RAM…で動く仮想マシン(4GB RAM) Thinkpad T420s(Core i7-2620M+16GB RAM+SSD)
    • 使い分け  普段使いの流用  執筆用チームプロジェクト作ってWorkItemはその中で作った  SCVMMをテスト用に入れる環境がなかった (ITProの人みたいに某オンラインストアでサーバ10台とか買えません…)  書籍でサーバ名を隠しているのは全部こっち  新規環境  バックアップ/リストアのように一発勝負作業のスクリーンショット用  ノートが一番メモリある(16GB)ので、そこに専用AD+TFS+Lab標準環境 構築
    • 環境構築  執筆用の環境は無料の評価版使ってます。  180日(サーバ)、90日(クライアント)の期間があれば大抵のことができます。 http://curah.microsoft.com/51604/microsoft%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%81%AE%E7%84%A1%E5%84%9F%E8%A9% 95%E4%BE%A1%E7%89%88%E3%81%AE%E5%85%A5%E6%89%8B%E6%96 %B9%E6%B3%95 (Curah!) “curah Microsoft 評価版”でBingってください。
    • 構成の自動化 TFS向けにWindowsをコマンドで構成する http://kkamegawa.hatenablog.jp/entry/2014/02/16/234206 Windows UpdateをPowerShellで構成する http://kkamegawa.hatenablog.jp/entry/2014/02/18/003713 Windows Updateをスクリプトから実行する(山市さん) http://yamanxworld.blogspot.com/2010/07/windows-scriptingwindows-update_05.html
    • インストールの自動化  WindowsはSCVMMでテンプレートからインストールも可 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1208/13/news077.html  SQL Serverはコマンドラインから自動 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms144259.aspx (レポート機能がsysprepに対応していないので、TFS用はテンプレートにし にくい)  TFSの自動インストール方法(TFS 2012) http://blogs.msdn.com/b/visualstudioalm/archive/2012/10/12/unattendedinstallation-of-team-foundation-server-2012.aspx
    • インストール自動化 setup.exe /QS /ACTION=Install /FEATURES=SQLEngine,FullText,AS,RS,BIDS,ADV_SSMS /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /ERRORREPORTING=1 /INSTANCEDIR="D:¥MSSQL" /INSTANCENAME="MSSQLServer" /SQMREPORTING=1 /AGTSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /AGTSVCPASSWORD="[パスワード]" /AGTSVCSTARTUPTYPE=Automatic /ASCOLLATION="Japanese_XJIS_100_CI_AS" /ASSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /ASSVCPASSWORD="[パスワード]" /ASSYSADMINACCOUNTS=“domain¥administrator" /BROWSERSVCSTARTUPTYPE=Automatic /SQLCOLLATION="Japanese_XJIS_100_CI_AS" /SQLSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /SQLSVCPASSWORD="[パスワード]" /SQLSVCSTARTUPTYPE=Automatic /TCPENABLED=1 /RSSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /RSSVCPASSWORD="[パスワード]" /SQLSYSADMINACCOUNTS=“domain¥administrator" /UpdateEnabled=0 DドライブのMSSQL配下にデータを作って、ADユーザを使用して実行する SQLServer/Reporting Serverインストール、照合順序はXJIS_100_CI_AS 終了後SP1 CU8をインストール http://support.microsoft.com/kb/2917531
    • ユーザをコンピュータに登録する $computerName = [environment]::GetEnvironmentVariable("COMPUTERNAME") $adminUser = [ADSI]("WinNT://domain/username”) $objGroup = [ADSI](“WinNT://”+$computerName+”/Administrators”) $objGroup.PSBase.Invoke(“Add”,$adminUser.PSBase.Path) 指定したADユーザをローカルマシンのAdministratorsに追加
    • もっとやりたかったこと  Professional Team Foundation Server 2013(洋書)の約800p位行きたかった http://www.amazon.co.jp/Professional-Team-Foundation-Server2013/dp/1118836340  コード化されたUIテストのあたりもっと…(3月お楽しみに?)  いくつか抜けたところ(探索テストとか)。  ユースケースで一日の開発のやり方、みたいな感じで紹介するページが あってもよかったかなぁ?
    • 裏話  初校入稿の直前にTeam Foundation Service → Visual Studio Onlineになる 発表があって、一同驚き  最初ReView形式でといわれたけど、環境構築に挫折してWordで納品。変 換してくれた中村さんありがとうございます。 https://github.com/kmuto/review (ReView)  Lab Managementのあたり書いていると、SCVMMの本になりそうだった  Photoshopでスクリーンショットねつ造するのがうまくなった (最初Paint.NET使っていたけど、Photoshopのほうが効率よかった)
    • をもうちょっと詳しくやります  3/22に開催されるMVP Community Camp 2014でTest Manager話やります。 (去年あったCommunity Open Dayみたいなやつ) https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032577010 &Culture=ja-JP&community=0 「効率的なテストを計画しよう」(13:00~)  MVP Community Camp 2014でBingってください。会場に来れない方のた めにustreamもあり。  TFSの概要みたいなのはなし
    • ありがとうございました!