はじめてのTeam foundation server執筆裏話

2,326 views
2,061 views

Published on

書籍「はじめてのTeam Foundation Server」を執筆したときに環境構築したときのTIPSなどをまとめて、2/26のTFSUGでお話させていただきました。TFSの構築以外にも使えるネタはあると思います。

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,326
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
658
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

はじめてのTeam foundation server執筆裏話

  1. 1. はじめての 執筆裏話 かめがわ かずし(@kkamegawa/id:kkamegawa)
  2. 2. 全国一万人(推定)のTFSファンの 皆様ありがとうございます
  3. 3. 裏イベントが(お金/人/物)強力です…
  4. 4. 自己紹介  亀川 和史(かめがわ かずし) / 会社員  Twitter:@kkamegawa Facebook:https://www.facebook.com/kkamegawa/  Microsoft MVP for Visual Studio ALM(2012/7~)  今どきのソースコード管理 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/01/news082 .html  はじめてのTeam Foundation Server 現在発売中 http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/40 46.html
  5. 5. 担当範囲 コード化され たUIテスト Lab Management Test Management バックアップ / リストア PowerShell アクセス Office連携
  6. 6. 執筆用環境 普段使い環境の 流用 クライアント System Center Domain Virtual Machine Manager Controller TFS2013 + SQL Server バックアップ/リストア Lab標準環境 クライアント Lab Test Machine Domain Controller TFS2013 + SQL Server
  7. 7. 使った環境 詳細 Windows 8.1/Windows Server 2012 R2/TFS 2013 普段使いTFS Core i5 + 16GB RAM スクリーンショット用 Core2 Quad Q9450 + 8GB RAM…で動く仮想マシン(4GB RAM) Thinkpad T420s(Core i7-2620M+16GB RAM+SSD)
  8. 8. 使い分け  普段使いの流用  執筆用チームプロジェクト作ってWorkItemはその中で作った  SCVMMをテスト用に入れる環境がなかった (ITProの人みたいに某オンラインストアでサーバ10台とか買えません…)  書籍でサーバ名を隠しているのは全部こっち  新規環境  バックアップ/リストアのように一発勝負作業のスクリーンショット用  ノートが一番メモリある(16GB)ので、そこに専用AD+TFS+Lab標準環境 構築
  9. 9. 環境構築  執筆用の環境は無料の評価版使ってます。  180日(サーバ)、90日(クライアント)の期間があれば大抵のことができます。 http://curah.microsoft.com/51604/microsoft%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%81%AE%E7%84%A1%E5%84%9F%E8%A9% 95%E4%BE%A1%E7%89%88%E3%81%AE%E5%85%A5%E6%89%8B%E6%96 %B9%E6%B3%95 (Curah!) “curah Microsoft 評価版”でBingってください。
  10. 10. 構成の自動化 TFS向けにWindowsをコマンドで構成する http://kkamegawa.hatenablog.jp/entry/2014/02/16/234206 Windows UpdateをPowerShellで構成する http://kkamegawa.hatenablog.jp/entry/2014/02/18/003713 Windows Updateをスクリプトから実行する(山市さん) http://yamanxworld.blogspot.com/2010/07/windows-scriptingwindows-update_05.html
  11. 11. インストールの自動化  WindowsはSCVMMでテンプレートからインストールも可 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1208/13/news077.html  SQL Serverはコマンドラインから自動 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms144259.aspx (レポート機能がsysprepに対応していないので、TFS用はテンプレートにし にくい)  TFSの自動インストール方法(TFS 2012) http://blogs.msdn.com/b/visualstudioalm/archive/2012/10/12/unattendedinstallation-of-team-foundation-server-2012.aspx
  12. 12. インストール自動化 setup.exe /QS /ACTION=Install /FEATURES=SQLEngine,FullText,AS,RS,BIDS,ADV_SSMS /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /ERRORREPORTING=1 /INSTANCEDIR="D:¥MSSQL" /INSTANCENAME="MSSQLServer" /SQMREPORTING=1 /AGTSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /AGTSVCPASSWORD="[パスワード]" /AGTSVCSTARTUPTYPE=Automatic /ASCOLLATION="Japanese_XJIS_100_CI_AS" /ASSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /ASSVCPASSWORD="[パスワード]" /ASSYSADMINACCOUNTS=“domain¥administrator" /BROWSERSVCSTARTUPTYPE=Automatic /SQLCOLLATION="Japanese_XJIS_100_CI_AS" /SQLSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /SQLSVCPASSWORD="[パスワード]" /SQLSVCSTARTUPTYPE=Automatic /TCPENABLED=1 /RSSVCACCOUNT="[ユーザ名]" /RSSVCPASSWORD="[パスワード]" /SQLSYSADMINACCOUNTS=“domain¥administrator" /UpdateEnabled=0 DドライブのMSSQL配下にデータを作って、ADユーザを使用して実行する SQLServer/Reporting Serverインストール、照合順序はXJIS_100_CI_AS 終了後SP1 CU8をインストール http://support.microsoft.com/kb/2917531
  13. 13. ユーザをコンピュータに登録する $computerName = [environment]::GetEnvironmentVariable("COMPUTERNAME") $adminUser = [ADSI]("WinNT://domain/username”) $objGroup = [ADSI](“WinNT://”+$computerName+”/Administrators”) $objGroup.PSBase.Invoke(“Add”,$adminUser.PSBase.Path) 指定したADユーザをローカルマシンのAdministratorsに追加
  14. 14. もっとやりたかったこと  Professional Team Foundation Server 2013(洋書)の約800p位行きたかった http://www.amazon.co.jp/Professional-Team-Foundation-Server2013/dp/1118836340  コード化されたUIテストのあたりもっと…(3月お楽しみに?)  いくつか抜けたところ(探索テストとか)。  ユースケースで一日の開発のやり方、みたいな感じで紹介するページが あってもよかったかなぁ?
  15. 15. 裏話  初校入稿の直前にTeam Foundation Service → Visual Studio Onlineになる 発表があって、一同驚き  最初ReView形式でといわれたけど、環境構築に挫折してWordで納品。変 換してくれた中村さんありがとうございます。 https://github.com/kmuto/review (ReView)  Lab Managementのあたり書いていると、SCVMMの本になりそうだった  Photoshopでスクリーンショットねつ造するのがうまくなった (最初Paint.NET使っていたけど、Photoshopのほうが効率よかった)
  16. 16. をもうちょっと詳しくやります  3/22に開催されるMVP Community Camp 2014でTest Manager話やります。 (去年あったCommunity Open Dayみたいなやつ) https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032577010 &Culture=ja-JP&community=0 「効率的なテストを計画しよう」(13:00~)  MVP Community Camp 2014でBingってください。会場に来れない方のた めにustreamもあり。  TFSの概要みたいなのはなし
  17. 17. ありがとうございました!

×