スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

スクラム再入門(仮) Developer Summit 関西 2013

  • 2,773 views
Uploaded on

デブサミ関西2013で発表した、「スクラム再入門(仮)」の発表資料です。

デブサミ関西2013で発表した、「スクラム再入門(仮)」の発表資料です。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
2,773
On Slideshare
2,739
From Embeds
34
Number of Embeds
2

Actions

Shares
Downloads
31
Comments
0
Likes
19

Embeds 34

https://twitter.com 33
http://tweetedtimes.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! スクラム再入門(仮) 原田騎郎 株式会社アトラクタ A3 #kansumiA3
  • 2. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! I  suggest  your  Next  Ac0on!
  • 3. 原田 騎郎Kiro HARADA アジャイルコーチ ドメインモデラー SCMコンサルタント Twitter: @haradakiro 認定スクラムプロフェッショナル 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー 株式会社アトラクタ 代表 3
  • 4. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  でうれしいこと 4  
  • 5. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  に関わる事実 5   2002   2003   2004   2005   2006   2007   2008   2009   2010   2011   CSM     5   344   907   2,647   6,841   12,857   22,514   26,886   34,601   43,028   CSPO     0   0   0   0   83   503   1,891   3,514   5,325   8,629   CSP     1   2   14   26   38   116   264   366   534   501   0   5000   10000   15000   20000   25000   30000   35000   40000   45000   50000   Scrum  Alliance  認定資格保持者推移 出典:2012  IPA  「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」
  • 6. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! スクラムに関わる事実 6   米国 英国 中国 デンマーク ブラジル 日本 CSM     67,000   11,800   3,800   3,700   4,600   350   CSPO     8,000   1,800   400   750   900   120   CSP     1,100   0   30   30   60   6   0   10,000   20,000   30,000   40,000   50,000   60,000   70,000   80,000   Scrum  Alliance  認定資格国別保有者数 出典:2012  IPA  「非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査」
  • 7. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! スクラムって何? 7  
  • 8. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  って何? •  フレームワーク   –  複雑で変化の激しい問題に対応するためのフレーム ワークであり、可能な限り価値の高いプロダクトを生 産的かつ創造的に届けるためのものである。   •  軽量   •  理解は容易   •  習得は困難 8  
  • 9. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum   •  3つのロール   –  プロダクトオーナー   –  チーム   –  スクラムマスター   •  成果物   –  プロダクトバックログ   –  スプリントバックログ   –  インクリメント   •  イベント   –  スプリント   –  デイリースクラム   –  スプリントプラニング   –  スプリントレビュー   –  スプリントレトロスペクティブ 9  
  • 10. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  の絵 10  
  • 11. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  がフレームワークというのは •  詰める中身は決まってない   – ユーザーストーリー   – プランニングポーカー   – バーンダウンチャート   はスクラムの一部ではない。   使うかどうかはチームが決める。 11  
  • 12. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  は何を詰めたかったか? •  中身は決まっていない。   •  でも何を詰めたいと思っていたのか? 12  
  • 13. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ちょっとだけ歴史の時間 13  
  • 14. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ホーソン実験 •  1924-­‐1932   •  工場における作業効率を決める要因を探す 実験。   •  作業環境よりも、職場の非公式な人間関係 のほうが、作業効率に与える影響が多い   •  人間関係論の基礎   14  
  • 15. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 科学的管理法では •  非公式組織を別の名前で呼んだ   組織的怠業 15  
  • 16. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 人間関係論は主流にならず 16   hFp://www.mri.co.jp/NEWS/magazine/club/05/__icsFiles/afieldfile/2008/10/20/20080301_club07_2.pdf
  • 17. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Ken  は何と言っているか? •  hFp://www.youtube.com/watch? v=_47VWIvOKH8   17  
  • 18. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Ken  は何と言っているか •  「スクラムは誰にでも使える。ソフトウェア工学 を知らなくても、ツールがだめでも、ビジネス を理解せず、お互いに嫌悪していても。イテ レーション毎に、毎回ゴミを作り出す。」   •  「そして、それはよいことだ」   •  「今、どんな状態にあるか、誰にでもわかる」   18  
  • 19. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 透明性 •  自分の現状がどれだけ悪いかの事実を直視 する勇気のこと   •  心配ない。実は楽しい。   •  壁に張ることが透明性ではない。   19  
  • 20. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ゲーバー・タリーの工作の学校 20   hFp://www.ted.com/talks/ gever_tulley_s_0nkering_school_in_ac0on.html     「子供たちが危険なものを触れることができ、信 頼される場所です。   自分で怪我したりしないと信頼され、   他の人を怪我させたりしないと信頼されます」  
  • 21. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 信頼するということ •  能力のある人を集め、彼らがその能力を解決 策の実現に使うことを信頼しよう   •  事実に基づいて定期的に結果にフィードバッ クすることが、プロダクトとチームの改善に役 立つ。   21  
  • 22. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action !   努力には感謝を。   結果には評価を。 22  
  • 23. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! なぜスクラムを使いたい? 23  
  • 24. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! スクラムを採用する理由? •  流行っているから?   •  顧客がやりたいって言っている?   •  まわりに  CSM/CSPO/CSP  が増えてきた?   •  みんなスクラムがいい!って言うから?   24  
  • 25. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! スクラムを使うことを決める前に •  スクラムがあなたの状況に合っているか確認 しましょう?   – ちょっと痛いかもしれません。   – 選択肢は他にもあります。いつでも。 25  
  • 26. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ではスクラムを評価してみましょう。 •  スクラムはあなたのビジネスに有効ですか? 26  
  • 27. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! ありがちな間違い •  評価基準の評価基準を持っていますか?   •  車の速度はスピードメーターで。では、ヨット のスピードは? 27  
  • 28. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! あなたの評価基準は? •  あなたのソフトウェア開発プロジェクトの評価 基準は何ですか?   28  
  • 29. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! チームは、    スクラムをやれていますか? 29  
  • 30. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! •  チームは利益をあげていますか?   •  製品は利益をあげていますか?   •  会社は利益を上げ続けていますか? 30  
  • 31. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 「我々の開発チームは、   100%  アジャイルです。」 31  
  • 32. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 「我々の会社では、   すべてのプロジェクトに   スクラムを使っています。」 32  
  • 33. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! • 「我が社の開発標準!@$_)*!@ $は、スクラムを元にしており、す べての開発プロジェクトはこの標 準にもとづいて、、、!)(*& %12089$&!」 33  
  • 34. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 評価基準? 「測定できないものは管理できない」    トム・デマルコ   Controlling  Sogware  Projects:     Management,  Measurement     and  Es0ma0on.  1982 34  
  • 35. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 「自分の欲しいものを測る方法を知らないマ ネージャは、結局、自分の測れるものを欲する ようになる」   ラッセル・アコフ   Management  f-­‐Laws 35   hFp://www.f-­‐laws.com/pdf/A_LiFle_Book_of_F-­‐LawsE.pdf
  • 36. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! •  測定できないものは制御できないというアドバイ スは正しかったと思う?   •  今でもそのアドバイスは有効だと思う?   •  ソフトウェア開発プロジェクトにメトリクスは必須 だと思う?   •  私の答えは、ノー、ノー、ノーだ。   トム・デマルコ     IEEE  Sogware  2009 36  
  • 37. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! どうするのか? •  結果の評価基準指標   •  プロセスの評価基準指標 37  
  • 38. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  ではどうする? 38   •  スプリントレビュー   – プロダクトの品質評価     •  スプリントレトロスペクティブ   – プロセスの品質評価   Inspect  !  (検査せよ)  
  • 39. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 39   •  プロダクトを直すな   •  プロセスを直せ   •  プロダクトを直すと、プロダクトの不良を生み出し たプロセスが改善されず放置される。   •  ムダを生み出すプロセスを止めないムダ
  • 40. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! プロセスは変わり続ける •  スプリントを超えて、プロセスがずっと同じで あることはない。   •  小さいけれども、安定して変化が起こり続け る。 40  
  • 41. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 経験主義 •  Unstably  Stable  (不安定的に安定)     •  Stably  Unstable  (安定的に不安定) 41  
  • 42. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! では、どうしたらいいのか? 42  
  • 43. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 定義の目的 •  定義はコンセプトを共有するためにある   •  できることを縛るためではない 43  
  • 44. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! どうしたらいいのか? •  It  depends  (それは状況によるね)。   •  自分で考えるしかないよ。 44  
  • 45. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! •  Think  Yourself  in  Your  Own  Context   •  自分のコンテキストで、自分の頭で考えろ 45  
  • 46. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  を作った人たちは あなたを信頼している。   •  方法論を作る私たちよりも、プロダクトを作っ ているチームのほうが、良いプロダクトを作る ための適切なプロセスを知っている。 46  
  • 47. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! 成功の秘訣とは何か? •  レスリスバーガー(ホーソン実験)   – 「誤った二分法に関する所見」   •  「〜この中では『選ぶ』という言葉が極めて重 大である」   – Training  Within  Industry  (改善文化の基礎) 47   hFp://ci.nii.ac.jp/naid/110000969597
  • 48. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! • You  choose   • あなたが選ぶ 48  
  • 49. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! そんなに難しくない • すでに、     ここに来ることを選んだ 49  
  • 50. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! It’s  your  turn.
  • 51. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! Scrum  の三本柱 透明性   検査   適応 51  
  • 52. Summit Developers Developers Summit 2013 Kansai Action ! •  ご清聴ありがとうございました。   •  ご質問は以下まで、ご遠慮なく   – TwiFer:  @haradakiro   – FB:  www.facebook.com/harada.kiro   52