ソフトウェアの構造とオープン化

1,188 views
1,151 views

Published on

Published in: Automotive
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,188
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソフトウェアの構造とオープン化

  1. 1. RFIDリライタブルかんばん対応 XML-EDI ソフトウェアの構造とオープン化の考え 方 2009/4/19 原田騎郎 株式会社 情報システム総研
  2. 2. 情報システムを担う ソフトウェアのコンセプト • ソフトウェアは、保守しつづけるもの。 – 保守しやすい構造 – テストの自動化 • 変えやすい部分と変えにくい部分を分ける – 変えにくい(変える必要がすくない) • 基本データ構造 • フレームワーク – 変えやすい(変える必要が多い) • ユーザインタフェース・帳票
  3. 3. 今回の XML/EDI のコンセプト • なるべくシンプルに、業務をサポートす る。 – 制約は少なく – 作らなければいけないコードをなるべく少な く • データ転送というよりは、システム連携 で。 – 発注側と受注側が、以下に協調して業務を行 えるか?
  4. 4. 勘定パターンによる基本モデル
  5. 5. システム連携のパターン
  6. 6. 現状モジュール構成
  7. 7. 現状の実装
  8. 8. 個別要件に対応に、 どこを変えなければならないか? • 自動車部品業界に限れば、カスタマイズ などが必要となる部分は、 – ユーザインタフェース(業務の名称・呼び方) – 帳票のフォーマットと表示内容 – 追加情報が必要であればメッセージ構成
  9. 9. 自動車業界内での対応
  10. 10. 個別要件の対応に、 どこを変えなければならないか? • バイヤーとサプライヤーとの取引形態を 変更する必要がある場合は、プロセス定 義の修正が必要となる。 • メッセージも大幅な変更が予想されるの で、相互運用性を確保するために、仕様 調整のコンソーシアム組織が必要となる 可能性がある。 – JAMA / JAPIA との連携方法を模索
  11. 11. 他業界(新しい取引形態)への対 応
  12. 12. 他業界への対応(業界対応後)
  13. 13. 実装技術 • Java (J2SE / J2EE 6.0) – Apache Tomcat – Apache HTTP Server • Apache Struts / Apache Velocity • Spring Framework • JBoss Hibernate • JasperSoft JasperReport • Mule ESB • Apache CXF • Oracle / PostgreSQL
  14. 14. 実装に必要な技術・知識 • オブジェクト指向 分析・設計 • Java による Web アプリケーションの作成 技術 • ESB / SOAP によるシステム連携技術
  15. 15. オープン化予定 • 修正BSDライセンスで、近日中にオープン ソース化予定 – フレームワーク部分 – 基本データモデル部分 • オープン化の提供方法を検討中 – EDI ASP 部分
  16. 16. ライセンス http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/

×