Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―

95,770 views

Published on

Published in: Software
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
95,770
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
83,651
Actions
Shares
0
Downloads
70
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Rファイルの保存と活用1―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用―

  1. 1. *.Rファイルの保存と活用1 ―KH Coderによる対応分析の結果のエクスポートと活用― 樋口耕一1
  2. 2. 対応分析のデータをエクスポート プロットを他のソフト(JMP、 SPSS等)で作り直したい場 合の手順 ①「保存」をクリック2
  3. 3. R形式で保存 ②「R Source」形式で保存する3
  4. 4. KH Coderに添付のRを起動 ③「Rgui.bat」をダブルクリック4
  5. 5. 保存したR形式ファイルを実行④上で保存したR形式ファイルをここにドラッグ&ドロップすると、KH Coderで作成したのと同じプロットがR上に作成される5
  6. 6. 座標データをエクスポート ⑤添付の「export_corresp.r」 をここにドラッグ&ドロップ ⑥保存画面が開くので、 分かりやすい場所に保存6
  7. 7. エクスポートしたCSVファイル ※バブルプロットの場合は、X・Y座標に加えて、7 バブルの多きさもエクスポートされる
  8. 8. エクスポートしたデータの利用例(SPSS)8

×