20110924 shizuoka azure-forsharing

1,536 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,536
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
357
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20110924 shizuoka azure-forsharing

  1. 1. 開発者のアイデアをかたちに!~ Windows Azure におけるクラウド開発環境 ~<br />鈴木 章太郎<br />アーキテクトエバンジェリスト<br />日本マイクロソフト株式会社<br />デベロッパー&プラットフォーム統括本部<br />Blogs:http://blogs.msdn.com/b/shosuz/<br />Twitter:http://twitter.com/shosuz/<br />
  2. 2. 自己紹介<br />公共営業部門のアーキテクトとして 、2003 年入社。.NET の技術啓発活動に従事<br />2006 年、現在の部署に異動。<br />  エバンジェリストとして、  <br />  UX/Cloudプラットフォーム  <br />  の採用推進と技術啓発を担当<br />現在は、大手町の Microsoft Technology Center アーキテクトを兼任<br />早稲田大学 大学院国際情報通信研究科非常勤講師<br />趣味は久しぶりに再開できたバンド活動(Gt. を担当) <br />PDC 2010 Public Viewing…<br />Blogs: http://blogs. msdn.com/b/shosuz <br />Twitter: http://twitter.com/shosuz <br />
  3. 3. Agenda<br />Windows Azure のおさらい(サラッと)<br />Windows Azure 開発環境の今<br />相互運用性<br />デバイス<br />革新<br />開発者のアイデアを形に<br />
  4. 4. クラウドは本格利用段階へ<br />バッチ処理<br />大規模並列処理<br />待機系システム<br /><B2B><br />代理店システム<br />販売管理システム<br />電子調達<br />SCM<br /><B2C><br />E-Commerce<br />キャンペーン サイト<br />ソーシャル ネットワーク<br />ゲーム<br /><社内システム><br />グローバル展開システム<br />プロジェクト管理システム<br />大容量ストレージ<br />B2E(社員向けシステム)<br />企業内<br />ユーザー<br />企業<br />コンシューマ<br />
  5. 5. Web サイトでの利用事例Facebook + Windows Azure <br />FIFA クラブワールドカップの Facebook キャンペーン サイトに Azure を利用。リフティング コンテンス等を開催。<br />人気ゲームおしゃれ泥棒の海外進出。新規企画のリスク軽減、海外展開のためにクラウドを利用。<br />人材情報のサイトを Facebook 上に構築。難しいキャパシティ プランニングは不要に。友達リストから転職機会を探る。<br />
  6. 6. 多くのお客様で 2011 年から本格利用<br />
  7. 7. Windows Azure の現在<br />2010年2月にリリース、そして、<br />2011 年 9 月時点の Windows Azure 機能一覧<br />
  8. 8. Windows Azure 概要<br />自社では実現できない<br />スケーラビリティと自動管理を実現した、アプリケーション実行環境<br />分散ストレージ システムにより、<br />拡張性と可用性を高めた   ストレージ<br />VMs n 個<br />VMs m 個<br />Web <br />ロール<br />Worker<br />ロール<br />IIS<br />ストレージ サービス<br />コンピューティング<br /><ul><li>仮想マシン環境
  9. 9. アプリケーションは仮想マシン上で実行
  10. 10. リクエストに応じて仮想マシンは自由に増減
  11. 11. ロール
  12. 12. アプリケーションは、用途により3種類のロールに配置され実行される
  13. 13. Web ロール:Web アプリケーション用
  14. 14. Worker ロール:バックエンド処理用
  15. 15. VM ロール:ユーザー定義イメージ(ベータ)</li></li></ul><li>移行性を高める VM ロール(ベータ)<br />Base. VHD<br />+ 追加のソフトウェア<br />+ VM ロール用ソフトウェア<br /> - エージェント<br /> - ランタイム インタフェース<br /> - リモート デスクトップ構成<br />  - Diagnostics<br /> - Azure ドライブ ドライバー<br />+ 一般化<br />Blob<br />クラウド<br />自社<br />
  16. 16. Azure ストレージ サービス<br />Windows Azure ストレージはファブリックコントローラによって管理<br />BLOB: <br />名前つきファイルとそのメタデータがストア可能なシンプルなインターフェイスを提供。<br />キュー: <br />アプリケーションのための信頼性の高いストレージ、メッセージ転送を提供。<br />ドライブ: <br />永続的な NTFS ファイルシステム、インスタンスをまたがって共有可能。<br />テーブル: <br />構造化ストレージを提供。プロパティのセットを含むエンティティのセット。<br />
  17. 17. コンテンツ配信ネットワーク(CDN)<br />Windows Azure に組み込まれた<br />コンテンツ配信ネットワーク<br />コンテンツをキャッシュし、地理的なアクセス パフォーマンスを高める<br />現在 WW で日本を含む 24か所のエッジ サーバー<br />Web ロール、VM ロール、Blob ストレージが キャッシュ対象<br />カスタムドメインへ対応<br />http://myapp.cloudapp.net/cdn/hello.htm<br />http://account.blob.core.windows.net/data.png<br />Web ロール<br />VM ロール<br />Blob<br />http://<ida>.vo.msecnd.net/hello.htm<br />データーセンターの<br />ロケーションに<br />依存しない<br />コンテンツアクセスをサイト利用者へ提供<br />http://<idb>.vo.msecnd.net/data.png<br />パブリック Blob が対象<br />CDN<br />カスタムドメインへ対応<br />関連リンク: http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee795176.aspx<br />
  18. 18. Global Traffic Manager(ベータ)<br />シカゴ DC<br />ポリシー設定で障害対策、<br />動的ロケーション、負荷分散<br />Web サイト<br />shosuzazure.ctp.trafficmgr.com<br />www.shosuz.com<br />DNS<br />Azure DNS<br />香港 DC<br />設定時間<br />(30秒以上)<br />で死活監視<br />Policy<br />Web サイト<br />ポリシー1:Failover<br /> プライマリがダウンした際にセカンダリ, …, へ<br />ポリシー2:Performance<br /> クライアントに近い DC へ<br />ポリシー3:Round Robin<br /> 順番にオンライン サービスへ<br />ダブリン DC<br />Web サイト<br />
  19. 19. SQL Azure<br />評価プログラム開始<br />プレビュー<br />プレビュー<br />プレビュー<br />ReportingService<br />Data SyncService<br />Database Manager<br />OData Service<br />Federation<br />Import/Export<br />Database<br />最大容量の拡大<br />SQL Azure API<br />SQL Data Platform as a Service<br /><ul><li>パブリッククラウド上の RDB
  20. 20. 既存のスキルとツールを引き継いで利用可能
  21. 21. 既存データベースアプリケーションにクラウド接続を提供</li></li></ul><li>SQL Azure Federations<br />Azure DB with Federation Root<br />巨大なデータベースを<br />小さなデータベースに<br />分割するテクノロジ<br />Federation Directory<br />Federation Users<br />Federation Scheme, …<br />Connection Gateway<br />Federation “Orders_Fed”<br />(Federation Key: CustomerID)<br />Application<br />Member: PK [min, 100]<br />AUPK=5<br />AUPK=25<br />AUPK=35<br />AUPK=25<br />AUPK=35<br />AUPK=5<br />Atomic Unit:Federation Key ごとのテーブル群<br />Member: PK [100, 488]<br />AUPK=101<br />AUPK=255<br />AUPK=480<br />AUPK=101<br />AUPK=255<br />AUPK=480<br />MemberDB:Federation Key のレンジで分割されたデータベース。運用中に変更(分割/統合)することが可能。<br />Member: PK [488, max]<br />AUPK=515<br />AUPK=550<br />AUPK=712<br />AUPK=550<br />AUPK=712<br />AUPK=515<br />
  22. 22. AppFabricサービスバスの接続性<br />テキスト<br />XML<br />グラフィックス<br />バイナリデータ<br />ストリーミング<br />受信<br />受信<br />ファイアウォール<br />疎結合な<br />コンポジット/マッシュアップ<br />アプリケーション間の<br />メッセージ交換<br />送信<br />送信<br />もし可能であれば、<br />直接接続も<br />サービスバスが支援<br />アプリケーション #2<br />アプリケーション #1<br />
  23. 23. AppFabricアクセス コントロール サービス<br />AppFabricACSV2 が複数のIdPを吸収する<br />AppFabric ACSV2<br />Web アプリケーション<br />信頼<br />信頼<br />アプリケーションは<br />クレーム対応しておけばよい<br />信頼<br />信頼<br />信頼<br />AD FS 2.0<br />AD FS 2.0<br />
  24. 24. AppFabricアクセス コントロール サービス<br />クラウド上に用意された STS<br />アプリケーションのコードを変更することなく、<br />新たな Identity Provider と連携することができる<br />サポートされているプロトコル<br /><ul><li>OAuth WRAP 2.0
  25. 25. WS-Federation、WS-Trust
  26. 26. OAuth 2.0 (Draft 13)
  27. 27. OpenID 2.0</li></ul>トークンフォーマット<br /><ul><li>Simple Web Token(SWT)
  28. 28. SAML 1.1/2.0</li></ul>既成の Identity Provider との Passive な連携<br /><ul><li>Windows Live ID/ Google/ Facebool/ Yahoo!(.com)/ OpenID
  29. 29. Active Directory Federation Service 2.0</li></li></ul><li>Windows Azure 開発環境の今<br />革新<br />Innovation<br />デバイス<br />Multi Devices<br />相互運用性<br />Interoperability<br />Windows Azure SDK for PHP<br />Windows Azure SDK<br />Windows Azure Toolkit for Windows Phone<br />Windows Azure SDK for Java<br />Windows Azure Toolkit for iOS<br />Windows Azure Tools for Eclipse<br />Windows Azure Toolkit for Social Games<br />Windows Azure Toolkit for Android<br />Windows Azure Storage for WordPress<br />HPC on Windows Azure<br />
  30. 30. 相互運用性 – 言語共通環境<br />Windows Azure SDK<br />Windows Azure エミュレーション環境<br />管理用コマンド<br />SQL Server Express 2008 R2 が必要<br />Web プラットフォーム インストーラで簡単にセットアップ<br />
  31. 31. 相互運用性 – Javahttp://java.interoperabilitybridges.com/cloud <br />Windows Azure Plugin for Eclipse with Java<br />ウィザードで Azure プロジェクト作成<br />Azure への配置、デバッグ実行<br />リモートデスクトップ用<br />サンプル証明書<br />Azure 用構成ファイル<br />
  32. 32. 相互運用性 – Javahttp://java.interoperabilitybridges.com/cloud <br />アプリケーション サーバーの追加<br />Tomcat , Jetty 等が指定可能<br />Zip ファイルのままプロジェクトへ追加(実行時に解凍)<br />JRE も同様<br />
  33. 33. 相互運用性 – PHPhttp://azurephp.interoperabilitybridges.com/<br />事前準備<br />PHP Manager for IIS(PHP 含む)を Web プラットフォーム インストーラでインストール<br />Windows Azure SDK for PHP<br /> http://phpazure.codeplex.com<br />コマンドでプロジェクト作成<br />コマンドでデバッグ実行、パッケージ作成<br />
  34. 34. 相互運用性 – Ruby on Railshttp://www.artonx.org/data/nougakudo/<br />オープンソースの実行<br />PHP を始め Ruby も基本は FastCGI<br />X86 ではパフォーマンス的に最適ではない<br />ということで、・・・<br />Ruby の有識者の方が、Windows / Windows Azure 上で Rails を最適に動作させるプロジェクトをスタート<br />※マイクロソフトのプロジェクトではありません<br />能楽堂 on Azure<br />http.sys を使った Web サーバーでアプリケーションを実行<br />速いらしい… (詳細は MSC で)<br />
  35. 35. デバイス – スマートフォンWindows Azure Toolkits for Devices<br />スマートフォン開発者が   より簡単に Windows Azure を扱えるツール<br />WP–v1.3 (WP7 & Mango)<br />iOS-v1.2.1 (iPhone & iPad)<br />Android–v0.8 New!<br />Toolkits に含まれるもの:<br />Native ライブラリ<br />. NET、Objective-C、java<br />サンプル<br />プロジェクト テンプレート<br />ドキュメント<br />
  36. 36. デバイス – スマートフォン何ができる?<br />Windows Live<br />Google<br />認証<br />(WP, iOS)<br />Yahoo!<br />Facebook<br />OpenID<br />Windows Azure<br />AppFabric ACS<br />AD FS 2.0<br />サービス、ストレージ<br />( WP, iOS, Android )<br />ストレージ<br />サービス<br />(REST-XML/JSON 等)<br />Push 配信<br />(WP, iOS)<br />Windows Azure<br />Apple Push Notification Service<br />Microsoft Push Notification Service<br />
  37. 37. 革新 – LightSwitch業務アプリケーションを簡単開発<br />ステップ1データ定義<br />ステップ2画面を追加<br />ステップ3展開<br /><ul><li>デスクトップ
  38. 38. Web
  39. 39. クラウド
  40. 40. 新規テーブル
  41. 41. SQLServer
  42. 42. SQL Azure
  43. 43. SharePoint
  44. 44. WCF RIA Services
  45. 45. 新規入力
  46. 46. 詳細画面
  47. 47. 検索画面
  48. 48. グリッド
  49. 49. リストと詳細</li></li></ul><li>革新 – HPC on Azure大規模並列処理 + クラウド<br />オンプレミス<br />Desktop 計算グリッド<br />有休の Windows7 リソース<br />HPC ヘッドノード<br />デスクトップ<br />WCF ブローカーノード<br />HPC クラスタ<br />クラウド<br />Windows Azure<br />Azure 計算 プロクシ<br />Azure 計算インスタンス<br />
  50. 50. 開発者のアイディアをかたちに<br />HTML5 対応サイトをクラウドで動かす ~ "The Shodo" ができるまで<br />http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh180849<br />サーバー サイド<br /><ul><li>ASP.NET MVC 3
  51. 51. Windows Azure
  52. 52. SQL Azure
  53. 53. Azure Storage Blob/Table</li></ul>クライアント サイド<br /><ul><li>HTML5, CSS3, SVG
  54. 54. IE9 新機能</li></li></ul><li>開発者のアイディアをかたちに<br />
  55. 55. 「感じる」「学ぶ」「つながる」<br /> マイクロソフトの最新テクノロジの総合力をご体験ください。<br />http://www.microsoft.com/japan/events/msc/2011/<br />
  56. 56. リファレンス #1<br />クラウドならマイクロソフトhttp://www.microsoft.com/japan/business/cloud/default.mspx<br />Windows Azure の製品情報<br />http://www.microsoft.com/japan/windowsazure<br />MSDN クラウド開発情報<br />http://msdn.microsoft.com/ja-jp/default.aspx<br />. NET開発コード サンプル集 CodeRecipe<br />http://msdn.microsoft.com/ja-jp/samplecode.recipe.aspx<br />Microsoft Web Platform<br />http://www.microsoft.com/web<br />
  57. 57. リファレンス #2<br />Windows Azure Toolkit for Windows Phone ver. 1.3.0 -http://watwp.codeplex.com/ <br />Windows Azure Toolkit for iOS ver. 1.2.0 - <br />https://github.com/microsoft-dpe/wa-toolkit-ios<br />Windows Azure Toolkit for Android ver. 0.8 - <br />https://github.com/microsoft-dpe/wa-toolkit-android<br />Wade Wegner's Blog -http://www.wadewegner.com/<br />Simon Guest‘s Blog -http://simonguest.com/<br />S/N Ratio(Naoki Sato's Blog) -http://satonaoki.wordpress.com/<br />Virtuoso (Shotaro Suzuki's Blog) -http://blogs.msdn.com/b/shosuz/<br />
  58. 58. IT ベンチャー支援プログラム<br />開発環境、クラウド環境を<br />最大 3年間<br />無償提供!<br />設立 3 年未満のスタートアップを支援<br />技術サポート<br />技術者が回答<br />2 インシデント<br />クラウド環境<br />Windows Azure<br />月 1,500 時間<br />統合開発環境<br />Visual Studio with MSDN<br />http://www.microsoft.com/japan/bizspark/<br />
  59. 59. ソフトウェア開発支援プログラム Microsoft Platform Ready<br />Microsoft Platform Ready とは<br />マイクロソフト パートナー ネットワークのサブセット プログラム。主に、"開発" 技術情報と開発した "アプリケーションやソリューション" と最新マイクロソフト製品との互換性を検証するツールを提供<br />Windows Azure に対応する企業様を強力に支援<br />注目ポイント<br />Powered by Windows Azure ロゴの提供<br />ウェブサイト<br />http://www.microsoftplatformready.com/jp/home.aspx<br />http://www.facebook.com/mskkisvs<br />
  60. 60. WindowsAzure30 日間無料パス<br />Windows Azure Platform の評価・検証・学習などを 30日間無料で行えます。<br />クレジットカードの登録は必要ありません。通常約 4 万円程度のサービス内容を無料で利用できます。<br />利用期限後も継続して利用できるように、通常のサブスクリプションへの移行が可能です。<br />30 日間無料<br />30 日間無料パスで使用できる範囲:<br />サービス・コンポーネントごとに以下の量まで無料で使用できます。<br /><ul><li>3 Small コンピューティング インスタンス
  61. 61. 3 GB ストレージ、250,000 ストレージ トランザクション
  62. 62. 2 x 1 GB SQL Azure Web Edition データベース
  63. 63. AppFabric 100,000 アクセス制御トランザクション
  64. 64. AppFabric 2 サービスバス コネクション
  65. 65. データ転送 (per region) 3 GB 受信
  66. 66. データ転送 (per region) 3 GB 送信</li></ul>本セッション参加者に後日ご案内します!<br />
  67. 67. © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.<br />The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.<br />

×