Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
  • Save
Adobe premiere pro cs5 お読みください
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Adobe premiere pro cs5 お読みください

  • 2,666 views
Published

Cs5

Cs5

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
2,666
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Adobe® Premiere Pro® お読みくださいAdobe® Creative Suite® 5 Premiere Pro をご利用いただきありがとうございます。このドキュメントには、Premiere Pro ユーザーガイドに記載されていない最新の製品情報、アップデート、およびトラブルシューティング情報が記載されています。必要システム構成ソフトウェアのインストールソフトウェアのアンインストール体験版ソフトウェアライセンス認証製品のユーザー登録フォントのインストール既知の問題サポートについてその他のリソース必要システム構成Windows®
  • 2.  64-bit 対応 CPU 必須 : インテル Core™ 2 Duo 以上、または AMD Phenom® Ⅱ 以上が必要  64-bit 対応 OS が必須:Microsoft® WindowsVista® Home Premium、 Business、Ultimate、Enterprise(Service Pack 1)日本語版、 Windows® 7 日本語版  2GB 以上の RAM (4GB 以上を推奨)  10 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時 には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用し たストレージデバイス上にはインストール不可)  圧縮されたビデオフォーマットの編集には 7,200 RPM のハードディス クドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集には RAID 0 でストラ イピングされたディスクアレイ  1280 x 900 以上の画像解像度をサポートするディスプレイ、OpenGL 2.0 対応グラフィックカード  GPU アクセラレーションを利用するには、アドビ認定の GPU カードが 必要、最新のサポートされるカードの情報は www.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jp をご覧ください  SD/HD ワークフローには、キャプチャおよびテープへの書き出し用にア ドビ認定のカード  DV および HDV キャプチャ、テープへの書き出し、DV デバイスへの伝 送用に OHCI IEEE 1394 ポート  Microsoft WDM または ASIO 対応のサウンドカード  2 層式対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には記録対応 DVD ドライブ、 Blu-ray 作成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)  マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.6.2  オンラインサービス † の利用にはブロードバンドインターネット接続 が必要Mac OS  インテル® マルチコアプロセッサー(64-bit 対応必須:インテル Core™ 2 Duo 以上)  Mac OS X v10.5.7 または v10.6.3 日本語版(GPU アクセラレーション を利用するには、Mac OS X v10.6.3 が必要)  2GB 以上の RAM(4 GB 以上を推奨)  10 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時 には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシス テムを使用している場合や、取り外し可能なフラッシュメモリを利用し たストレージデバイス上にはインストール不可)  圧縮されたビデオフォーマットの編集には 7,200 RPM のハードディス クドライブ、非圧縮のビデオフォーマットの編集には RAID 0 でストラ イピングされたディスクアレイ
  • 3.  1280 x 900 以上の画像解像度をサポートするディスプレイ、OpenGL 2.0 対応グラフィックカード  GPU アクセラレーションを利用するには、アドビ認定の GPU カードが 必要、最新のサポートされるカードの情報は www.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jpをご覧ください  Core Audio 対応サウンドカード  2 層式対応 DVD-ROM ドライブ(DVD 作成には SuperDrive、Blu-ray 作 成には記録対応 Blu-ray ドライブが必要)  マルチメディア機能を利用するために QuickTime 7.6.2  オンラインサービス † の利用にはブロードバンドインターネット接続 が必要ビデオハードウェアの互換性および詳細な必要システム構成については、http://www.adobe.com/go/premiere_systemreqs_jp をご覧ください。CS Live の必要システム要件については、www.adobe.com/go/cslive_requirements_jp をご覧ください。† 本製品は、Adobe CS Live オンラインサービス(以下「オンラインサービス」という)を含むオンラインで提供される特定の機能にアクセスすることにより、機能を拡張できる場合があります。オンラインサービスおよびその機能は、国・地域、言語、通貨によっては提供されていない場合があり、その全体または一部が予告なく中止または変更になることもあります。オンラインサービスのご利用には、個別の利用規約およびアドビのプライバシーポリシーが適用され、ユーザー登録が必要となる場合があります。一部のオンラインサービスには、別途料金が発生したりサブスクリプションが必要になる場合があります。料金体系は変更になることがあります。詳細情報ならびに利用規約やアドビのプライバシーポリシーについては、www.adobe.com/jp をご確認ください。※必要システム構成やアップグレード対象製品は予告無く変更となる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。ソフトウェアのインストール1. インストールする前に、他の Adobe アプリケーション、Microsoft Officeアプリケーション、ブラウザーウィンドウなど、システム上で実行しているすべてのアプリケーションを終了します。また、インストールが終了するまでウイルス対策ソフトウェアを一時的にオフにすることをお勧めします。2. インストールするには、管理者権限が必要です。または、管理者として認証できる必要があります。
  • 4. 3. 次のいずれかの操作を行います。Windows: o ドライブに DVD を挿入し、画面の指示に従います。インストー ラーが自動的に起動しない場合は、ディスクのルートレベルにあ る Adobe CS5 フォルダーで、Set-up.exe をダブルクリックして、 インストールプロセスを開始します。 o Web からソフトウェアをダウンロードした場合は、インストーラ ーが自己解凍して自動的に起動します。インストーラーが自動的 に起動しない場合は、フォルダーを開き、Adobe CS5 フォルダー に移動します。次に、Set-up.exe をダブルクリックして、画面 の指示に従います。Mac OS: o ドライブに DVD を挿入し、ディスクのルートレベルにある Adobe Premiere Pro CS5 フォルダーに移動して、Install をダ ブルクリックします。その後、画面の指示に従って操作しま す。 o Web からソフトウェアをダウンロードした場合は、フォルダーを 開き、アプリケーションフォルダーに移動します。次に、 Install をダブルクリックして、画面の指示に従います。4. アップグレードをインストールする場合は、インストーラーにより、有効なアップグレード対象製品がシステム内で検索されます。見つからない場合は、アップグレード対象製品のシリアル番号を入力するようメッセージが表示されます。ソフトウェアを体験版としてインストールしてある場合でも、起動時に表示されるセットアップ画面で、新しいシリアル番号と古いシリアル番号を入力することで、製品としてインストールすることができます。ソニー製品にバンドルされている Adobe 製品からアップグレードされたお客様は、アドビカスタマーサービスへお問い合わせください。詳しくは、こちらの Web サイト www.adobe.com/go/sonyupgrade_jp もご覧ください。5. CS5 製品のインストールに関する情報について詳しくは、http://www.adobe.com/go/cs5install_jp をご覧ください。さらに詳しくは、www.adobe.com/go/premiere_faq.html_jp にアクセスしてください。既知の問題
  • 5.  最初に体験版で起動し、後から製品のシリアルを入力する場合、体験版 に含まれていない追加ファイルをインストールするためにアプリケーシ ョンを再起動する必要があります。(#2559971)  Premiere Pro で PSD ビデオを使用するには、Windows 版 QuickTime をインストールする必要があります。  Mac OS では、ルートディレクトリへインストールできません。 (#BG044824)  Windows Vista64 にインストールする場合、初期設定のインストール先 が間違って表示されますが、アプリケーションは正しい場所 (c:¥program files(x86))にインストールされます。(#BG064131)  インストーラーのオプション画面に表示される「合計サイズ」には、コ ンポーネントリストには表示されない、インストール用コンポーネント の容量も含まれます。したがって、合計サイズの値は、コンポーネント リストのコンポーネントの合計値とは異なる場合があります。 (#BG059229)  インストール時間は、インストールする製品および選択したコンポーネ ントの数に応じて 20 分から 1 時間ぐらいかかります。(#BG050030)  インストールに関するトラブルシューティングについて詳しくは、 http://www.adobe.com/go/support_loganalyzer_jp を参照してくださ い。注意:追加のコンポーネントをインストールしたり、ソフトウェアを最初にインストールした後で再インストールする場合は、元のインストーラー(CD、DVD、または Web からダウンロード)にアクセスする必要があります。修復オプションは提供されていません。ソフトウェアのアンインストール 1. アンインストールする前に、他の Adobe アプリケーション、Microsoft Office アプリケーション、ブラウザーウィンドウなど、システム上で 実行しているすべてのアプリケーションを終了します。 2. 次のいずれかの操作を行います。 o Windows Vista および Windows 7 では、コントロールパネルを 開き、「プログラムと機能」をダブルクリックします。アンイン ストールする製品を選択し、「アンインストール」をクリックし て、画面の指示に従います。 o 重要:Mac OS では、新しいアンインストール機能が用意されて います。アプリケーションをゴミ箱にドラッグしてアンインスト ールしないでください。Mac OS X で安全にアンインストールを 行うには、アプリケーション/ユーティリティ/Adobe Installers
  • 6. で製品インストーラーをダブルクリックするか、アプリケーショ ンフォルダーにあるアンインストール用のエイリアスをダブルク リックします。必要なオプションを選択して「アンインストー ル」をクリックし、管理者としての認証を行ってアンインストー ルを実行します。注意:別のコンピューターに製品をインストールする場合は、まずコンピューターのソフトウェアのライセンス認証を解除する必要があります。ライセンス認証を解除するには、ヘルプ/ライセンス認証の解除を選択します。体験版ソフトウェアシリアル番号の入力ソフトウェアセットアップ画面で、ソフトウェアの購入時に入手したシリアル番号を入力します。ソフトウェアセットアップ画面は、アプリケーションを初めて起動したときに表示されます。アプリケーション自体のシリアル番号を入力するか、アプリケーションを含む Creative Suite のシリアル番号を入力することができます。Creative Suite 製品を購入した場合は、Creative Suiteを構成する各アプリケーションで、そのシリアル番号を使用できます。新しいシリアル番号は、次回の起動時に Creative Suite を構成する各アプリケーションに反映されます。体験版として実行しているアプリケーションにのみ、新しいシリアル番号が反映されます。いずれかのアプリケーションで異なるシリアル番号が既に使用されている場合は、ヘルプ/ライセンス認証の解除を選択して古いシリアル番号を削除するまで、そのシリアル番号が継続して使用されます。古いシリアル番号を削除した後でアプリケーションを初めて起動したときに、新しいシリアル番号が反映されます。購入したシリアル番号は、言語が限定されており、その言語でインストールされた製品にのみ使用できます。ボリュームライセンスボリュームライセンスをご利用のお客様については、体験版からボリュームライセンスを直接購入することはできません。ただし、ボリュームライセンス用のシリアル番号は、Creative Suite に付属する Acrobat 9 の体験版または製品版を除くすべての Creative Suite アプリケーションに使用できます。Acrobat 9 のボリュームライセンスソフトウェアは、アドビ製品取り扱い販売会社からご購入いただく必要があります。ボリュームライセンスをお求めの場合は、アドビ製品取り扱い販売会社までお問い合わせください。最寄りの販売会社については、
  • 7. http://partners.adobe.com/resellerfinder/na/reseller.jsp でご確認ください。Adobe ID と CS Liveこのソフトウェアを体験版として使用し、体験期間中に Adobe CS Live オンラインサービスにアクセスするためのセットアップを行うには、Adobe ID が必要です。体験版を最初に起動してから 7 日以内に Adobe ID を入力する必要があります。 体験版を最初に起動してから 7 日以内に Adobe ID を入力しないと、以後は体験版にアクセスできなくなります。ライセンス認証この製品をご利用いただくには、使用許諾契約書および保証条件にご同意いただく必要があります。詳しくは、www.adobe.com/go/eulas_jp を参照してください。ソフトウェアにより、インターネットを介して自動的にライセンス認証が試行される場合があります。詳しくは、www.adobe.com/go/activation_jpを参照してください。製品のユーザー登録Adobe ID を作成すると、ソフトウェアが登録されます。最新の製品情報、トレーニング、ニュースレター、Adobe のイベントやセミナーの案内を受け取るために、ぜひご登録ください。フォントのインストールフォント関連のすべてのドキュメントは、オンラインで提供されます。OpenType のユーザーガイドと「お読みください」、フォント別の「お読みください」、CS5 製品別にインストールされるフォントの一覧、および CS5 製品別の DVD に含まれるフォントの一覧については、http://www.adobe.com/type/browser/landing/creativesuite/creativesuite5.html を参照してください。Creative Suite 5 では、初期設定のシステムフォントディレクトリにフォントがインストールされます。これらのフォントの多くは、Creative Suite 4でインストールされたバージョンの更新版です。初期設定のシステムフォントディレクトリに古いバージョンのフォントが見つかると、古いバージョンは元
  • 8. の場所から削除されて新しいディレクトリに保存されます。初期設定のシステムフォントディレクトリは次の場所になります。 Mac OS:<システムディスク>/ライブラリ/Fonts Windows:<システムディスク>:¥Windows¥Fonts古いフォントは新しいディレクトリに保存されます。 Mac OS:<システムディスク>/ライブラリ/ApplicationSupport/Adobe/SavedFonts/current Windows:<システムディスク>:¥Program Files¥CommonFiles¥Adobe¥SavedFonts¥currentこの新しいディレクトリには、Read me.html ファイルも含まれます。このファイルは、保存したフォントと新旧フォントファイルのバージョン番号の一覧です。古いフォントを再インストールする場合は、初期設定のシステムフォントディレクトリから新しいフォントファイルを削除し、古いファイルをそのディレクトリに戻します。インストールディスクには、追加のフォントが含まれています。追加フォントのインストール方法について詳しくは、http://www.adobe.com/go/learn_fontinstall_jp を参照してください。既知の問題Creative Suite 5 のすべてのアプリケーションに関する最新情報と既知の問題については、アドビサポートページをご覧ください。  タイムラインでサムネールをオフにすると、埋め込まれたシーケンスタ イムラインを開く場合にパフォーマンスが向上します。(#2559596)  Adobe Premiere Pro は .psb ファイル(Photoshop のビックドキュメ ント形式)を読み込めません。TIFF 形式で保存しなおしてから、 Premiere Pro に読み込んでください。(#2539821)  タイムコードは XDCAM HD422 を読み込んだメディアではサポートされ ません。(#2539751/#2535184)  Mac OS では、オーディオのみのキャプチャがサポートされません。 (#2536080)
  • 9.  (Mac OS の場合)DV をプレビューまたはキャプチャするときに、DV デバイスからのサウンドが、コンピューターから聞こえるまでに数秒か かる場合があります。(#2526045)  エラーを示す赤いフレームが、キャプチャされた HDV フッテージに表 示される場合があります。(#2516899)  メディアがダブルバイトのファイルパスにあるとき、RED R3D ファイル が読み込めない(Mac OS)または正しくレンダリングされない (Windows)場合があります。(#2455402、#2534074)  プリセットを切り替えるときに、VST オーディオプラグインパラメータ ーが正しく設定されない場合があります。(#2481384)  Adobe Photoshop のサポートは、Adobe After Effects と Adobe Premiere Pro とで異なります。Adobe After Effects と Adobe Premiere Pro 間で複雑な Adobe Photoshop ファイルをコピー&ペース トすると、結果が不一致になる場合があります。Adobe After Effects と Adobe Premiere Pro 間でコピー&ペーストする場合には、統合した Adobe Photoshop ファイルを使用することをお勧めします。  日本語の入力中にことえりメニューにアクセスすると、入力が確定して しまいます。(#2569447)  タイトル入力時以外でことえりの予測変換時に Tab キーを押しても、 予測変換候補を選択できません。(#2584554)  タイトルは JIS X 0213:2004 の文字入力に対応していません。  Encore チャプターマーカーの名前や説明欄に日本語を入力し、Encore へ送信すると、Encore 側で文字が化けてしまうことがあります。文字 が化けてしまう場合には、Encore 側で情報を入力しなおしてください。 (#2590028)CUDA 情報  Adobe Mercury Playback Engine の GPU アクセラレーションには、認 定された NVIDIA の CUDA サポートドライバーが必要です。GPU アクセ ラレーションは、一部の NVIDIA グラフィックカードでのみサポートさ れています。  エフェクトパネルに表示されるアクセラレーションアイコンは、GPU 再 生により高速化されるエフェクトを表します。  CUDA はクリップに適用されたエフェクトのレンダリングを高速化しま すが、Premiere Pro とドライブ間のファイル入出力は高速化しません。 CPU やドライブ入出力などのシステムパフォーマンスが低い場合、 Adobe Mercury Playback Engine の GPU アクセラレーションによるパ フォーマンス向上が制限される場合があります。  Adobe Mercury Playback Engine の GPU アクセラレーションは、グラ フィックカードとそのメモリを活用します。ただし、サイズの大きい静
  • 10. 止画やビデオフレームの複数のレイヤーを操作すると、グラフィックカ ードのメモリに負荷を与え、エラーの原因になる場合があります。  不透明度の変更や、大きなフレームサイズでの不透明度の合成によって、 再生パフォーマンスが低下する場合があります。Dynamic Link  Adobe Dynamic Link を使用することにより再帰が可能になります。た だし、不正な再帰を起こしたり、ネストしたりすると、Adobe Dynamic Link はオフラインになるため、手動で再帰を取り消す必要があります。CS4 から CS5 への変更  Adobe Premiere Pro CS5 で使用するフォントは、Adobe Premiere Pro CS4 から変更されています。そのため、フォントに依存したタイトルテ ンプレートやタイトルスタイルも削除されました。  Cinepak コーデックは 64 bit と互換性がないため、Cinepak コーデッ クを使用する AVI ファイルは Adobe Premiere Pro CS5 でサポートさ れません。(#2429830)  Clip Notes 機能は Adobe Premiere Pro CS5 で使用できません。新し いソリューションは、将来のリリースや更新で利用可能になる予定です。サポートについてカスタマーサービス製品のインストール情報、操作方法、トラブルシューティングに関する情報をご提供しておりますので、お問い合わせの前に、「サービス&サポート FAQ」(http://www.adobe.com/go/support_jp)をご活用ください。サポートプランとテクニカルリソースSTEP 1:お問い合わせいただく前に、「製品のユーザー登録」をお済ませください(「製品のユーザー登録」を参照してください)。STEP 2:ご登録いただいた製品のシリアル番号をご用意ください。STEP 3:サポートへお問い合わせください。ただし、無償インストールサポートには範囲ならびに回数制限があり、それを超えた場合は、「有償サポート」が必要な場合もございますので、あらかじめご了承ください。なお、サポート範囲について詳しくは、http://www.adobe.com/go/support_jp の「サポート
  • 11. プログラム」よりご確認ください。できるだけ早く問題を解決するために、柔軟な選択を提供できるよう、今後も引き続きオンラインで追加のツールや情報を提供してきます。お問い合わせは、http://www.adobe.com/go/gn_contact_jp をご確認ください。CS5 製品のインストールに関する情報について詳しくは、http://www.adobe.com/go/cs5install_jp をご覧ください。その他のリソース機能:www.adobe.com/go/premiere_features.html_jpお読みください:www.adobe.com/go/pr_readme_jpオンラインリソース完全版のヘルプに加え、コミュニティーベースのインストラクション、ヒント、およびサポートについては、http://www.adobe.com/go/learn_PremierePro_support_jp を参照してください。アドビ システムズ社の Web サイトAdobe TVAdobe Design Centerデベロッパーセンターユーザーフォーラムアドビユーザーグループアドビマーケットプレース&エクスチェンジトレーニングアドビ認定プログラムアドビパートナープログラムアドビパートナーファインダー - トレーニングプロバイダー検索アドビパートナーファインダー - プリントサービスプロバイダー検索
  • 12. © 2010 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.