S3 -ほぼ週刊AWSマイスターシリーズ第2回-
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

S3 -ほぼ週刊AWSマイスターシリーズ第2回-

on

  • 28,603 views

ほぼ週刊AWSマイスターシリーズでは、毎週テーマを決めて、各サービスの詳細情報を解説します。第2回は、S3です。...

ほぼ週刊AWSマイスターシリーズでは、毎週テーマを決めて、各サービスの詳細情報を解説します。第2回は、S3です。

皆様と一緒に、AWSマイスターへの第一歩を踏み出しましょう!

Statistics

Views

Total Views
28,603
Views on SlideShare
11,610
Embed Views
16,993

Actions

Likes
18
Downloads
398
Comments
0

15 Embeds 16,993

http://aws.typepad.com 15613
http://dev.classmethod.jp 559
http://dev.classmethod.jp 559
http://d.hatena.ne.jp 107
http://webcache.googleusercontent.com 88
http://paper.li 45
https://twitter.com 6
http://a0.twimg.com 6
http://mtakiuch.blogspot.com 3
http://mtakiuch.blogspot.jp 2
http://s.deeeki.com 1
http://tksystem.wordpress.com 1
http://twitter.com 1
http://news.google.com 1
http://geechscamp.lovepop.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

S3 -ほぼ週刊AWSマイスターシリーズ第2回- S3 -ほぼ週刊AWSマイスターシリーズ第2回- Presentation Transcript

  • AWSマイスターシリーズ第2回 - Amazon Simple Storage Service (S3) - Shinpei Ohtani, Solutions Architect Amazon Data Service Japan
  • Webセミナーほぼ週刊AWSマイスターシリーズ(全10回)ほぼ週刊AWSマイスターシリーズ(全10回)  9/20 EC2 & EBS  9/28 S3  10/5 CloudFront & Route53  10/19 IAM & Consolidated Billing申し込みサイト http://aws.amazon.com/jp/event_schedule/
  • 自己紹介大谷 晋平(おおたに しんぺい)アマゾンデータサービスジャパン株式会社所属  ソリューションアーキテクトソーシャルネットワーク  Twitter: @shot6  Facebook: facebook.com/shot6  Mail: ohtani@amazon.co.jpこの世で最も愛しているサービス:S3
  • アジェンダAmazon Simple Storage Service(S3)オーバービューS3の用語S3 機能S3 プライスS3 利用事例まとめ
  • Amazon Simple Storage Service とは? S3はWeb時代のストレージ AWSのコアサービスの1つ。2006年から開始 開発者が“Webスケール”なコンピューティングを可能に するよう設計された  高スケーラビリティ  高い信頼性・堅牢性  セキュア  高速  低価格 スケーラビリティのメリットを最大限に活用
  • S3のスケール=クラウドのスケール Peak Requests: 449 Billion 290,000+ per second 262 Billion 102 Billion 40 Billion2.9 Billion 14 Billion Q4 2006 Q4 2007 Q4 2008 Q4 2009 Q4 2010 Q2 2011 Total Number of Objects Stored in Amazon S3
  • S3の用語バケット  オブジェクト置場。最大100/アカウント。名前がユニークな必要ありオブジェクト  S3に置くファイルでURLによるアドレスが付与。バケット内には無制 限にオブジェクトを置くことが可能。1オブジェクトのサイズは5TBまでキー  オブジェクト毎に付与される一意なキーACL  アクセスコントロールリスト
  • S3のネームスペース Amazon S3 バケット バケットオブジェクト オブジェクト オブジェクト オブジェクト バケット オブジェクト オブジェクト
  • S3 –実例にあてはめてみる - Amazon S3 mculver-images media.mydomain.comBeach.jpg 2009/maui/sun.jpg img1.jpg img2.jpg public.blueorigin.com Installer.msi img/pic1.jpg
  • S3の基本的な機能オブジェクトの書き込み、読み込み、削除。1バイトから5TBまで、http/httpsで可能  基本機能は至ってシンプルオブジェクトの数は無制限複数のリージョンでストレージを展開  US Standard (Northern Virginia or the Pacific Northwest)  EU (Ireland)  US West (Northern California)  Asia Pacific (Singapore)  Asia Pacific (Tokyo)高いセキュリティを保つための認証の仕組み
  • S3の堅牢性S3は非常に高い堅牢性を持つ  複数のファシリティにまたがった複数デバイスに冗長にストア • スタンダードオプションであれば3箇所以上  PUT/COPY はSUCCESSを返す前に複数のデータセンターに保存  S3はデータロストに対して自動発見と修復
  • S3のストレージオプション 2つのオプション  Standard Storage option(デフォルト)  Reduced Redundancy Storage (RRS)option
  • S3 Standard Option スタンダードオプション  S3のデフォルト設定  99.999999999%の堅牢性  99.99%の可用性  2つのDCで同時のデータのロストが発生したとしても耐えられる設計
  • S3 RRS Option(低冗長化) S3’s RRS Optionは:  99.99%の堅牢性  99.99%の可用性  年間で0.01%のデータロストの可能性  単一のDCでのデータロストには耐えられる設計  コストがStandardよりも安い
  • S3の機能
  • S3マルチパートアップロード 巨大なオブジェクトを複数のチャンク に分割してアップロード  各チャンク < 5GB  チャンクがアップロードされたら、単一オ ブジェクトに結合 • 自動で結合する場合 • 自分でsplitして、自分でコール
  • S3 Webサイト機能 静的なWebサイトのホスティングをS3で!  ファイルをアップロードして、Website機能をONするだけ!
  • S3バージョニング全てのオブジェクトのバージョン管理下におき保存、検索、リストアが可能。バージョニング中はオブジェクトは削除されない。ユーザアクションやアプリケーションエラーから重要なデータを保護する機能。ただし課金はバージョニングの分、かかる
  • S3サーバアクセスロギングS3バケットへS3のアクセスログを保存  デフォルトでは出力しないAPI/SDKで設定可能アクセスログのデリバリではチャージしていない  ログの保存ではチャージ。ただしいつでも削除可能  アクセスログへのアクセスについては若干のチャージ
  • S3の認証機構S3をはじめとする全AWSサービスでセキュリティは最優先事項認証のないアクセスからはデータは確実に保護オブジェクトは全てフルコントロール可能特定ユーザに対して権限を与えることも勿論可能How?  AWS Identity and Access Management(IAM) ポリシー  バケットポリシー  ACL
  • AWS IAM アカウント内で複数ユーザを作成し、セキュリティクレデンシャルや 権限を付与する事が可能  S3のバケットにオブジェクトのPUT/LIST/GETなど 詳細は第4回セミナーにて! IAMで出来る事:  ユーザレベルでのコントロール • S3に対してのお客様要件にあわせた操作の制御 アクセスポリシー言語を記述する  JSON format
  • S3バケットポリシー S3バケットレベルのポリシーベースの大枠のコントロール バケットオーナーだけが適用可能  バケットレベルでのAllow/Deny  バケット内のオブジェクトの権限のDeny  バケットオーナーがオブジェクトオーナーだった場合のみオブジェクト に適切な権限を与える アクセスポリシー言語を記述する  JSON format
  • バケットポリシーの一例例:  ユーザ(1-22-333-4444, 3-55-678-9100)に “mybucket” (arn:aws:s3:::mybucket/*“,)というバケットに 対してGETリクエストの発行を許可 { "Version":"2008-10-17", "Id":"aaaa-bbbb-cccc-dddd", "Statement" : [ { "Effect":"Allow", "Sid":"1", "Principal" : { "AWS":["1-22-333-4444","3-55-678-9100"] }, "Action":["s3:GetObject*"], "Resource":"arn:aws:s3:::mybucket/*", } ] }
  • S3 Access Control List バケットからオブジェクトへのコントロール バケットのACLをオブジェクトは継承しない 作成と適用はいつでも可能 100個ACLは作成可能:  Owner  Email  Any AWS account  Anyone パーミッション:  READ – Object or bucket  WRITE – Create, overwrite, delete objects in bucket  READ_ACP – Read ACL for bucket or object  WRITE_ACP – Overwrite ACL for bucket or object  FULL_CONTROL – All of the above
  • AWS SDK and S3 AWS SDK(Software Development Kit) for S3  Java  .NET  Ruby  PHP 出来る事:  Create/Delete bucket  Put/Get/List/Delete object  ACL/Bucket Policy  バージョニング  Webサイトホスティング機能  マルチアップロード
  • AWS Import/Export AWSへのデータお急ぎ便。デバイスをそのままAWSへ郵送  US Standard, US West (Northern California), EU (Ireland), and Asia Pacific (Singapore) Regions インターネット経由ではなく、Amazonの物理的な物流網を利用  デバイスへのデータは暗号化して送付いただく 大規模データであればコスト効果は高い クラウドへのデータマイグレーションの一つの手段  DirectConnectによる専用線(Coming soon!) コンテンツの大量配布やディザスタリカバリには最適
  • S3サードパーティツール非常に多くのS3サードパーティツールが利用可能:  Commercial products • CloudBerry • Zmanda • StorSimple • Riverbed Whitewater  Opensource products • CyberDuck • s3cmd • s3fs
  • S3のプライシング S3の価格は下記3つによって決まる  データ保存量  データトランスファー(AWS→クライアントへのアウトバウンドのみ)  GETまたはPUT/POST/DELETEリクエスト数
  • S3の価格 東京リージョンでの価格 Storage Data Transfer Requests Tier Normal RRS Tier Price Type PriceFrist 1 TB/mo $0.15/GB $0.100/GB All transfer in $0.00/GB PUT, COPY, $0.01 per POST, or LIST 1,000reqNext 49 TB $0.135/GB $0.090/GB First 1 GB out $0.00/GB GET and all $0.01 per other requests 10,000reqNext 450 TB $0.120/GB $0.080/GB <= 10 TB out $0.201/GBNext 500 TB $0.105/GB $0.070/GB Next 40 TB out $0.158/GBNext 4000 TB $0.090/GB $0.060/GB Next 100 TB $0.137/GB out> 5000 TB $0.065/GB $0.044/GB > 350 TB out $0.127/GB
  • S3のよくある利用例コンテンツの保存と配信  メディア・エンターテイメントのコンテンツ  ソフトウェアの配信大規模データ分析のためのストレージ・データオリジナル  オンラインストレージ Amazon  アプリケーションそのもののストレージ EMRバックアップやディザスタリカバリ。低価格かつ安心のテープの代替  サーバのバックアップ  個人的なバックアップ • 複数端末での共有
  • European Space Agencyデータ配信用の衛星写真およびデータをS3に保存ESRIN: center of the European Space Agency forthe Earth Observation Programs (*)  地球の衛星写真を生成し保存  EUの政府団体やNGOなどのデータ配信の元 (*) Source : http://www.esa.int/esaMI/ESRIN_SITE/index.html
  • 今後のロードマップ一般的なストレージプロトコルのサポート可用性、堅牢性、そしてコストのトレードオフデータの暗号化機能
  • まとめS3は高いスケーラビリティと信頼性、セキュリティをもつ低価格なWebストレージ2011 Q2の段階で約4500億オブジェクトの保存。かつこれまで1つも無くしていない誰でも簡単に使える非常にシンプルなインタフェースを持つサービス  HTTPS経由でデータを書いて、読み、削除するだけ  セキュリティ機能は万全  お客様のデータはお客様のものなので、全てコントロール可能ストア出来るオブジェクト数は無制限顧客はどのリージョンにデータを保存するかを指定可能
  • 参考文献Amazon S3  http://aws.amazon.com/jp/s3/Amazon S3 Getting Started Guide  http://docs.amazonwebservices.com/AmazonS3/latest/g sg/Amazon S3 Developer Guide  http://docs.amazonwebservices.com/AmazonS3/latest/d ev/Amazon Web Services Japan blog  http://aws.typepad.com/aws_japan/
  • お問い合わせは・・・ http://aws.amazon.com/jp/
  • ありがとうございました! Questions?ohtani@amazon.co.jp