Your SlideShare is downloading. ×

オープンセミナー香川2012 LT

365

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
365
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. OSSの翻訳やってみた 今中幸太( @pside )
  • 2. 自己紹介• 今中幸太 • 徳島大学工学部 知能情報工学科 4年 • GDG四国(旧:四国GTUG) スタッフ • 80枚近く旧ロゴ名刺あるんですが・・・• http://p-side.net • 見たら後悔すると巷で話題• @pside • フォローしたら後悔すると巷で話題• 詳しくはWebで!
  • 3. ありがちな話。「良いアイデアが閃いたから これからアプリ作るぞー」
  • 4. ありがちな話。プライベートGitを作って サァ作るぞ−!
  • 5. 数十分後、同じアイデアのアプリが 公開されていることに 気がつく
  • 6. orz
  • 7. 「あれ?でもこれ githubでソース公開されてるじゃん」
  • 8. (゚∀゚)
  • 9. 深刻な日本語不足• 有名なOSSプロジェクト • 潤沢な人的リソース • 翻訳者も多い • (それでも人が足りないと申しますか)
  • 10. 深刻な日本語不足• 「とりあえずソース公開してみる」 程度から始まったOSSの場合• 開発者は一人(githubのマスター)• 翻訳は殆ど進んでいない • 日本語まず無い• (OSSに限らず)Excite翻訳みたいな 酷い日本語がまかり通っている
  • 11. 本題終わり• 英単語読める書ける、英語文章読めない書けない• gitをコマンドで触るの不得意だけどEgit経由だった ら30%くらいは使いこなせる• ガジェットとかOSとか大好き、そのプロダクトの 隅々まで触って悦に浸る• プログラミングは下手なのにEclipse等のツールの使 い方はやたらこだわるそんな人間がOSSなAndroidアプリを翻訳した一連の流れを残った時間でレクチャー!
  • 12. 翻訳したアプリ Notes for ICSAuthor: NoNonsenseApps (Space Cowboy) Android 3.2+ Price: FREE!
  • 13. 翻訳の流れ(Android)1. githubで翻訳対象のプロジェクトをfork2. gitコマンド等で対象プロジェクトをclone3. 言語ファイルを追加などして翻訳4. forkした(自分のgithubにある)プロジェクトにpush5. githubサイト上でpull request作成、送信6. 対象プロジェクトの管理者の審査、マージ成立
  • 14. fork, checkout• 翻訳したいプロジェクトのgithubリポジトリで forkすることで自分のgithubリポジトリに 対象のコピーが作成される • 厳密にはコピー言うたらいかんのだろうけど・・・• githubリポジトリにあるだけだと作業できないので、 EclipseのEgitやgitコマンドでcloneする • git clone <dest> <branch> みたいなそんなノリかな・・・? Egitしか使わないので分からんっす
  • 15. 翻訳で手抜きする• 翻訳者ツールキット(at Google Translate) • Androidのstring.xmlなどを一括翻訳してくれる • 精度については触れてはいけない • “About”(“このアプリについて”の意味)を”約”と訳す • 翻訳元のストリングと翻訳後のストリングを 見比べながら手動翻訳が出来るので楽 • http://translate.google.com/toolkit/ • あるいはGoogle翻訳の下にあるリンクから
  • 16. Androidアプリ翻訳のキモ• “values-ja”フォルダを”res”配下に作成し、 “values”フォルダから”string.xml”コピーしてくる• 場合によっては”arrays.xml”もコピーするかも• ある程度翻訳したら実際に表示させてみる • ボタン領域で意図しない改行があるかもしれないし• “%01d”とか気をつける • 自動翻訳で書式くずれる危険ある • 手動翻訳でも前後のストリングとの兼ね合いを考える
  • 17. pushするとアラ便利〜• 翻訳はローカルリポジトリにガシガシcommit • でも”master”,”workspace”,”japanese” みたいな具合にブランチ切った方が良いかも。 • japaneseでは翻訳完了時にコミットするだけ、 あとgithubに投げるのもこのリポジトリだけ • masterにコミットするのは止めといた方が良いです• ローカルリポジトリの内容をgithubにpush • こうすることでgithubに変更内容が届く• githubの自分のページではpull request投げるフォームが 出来ている • 相手にコメントをしたためて送信して、祈りながら待つ
  • 18. 難しかったところ• 特にないです • 言うてもワシもAndroidデベロッパーの端くれ • 英語難しかったです^q^• ハードコーディングなストリングと出会ったら頭抱える かも知れない • もしかしたら意図があるのかも知れない、とか • 時刻や日付の書式で今頭抱えてる• pull requestの時に一言添えるのだけど、それ考えるの難 しかったです • でも相手から「arigatou!」とレス返ってきて嬉しかった
  • 19. 終わりです• 「酷い日本語」と馬鹿にする前に 「美しい日本語」を提供するような そんなエンジニアに、私はなりたい けいま

×