Rファイルの保存と活用2―KH Coderで作成した共起ネットワークの修正と保存―

115,619 views

Published on

Published in: Software
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
115,619
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
101,185
Actions
Shares
0
Downloads
76
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Rファイルの保存と活用2―KH Coderで作成した共起ネットワークの修正と保存―

  1. 1. *.Rファイルの保存と活用2 ―KH Coderで作成した共起ネットワークの修正と保存― 樋口耕一1
  2. 2. 共起ネットワークの微調整 自動配置では重なって見え ない部分があったりして、 「手動で配置を微調整した い」という場合の手順 ①「保存」をクリック2
  3. 3. R形式で保存 ②「R Source」形式で保存する3
  4. 4. KH Coderに添付のRを起動 ③「Rgui.bat」をダブルクリック4
  5. 5. 保存したR形式ファイルを実行④上で保存したR形式ファイルをここにドラッグ&ドロップすると、KH Coderで作成したのと同じ共起ネットワークがR上に作成される5
  6. 6. 配置の修正を行う ⑤ 添 付 の 「 edit_network1.r 」 をここにドラッグ&ドロップ ⑥新たに開いたネットワークは マウス操作で配置を変えられる ので、配置の修正を行う6 ※重なって見えなかった部分を見たかっただけならば以上で完了
  7. 7. 修正版を保存する ⑦ 添 付 の 「 edit_network2.r 」 をここにドラッグ&ドロップ ⑧配置の修正が(マウスで動か せない方に)反映されるので、 この上で右クリックして「Save as metafile…」を選択7

×