Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩

21,632 views

Published on

0 Comments
61 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
21,632
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,935
Actions
Shares
0
Downloads
123
Comments
0
Likes
61
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩

  1. 1. Redmineをつかったスクラム開発のはじめの一歩 @kiita312
  2. 2. 経緯 @kiita3122011/6~2012/7Webアプリケーション開発のプロジェクトを担当 プロジェクト管理者がいない ※メンバーは自分1人/(^o^)\ 「一人スクラム(えせスクラム)」を開始
  3. 3. おすすめ書籍
  4. 4. おすすめサイト http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/scrum01/01.html
  5. 5. 前置き(言い訳)• スクラム開発はじめての方向けの内容です• あくまでも独学で学んだ内容です
  6. 6. アジェンダ• スクラムって何?• スクラムな計画づくり• スクラムな運用
  7. 7. アジェンダ• スクラムって何?• スクラムな計画づくり• スクラムな運用
  8. 8. スクラムって何? おいしいの? アジャイルサムライより
  9. 9. スクラムって何?ウォーターフォール開発 設計 実装 テスト 2か月 スプリントスクラム開発 2週間~1か月が目安 テ テ テ テ 設 実 設 実 設 実 設 実 ス ス ス ス 計 装 計 装 計 装 計 装 ト ト ト ト 2週間 2週間 2週間 2週間
  10. 10. スクラム開発すると良いこと• 変更に柔軟になる• 定期的に価値ある成果を提供できる• 進捗が把握しやすくなる
  11. 11. スクラム開発の注意点• どのプロジェクトにも有効というわけじゃない• 誰もがこのやり方を気に入るわけじゃない• 銀の弾丸ではない
  12. 12. アジェンダ• スクラムって何?• スクラムな計画づくり• スクラムな運用
  13. 13. スクラムチーム プロダクトオーナー スクラムマスター (顧客) ・どうつくるかを決める ・ 進捗を追跡する ・ 行く手を阻む障害を ぶったぎる ・ 何をつくるか決める ・ やることの優先順位を 小数精鋭部隊 決める チームメンバー ・ 開発にひたはしる
  14. 14. その前に、ツールを導入しよう Redmine Backlogsプラグイン
  15. 15. Redmine Backlogs
  16. 16. ① ストーリーを書き出す ストーリーを書き溜めておくところストーリー(チケット) 画面遷移なくサクサクとチケットがつくれる!注意!プロジェクト開始時点にすべての要求を集めることはできない
  17. 17. ② 優先順位をつける 高 ドラッグ&ドロップで並び替え優先順位 低 優先順位づけはお客さん(プロダクトオーナー)と 話し合って決めよう!
  18. 18. ③ ポイントをつける ストーリーに相対的な大きさ(工数)をつける
  19. 19. ③ ポイントをつける ポイントをつける 小さい値は細かく、 大きい値は大雑把に一番ちょろいストーリーを1ptにしよう
  20. 20. ひとまずプロダクトバックログできあがり
  21. 21. ④ スプリントをつくる スプリント名 開始日 終了日
  22. 22. ④ スプリントをつくる 一回のスプリントでやることを決める ベロシティ 1回のスプリントで こなせるポイント
  23. 23. スプリント一個できあがり
  24. 24. ⑤ タスクをつくる ステータス かんばん タスク(子チケット)を作って付箋のように ここに貼っていく
  25. 25. ⑤ タスクをつくる ストーリーを細分化した タスクを洗い出そう 担当者毎に色が変わる 予定作業時間
  26. 26. タスクできあがり
  27. 27. あとは始めるだけ! バグ対応などのタスクはこちら ドラッグ&ドロップで ステータス変更 終了すると残り時間は0になる 残り時間 終了にする時だけはチケット編集画面から 時間が正しく記録されない(バグ?)誰が何をやっているかまる分かり
  28. 28. アジェンダ• スクラムって何?• スクラムな計画づくり• スクラムな運用
  29. 29. 朝会(デイリースクラム)• 昨日は何をやった?• 今日は何をやるの?• 障害はある? 毎朝! 同じ場所で! 顔をつきあわせて!
  30. 30. バーンダウンチャート スプリントの調子をみる
  31. 31. バーンダウンチャート その調子!残時間 サボるとすぐにバレるぞ 日にち 理想のラインに追いつくように毎日のタスクをこなすべし! 終わらなかったストーリーは次のスプリントへ (-_-)//
  32. 32. 変更があった場合• お客さんが新しい要求を発見した• 思っていたほど早くは進んでいない• 大切なメンバーがいなくなった
  33. 33. 変更があった場合計画を見積もり直す必要がある!残作業 ベロシティが 足りない! 時間 スプリント
  34. 34. 変更があった場合お金 × 時間 × スコープ × 品質どれかを犠牲にしなければならない 残作業 ベロシティが 足りない! メンバーを機能を削って 増やす もらう 納期を延ばし てもらう 時間 スプリント
  35. 35. 変更があった場合お金 × 時間 × スコープ × 品質どれかを犠牲にしなければならない 残作業 ベロシティが お客さんに正直に話そう。 足りない! 説明の助けにはなるはず。 メンバーを機能を削って 増やす もらう 納期を延ばし てもらう 時間 スプリント
  36. 36. 変更があった場合スクラム開発は、× どうしようもない状況を何とかしてくれる○ どうしようもない状況になる前に気付くことができる
  37. 37. まとめ• スクラム開発は、価値のある成果を継続的に 提供します• RedmineはBacklogsプラグインを使ってスクラ ム開発を支援します• スクラム開発は変化を目に見えるようにします
  38. 38. ご清聴ありがとうございました。
  39. 39. スクラムをもっと詳しく勉強したい方へ• Scrum Guides http://www.scrum.org/scrumguides/• Ryuzee.com http://www.ryuzee.com/contents/blog/

×